Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




FOMAプラスエリア非対応の新型Nexus7(2013) LTEモデルをFOMAプラスエリアに対応させる方法。

Posted on 11月 17, 2013


今回は、新型Nexus7(2013) LTEモデルをFOMAプラスエリア化する方法を紹介します。

スポンサーリンク



新型Nexus7(2013) LTEモデルはFOMAプラスエリアに対応していないことを確認していますが、今回の作業をすることでプラスエリア化することができます。

なお、今回の作業には新型Nexus7(2013) LTEモデルのRoot化が必須となります。
Root化やNV Itemsの書き換えによって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
NV Itemsの書き換えに失敗すると、通信自体ができなくなる可能性もあります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



1.新型Nexus7(2013) LTEモデルのRoot化。Root化方法は新型Nexus7(2013) LTEモデルのRoot化方法・手順。を参照してください。

2.LG United Mobile Driver (3.8.1) をダウンロードしておく。
LGUnitedMobileDriver_S4981MAN38AP22_ML_WHQL_Ver_3.8.1.exe

3.QPST 2.7 build 378をダウンロードしておく。
QPST_2.7.378.zip

4.新型Nexus7(2013)にAndroid Terminal Emulatorをインストールしておく。


まず、今回の作業の流れを確認しておきます。

新型Nexus7(2013) LTEモデルをプラスエリアに対応させる為の作業の流れは以下の通りです。

1.LG United Mobile Driverのインストール
2.新型Nexus7(2013)を診断モードに切り替え&ドライバインストール
3.QPSTのインストールと設定
4.元のNV itemsのバックアップ
5.NV itemsの書き換え


流れは以上となります。


まず、準備しておくこと2でダウンロードしておいたLG United Mobile Driverをインストールしていきます。

まず言語選択画面になるので、任意の言語を選んで「次へ」をクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area4

「次へ」をクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area5

「LG United Mobile ドライバが正常にインストールされました」と表示されたら「OK」をクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area6
LG United Mobile Driverのインストールは以上です。


LG United Mobile Driverのインストールが終わったら、次に新型Nexus7(2013)を診断モードに切り替えます。

診断モードにすると診断モード専用のドライバをインストールする必要がありますが、診断モード時の新型Nexus7(2013)を認識させるためのドライバがASUSにはないようなので、初めにインストールしたLG United Mobile Driverを流用します。

診断モード時のドライバをインストールする前に、USBデバッグのチェックを外しておきます。
nexus7-2013-lte-plusarea0.1

また、MTPやPTPも無効にしておきます。ストレージをタップします。
nexus7-2013-lte-plusarea0.2

右上のメニューアイコンをタップします。
nexus7-2013-lte-plusarea0.3

「USBでパソコンに接続」をタップします。
nexus7-2013-lte-plusarea0.4

メディアデバイス(MTP)とカメラ(PTP)のチェックをどちらも外しておきます。
ここのチェックを外すと、新型Nexus7(2013)をPCにつないでも内部ストレージの中身(PTPはカメラフォルダのみ)が見られなくなります。
プラスエリア化が完了したらMTPにチェックを入れておきましょう。

nexus7-2013-lte-plusarea0.5


新型Nexus7(2013)を診断モードにしてドライバをインストール

ここからは、新型Nexus7(2013)を診断モードにして診断モード時のドライバをインストールします。

準備しておくこと4でインストールしておいたAndroid Terminal Emulator(アプリ一覧では端末エミュレータという名前です)を起動して、「su」と入力してIMEのエンターキー(スクリーンショットはATOK)を押します。
nexus7-2013-lte-plusarea1

スーパーユーザーリクエストが表示されるので、「許可」をタップします。
nexus7-2013-lte-plusarea2

以下のコマンドを入力して、IMEのエンターキーをタップします。

setprop sys.usb.config diag

すると、診断モード時のドライバのインストールが自動で始まるので、しばらく待ちましょう。


ドライバのインストールが終わったら、PCのスタート>コンピュータを右クリック>プロパティからデバイスマネージャーをクリックします。


ポート(COMとLPT)に「LGE AndroidNet For Diagnostics Port(COM●)」が表示されます。(COM●)は後で使うのでポート番号を控えておきます。


ここからは、QPSTをインストールと設定をしていきます。

準備しておくこと3でダウンロードしておいたQPSTのzipファイルを解凍すると、setup.exeというファイルがあるので、これをダブルクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area7

「Install」をクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area8

「Installation Complete」と表示されれば、QPSTのインストールは完了です。「Close」をクリックします。
nexus-4-global-foma-plus-area10



プログラム一覧からQPST Configurationを起動します。


Portsタブをクリックして、「Add New Port」をクリックします。


先程デバイスマネージャーで確認したCOMポートを選択して「OK」をクリックします。私はCOM6だったのでCOM6を選びました。


ポートが追加されました。Phoneの項目が「SURF9615」となっていればOKです。




ここからは、元のNV itemsのバックアップをしていきます。

RF NV Managerの起動

まず、バックアップするために使うツール「RF NV Manager」を起動します。
QPSTがインストールされているフォルダを開いて、「RF_NV_Manager.exe」をダブルクリックして起動します。
QPSTは、PCは32ビットであればProgram Files\Qualcomm\QPST\binに、64ビットであればProgram Files(x86)\Qualcomm\QPST\binにインストールされていると思います。


OSのバージョン等によっては、管理者として実行する必要がある場合もあります。
「RF_NV_Manager.exe」をダブルクリックして作業がエラー等でうまく進まない場合は、管理者として実行してみてください。
nexus7-2013-lte-plusarea11


COMポートの指定

RF NV Managerが起動したら、まずCOMポートの指定をしていきます。Setting>Comportをクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea12

プルダウンをクリックすると、デバイスマネージャーで確認してQPST Configurationで指定したCOMポートが表示されるので、それを選びます。
nexus7-2013-lte-plusarea13

選んだら「OK」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea14


NV Itemsのバックアップ

次に、現在の新型Nexus7(2013)のNV Itemsをバックアップしていきます。
初めに、現在のNV Itemsを新型Nexus7(2013)から吸い出します。File>Read From Phoneをクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.1

吸い出しが始まるので、しばらく待ちます。
nexus7-2013-lte-plusarea15.2

吸い出しが完了したら、QCNファイルとして保存していきます。File>Write Only Listed NV Items To QCNをクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.4

バックアップファイルの保存場所とファイル名を指定します。「Browse」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.5

任意の場所にファイル名を指定して「保存」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.6

保存場所の指定が終わったら「OK」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.7

qcnファイルとして保存されました。ただ、バックアップはできましたがこのファイルのままでは復元はできません。いらないものを削っていく必要があると思います。
nexus7-2013-lte-plusarea15.8


NV Itemsの書き換え

ここからが本番です。プラスエリアに対応させるためにNV Itemsを書き換えます。

書き換えるNV Itemsは1つだけです。この1つを書き換えるだけで、新型Nexus7(2013)をプラスエリア化することができます。

書き換えるNV Itemsは1877番(NV_RF_BC_CONFIG_I)です。
まず、後で元に戻せるように現在の値をメモしておきます。「Hex」にチェックを入れると、「6e80380」と表示されるはずです。この値をメモしておきましょう。
nexus7-2013-lte-plusarea15.9

メモが終わったら「Hex」にチェックは入れたままで「ee80380」に書き換えます。初めの6をeに変えるだけですね。


書き換えが終わったら、「Write NV」をクリックします。


File>Write Changed NV Items To Phoneをクリックして新型Nexus7(2013)に書き込みます。


書き込みが終わったら、File>Exitをクリックして一度RF NV Managerを終了させます。


プラスエリア対応の値に書き変わっているかを確認します。再度RF_NV_Manager.exeを起動します。
nexus7-2013-lte-plusarea15.13

File>Read From Phoneをクリックして、再度新型Nexus7(2013)のNV Itemsを吸い出します。
nexus7-2013-lte-plusarea15.14

吸い出しが完了するまでしばらく待ちます。
nexus7-2013-lte-plusarea15.15

Hexにチェックを入れて、新型Nexus7(2013)のNV Itemsが「ee80380」に書き変わっていればOKです。



Service Programmingの設定

最後に、Service Programmingで設定を行うことで新型Nexus7(2013) LTEモデルのFOMAプラスエリア化は完了です。

QPST Configurationを起動します。
nexus7-2013-lte-plusarea15.17

COMポートが有効になっていることを確認してStart Clients>Service Programmingをクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.18

Phoneが「SURF9615」になっていることを確認して「OK」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.19

「UMTS System」タブをクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.20

「Read from Phone」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.21

コードを要求されますが、そのまま「OK」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.22

W-800にチェックを入れます。
nexus7-2013-lte-plusarea15.23

W-800にチェックを入れたら、「Write to Phone」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.24

エラーが表示されるので「OK」をクリックします。
nexus7-2013-lte-plusarea15.25

以上で新型Nexus7(2013) LTEモデルのFOMAプラスエリア化は完了です。



上記作業が終わった後、いつものプラスエリア確認場所に行ってみました。

今回持っていったのは、プラスエリアを初めから掴むNexus5NV itemsを書き換えてプラスエリアに対応させたNexus4 海外版と今回プラスエリア化した新型Nexus7(2013) LTEモデルの3機種です。

結果はこちら。全ての機種がFOMAプラスエリアを掴んでいます。


ちなみに新型Nexus7(2013) LTEモデルのNV Items1877番を元の「6e80380」に戻すと、ばっちり圏外になるので、今回の作業をすることで新型Nexus7(2013) LTEモデルのプラスエリア化に成功していることが分かりますね。


今回書き換えたNV itemsは、カスタムROMを導入したりファクトリーイメージを焼いても影響を受けない領域なので、カスタムROMをやファクトリーイメージの導入でプラスエリアを掴まなくなることはありません。

今回の作業は、最悪通信ができなくなる可能性もあるなどのリスクを伴いますが、そのリスクを受け入れたうえでプラスエリア化したい人は自己責任で試してみてください。

最後に、今回のプラスエリア化の際に細かい手順等ご協力いただいたRyutaroh Yamashitaさん、本当にありがとうございました!

新型Nexus7(2013) LTEモデルをFOMAプラスエリアに対応させる方法は以上です。

新型Nexus7(2013)の使い方に関する記事一覧

新型Nexus7(2013)の記事一覧

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (40) Trackbacks (0)
  1. このようなやり方でNexus5をXiプラスエリアに対応させる事は出来そうですか?

  2. 850Mhzに対応しているならプラスエリアの周波数帯を内包しているからもしかしたら・・・
    という話は以前から噂でありましたがついに発見されたんですね・・・すごい

    • ten4さん

      確かにすごいですよね。docomoのSIMでプラスエリアが使えるのは、エリアのカバー率で考えるとやっぱり重要です。

  3. これ基本的にやったら不味いことでしょう?
    何のためにしっかり認証通してるか考えた方がいいです。
    そんなにPV稼ぎたいんですか?

  4. これって、今後のOTAアップデートでも
    改変効果は維持されるんでしょうか?

  5. FOMAプラスエリア化する方法
    大変参考になりました。ありがとうございます。
    Nexsu7LTEの魅力が増しました。

    • kuraさん

      私的にも魅力がかなり増しました。
      プラスエリアを掴むようになったのはありがたいです。

  6. 以前からこのサイトを拝見しており大変参考にさせていただいております。
    確かにNexus7 2013を始めとするクアルコム端末にプラスエリアを掴ませるQPSTの恩恵はものすごいものだと思います。

    しかし、クアルコム社から流失したソフトウェアを用いること自体が黒に近いグレーでありましょうし、
    個人の自己責任ならまだしも流失ソフトウェアであることを書かずに使用を推奨するかのような記事を広く公開なさることには疑問を感じます。
    いわゆる”割れソフト”に近いものの使用を但し書きもなしに広めるようなことは望ましくないのではと一愛読者として感じました。

  7. いろいろ参考にさせていただき、ありがとうございます。
    このFOMAプラスエリア化も大変参考になります。すごいです。
    1点質問させていただきたいのですが、
    当方のNEXUS7・LTE(OS4.4)のNV Items1877番が「6e80380」ではなくて「200006e80380」となっています。
    この場合も「6」の部分を「e」に変えて「20000ee80380」とすれば、良いのでしょうか?

  8. はじめまして。
    初めて、このサイトを利用させていただきました。
    無事に、FOMAエリアプラスの電波を掴めました。ありがとうございました。
    当方も、「200006e80380」でしたが6をeに変更もしくは、「200000」を削っても大丈夫でした。

  9. AndroidLoverさんのおかげでFOMAプラスエリアすることができました。
    僕のNEXUS7も 200006e80380 でしたが 20000ee80380 でも ee80380 でも
    FOMAプラスエリアの電波を掴むことができました。
    ありがとうございました。

  10. QPST 2.7 build 378 をダウンロードしようとしたら、クレジットカードの番号を入力を請求されて詐欺まがいのサイトに誘導されるみたいです。確認のうえ問題あれば文章を訂正したほうがいいと思う。

  11. どの段階でPCとUSBで接続すればよいのでしょうか。これができるなら是非購入に踏み切りたいと考えています。また、同じように2012版ではできないのでしょうか。基本的な質問ですがよろしくお願い致します。

    • 購入検討者さん

      「2.新型Nexus7(2013)を診断モードに切り替え&ドライバインストール」の作業前につなぎます。
      2012 3Gモデルは持っていないので分からないですね。

  12. 「Nexus7(2013)を診断モードにして診断モード時のドライバをインストールします」の
    「診断モードして・・・」についてご教授願います。

    診断モードにしていない状態でドライバーをインストールしているためなのか、
    ドライバーのインストールに失敗し
    QPST Configuration起動時にエラーが出て先に進めません。

    初歩的な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

    • androidlover様

      さきほど無事にエリア化完了しました。

      QPSTのインストールが失敗していたようです。
      (just meだとダメだった?)

      ありがとうございました。

  13. 4.4でも可能でしょうか?

  14. こんにちは。
    本来対応していない周波数にこのようなアプローチで対応させる方法があったとは・・・感激です。
    一つお尋ねしたいのですが、Nexus7(2013)でEmobileの3G(Band9)に対応させられる可能性はありますか?
    ご教授お願いいたします。

  15. はじめまして.
    プラスエリアに対応していなくて困っていたので助かりました.
    4.4で無事に成功しました(たぶん)
    ところで,この設定は今後OSのアップデートが来ても維持されるという認識で大丈夫ですか?
    それとも,毎回行う必要があるのでしょうか?

    • ssaさん

      普通のOTAアップデートではいじらない部分なので、アップデートしてもプラスエリア化されたままですね。
      もちろんアップデートの度にこの作業をする必要はありません。

  16. はじめまして.
    なんとかプラスエリアに対応できるようになりました。
    たまたまこの記事を見つけて助かりました。
    本当に有難うございました。

    • けいさん、はじめまして!

      プラスエリア化できたようでよかったです。
      更にN7が活躍できる場所が増えて、本当に便利になりますね!

  17. プラスエリアの電波は掴んでるのですが、ネットに繋がりません。
    何がいけないのでしょうか?

    • ヒロさん

      このコメントだけではヒロさんの環境なども分からないのでアドバイスしようがないですが、apnの確認などはしましたか?

  18. 下記作業をしましたがすぐに#が出てきます。
    インストールが自動で始まる というのはどのような動きでしょうか。

    setprop sys.usb.config diag

    すると、診断モード時のドライバのインストールが自動で始まるので、しばらく待ちましょう。

    • コマンドプロントにて adb devices でdevices の番号は出てきます。

      LGE AndroidNet For Diagnostics Port が出てこないのでComポートが確認できず、次へ進めない状況です。

      お手数をおかけいたしますが、ご指導お願い致します。

      • てんてんさん

        私は記事通りの手順でできています。

        端末とPCを再起動し、USBポートを変えてみて再度試してみてください。

        インストールしている旨のポップアップがPCで表示されます。

        • ドライバを手動で製造元:LG モデル:LGE AndroidNet For Diagnostics Port にしてポートCOM4確認できました。

          次にQPSTでCOM4にてPhone:No Phone の表示で次へ進めませんでした。
          nexus7 2012だからでしょうか、もう少し探ってみます。

  19. 大変、参考にさせて頂いています。
    一点、FOMA+エリア化後、Biglobe SIMの通信アンテナが30秒消灯、
    10秒点灯を繰り返し、通信ができない状態になっています。
    戻し作業もやってみて、4.2.2へのアップも実行してみても修復できません。
    ServiceProgramingのところで変なところを触った記憶も無いのですが、
    もし、何かお心当たりがあればどの辺を確認すればよいか教えていただけますか?

  20. 補足ですが、Wi-Fiは問題なく接続できます。

  21. 自己レス。。。
    大変お騒がせ、失礼しました。
    APN設定できてなかっただけでした。

  22. ITの事に関して全く知識が無く、先月までガラケーを使っていたのに、経費節約と思いいきなりネクサス7とビックシムを購入しました。が、自分がフォーマプラスエリア在住ということを知らずに、ネットに繋がらないのは初期不良化かと思いメーカーに送ってしまった、という程の度素人です。(今もメーカーから返却されていません。)こんな私にもプラスエリアに対応させることが出来るかとても不安です。

    ブートローダーのアンロックの所で、platform-toolsのシフトキー&右クリックをしても、「コマンドを開く」というのが出てきませんが、ネクサスをUSBで繋げれば出てくるのでしょうか?ちなみにwindows xpを使っています。

    メーカーから返却された時点で工場出荷状態だと思うのですが、Heliumでアプリのバックアップをしないと、初めから入っている全てのアプリも消えてしまいますか?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る