Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




ZTE AXON 7 miniのスペックレビューと価格・日本発売日まとめ

Posted on 10月 13, 2016

axon-7-mini2 ZTEは、2016年10月13日に日本で新商品発表会を開催し、AXON 7 miniを発表しました。

このページでは、AXON 7 miniのスペックレビューや特徴、価格、日本発売日などについてまとめています。

スポンサーリンク



ZTE AXON 7 miniのスペック

ZTE AXON 7 miniのスペックは以下の通りです。
 Axon 7 miniのスペック
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.2インチ
1920x1080
フルHD
有機EL
CPUSnapdragon 617
1.5GHz 8コア
RAM3GB
ストレージ32GB
microSD最大128GB
背面カメラ1600万画素
f1.9
EIS/PDAF
前面カメラ800万画素
f2.2
バッテリー2700mAh
対応周波数
(バンド)

LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)
28(700MHz)

LTE(TDD-LTE)
41(2500MHz)

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
6(800MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)

GSM
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz
ドコモプラチナバンド
(Band19)
FOMAプラスエリア
(Band6/19)
auプラチナバンド
(Band18/26)
×
au 3G
(CDMA2000)
×
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28)
SIMサイズSIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM(※microSDスロットも兼ねる)
3G+4Gの
デュアルスタンバイ
技適
サイズ高さ:147.5
幅:71
厚さ:7.8mm
重さ153グラム
NFC
GPSGPS
A-GPS
Glonass
Beidou
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetoothv4.1
加速度センサ
ジャイロスコープ
近接センサ
環境光センサ
指紋認証センサ
コンパス
その他センサホールセンサ
ポートUSB Type-C
カラーイオンゴールド
クオーツグレー
価格39,800円
公式サイトZTE AXON 7 mini | SIMフリースマートフォン | ZTE



ZTE AXON 7 miniの特徴・メリットをレビュー

AXON 7 miniは、5.5インチのAXON 7を小型化するなどしてスペックを下げ、その分価格を抑えたモデルです。

ですが、下げたといっても快適に操作できるレベルのスペックで、かつ押さえるべきところはしっかりと押さえています。

ここからは、AXON 7 miniの特徴とメリットについてまとめます。

1600万画素の背面カメラと800万画素の前面カメラ搭載

AXON 7 miniは、1600万画素の背面カメラと800万画素の前面カメラを搭載しています。
axon-7-mini4

最近のSIMフリースマホの中には、1600万画素の背面カメラを持つ機種も増えてきているためAXON 7 miniが特に良いというわけではありません。

また、画素数が高いからと言ってきれいな写真が撮影できるわけでもありませんが、1600万画素もあれば特に昼間はきれいな写真が撮影できるはずです。

夜間の写真については、前モデルのAXON 7はあまり評判が良くありませんでした。AXON 7 miniでは改善されている可能性はあるものの、気になる人はレビューが出るまで待ったほうがいいでしょう。


指紋認証センサを搭載

AXON 7 miniは、背面に指紋認証センサを搭載しています。
axon-7-mini2
指紋認証は、一度使うとこれなしでスマホを使うのが面倒で仕方なく感じるほど便利な機能です。

AXON 7 miniを使うなら、指紋認証はぜひ活用したいところです。


ハイレゾ音源の再生に対応。デュアルフロントスピーカーで音質が良い

AXON 7 miniには、旭化成エレクトロニクスのHi-Fiチップ「AK4962」が内蔵されています。
AK4962

AK4962は、ボーカルや楽器の距離感などを忠実に再現し、臨場感のある原音に近い音質を実現するVELVET SOUNDテクノロジーを採用し、384KHzのハイレゾ音源の再生にも対応しています。

また、ノイズ集音用のマイクを内蔵するヘッドホンと組み合わせると、ヘッドホン周辺の騒音を取り去るアクティブノイズキャンセリング機能により音楽を高音質で、かつ快適に聴くことができます。

さらに、AXON 7 miniの前面には上下にスピーカーが搭載されており、Dolby Atmosを搭載することで臨場感のあるサラウンドサウンドを実現しています。

AXON 7 miniは、音質にはかなりこだわっていることが分かりますね。


高級感のあるメタルボディ

AXON 7 miniのデザインは、上位機種のAXON 7と同じBMWグループ会社のDesing Worksと共同で行われています。

AXON 7 miniの実機写真を見てみると、全面メタルボディが特徴的で高級感があります。
axon-7-mini1

4G+3Gの同時待ち受け・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応

AXON 7 miniは、デュアルSIMスロット搭載で2枚のSIMを挿すことができ、さらに4Gと3Gの同時待ち受けに対応しています。

デュアルスタンバイ対応のAXON 7 miniなら、片方はドコモなどキャリアのかけ放題SIM(パケット定額プランは廃止して料金を浮かせる)を挿し、もう片方に格安SIMを挿すことでデータ通信料分を節約するといった使い方ができます。詳しくはこちらをご覧ください。
シングルスタンバイ・デュアルスタンバイ・デュアルアクティブの違い

また、AXON 7 miniの価格はデュアルスタンバイ対応機種の中でも一般的な価格なので、デュアルスタンバイのスマホを検討中なら選択肢として十分にありですね。
デュアルSIMデュアルスタンバイ(同時待ち受け)SIMフリースマホまとめ


ドコモのFOMAプラスエリア(Band6/19)とLTEプラチナバンド(Band19)に完全対応

AXON 7 miniは、日本の通信事業者(キャリア)が利用する周波数にも最適化されています。

ドコモに関しては、山間部や都市の一部でも使われているFOMAプラスエリアに対応しています。また、同じくLTE通信において山間部などで使われるLTEプラチナバンドにも対応しているため、ドコモで購入できる端末とほぼ同じエリアで通話や通信が可能です。
黄色い部分がFOMAプラスエリア

黄色い部分がFOMAプラスエリア



上記のとおり、AXON 7 miniはドコモSIMだけでなくドコモ系の格安SIMにも適した端末となっています。

なお、AXON 7 miniはドコモだけでなくソフトバンクのプラチナバンドにも対応しているため、ソフトバンクのSIMでも広いエリアで通話・通信とも可能です。


ZTE AXON 7 miniの注意点・デメリットをレビュー

次に、AXON 7 miniの注意点やデメリットをレビューしていきます。

microSDスロットがSIMスロットと兼用のためmicroSDを使うとSIMは1枚しか挿せない

AXON 7 miniは最大で128GBのmicroSDに対応していますが、microSDを挿して使う際に注意すべき点があります。

それは、AXON 7 miniにはmicroSDを挿す専用のスロットがなく、片方のSIMスロットにmicroSDを置く必要がある点です。

つまり、AXON 7 miniにmicroSDを挿すとデュアルスタンバイで使えないことになります。

AXON 7 miniのストレージは32GBですが、SDカードと同時にSIMを2枚使いたい場合は別の機種を選んだほうがいいでしょう。

ちなみに、4Gと3Gの同時待ち受け対応で、microSDを入れるスロットがSIMスロットとは別にあるのは現時点ではMoto G4 Plusのみです。
moto-g4-plus-review104
Moto G4 Plusは、このようにmicroSDスロットとSIMスロットが別になっています。
moto-g4-plus-review116
また、Moto G4 PlusはCPUがSnapdragon 617搭載で背面カメラも1600万画素と、AXON 7 miniとスペックも共通する点が多いです。

デザインや見た目はAXON 7 miniの方が高級感がありますが、スペック重視ならMoto G4 Plusも比較対象にしてみるといいでしょう。

Moto G4 Plusのレビューはこちらをご覧ください。
Moto G4 Plus購入レビューとスペック・MVNO 格安SIMセットまとめ


auやau系格安SIMではほぼ使えない

AXON 7 miniは、ドコモやソフトバンクのSIMでは通話・通信ともに広いエリアで利用できますが、au回線に関してはauのLTEプラチナバンドであるBand18やauの通話で利用する通信規格CDMA2000に非対応です。

AXON 7 miniではauやau系格安SIMではほぼ使えないと思っておいた方がいいです。


AXON 7 miniの価格

39,800円


AXON 7 miniの日本発売日

2016年10月21日


AXON 7 miniまとめ

AXON 7 miniは、高級感のあるデザインに高画素数のカメラ、音質にこだわった設計、4G+3Gのデュアルスタンバイ対応ながら価格は39,800円と、コストパフォーマンスは悪くないSIMフリースマホです。

特にAXON 7 miniの音質はかなり良いようなので、スマホで音楽をよく聴く人には良さそうですね。

ZTE AXON 7 miniのスペックレビューと価格・日本発売日のまとめは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る