Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Google Chromebit(クロームビット)のスペック、日本発売日、価格、実機写真まとめ。

Posted on 12月 19, 2015

chromebit-official3
Googleは、タッチパネル搭載で249ドルという安さのASUS Chromebook Flipを発表し、すでに日本でも発売しています。ASUS Chromebook Flipの特徴や実機写真はASUS Chromebook Flipを日本発売。スペック、価格まとめ。を参照してください。

また、GoogleはASUS Chromebook Flipと同時に、100ドル未満で購入できるASUS製のChrome OS搭載HDMIドングル「Chromebit(クロームビット)」を発表し、2015年11月17日にはASUSがChromebitの発売を発表しました。

このページでは、Chromebitの特徴やスペック、日本発売日、価格をまとめています。


Chromebit(クロームビット)のスぺックと特徴

Chromebitのスペックと特徴は以下の通りです。

OS

Chrome OS

プロセッサ

Rockchip RK3288-C

GPU

Rockchip Mali T764

RAM

2GB LPDDR3L

ストレージ

16GB

Wi-Fi

デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth

V4.0

外部接続

HDMI x 1
USB 2.0 x 1
DC x 1

サイズ(高さ x 幅 x 厚さ)

123 x 31 x 17mm

重量

75g

カラー

CaCao Black/Tangerine Orange


Chromebit(クロームビット)の特徴

Chromebitの特徴は以下の通りです。

HDMI搭載のテレビやモニターに接続してChrome OSのPCとして使えます。
chromebit-official6

キーボードやマウスは基本的にはBluetoothによる無線で接続して使いますが、Chromebitに搭載されているUSBポートにつなぐことで有線で使うこともできます。
chromebit-official2

ただし、USBポートは1つだけなので複数のUSB接続機器をつなぐ場合はUSBハブを使う必要があります。また、USBポートが供給できる電力は最大500mAhなので、バスパワーではなくセルフパワーのUSBハブが必要になります。


Chromebit(クロームビット)の実機写真

Android Centralによる、Chromebitの実機写真はこちらです。
chromebit-official4

ChromebitとChromecastのサイズ比較はこちら。
chromebit-official1

試作機の段階ではカラーバリエーションにブルーもありましたが、製品版では除かれました。
chromebit0


Chromebit(クロームビット)の日本発売日

2015/12/17
ASUSがChromebitを2016年1月中旬より発売することを発表しました。

2015/11/23
Chromebitが米国のAmazon.comで発売されました。日本への発送にも対応しています。

ASUS Compute Stick CHROMEBIT CS10 RockChip 3288-C 2 GB LPDDR3L 16 GB eMMC Google Chrome OS chromebit-amazon0.1

なお、Chromebit購入にかかる総費用は、発送方法によって違ってきます。

AmazonGlobal Priority Shippingが最速で到着する発送方法ですが、その分送料も最も高いです。
chromebit-amazon0

送料は17.43ドルとなっています。合計で102.42ドル、日本円で約12,700円です。
chromebit-amazon1

次に、AmazonGlobal Expedited Shippingです。到着まで6~10営業日かかります。
chromebit-amazon4

送料は12.08ドルで合計97.07ドル、日本円で11,960円です。
chromebit-amazon5

最後は、AmazonGlobal Standard Shippingです。到着までに9~14日かかるものの、送料は最安となります。
chromebit-amazon2

6.38ドルで総費用は91.37ドル、日本円で11,300円です。
chromebit-amazon3

最速と最遅の送料が1,000円ほどしか違わないのでChromebitを早く入手したければAmazonGlobal Priority Shippingがいいでしょうね。


2015/11/17
ASUSがChromebitの発売を発表しましたが、正確な発売日は現時点では不明です。

なお、TechCrunchはChromebitの一次販売国に日本も含まれると言及しています。

TechCrunchによると、Chromebitの日本以外の一次販売国は米国、オーストラリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、ニュージーランド、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、台湾、英国とのこと。


2015/11/3
Chromebitを数週間以内に発売する予定であることをGoogleがChrome公式ブログで発表しました。
Google Chrome Blog: Chrome OS is here to stay


Chromebit(クロームビット)の価格

19,800円。上記のAmazon.comで直接輸入したほうが安いです。


Chromebitは、米国では85ドル(約10,300円)でChrome OSを利用できるということでコストパフォーマンスはかなり高いものの、日本価格は19,800円と米国の価格に比べるとかなり割高となっています。

19,800円でChromebitを購入するなら、もう少し上乗せしてChromebookを購入したほうがいいかもしれませんね。


スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る