Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にアップデートする方法(ブートローダーアンロック/Root化/カスタムリカバリ不要)

Posted on 10月 20, 2016

adb-sideload-update19
今回は、Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にアップデートする方法を紹介します。

なお、このページではAndroid 5.0 Lollipopへのアップデート手順を掲載していますが、Android 7.1でも同じ手順でアップデート可能です。


adb sideloadによる手動アップデートのメリット

adb sideloadは、現バージョンと新バージョンの差分ファイルを手動でインストールすることで、強制的にAndroid OSのアップデートを実施する方法です。

各Nexusデバイスの現バージョンと新バージョンの差分ファイル(OTAアップデートファイル)は以下よりダウンロードしてください。
Nexus5,Nexus7(2012),Nexus7(2013),Nexus10のAndroid 5.0 LollipopへのOTAアップデートファイル一覧。

この差分ファイルはTWRPなどのカスタムリカバリでインストールすることで手動アップデートすることもできますが、カスタムリカバリを導入するにはNexusデバイスのブートローダーアンロックが必要です。

ブートローダーをアンロックすると、Nexusデバイスは内部ストレージを含めた全てのデータが消え工場出荷状態になります。

すでにアンロック済みの場合はカスタムリカバリを導入するだけで問題ありませんが、まだアンロックしていない場合は内部ストレージのデータのバックアップやHeliumでアプリのバックアップをするという手間がかかります。

逆にadb sideloadは、ブートローダーのアンロックをしなくても上記アップデート差分ファイルをインストールできる便利な機能です。NexusデバイスのRoot化はブートローダーのアンロックが前提となるので、Root化ももちろん必要ありません。

Root化といった手間をかけずに現状の状態をそのまま残してアップデートできるのが、adb sideloadの大きなメリットです。


adb sideloadによる手動アップデートの注意点

adb sideloadによる手動アップデートを適用させるためには、システムの変更は許されません。

例えば、Root化してフォントを変更しているだけでもインストールは失敗します。

システムをいじっている場合は、ファクトリーイメージを焼いた方が速いです。


準備しておくこと

1.adb sideloadを実行するには、Android SDKをインストールしてadbコマンドが使える状態にしておく必要があります。
Androidd SDKのインストール方法はAndroid SDKのインストール方法(Windows8.1)と最新のplatform-toolsをダウンロードする方法。を参照してください。

もしくは、adbコマンドとfastbootコマンドだけを簡単に使えるようにできるソフト「Minimal ADB and Fastboot」を使います。こちらの方が時間もかからないのでおすすめです。導入手順はこちらをご覧ください。
adbコマンド/fastbootコマンドをSDK不要ですぐ使えるようにする方法

2.手動でアップデートを適用させたいNexusデバイスの差分アップデートファイルをダウンロードしておきます。デバイスごとのダウンロードリンクはNexus5,Nexus7(2012),Nexus7(2013),Nexus10のAndroid 5.0 LollipopへのOTAアップデートファイル一覧。からどうぞ。


Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にAndroid 5.0 Lollipopにアップデートする方法

準備ができたら、Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にAndroid 5.0 Lollipopにアップデートしていきます。


まず、電源を切った状態で電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押ししてブートローダーを起動します。
adb-sideload-update0.1

ボリュームボタンを何度か押して「Recovery mode」を表示させ、電源ボタンで決定します。
adb-sideload-update0.2

すると、「コマンドが指定されていません。」という表示と共に赤い!マークつきで倒れているドロイド君が表示されるので、電源ボタンを押しながらボリュームアップボタンを押します。
adb-sideload-update0.3

すると、Nexus標準のリカバリが起動します。
adb-sideload-update0.4

ボリュームダウンボタンを1回押して「apply update from ADB」を選び、電源ボタンを押して決定します。
adb-sideload-update0.5

すると、ディスプレイ下部に「Now send the package you want to apply to the device with "adb sideload "・・・」と表示されます。
adb-sideload-update0.6

次に、Android SDKの中のplatform-toolsフォルダを開きます。
adb-sideload-update1

空いたスペースでShiftキーを押しながら「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックします。
adb-sideload-update2

Minimal ADB and Fastboot」を使う場合は、デスクトップにあるアイコンをダブルクリックします。
adb-fastboot-command15

すると、コマンドプロンプトが開いてadbコマンドが使える状態になります。
adb-fastboot-command14

「adb sideload 」と入力します。
adb-sideload-update12

準備しておくこと2でダウンロードしておいたOTAアップデートの差分ファイルを準備します。
adb-sideload-update13

コマンドプロンプトに差分ファイルをドラッグ&ドロップで持っていきます。
adb-sideload-update14

ファイルへのパスが正しいことを確認してEnterキーを押します。
adb-sideload-update15

すると、OTAアップデートファイルがNexusデバイスに送られ始めます。100%になるまでしばらく待ちます。もし「error: device not found」と表示される場合は、ドライバがインストールされていない可能性が高いです。adb sideloadによる手動アップデート時に「error: device not found」と表示されてアップデートが出来ない場合の原因と対処法。の手順でドライバをインストールしてください。
adb-sideload-update16

コマンドプロンプトが100%になった後、もしNexusデバイスに「Installation aborted.」と表示される場合はアップデートに失敗しています。ただ失敗し場合は、失敗の理由も表示されます。この場合は「/system/etc/fallback_fonts.xml has unexpected contents」と表示され、フォントのxmlファイルに改変(追記)があることを指摘しています。
adb-sideload-update17

問題なく完了すれば、送ったOTAアップデートファイルが適用され始めるのでしばらく時間がかかります。気長に待ちましょう。
adb-sideload-update18

「script succeeded: result was [/system] Install from ADB complete」と表示されれば、adb sideloadによる手動アップデートは完了です。
adb-sideload-update19

リカバリメニューから「reboot system now」をボリュームキーで選んで電源ボタンで決定します。
adb-sideload-update20

Android 5.0 Lollipopのブートアニメーションが始まりました。
adb-sideload-update21

起動すると、Androidアプリのアップデートが始まります。
adb-sideload-update22

これでAndroid 5.0 Lollipopへの強制的な手動アップデートは成功です。

一度Root化してシステムファイルに少しでも改変があると失敗しますが、逆にこれまでRoot化はもちろんブートローダーアンロックもしていないNexusデバイスなら確実に成功するはずです。

なかなかAndroid 5.0 Lollipopのアップデートが来ない人は試してみてください。

逆に、adb sideloadなどでAndroid 5.0 Lollipopにアップデート後、バッテリーのもちが悪くなったりWi-Fi接続に問題が発生した場合など、Android 4.4.4 KitKatにダウングレードすることもできます。ダウングレード手順の詳細はAndroid 5.0 LollipopをダウングレードしてAndroid 4.4.4 KitKatに戻す方法(Nexus5,Nexus7,Nexus4など全Nexusデバイスで利用可)。を参照してください。

なお、Android 5.0 Lollipopには多数の新機能や変更点があります。詳細はAndroid 5.0 Lollipopの新機能・追加機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (18) Trackbacks (0)
  1. 何回やってもC:¥android-windows¥platform-tools〉となってしまうんですがどうしたらいいでしょうか?

  2. こちらも同じくです。
    コマンドプロンプトにアップデートファイルをD&Dしたらなりました。

    • 名無し2さん

      ドラッグ&ドロップではなくて、アップデートファイルがある場所をコマンドプロンプトに直接入力してみてください。

  3. E:failed to verify whole-fire signature
    E:signature verification failed
    ってでてくるんですけどどうすればいいですか

    • 名無しさん

      名無しさんのエラーで対処法を探してみたのですが、明確な解決策が無いようです。

  4. 初めて書き込みします。何度か有用な記事を参照させていただき、ありがとうございます。
    さて、今回android5.1.1をnexus5に差分アップデートする際に、次のようなエラーが出ました。対処法があるようでしたら、教えていただけませんか。

    adb sideload 差分ファイル
    を実行すると、
    protocol fault(no status)
    というエラーが出ます。何度やっても同じです。

    • itoさん

      ご覧いただきありがとうございます!
      itoさんがお使いのadbが古い可能性があるので、sdk managerからplatform-toolsを含むファイル群が最新かチェックして、もし古ければ最新にアップデートした後に再度adb sideloadを試してみてください。

      • AndroidLoverさん

        早速あなたの記事「Android SDKのインストール方法まとめ。」を参考にして、platform-toolsを最新にアップデートした後に、adb sideloadをトライしたところ、無事android5.1.1にアップデートできました。貴重なアドバイスに心から感謝いたします。
        今後ともどうぞよろしくお願いします。

        違う話題ですが。
        家内のnexus5は通話の際、自分からの声が相手によく聞こえない現象が起きています。nexus5のマイク穴に直接口を持っていって話をすれば問題なく相手に聞こえます。また、あるサイトの情報から試したのですが、裏蓋のカメラの下2センチあたりを強く押したら、ある程度症状が改善されました。

        • itoさん

          無事アップデートできたようでよかったです!
          また、Nexus5の不具合に関する情報もありがとうございます。通話に問題があるんですね。
          私のNexus6も車で移動中に通話するとほぼ100% 10秒ほど相手との通話が完全に途切れる症状が出ている状況で困っています。。。
          こちらこそ今後とも当サイトへのお越しをお待ちしています!

  5. あのnexus7のアップデートをしてたのですが(4.3⇒4.4.2)
    もう終わるってところでエラーとでてそこから起動しなくなりました
    Googleのロゴが出て進んだと思ったら真っ暗な画面に来てそこから動かないんです(ホントは起動するときのアニメーションがでるはず)
    んで初期化してもいいんですがバックアップを取ってなくて…一応ブートローダーやリカバリは起動するのでここに書いてある手順でやってたのですがD&Dしたらざーーと英語がいっぱい並んで最後に bug tags are printed.っと出たのですがこれはどういうことでしょうか…ちなみにドライバもインストールしてあります。

    • syuziさん

      「bug tags are printed.」というエラーに当たったことがないので原因は分かりません。

      adb sideloadによるアップデートは差分アップデートなので、4.3から4.4.2に一気にアップデートしようとすると失敗するはずです。
      ファクトリーイメージの中のuserdate.imgとcache.imgを除くimgファイルを1つずつfastboot flashコマンドで導入して、TWRPからキャッシュのみ削除してみると起動するかもしれません。

  6. AndroidLoverさん

    どこの記事に書き込んでいいのかわからないのでこちらに書き込みします。
    nexus7(2013)lteがsimカードを認識しなくなり、いろんな方法を試してみましたが、だめでした。
    そんなときに、最近ネット上で、接点復活剤をsimカードに塗ると認識するようになった、という記事を発見し、早速トライしました。効果覿面です。
    おそらくこの問題で困っている方が多いのではと思い、書き込みさせていただきました。

    • itoさん

      情報ありがとうございます!
      接点復活剤というモノがあることを初めて知りました。SIM読み込みがうまくいかないときはかなり効果があるようですね。
      私もSIMが認識しづらくなってきたら試してみますね!

  7. 初めまして。
    nexus6の記事が豊富にあるので楽しく勉強させていただいています。

    本記事を読ませていただいて、nexus6をadb sideloadを使って5.1.1 LMY48T から 6.0 MRA58Kに更新しようとしています。
    ブートローダーを起動した後、ボリュームボタンを押して「Recovery mode」を表示させ、電源ボタンで決定するところでPCのデバイスマネージャーからandroid composite ADB Interfaceが認識されなくなります。
    当然PCで認識していないのでapply update from ADBを選択しても更新ができません。

    error: device not foundとは違ってerror: device (null) not foundと表示されているのですが、何か見落としがあるのでしょうか。
    もし対処法があるようでしたらご教示いただければ幸いです。

    • 何度も申し訳ありません。
      USBドライバのandroid_winusb.infの中身を追記したり、環境変数の確認をしていたのですが自分では解決できなかったので、素直にブートローダーのアンロックからファクトリーイメージを書き込もうと思います。
      お手間を取らせて申し訳ありませんでした。

    • 私も先日から同じ状態でハマっております・・・
      こちらのコマンドプロンプト上のエラーメッセージは error: device no found と表示されるというのが違う点でしょうか。
      ドライバ削除からのインストール等いろいろと手を尽くしているのですが未だ解決に至っておりません。

  8. フォントのxmlファイルに改変(追記)とのエラーがでます。
    変更した記憶はないのですが、
    この場合は、
    どの様にしたらよろしいでしょうか?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.