Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Swipify-Multitasker & Launcher:Android Wearスマートウォッチで、アプリ起動履歴から素早くアプリを起動したりアプリドロワー機能を使えるアプリ。

Posted on 8月 4, 2014

swipify6
今回は、Samsung Gear LiveやLG G WatchなどAndroid Wearスマートウォッチで、アプリ起動履歴を表示して素早くアプリを起動したりアプリドロワーからアプリをすぐに選べるアプリ、Swipify-Multitasker & Launcherを紹介します。

スポンサーリンク



Swipify-Multitasker & Launcherの機能と特徴

Swipify-Multitasker & Launcherは、アプリ起動履歴を表示できるのが特徴です。

アプリドロワーはWear Mini Launcherの方が機能が豊富で便利ですが、アプリ起動履歴をスワイプで表示させてすぐに起動できるのはSwipify-Multitasker & Launcherだけです。

Android Wearスマートウォッチは、アプリを起動していてもスリープモードに入って一度ディスプレイが暗くなると強制的にアプリが終了させられます。

Swipify-Multitasker & Launcherを使えば、アプリが終了してもアプリ起動履歴からすぐに直前のアプリを起動できるのが便利です。


Swipify-Multitasker & Launcherの使い方

Swipify-Multitasker & Launcherをインストール後、Android WearスマートウォッチからSwipify-Multitasker & Launcherを起動します。

すると、アプリの設定画面が表示されます。「Swipe Edge Width」は、スワイプを判定する幅を指定します。数値が大きいほど幅が広くなり、スワイプ判定がされやすくなります。
swipify1

「Edge Position」は、Top Edgeが上部だけ、Full Edgeが全体からのスワイプに対応します。
swipify2

「Screen Always On」をONにすると、ディスプレイが常に表示されます。バッテリーがすぐになくなってしまうので、使う場面は限られると思います。
swipify3

設定が終わったら、実際に使ってみます。
左上端からスワイプすると・・・
swipify4

アプリドロワーが開きます。スクロールはWear Mini Launcherよりもスムースです。
swipify5

アプリドロワーにQuick Settingsがあるのでタップしてみます。
swipify8

Android Wearスマートウォッチのバッテリー残量と明るさ調整のシークバーが表示されます。
swipify9

右上端からスワイプすると、RAMの空き状況とアプリ起動履歴が表示されます。
swipify6

アプリ起動履歴からアプリを起動したい場合は、そのまま起動したいアプリに指を持って行って、アプリのアイコンが大きくなったら指を離せばOKです。
swipify7

Swipify-Multitasker & LauncherはUIも洗練されていて頻繁に更新しているので、今後もさらに機能が増えて使いやすくなっていくと思います。

今後の発展が楽しみなアプリです。



スポンサーリンク


アプリをAndroidデバイスからダウンロード
(QRコードからインストールもできます)


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る