Chromeブラウザ

Google、Android版Chromeに「Touch to Search」を配信開始。タップした言葉に関するGoogle検索結果がディスプレイ下部から現れる新機能。

投稿日:

chrome-touch-to-search
Googleは、Android版Chromeにタップした言葉に関するGoogle検索結果がディスプレイ下部から現れる「Touch to Search」機能を配信開始しました。

スポンサーリンク



Touch to Searchとは

Touch to Searchは、タップした言葉をその文脈などから判断してユーザーが期待した検索結果を表示するというもので、Google I/O 2015でAndroid MとともにGoogleが発表した「Now on Tap」の機能の1つと思われます。

Now on Tapについての詳細は、Google Nowの新機能「Now on Tap」の使い方まとめ。アプリ内で知りたい情報をGoogle検索に切り替え不要でテキストをタップやホームキーのロングタップ等で教えてくれる便利な機能。を参照してください。

上記ページの中の、ブラウジング中に気になるキーワードをタップして詳細な情報を検索するで説明されているChromeの挙動と、今回リリースされたTouch to Searchの挙動が酷似しています。

Google I/O 2015で発表されたNow on Tap
google-now-on-tap15

Touch to Search
chrome-touch-to-search


Touch to Searchのオン/オフ設定方法

Touch to Search機能はサーバー側のアップデートで対応するため、一気にすべてのユーザーが使えるようになるわけではないようです。

Touch to Searchのオン/オフの切り替えは、Chromoの設定>プライバシーの中に表示されるとのことです。


Touch to Searchを活用することで、これまでの検索したい文字を選択して検索アイコンをタップするという手間をタップ1つで済ませられるようになります。Chromeの使い勝手がよくなりますね。

source:Google+ via:Android Central

スポンサーリンク

-Chromeブラウザ

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.