Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Google、Chrome Custom Tabsを発表。アプリ内でWebViewを利用したり別ウィンドウでブラウザアプリを起動せずにChromeを利用することで没入感アップ。特徴や実際の動作の紹介。

Posted on 5月 29, 2015

chrome-custom-tabs5
Googleは、Google I/O 2015において「Chrome Custom Tabs」を発表しました。

スポンサーリンク



Chrome Custom Tabsの特徴

Chrome Custom Tabsは、アプリ内でWebViewではなくChromeを利用できるのが特徴です。

アプリ内にあるリンクをタップしてリンク先のページを開く際、現在はアプリ内でWebViewに切り替えるかアプリ外でChromeなどのブラウザを起動する必要があります。

WebViewはアプリ内で完結するためブラウザへの切り替えなどユーザーの手間はかかりませんが、機能に制限があります。またアプリ外でブラウザを起動するとアプリからブラウザに切り替える手間がユーザーにかかってしまいます。

Chrome Custom Tabsは、アプリ内でChromeを起動してかつアプリ独自の機能もChromeで利用できるという点で、上記の問題を解決できる新しい機能です。

また、Chrome Custom Tabs機能によりWebViewではなくChromeを利用することで、サインインやパスワードの保存、オートフィル、マルチプロセスセキュリティといったブラウザの豊富な機能をアプリ内で使うことができます。
chrome-custom-tabs6


Chrome Custom Tabsの挙動例

Google I/O 2015の発表で紹介された、Chrome Custom Tabsがどのように動作するかの例を画像を交えて紹介します。

サンプルのアプリはPinterestです。

Pinterestアプリ内でリンクをタップします。
chrome-custom-tabs1

すると、右からChromeがするするとスライドしてきます。
chrome-custom-tabs2

アドレスバーもPinterestと同じ色で表示されるので、Chromeが起動していることに気づかないほどの没入感でユーザーはアプリを利用できます。またアドレスバーにはPinterestアプリ内にある「Pinit」アイコンがあり、これをタップすると・・・
chrome-custom-tabs3

Pinする画面が表示されます。
chrome-custom-tabs4

また右上のメニューアイコンをタップすると、関連するPinや共有メニュー、ページ内検索、Chromeブラウザで開くといったメニューが表示されます。
chrome-custom-tabs5

Chrome Custom Tabsの登場で、ユーザーはこれまで以上にアプリに没入できるようになれますね。

なお、Chrome Custom Tabsが発表されたGoogle I/O 2015では、最新のAndroid OSバージョンである「Android M」が発表されました。

Android Mの新機能など詳細は、Android Mの新機能・変更点・追加機能・使い方まとめ。をご覧ください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る