Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus5 Android M Developer Previewのroot化方法・手順。

Posted on 7月 5, 2015

Root CheckerとTitanium Backupでroot化成功を確認
今回は、Android M Developer Previewを導入したNexus5のroot化方法・手順を紹介します。


注意事項

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、root化によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



Android M Developer Previewのroot化について

今回のAndroid M Developer Previewを導入したNexus5のroot化は、XDAのスレッド Root Android M For Nexus 5の方法で実施しました。

同スレッドでは、カーネルはDespair.M.HH.R1-fixed Kernalを使っていますが、私は評価の高いHellscoreカーネルを使いました。


準備しておくこと

1.PCのブラウザからhttps://dl.twrp.me/hammerhead/にアクセスしてカスタムリカバリTWRPの最新版(2015/7/5現在の最新版はtwrp-2.8.7.1-hammerhead.img)をダウンロード後、Nexus5に導入しておく。Nexus5にTWRPを導入する方法は、Nexus5にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を参照してください。

2.Android Mでroot化するためのカーネル(Hellscore)をNexus5のブラウザからhttp://hc-kernel.blogspot.ch/にアクセスしてダウンロードする。

私は2015/7/5時点の最新バージョン「hC-b3-M」をダウンロードしました。
Android Mのroot化に必要なHellscoreカーネルをダウンロードする

3.Nexus5のブラウザからhttps://download.chainfire.eu/740/SuperSU/BETA-SuperSU-v2.49.zipにアクセスしてSuperSU 2.49をダウンロードする。
SuperSU 2.49をダウンロード


Nexus5 Android M Developer Preview(MPZ44Q)のroot化方法・手順

準備が整ったら、Nexus5 Android M Developer Preview(MPZ44Q)をroot化していきます。

Nexus5の電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押ししてブートローダーを起動させ、ボリュームボタンを何度か押してRecover modeに切り替えて電源ボタンで決定します。
ブートローダーを起動してRecovery modeを選ぶ

ブートローダーからtwrp 2.8.7.1を起動すると、Systemパーティションをread only(読み取り専用)にするか尋ねてきます。「Keep Read Only」を選んでNexus5を再起動したところ、スクリーンショットが保存できなくなったりと挙動がおかしくなったので、「Keep Read Only」ではなく「Swipe to Allow Modifications」を左から右にスワイプして読み書きできるようにしておきましょう。あとは通常のTWRPの画面になるので「Install」をタップします。
読み書きできるようにして「Install」をタップ

準備しておくことでダウンロードしておいたroot化に必要なカーネル(今回はHellscore)のzipファイル「hC-b3-M.zip」をタップして選びます。
Hellscoreカーネルのzipファイルをタップして選ぶ

「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスライドさせてカーネルをインストールします。「Successful」と表示されたら、右下の戻るキーを押します。
カーネルをインストールして戻るキーを押す

再度zipファイルの選択画面になるので、「BETA SuperSU-v2.49.zip」を選び「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスライドさせてインストールします。
SuperSUをインストール

SuperSUのインストールが終わったら「Reboot System」をタップします。Nexus5が再起動すると、アプリ一覧にSuperSUが現れました。
Nexus5を再起動するとSuperSUがアプリ一覧に現れる

Root Checkerで確認したところ、正常にroot化されています。またTitanium Backupも問題なく利用できます。
Root CheckerとTitanium Backupでroot化成功を確認

Android M Developer Previewでも、root化は対応カーネルを焼く手間が増えるだけなので簡単ですね。

なお、Android Mには多くの新機能や変更点があります。詳細はAndroid Mの新機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

Nexus5 Android M Developer Previewのroot化方法・手順は以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (5) Trackbacks (0)
  1. おお 詳細な手順ありがとうございます!

    さっそく時間あるときに試してみます!

    • 5型がちょうどいいさん

      手順も簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

  2. おかげさまで説明の通りにやったら無事AndroidMを体験できました!ありがとうございます!

    がベータ版だからデバイスの最大容量正しく表示されず(32GB>12.5GB)あと起動しないアプリもあるので、いろいろ試したあと、5.1.1に戻す予定ですが、Mから5.1.1にダウングレードする場合、ファクトリイメージを手動でやる必要ありますか?自動でいけますか? ブートアンロックはしています

    • その後手動でMの手順で5.1.1のファクトリを焼いて、再度0からやり直してみたら最大容量認識の問題が治りました

      お騒がせました。。。

      (たしか最初twrp導入後 PCでDLしてデバックモードのまま本体にコピーする予定のsuperSU.zipを移す前の状態で、誤ってtwrpのsuインストールされてません インストールしますかってのを押したのが原因?)

      • 5型がちょうどいいさん

        問題解決したようでよかったです!
        ちなみに、ファクトリーイメージ導入後にストレージ容量が減る症状は初期化することで元に戻ることが多いので、今後また同じ症状になったら試してみてください。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る