Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android(アンドロイド)とは何?

Posted on 7月 29, 2011

ここではAndroidの概要と特徴、私が考えるAndroidのメリットとデメリットを書いておきます。

スポンサーリンク



Android(アンドロイド)とは、Googleが提唱・開発する、モバイル向けの基本ソフトウェア(OS)・ミドルウェア・インタフェース・アプリケーションなどのことです。

Androidは、元々は携帯電話向けソフトウェアを開発している会社の名前でした。

モバイル向け検索など、携帯電話からのインターネット利用を強化していたGoogleは、創設22ヶ月という新興企業であるAndroidを買収します。

その後、2007年11月、米Google社は無償で利用できる携帯電話用のプラットフォームとしてのAndroidを発表します。

Androidの特徴その① アプリや端末開発に制約がない

Androidの特徴は、第一に「オープンソースソフトウエア」の「プラットフォーム」であることが挙げられます。

「プラットフォーム」とは、「何かをするための土台」という意味です。Androidが「プラットフォーム」と言われるのは、「アプリケーションソフトが動くための機能・課金システムを提供する土台」だからです。

「オープンソース」であることの特徴は、Androidアプリの開発が制約なく自由に、また短期間で行えるところにあります。

例えば競合のiPhoneでは、電話帳など標準的な機能はプリインストール(初めからインストール)されているアプリでしか使うことができないのに対して、Androidではプリインストールされたアプリではない、自作アプリも自由に使うことができます。

また、端末自体の開発も自由で汎用性があることから、複数の携帯メーカーがAndroid端末の開発に参入してきています。

実際に、最近の日本の携帯電話メーカーのほとんどがAndroid携帯を開発・発売していますよね。

Androidの特徴その② Android携帯は安く制作できる

Androidの大きなメリットの1つは、Android OSを搭載するスマートフォンを作る上でOSのライセンス料金がかからないというところです。

携帯電話用のプラットフォームには、マイクロソフトのWindows Mobile、シンビアンのSymbian OSがありますが、どちらもそのOSを携帯に搭載させる際にライセンス料金を支払う必要があります。

それに対して、AndroidはGoogleにライセンス料金を支払う必要が無く、無償で携帯に搭載できます。

その結果、メーカーは端末を制作するコストを安く抑えることができます。また、開発環境も無償で公開されており、一般の開発者が無料でアプリケーション作成ができるところもメリットです。

つまり、端末が作りやすく、アプリケーションも作りやすいことから、多くの企業や開発者が参入しやすいのです。

その結果、2011年初めにAndroid OSのシェアはiPhoneのOS「iOS」もSymbian OSも一気に抜き去り、世界シェア1位となりました。

Androidのメリット

①マルチタスク
Androidにはマルチタスクが搭載されており、バックグラウンドで別のアプリを起動させたまま、フォアグラウンドでアプリを操作できる点は大きなメリットの1つです。

例えば、ブラウザを開いてインターネットをしている時にメールが来たら、今ブラウザで見ているサイトはそのまま残して(またすぐに見れる状態にして)メールを見たり返信したりすることができるということです。

②Googleのサービスとの親和性が高い
Google社はGoogleマップやGmail、YouTube、Googleカレンダーなど優れたWebサービスを提供していますが、Androidを搭載した携帯にはそのサービスを利用する為のアプリケーションがプリインストール(最初からインストール)されています。

今までPCでしか使えなかった便利なGoogleの機能が携帯で手軽に利用できるようになります。

③端末を含めたハードウェアの開発スピードが速いため、進化も早い
オープンソースで、しかも低いコストで制作できるAndroid携帯は、多くの企業で開発・販売されているので進化のスピードがとても早いです。

プロセッサはシングルコアからデュアルコアに進化し、現在はクアッドコアも開発されています。

また日本のAndroid携帯に関しては、日本のこれまでの携帯(フィーチャーフォン)のほとんどに標準搭載されていたおサイフケータイやワンセグ、赤外線などが搭載されたモデルも発売されてきています。

このように、同じAndroid携帯でも自分の好みや使い方に合ったものを選べる点はAndroidのメリットですね。

Androidのデメリット

①OSの脆弱性を発見され悪用される可能性がある
AndroidはオープンなOSのため、通信やシステム上の脆弱性を発見されやすく悪用されるリスクがあります。

②電池の持ちが悪い
Androidはバックグラウンドでアプリが通信したり、画面が大きく液晶に使う電力を消費しやすいため電池の持ちは悪いです。

Androidを使っているときの電池の減りは仕方ない部分はありますが、スリープ(画面が真っ暗)状態でも電池は減っていきます。

スリープ時の電池を長持ちさせるには、私が試した中では3Gを切るのが一番効果的です。

APN on-off Widgetを使ってこまめに3Gを切断させておくと、電池は本当に長持ちするのでおすすめです。

以上がAndroidの概要と私が考える特徴、メリットとデメリットです。

Androidは今のところデメリットももちろんありますが、触っていて本当に楽しいのでおすすめです♪

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

No trackbacks yet.



AndroidLover.Netトップに戻る