Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 6.0のOTAアップデートファイル一覧(手動アプデ用)

Posted on 10月 16, 2015

android-6.0-logo
このページでは、Android 6.0にadbコマンドで手動アップデートできるOTAファイルを一覧にしています。


Android OSのアップデート方法とメリット・デメリットについて

Nexusデバイスは最新のAndroid OSにいち早くアップデートされるのが特徴であり、最大のメリットです。

Nexusデバイスのアップデートは、ファクトリーイメージを手動で焼く方法と端末にアップデート通知が来てからアップデートを実施する方法(OTA)の2パターンがあります。

ファクトリーイメージを手動で焼いてアップデートするメリットは、OTAを待つ必要がなくすぐに最新のAndroid OSにアップデートできることです。逆にデメリットは、基本的にインストールしたアプリやアプリのデータだけでなく内部ストレージに保存されている写真などのデータも全て消え完全に初期化されることです。

「基本的には」としているのは、ファクトリーイメージを焼く際に「userdata.img」を焼かずに、それ以外のbootloader.img、radio.img(SIMを挿せる端末のみ)、boot.img、recovery.img、system.imgを焼くことで、データを保持したままアップデーとができますが、userdata.imgを焼かずにアップデートすることで不具合が出ることがあります。

私はAndroid 5.1.1のNexus5にAndroid M Developer Previewのファクトリーイメージを導入したときに、初めはuserdata.imgを焼かなかったところステータスバーの通知領域が表示されないという不具合が出ました。また、root化後にTitanium Backupが使えないという事象も確認できました。userdata.imgも焼いた後は、上記の不具合は出なくなりました。

userdata.imgを焼かずにアップデートすることは可能ですが、不具合が出る可能性があるため焼くことをおすすめします。または、まずはuserdata.img無しでアップデートして不具合が出ないか確認してみるのも手ですね。


OTAによるアップデートのメリットは、データが初期化されることなくアップデートできる点です。逆に、OTAアップデートは配信されるまでに時間がかかるのがデメリットです。

ですがXDAなど海外のフォーラムでは、Android OSのアップデートが始まるたびにOTAアップデートで配信されるファイルが抜き出されて公開されます。このアップデートファイルを使えば、自分のNexusデバイスにOTAアップデートが来るのを待たずに、またデータを消す必要もなくアップデートが可能になります。

OTAファイルを使ってNexusデバイスをアップデートする方法はこちらを参照してください。
Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にAndroid 5.0 Lollipopにアップデートする方法(ブートローダーアンロック/Root化/カスタムリカバリ不要)


Nexusデバイス別Android 6.0 MarshmallowのOTAアップデートファイル一覧

Nexusデバイス別のAndroid 6.0 Marshmallow OTAアップデートファイル一覧は以下の通りです。

Nexus5

5.1.1 LMY48M ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus6

5.1.1 LMY48M ⇒ 5.1.1 LMY48T
(Android 6.0にアップデートするために必要。自身のバージョン情報を確認してLMY48Tになっていなければ上記のアップデートファイルを適用してください)

5.1.1 LMY48T ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus7(2013) Wi-Fiモデル

5.1.1 LMY48M ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus7(2013) LTEモデル

5.1.1 LMY48P ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus9 Wi-Fiモデル

5.1.1 LMY48M ⇒ 5.1.1 LMY48T
(Android 6.0にアップデートするために必要。自身のバージョン情報を確認してLMY48Tになっていなければ上記のアップデートファイルを適用してください)

5.1.1 LMY48T ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus9 LTEモデル

5.1.1 LMY48M ⇒ 5.1.1 LMY48T
(Android 6.0にアップデートするために必要。自身のバージョン情報を確認してLMY48Tになっていなければ上記のアップデートファイルを適用してください)

5.1.1 LMY48T ⇒ 6.0 MRA58K


Nexus Player

5.1.1 LMY48N ⇒ 6.0 MRA58K


Android 6.0では、いつも数か月間アップデートが待たされるタブレットのLTEモデルに真っ先にアップデートが配信されているようですね。

他のOTAアップデートファイルも分かり次第追記します。

スポンサーリンク


source:Android Police


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (7) Trackbacks (0)
  1. Nexus7 2013 WiFiですが、LMY48T→6.0のOTAが見当たりません。
    ファクトリーイメージのアップデートは怖いので。
    システムのアップデートは時間掛かりそうですね。
    早くアップデートしたいのに残念です。

    • tgwさん

      たしかにLMY48T→Android 6.0のOTAファイルはないようですね。XDAではLMY48Tへのアップデートがきたという報告もあるので、そのうちzipファイルがアップされるかもしれませんが、今は待つしかなさそうです。

  2. あ、それでか。どうりでsideloadでエラーになるわけだ。
    自分のLMY48Tだった。

  3. 同じく、自分も2013wifiモデルでLMY48Tです。上記の皆さんコメントのおかげでうまくいかない原因に気づけました。
    アプデできなくて残念です。

  4. WASHさん

    先に通知が来てたアップデートが6.0 かと何も見ずにアップデートしてしまったもんだからsideloadエラーで気が付いた。
    Nexus7 ではまだ誰も来てないみたいで今回時間がかかりそうなパターンだし。ヤラレタ

  5. お願いです。NEXUS 7 (2013)のLMY48T~android6.0のファイルをお願いします。

  6. 今朝、Nexus 7 2013 (Wi-Fi) のマシュマロ、来ました。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る