音声入力

しゃべってコンシェルをauやソフトバンクのSIMで使う方法(要Root)。

更新日:


今回は、しゃべってコンシェルをauやsoftbankのSIM(ドコモ以外のキャリアのSIM)で使う方法を紹介します(悠斗さん、情報ありがとうございます!)。

なお今回紹介する方法は、Android(アンドロイド)端末のRoot化が前提となります。

また、私はドコモ以外のキャリアのSIMを持っていないので実際にこの方法を試していませんが、おそらく問題なく使えると思います。

スポンサーリンク



root化することによって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1.Android(アンドロイド)端末のRoot化。すべて自己責任のもとで行ってください。

2.MarketEnablerをインストールしておく。

3.しゃべってコンシェル.apkをインストールしておく。
インストールは、しゃべってコンシェル.apkをAPK DownloaderでダウンロードしてGalaxy Nexus(SC-04D)にインストールする方法。の手順で行ってください。


ドコモ以外のSIMが入ったAndroid(アンドロイド)端末にしゃべってコンシェルをインストールして起動しても、下のキャプチャのように「通信できません」と表示されます。


そこで、準備すること2でインストールしたMarketEnablerを使います。
MarketEnablerは、SIMを他キャリアに偽装することができるアプリです。
このアプリを使って、auやsoftbankのSIMをdocomoに偽装してしゃべってコンシェルを使えるようにしていきます。

ソフトバンクは、operator numeric(5ケタの数字)が「44020」になっているはずです。


auは、「44054」になっているはずです。


ドコモのoperator numericは「44010」なので、この数値に変更していきます。

「Set custom」タブをタップして、operator numericの数値を「44010」に変更して、「Set to this values」をタップします。


「Done and all set」と表示されれば設定は完了です。


これだけでしゃべってコンシェルをauやソフトバンクといった、ドコモ以外のキャリアからも使えるようになるはずです。



興味のある人はぜひ試してみてくださいね。
スポンサーリンク

-音声入力

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.