Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




MAZE Alphaのスペックレビューと価格、日本から購入できるショップまとめ

Posted on 9月 18, 2017

maze-alpha0 中国のメーカーYOP Communication Technologyが、上と左右のベゼルがほぼなしのディスプレイを搭載したMAZE Alphaを発売しました。

このページでは、MAZE Alphaのスペックと特徴をレビューし、日本から購入できるショップや価格もまとめています。

MAZE Alphaの購入を検討している場合は参考にしてみてください。

スポンサーリンク



MAZE Alphaのスペック

MAZE Alphaのスペックは以下の通りです。
 MAZE Alpha
OSAndroid 7.0
CPUMediaTek Helio P25
8コア
ディスプレイ6.0インチ
1920×1080
フルHD
RAM4GB/6GB
ストレージ64GB/128GB
microSD最大256GB
背面カメラ1300万画素
×
500万画素
デュアルカメラ
f値2.2
前面カメラ500万画素
バッテリー4000mAh
対応周波数
(バンド)
LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
7(2600MHz)
8(900MHz)
20(800MHz)

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
8(900MHz)

GSM
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz
ドコモプラチナバンド
(Band19)
×
FOMAプラスエリア
(Band6/19)
×
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28)
auプラチナバンド
(Band18/26)
×
au 3G
(CDMA2000)
×
SIMサイズSIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM
3G+4Gの
デュアルスタンバイ
?
技適?
サイズ高さ:159.8
幅:82.5
厚さ:8.1mm
重さ225グラム
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
NFC×
GPSGLONASS
Beidou
加速度センサ
ジャイロスコープ
近接センサ
環境光センサ
指紋認証センサ
コンパス
センサーホールセンサ
ポートUSB Type-C
カラーミッドナイトブラック
公式サイトMaze Alpha - Innovative Beze-Less Smartphone to Widen Your World



MAZE Alphaの対応周波数(バンド)について

まずは、MAZE Alphaの日本国内における対応周波数(バンド)についてまとめます。


ドコモのFOMAプラスエリアやLTEプラチナバンドに対応

docomo-logo MAZE Alphaは、ドコモ回線との相性は良くありません。

特に、ドコモのSIMでVoLTEではない通常の3G通話を山間部を含む広いエリアで利用する際に必要なBand6とBand19(FOMAプラスエリア)に非対応となっています。
黄色い部分がFOMAプラスエリア

黄色い部分がFOMAプラスエリア



またLTE通信についても、山間部など広いエリアで通信するために必要なBand19(LTEプラチナバンド)に対応していません。

MAZE Alphaにドコモやドコモ系の格安SIMを挿した場合、通話・通信ともドコモのスマホよりも利用できるエリアは確実に狭くなる点には注意が必要です。


ソフトバンク(ワイモバイル)でも広いエリアで使える

softbank-platinum-band MAZE Alphaは、ソフトバンクやワイモバイルのSIMとの相性は良いです。

3Gに関しては、ソフトバンク・ワイモバイルが主に使っているバンドのBand1とBand8の両方に対応しています。

LTEに関しても、ソフトバンクやワイモバイルのSIMを挿して広いエリアで通信するために必要なLTEプラチナバンドのBand8とに対応しているので、広いエリアで通信が可能です。

MAZE Alphaはソフトバンク・ワイモバイルで購入できる端末と変わらないエリアで通話・通信できます。


auはCDMA2000非対応で3G通話は不可。VoLTE&LTEプラチナバンドも非対応

au-logo MAZE Alphaは、auのSIMを挿してもほぼ使えません。

auのVoLTEではない通常の3G通話ではCDMA2000という通信規格が使われていますが、MAZE AlphaはCDMA2000には対応していません。

そのため、auのVoLTEではない通常のSIMを挿した場合通話は一切できない点には注意が必要です。

auの4G LTEエリアに関しても、MAZE AlphaはauのLTEプラチナバンドであるBand18と26にも非対応なのでLTE通信できる範囲はかなり狭いです。

MAZE Alphaとauやau系格安SIMの組み合わせの場合、通話は全くできず通信も限られたエリアでしかできないためおすすめしません。


MAZE Alphaの特徴・メリット

MAZE Alphaの特徴やメリットについてまとめます。


3辺ベゼルレスディスプレイで大画面ながらコンパクト

MAZE Alphaの最大の特徴は、上部と左右のベゼル(額縁)が非常に狭い、いわゆるベゼルレスディスプレイを採用している点です。
maze-alpha1

ベゼルレスディスプレイで有名なのはXiaomiのMi MIXですが、MAZE Alphaもベゼルレス化をかなり頑張っているのがわかりますね。

MAZE Alphaのディスプレイサイズは6インチと大きめですが、ベゼルを狭くすることでコンパクトになり片手での操作も比較的しやすくなるのがメリットです。


ディスプレイガラスにCorning Gorilla Glass 4を採用

ベゼルレスディスプレイで気になるのが、スマホを落とした時のディスプレイの強度です。

MAZE AlphaはディスプレイガラスにCorning Gorilla Glass 4を採用しているので、普通のディスプレイガラスよりは落下や傷に強いはずです。
corning-gorilla-glass4


フレームには亜鉛合金を採用し頑丈

MAZE Alphaは、サイドのフレームの素材にもこだわっていて、亜鉛合金を採用しています。

亜鉛合金にすることで、MAZE Alphaの側面は衝撃や傷に強く本体を守ってくれます。

また亜鉛合金はしっかり研磨されているので見た目も安っぽくなくていいですね。
maze-alpha9


SoC(CPU)にはMediaTek Helio P25を搭載

MAZE Alphaは、SoC(CPU)にMediaTekのHelio P25を搭載しています。
maze-alpha2

Helio P25は前モデルのHelio P20とスペックはほぼ同じですが、最大クロック数が0.2GHz引き上げられていてデュアルカメラに対応しているのが特徴です。

Helio P25のAnTuTuスコアは見つかりませんでしたが、P20は61000から62000点台でした。P25はP20よりもクロック数が高いので、AnTuTuスコアはさらに高くなるはずです。

コスパの良い端末によく搭載されていて、動作がスムーズで使い勝手の良いSnapdragon 625が61000点から63000点程度なので、Helio P25搭載したMAZE Alphaも普段使いでストレスを感じることはほぼないでしょう。


RAMは4GB/6GB、ROMは64GB/128GBと必要十分

MAZE Alphaは、RAMが4GBと6GB、ROMが64GBと128GBのモデルが用意されています。

MAZE Alphaの価格は安めですが、最低でもRAM 4GB/ROM 64GBモデルなのでメモリに関しては必要十分ですね。


背面にデュアルカメラを搭載

MAZE Alphaは、背面に1300万画素と500万画素のデュアルカメラを搭載しているのも特徴です。
maze-alpha6

Helio P25がデュアルカメラに対応しているため、MAZE Alphaはデュアルカメラを採用できたのでしょう。

MAZE Alphaの背面カメラは背景をぼかして被写体を際立たせる撮り方ができたり、コントラストなどが最適化された写真が撮影できるとのこと。
maze-alpha12

ただし、中華スマホのカメラはほとんどがメーカーがアピールするような満足できる写真は撮れません。

特に安い中華スマホのカメラ画質はあまり良くないことが多い印象です。

MAZE Alphaは価格も安いので、カメラ性能にはあまり期待しないほうがいいでしょう。


前面に指紋認証センサーを搭載

MAZE Alphaは指紋認証センサーを搭載していますが、背面ではなく前面にあります。

前面にあることで、端末を机やテーブルに置いたままでも指を乗せるだけですぐにロック解除することができるので、個人的には前面に指紋認証センサーがあった方が便利に感じます。

なお、MAZE Alphaの下に小センサーは指を置いて0.1秒で認識するとのことです。
maze-alpha5

それが本当なら0.1秒はかなり速いですが、中華スマホの指紋認証センサーの認識スピードも盛られていることが多いので、話半分ぐらいにとどめておいた方がいいでしょう。


4000mAhの大容量バッテリーを搭載

MAZE Alphaは、4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも特徴です。
maze-alpha8

スマホのディスプレイが大きくなるほど消費する電力も増えるためバッテリー容量もある程度増やす必要がありますが、6インチで4000mAhあれば少なくとも1日は持つと思われます。


急速充電に対応

MAZE Alphaは急速充電にも対応しています。
maze-alpha4

具体的に何分でどの程度充電できるかは記載されていないため分かりませんが、9V/2Aの急速充電なので急速充電なしのスマホよりは早く充電が完了するのは間違いなさそうです。


システム言語に日本語を選べる

MAZE Alphaは、システム言語に日本語が初めから含まれているのもメリットです。
maze-alpha10

Xiaomiのスマホは手動による日本語化が必要になることがありますが、MAZE Alphaは設定から選ぶだけでいいので手間がかからず簡単です。


安価ながらUSB Type-Cポートを採用

最近は、上下の区別がなくどちらで差し込んでも問題ないUSB Type-Cが採用されるスマホが増えていますが、価格の安いスマホは以前のmicroUSBが使われることもよくあります。
左がmicroUSBで右がUSB Type-C

左がmicroUSBで右がUSB Type-C



MAZE Alphaも低価格帯のスマホの部類に入りますが、USB Type-Cを採用しているのは評価できます。


ガラスフィルムが同梱

MAZE Alphaには、本体と一緒にガラスフィルムも同梱されています。
maze-alpha11

MAZE AlphaはCorning Gorilla Glass 4採用で傷や割れにある程度は強いと思いますが、高いところから落とせば割れる可能性は高くなります。

同梱のガラスフィルムを貼っておけば、仮にディスプレイから落としたとしてもガラスフィルムが代わりに割れてディスプレイを守ってくれるので安心です。


MAZE Alphaの注意点・デメリット

MAZE Alphaの注意点やデメリットについてまとめます。


フロントカメラは下部に配置。上部ではない

MAZE Alphaは前面にもカメラがありますが、一般的なスマホのような上部ではなく下部に搭載されています。
maze-alpha13

これはXiaomi Mi MIXも同じで、上部をベゼルレスにしたため仕方ない仕様ではありますが、自撮りをする際ははじめは使い勝手が違うので戸惑うと思います。


サイズ、重さともMi MIXに比べて全て劣る

MAZE Alphaの比較対象として真っ先に挙げられるのは、これまでに何度か触れてきたXiaomiのMi MIXです。
mimix-review21

Mi MIXのディスプレイサイズは6.4インチでMAZE Alphaよりも大きいですが、サイズはMAZE Alphaの方が大きく、重さもMAZE Alphaの方が重いです。

ですが、MAZE Alphaの価格は20,000円台でMi MIXは50,000円台と大きな差があるので、MAZE Alphaにそこまで要求するのは無理がありますね。


技適はおそらくない

中華スマホのほとんどは技適マークがありません。
giteki_new

MAZE Alphaも、システム言語に日本語は含まれているものの、日本で発売される予定はもちろんなく周波数帯も日本の通信事業者に全く最適化されていないので技適マークはないでしょう。

MAZE Alphaは日本国内で使う場合は、自己責任となる点には注意が必要です。


MAZE Alphaの公式動画



MAZE Alphaの発売日

2017年6月16日


MAZE Alphaの価格

24,560円


MAZE Alphaを日本から購入できるショップ

現時点で、MAZE Alphaを日本から購入できるショップはGearBestです。

GearBestにおけるMAZE Alphaの価格は22,843円ですが、以下のクーポンを適用することで21,755円に割引されます。
クーポン:MALPHA
MAZE Alpha 6GB RAM 4G Phablet - BLACK

SoCはSnapdragon 625相当のスペック、RAM 4GB/ROM 64GBでこの価格なら安いですね。

なお、GearBestでMAZE Alphaを購入する際に、知っておくべきことがいくつかあります。GearBestを初めて利用する場合は、まずは以下の記事を確認しておくことをおすすめします。

支払い方法について
GearBestのPayPal支払いが日本円に対応し為替手数料が不要に。日本円で支払う手順まとめ。

発送や送料について
GearBestの発送方法と送料・注意点と配送状況を追跡する方法

商品が発送されない場合の対処法
GearBestの商品が発送されないトラブルの原因と対処法まとめ。


また、こちらのページでは中華スマホなどが安くなるクーポンを随時追加しています。MAZE Alphaのクーポンも発行され次第追加するので、たまに確認してみてください。
GearBestのクーポン一覧とセール情報まとめ【2017年9月23日】

最新のクーポンはTwitterとFacebookでも配信しています。

GearBestのクーポンには使える回数に上限があり、人気端末のクーポンはすぐに上限に達して使えなくなってしまうので、できるだけ早くクーポンを入手したい場合はフォローしておくといいかもしれません。

Twitter



Facebook



MAZE Alphaまとめ

MAZE Alphaは、Xiaomi Mi MIXに似た3辺ベゼルレスディスプレイが特徴で、AnTuTuスコア上はSnapdragon 625と変わらないHelio P25搭載で普段使いには問題ないスペックの中華スマホです。

ディスプレイサイズの大きいMi MIXよりもサイズ・重さともに劣りますが、Mi MIXでは背面に配置されている指紋認証センサーが前面にあるため使い勝手が良い点、価格が安い点などからコストパフォーマンスは悪くありません。

仮に日本で使うとなるとソフトバンクやワイモバイル以外のキャリアのSIM は使えるエリアが狭くなる、もしくは全く使えないといった注意点がありますが、そこが問題なければ魅力的なスマホです。

MAZE Alphaのスペックレビューと価格、日本から購入できるショップまとめは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る