ワイモバイル(Y!mobile)キャンペーン詳細と併用パターン、注意点まとめ【8月】

ワイモバイルのキャンペーン詳細と併用パターン、注意点などについてまとめています。

ワイモバイルをできるだけ得に契約したい場合の参考にしてみてください。

目次


ワイモバイルのオンラインストアはワイモバイルとYahoo!モバイルの2つある

ワイモバイルのキャンペーンについてまず押さえておくべきことは、ワイモバイルのオンラインストアにはソフトバンク株式会社が運営する「ワイモバイルオンラインストアと、ヤフー株式会社が運営する「Yahoo!モバイルオンラインストアの2つある点です。

ワイモバイル公式サイト
ワイモバイル
Yahoo!モバイル公式サイト
Yahoo!モバイル
なお、ワイモバイルのサービスはソフトバンク株式会社が運営しています。

そのため、ソフトバンク株式会社運営のワイモバイルオンラインストアが正統でヤフー株式会社運営のYahoo!モバイルは正統ではないと思ってしまいそうになりますが、そもそもソフトバンク株式会社とヤフー株式会社はどちらもソフトバンクグループ株式会社の関連会社なので、どちらも正統です。

また、ワイモバイルとヤフーモバイルでは契約できるSIMや料金プラン、端末も全て同じとなっています。


Y!mobileとYahoo!モバイルではキャンペーン内容が異なる

ワイモバイルとYahoo!モバイルで異なるのがキャンペーンの内容で、契約する内容によってはワイモバイルの方が安かったり、逆にYahoo!モバイルの方が安い場合もあります。

 ワイモバイル
オンラインストア
Yahoo!モバイル
オンラインストア
公式サイト ワイモバイル Yahoo!モバイル
運営ソフトバンク株式ヤフー株式会社
独自施策
共通施策

ワイモバイルは、事務手数料3,300円が0円になるのと最大6,000円相当のPayPayボーナスがもらえるのがメリット。

ヤフーモバイルは、PayPayボーナスライトがたくさんもらえるのがメリットです。

両者共通の施策では、どこでももらえる特典 PayPayボーナスライト3,000円相当プレゼントが得で利用しないと損ですが、このキャンペーンは自動で適用されずエントリーしないと適用されないのでエントリー忘れないように注意が必要です。


気になるのはどちらで契約した方が安い(得)なのかという点ですが、結論から言うと5のつく日とゾロ目の日にワイモバイルを申し込むならYahoo!モバイルが、それ以外の日にワイモバイルを申し込むならワイモバイルが得です。

SIMタイプや契約ごとの割引額は後ほど比較します。


ワイモバイルショップ(店頭)のキャンペーン内容はオンラインには及ばないことが多い

ワイモバイルはオンラインストアだけでなく店頭(ショップ)で契約することもできますが、店頭で契約するとワイモバイル公式サイトの事務手数料無料キャンペーンが適用されないなど、割引額が少なくなる場合があります。

オンラインで申し込む際に不明な点があればチャットで相談できるので、できるだけ割引額を大きくしたいならオンラインストアがおすすめです。


SIMタイプ毎で適用・併用可能なキャンペーン

ワイモバイルは、データ通信SIMと音声通話SIM、SIM単体とスマホセットで適用できるキャンペーンが異なることがあります。

また、音声通話SIMでも新規と他社からの乗り換え(MNP転入)、ソフトバンクからの乗り換えで適用したり併用できるキャンペーンが異なる場合があるので、以下にそれぞれのSIMタイプと契約で適用・併用できるキャンペーンをまとめておきます。

なお、適用・併用するキャンペーンはワイモバイル・Yahoo!モバイルそれぞれ独自のキャンペーンと、共通キャンペーンの中で主要なキャンペーンとなる「どこでももらえる特典 PayPayボーナスライト3,000円相当プレゼント」です。

共通キャンペーンのその他のキャンペーンは、「新規割」「データ増量無料キャンペーン2」「下取りプログラム」「ご加入特典 PayPayボーナスライト300円相当プレゼント」がソフトバンクからの乗り換えも含めて全ての契約で適用され、割引額の比較に影響しないため除きます。


データ通信SIM

SIM単体
プランSワイモバイルYahoo!モバイル
公式サイト ワイモバイル Yahoo!モバイル
独自施策なしなし
共通施策なし
合計0円0円

端末セット
プランSワイモバイルYahoo!モバイル
公式サイト ワイモバイル Yahoo!モバイル
独自施策なしなし
共通施策なし
合計0円0円

データ通信SIMはSIM単体・端末ともに適用されるキャンペーンはありません。

ワイモバイルでできるだけキャンペーンを適用したいなら、音声通話SIMの契約が大前提となります。


音声SIM(新規)

SIM単体

端末セット
プランS/M/Rワイモバイル
全ての日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
公式
サイト
ワイモバイル Yahoo!モバイル Yahoo!モバイル
独自
施策
なし
共通
施策
合計6,300円8,555円3,000円

音声通話SIMの新規は、SIM単体はプランSとプランM・Rで適用されるキャンペーン内容が異なっています。

プランSはワイモバイル・Yahoo!モバイルともにいつ契約しても6,300円の割引です。

プランMとRの割引額はワイモバイルが9,300円。

Yahoo!モバイルは5のつく日・ゾロ目の日とそれ以外の日で割引額が異なる場合がありますが、音声通話SIMのSIM単体を新規で契約する場合はいつ契約しても10,700円割引です。


スマホセットに関しては、ワイモバイルはいつでも6,300円割引。

Yahoo!モバイルは5のつく日・ゾロ目の日に契約すると8,555円割引され、それ以外の日に契約した場合は3,000円と割引額にかなり差があります。


新規で音声通話SIMとセットで端末を購入する場合は、5のつく日とゾロ目の日はYahoo!モバイルで契約が、それ以外の日はワイモバイルで契約するのがお得です。


音声SIM(ソフトバンク以外からMNP転入)

SIM単体

端末セット
プランS/M/Rワイモバイル
全ての日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
公式
サイト
ワイモバイル Yahoo!モバイル Yahoo!モバイル
独自
施策
なし
共通
施策
合計6,300円8,555円3,000円

ソフトバンク以外の他社から乗り換えで音声通話SIMを契約する場合も、SIM単体はプランSとプランM/Rで割引額が異なり、M/Rの方がたくさん還元されます。

そしてプランS・M・Rともに5のつく日・ゾロ目の日ならYahoo!モバイルが得で、それ以外の日ならワイモバイルの割引額が大きいです。

端末セットについても、5のつく日・ゾロ目の日はYahoo!モバイルが、それ以外の日はワイモバイルで契約がおすすめ。


音声SIM(ソフトバンクからMNP転入)

SIM単体
プランS/M/Rワイモバイル
全ての日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
公式
サイト
ワイモバイル Yahoo!モバイル Yahoo!モバイル
独自
施策
なしなしなし
共通
施策
合計3,000円3,000円3,000円

端末セット
プランS/M/Rワイモバイル
全ての日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
公式
サイト
ワイモバイル Yahoo!モバイル Yahoo!モバイル
独自
施策
なしなしなし
共通
施策
合計3,000円3,000円3,000円

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合は、ワイモバイル・Yahoo!モバイルともに独自キャンペーンは適用されず、どこでももらえる特典のPayPayボーナスライト3,000円分だけが還元されます。


SIMタイプ毎で適用・併用可能なキャンペーンは以上です。


公式サイト
楽天モバイル

コスパの高いスマホの価格をワイモバイルとYahoo!モバイルで比較

ワイモバイルでは様々な機種をSIMとセットで購入することができますが、どの機種がいいのか迷ってしまう人もいると思います。

そこで、コスパの高いおすすめ機種の価格をワイモバイルとYahoo!モバイルで比較します。


低スペックで安いAndroidスマホのXperia 8とAndroid One X4、Libero S10は機種によってワイモバイルがいい場合とYahoo!モバイルがいい場合がある

ワイモバイルのSIMとセットで購入する端末をできるだけ安く済ませたいという人向けに、ワイモバイルではXperia 8とAndroid One X4、Libero S10が用意されています。

ワイモバイルオンラインストアでは毎日21時~翌9時まで開催のタイムセールで安くなり、Yahoo!モバイルオンラインストアでは一部の機種が時間に関係なく割引価格で購入できます。

両者の価格を比較すると、機種によってワイモバイルがいい場合とYahoo!モバイルの方がいい場合があります。

価格はスマホベーシックプランSとM/Rで、また新規とMNP転入で異なる場合があるので以下に比較します。


Xperia 8
S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格43,200円43,200円
セール価格28,800円30,960円
割引6,300円
3,000円
割引後価格22,500円27,960円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格43,200円43,200円
セール価格28,800円30,960円
割引6,300円
3,000円
割引後価格22,500円27,960円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格43,200円43,200円
セール価格25,199円27,360円
割引6,300円
3,000円
割引後価格18,899円24,360円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格43,200円43,200円
セール価格25,199円27,360円
割引6,300円
3,000円
割引後価格18,899円24,360円

Xperia 8は、ワイモバイルのタイムセールの価格がYahoo!モバイルよりも安いです。

また、ワイモバイルはどこでももらえる特典のPayPayボーナスライト3,000円相当プレゼントに加えて事務手数料3,300円も0円になるので、実質価格は5,000円~6,000円程度安く購入できます。

Xperia 8を買うなら、ワイモバイルがおすすめです。


Android One X4【アウトレット品】
S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格19,800円-
取り扱いなし
セール価格5,399円-
割引6,300円
-
割引後価格-901円-
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格19,800円-
取り扱いなし
セール価格5,399円-
割引6,300円
-
割引後価格-901円-
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格19,800円-
取り扱いなし
セール価格5,399円-
割引6,300円
-
割引後価格-901円-
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格19,800円-
取り扱いなし
セール価格5,399円-
割引6,300円
-
割引後価格-901円-

Android One X4は、Yahoo!モバイルではすでに取り扱いがないのでワイモバイルでのみ購入できます。

割引を2つとも適用すると実質価額は0円以下になるので、とにかく安くスマホセットを購入したいならAndroid One X4を検討してみるといいでしょう。

なお、Android One X4はアウトレット品で新品ではないので、新品にこだわる場合はAndroid One X4以外の機種の検討をおすすめします。


Libero S10
S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格21,960円21,960円
セール価格7,560円3,960円
割引6,300円
3,000円
割引後価格1,260円960円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格21,960円21,960円
セール価格7,200円3,960円
割引6,300円
3,000円
割引後価格900円960円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格21,960円21,960円
セール価格3,960円1円
割引6,300円
3,000円
割引後価格-2,340円-2,999円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
通常価格21,960円21,960円
セール価格3,600円1円
割引6,300円
3,000円
割引後価格-2,700円-2,999円

Libero S10は、スマホベーシックプランSをMNP転入(他社から乗り換え)で契約でした場合だけワイモバイルが安く、その他はYahoo!モバイルの方が安いです。

特に、Yahoo!モバイルにMNP転入でスマホベーシックプランMもしくはRを選ぶと機種代金が1円になり、どこでももらえる特典のPayPayボーナスライト3,000円相当プレゼントも適用すると実質価額は-2,999円とかなり得です。

Libero S10は、MNP転入でスマホベーシックプランSを選ぶならワイモバイルを、それ以外ならYahoo!モバイルで契約しましょう。


3機種の注意点としては価格が安い分スペックは低く、スクロールするときにカクつく、アプリを複数起動させて切り替える際にもっさりする、カメラの画質が悪いなど操作性は良くありません。

高性能なスマホを希望なら、この3機種は選ばない方がいいです。

逆に普段使うのは電話とLINEぐらいで、たまにサイトや動画を見たりメモ代わりにカメラを使う程度なら、3機種の中から検討してみることをおすすめします。


そこそこのスペックで安いAndroidスマホ Xperia 10 Ⅱは5日・11日・15日・22日・25日に契約するならYahoo!モバイル。それ以外の日ならワイモバイルが安い

Xperia 8とAndroid One X4、Libero S10よりもスペックが高くコスパも高い機種を探している人には、セールで安くなっているXperia 10 Ⅱがおすすめです。

Xperia 10 Ⅱについても、ワイモバイルオンラインストアとYahoo!モバイルオンラインストアではキャンペーンが違っているので価格も異なります。

S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格54,000円54,000円54,000円
セール価格39,600円41,760円41,760円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格33,300円33,205円38,760円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格54,000円54,000円54,000円
セール価格39,600円41,760円41,760円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格33,300円33,205円38,760円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格54,000円54,000円54,000円
セール価格36,000円38,160円38,160円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格29,700円29,605円35,160円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格54,000円54,000円54,000円
セール価格36,000円38,160円38,160円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格29,700円29,605円35,160円

Xperia 10 Ⅱはワイモバイルでは端末価格自体が安く、割引も6,300円とそこそこ大きいので実質価格も33,300円と十分な安さ

Yahoo!モバイルにおけるXperia 10 Ⅱの価格はワイモバイルに比べると2,000円ほど高いですが、5のつく日・ゾロ目の日の5日・11日・15日・22日・25日に契約すると割引額が8,555円になり、ワイモバイルよりも95円だけ安くなります。

逆にYahoo!モバイルで5のつく日・ゾロ目の日以外の日にXperia 10 Ⅱを契約すると3,000円しか割引されないので、5,000円以上割高になります。

Xperia 10 Ⅱを安く購入したいなら、5のつく日・ゾロ目の日はYahoo!モバイルで、それ以外の日はワイモバイルで契約しましょう。


iPhone 7も5日・11日・15日・22日・25日に契約するならYahoo!モバイル。それ以外の日ならワイモバイルが安い

ワイモバイルのSIMとセットでiPhoneを購入したい場合、現時点で選べるのはiPhone 7だけです。

ストレージは、32GBと128GBから選ぶことができます。

ストレージと手続き内容、プランごとの価格は以下の通り。

ストレージ 32GBモデル
S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格39,600円39,600円39,600円
セール価格25,199円27,360円27,360円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格18,899円18,805円24,360円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格39,600円39,600円39,600円
セール価格25,199円27,360円27,360円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格18,899円18,805円24,360円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格39,600円39,600円39,600円
セール価格21,600円23,760円23,760円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格15,300円15,205円20,760円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格39,600円39,600円39,600円
セール価格21,600円23,760円23,760円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格15,300円15,205円20,760円

ストレージ 128GBモデル
S 新規S MNPM/R 新規M/R MNP
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格50,400円50,400円50,400円
セール価格36,000円38,160円38,160円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格29,700円29,605円35,160円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格50,400円50,400円50,400円
セール価格36,000円38,160円38,160円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格29,700円29,605円35,160円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格50,400円50,400円50,400円
セール価格32,400円34,560円34,560円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格26,100円26,005円31,560円
 ワイモバイルYahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日
Yahoo!モバイル
5のつく日・
ゾロ目の日以外
通常価格50,400円50,400円50,400円
セール価格32,400円34,560円34,560円
割引6,300円
8,555円
3,000円
割引後価格26,100円26,005円31,560円

ワイモバイル・Yahoo!モバイルともに、セール価格は128GBモデルの方が3,600円安くなっています。

割引に関してはワイモバイルが6,300円。

Yahoo!モバイルは5のつく日・ゾロ目の日だと8,555円割引され、それ以外の日の割引額は3,000円です。

セール価格から割引分を引くと、最も安いのは5のつく日・ゾロ目の日にYahoo!モバイルで契約した場合。

逆に、5のつく日とゾロ目の日以外に契約する場合はYahoo!モバイルよりもワイモバイルの方が安いです。

iPhone 7も、5のつく日・ゾロ目の日はYahoo!モバイルで、それ以外の日はワイモバイルで契約しましょう。


次は、各キャンペーンの適用条件と適用外条件、注意点などの詳細についてです。


ワイモバイルオンラインストア独自のキャンペーン



事務手数料無料


キャンペーン期間
2019年10月1日~終了日未定


キャンペーン内容
ワイモバイルの公式オンラインストアで新規契約・MNP転入・機種変更すると、一部を除いて事務手数料3,300円(税込)が0円になります。

事務手数料が0円になる手続きは以下の通り。
 通常料金キャンペーン料金
新規3,300円0円
MNP転入
(ソフトバンク・ソフトバンク系格安SIM以外から乗り換え)
3,300円0円
MNP転入
(ソフトバンクから乗り換え)
3,300円3,300円
(割引なし)
MNP転入
(ソフトバンク系格安SIMから乗り換え)
3,300円手続き不可
機種変更3,300円0円

ワイモバイルの公式オンラインストアで新規やMNP転入、機種変更すれば基本的に事務手数料は0円になりますが、唯一の例外がソフトバンクからのMNP転入(番号そのままで乗り換え)です。

ワイモバイルはソフトバンクグループのため、同じグループ内の乗り換えはキャンペーンが適用されません。

また、LINEモバイルのソフトバンク回線やmineoのソフトバンク回線、nuroモバイルのソフトバンク回線などソフトバンクの回線を使った格安SIM(MVNO)からワイモバイルへの乗り換えはオンラインストアではできないため、ワイモバイルショップ(店舗)に足を運んで手続きする必要があります。

なお、ワイモバイルの実店舗で契約した場合にかかる事務手数料はこちら。
 通常料金キャンペーン料金
新規3,300円3,300円
(割引なし)
MNP転入
(ソフトバンク以外から乗り換え)
3,300円3,300円
(割引なし)
MNP転入
(ソフトバンクから乗り換え)
3,300円3,300円
(割引なし)
機種変更3,300円3,300円
(割引なし)

ワイモバイルのショップでは全ての手続きで手数料がかかるので、ソフトバンクから乗り換える場合とソフトバンクの回線を使った格安SIMから乗り換える場合は必ず3,300円かかると覚えておきましょう。

ソフトバンクとソフトバンク回線の格安SIM以外から乗り換える場合や新規契約、機種変更の場合は、オンラインストアなら手数料無料なのに対しショップで手続きすると3,300円の手数料がかかるので、ソフトバンク系以外の回線からのワイモバイルの契約の際に少しでも初期費用を安く済ませたいなら、オンラインストアからの申し込みがおすすめです。


キャンペーン適用条件・適用外条件

キャンペーン適用条件

  1. ワイモバイル オンラインストアから申し込むこと。
    ワイモバイル
  2. 手続きが新規またはソフトバンク以外からのMNP転入、機種変更であること。

キャンペーン適用外条件

  1. Yahoo!モバイルオンラインストアからワイモバイルを申し込んだ場合。
    Yahoo!モバイル
  2. 手続きがソフトバンクからの乗り換えの場合。
ワイモバイルの事務手数料無料キャンペーンは、ワイモバイルオンラインストアからの申し込みが対象です。
ワイモバイル
同じワイモバイルでもYahoo!モバイルからの申し込みの場合は3,300円の手数料がかかるので、申し込みするサイトを間違えないように注意しましょう。

また、前述の通りソフトバンクからの乗り換えの場合は手数料がかかる点にも注意が必要です。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. ワイモバイルオンラインストアでは、LINEモバイルのソフトバンク回線やmineoのソフトバンク回線、nuroモバイルのソフトバンク回線など、ソフトバンク回線を使う通信事業者からの乗り換えはできない。
こちらも先ほど触れた通り、オンラインストアではソフトバンクの回線を使った格安SIM(MVNO)からワイモバイルへの乗り換えができないので、手続きする場合はワイモバイルショップに行きましょう。

公式サイト
ワイモバイル


SIM単体申し込みでPayPayボーナス 最大6,000円相当プレゼント


キャンペーン期間
終了日未定


キャンペーン内容
ワイモバイルへの新規申し込みもしくはMNP転入で、最大6,000円分のPayPayボーナスがプレゼントされます。

各手続きでもらえるPayPayボーナスの金額は以下の通り。
 スマホベーシック
プランS
スマホベーシック
プランM/R
新規なし3,000円
MNP転入
(ソフトバンク・ソフトバンク系格安SIM以外から乗り換え)
3,000円6,000円
MNP転入
(ソフトバンクから乗り換え)
なしなし
MNP転入
(ソフトバンク系格安SIMから乗り換え)
なしなし
(手続き不可)

ワイモバイルを新規で契約する場合、スマホベーシックプランSだとキャンペーン対象外ですが、スマホベーシックプランMもしくはRなら3,000円分のPayPayボーナスがもらえます。

ソフトバンク以外からワイモバイルに乗り換え(MNP転入)する場合、スマホベーシックプランSでも3,000円分のPayPayボーナスが、ベーシックプランMもしくはRなら6,000円分のPayPayボーナスが付与されます。

ソフトバンクからMNP転入する場合は、スマホベーシックプランSはもちろんMやRでもPayPayボーナスはもらえません。


キャンペーン適用条件・適用外条件

キャンペーン適用条件

  1. ワイモバイルオンラインストアから申し込むこと。
    ワイモバイル
  2. 新規の場合はスマホベーシックプランのMもしくはRを選ぶこと。
  3. 他社から乗り換えの場合は、ソフトバンク以外からでスマホベーシックプランS/M/Rを選ぶこと。

キャンペーン適用外条件

  1. Yahoo!モバイルオンラインストアからワイモバイルを申し込んだ場合。
    Yahoo!モバイル
  2. 新規でスマホベーシックプランSを選んで申し込んだ場合。
  3. ソフトバンクから番号そのままで乗り換えた場合。
このキャンペーンもワイモバイルオンラインストア限定なので、Yahoo!モバイルオンラインストアから申し込むと適用されません。

また、前述の通り新規契約の場合はベーシックプランSが対象外なのと、ソフトバンクから乗り換えの場合はどのプランを選んでもキャンペーン対象外な点に


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. ワイモバイルオンラインストアでは、LINEモバイルのソフトバンク回線やmineoのソフトバンク回線、nuroモバイルのソフトバンク回線など、ソフトバンク回線を使う通信事業者からの乗り換えはできない。

公式サイト
ワイモバイル


タイムセール


セール期間
終了日未定


セール内容
時間帯限定で新規もしくはソフトバンク以外からの乗り換え(MNP転入)でスマホベーシックプランMもしくはRを選び、タイムセール対象の端末をSIMとセットで購入すると端末価格が割引されます。

タイムセールの時間は以下の通りです。

タイムセール時間

毎日 21時~翌9時

現在タイムセール対象の機種は以下の通り。
機種名通常価格割引後価格
Xperia 843,200円25,200円
(18,000円割引)
Libero S1021,960円3,600円
(18,360円割引)
Android One X4
(アウトレット)
19,800円5,400円
(14,400円割引)

契約(新規/MNP)やプランごとの価格についてはこちらにまとめているので、参考にしてください。

また、タイムセール対象機種は事務手数料無料キャンペーンが適用されるので、初期費用0円でかなり安くスマホセットを購入することができます。


キャンペーン適用条件・適用外条件

キャンペーン適用条件

  1. 毎日21時~翌日9時の間に手続きを完了させること。
  2. 新規もしくはソフトバンク以外からの乗り換え(MNP転入)であること。
  3. スマホベーシックプランMもしくはRを契約すること。
  4. Libero S10もしくはHUAWEI P30 liteを購入すること。

キャンペーン適用外条件

  1. ソフトバンクからの乗り換えでタイムセール対象端末を購入する場合。
  2. スマホベーシックプランSを選択する場合。
  3. Libero S10とHUAWEI P30 lite以外の機種を購入する場合。
タイムセール価格で購入するには、上記のキャンペーン適用条件の①から④を全て満たす必要があります。

事務手数料無料キャンペーンと同じで、ソフトバンクからの乗り換えはタイムセールの対象外な点に注意しましょう。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 申し込み内容に不備がありキャンセルになった場合、再度タイムセール以外の時間に同じ商品を注文してもタイムセール価格にはならない。
  2. 一部のキャンペーンやプログラム、割引と併用できない場合がある。
  3. タイムセールの内容及び期間は予告なく変更する場合がある。
タイムセール時間帯にすべての条件を満たして対象の商品を購入したものの不備があり申し込み自体がキャンセルになった場合は、タイムセール以外の時間帯に購入するとタイムセール価格が適用されません。

再度タイムセール価格で購入したい場合は、21時から翌日の9時の間に申し込みましょう。

公式サイト
ワイモバイル


Yahoo!モバイル独自のキャンペーン


SIMカードご契約特典 PayPayボーナスライト3,300円相当/6,600円相当プレゼント


キャンペーン期間
2019年10月1日~終了日未定


キャンペーン内容
SIMカード単体の契約で、PayPayボーナスライト 最大6,600円相当がプレゼントされます。

このキャンペーンは、一部の契約において5のつく日・ゾロ目の日(5日、11日、15日、22日、25日)とそれ以外の日でもらえるPayPayボーナスライトの金額が異なっています。

申込日や契約、プランごとの金額は以下の通り。

ワイモバイルを新規で契約
 5のつく日
ゾロ目の日
5のつく日
ゾロ目の日以外
スマホベーシックプランS3,300円3,300円
スマホベーシックプランM3,300円3,300円
スマホベーシックプランR3,300円3,300円

ワイモバイルをMNP転入(ソフトバンク以外から)で契約
 5のつく日
ゾロ目の日
5のつく日
ゾロ目の日以外
スマホベーシックプランS6,600円3,300円
スマホベーシックプランM6,600円3,300円
スマホベーシックプランR6,600円3,300円

ワイモバイルをMNP転入(ソフトバンクから)で契約
 5のつく日
ゾロ目の日
5のつく日
ゾロ目の日以外
スマホベーシックプランS0円0円
スマホベーシックプランM0円0円
スマホベーシックプランR0円0円

ワイモバイルを新規で契約する場合、5のつく日・ゾロ目の日とそれ以外の日でもらえるPayPayボーナスライトの額は同じ3,300円です。

ソフトバンク以外からワイモバイルに乗り換え(MNP転入)で契約する場合、5のつく日・ゾロ目の日は倍額の6,600円で、それ以外の日は新規と同じで3,300円となります。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合は、他のキャンペーンと同じくこのキャンペーンも対象外なのでPayPayボーナスライトはもらえません。

また、LINEモバイルのソフトバンク回線やmineoのソフトバンク回線、nuroモバイルのソフトバンク回線などのソフトバンク回線を使った格安SIMからの乗り換えも対象外です。


キャンペーン適用条件・適用外条件

キャンペーン適用条件

  1. Yahoo!モバイルオンラインストアから申し込むこと。
    Yahoo!モバイル
  2. SIM単体を申し込むこと。
  3. 新規もしくはソフトバンク回線を除く他社からの乗り換え(MNP転入)でワイモバイルのSIMカードの申し込みを完了していること。
  4. Yahoo! JAPAN IDでログインして申し込みをしていること。
  5. スマホベーシックプランで申し込んでいること。
  6. 対象の契約の支払いが延滞していないこと。

キャンペーン適用外条件

  1. ワイモバイルオンラインストアから申し込んだ場合。
    ワイモバイル
  2. SIMとスマホのセットなど、SIMカード単体以外を申し込んだ場合。
  3. ソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMからワイモバイルに乗り換えた場合。
SIMご契約特典が適用されるには、上記のキャンペーン適用条件を全て満たしている必要があります。

また、ワイモバイルのオンラインストアから申し込むとキャンペーンが適用されないので、必ずYahoo!モバイルのオンラインストアからワイモバイルを申し込みましょう。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 同時期に開催されるソフトバンク株式会社主催のキャンペーンと併用ができない場合がある。
  2. 日本国内在住者が対象。
  3. 契約は個人が対象で法人は対象外。

ワイモバイルを新規で申し込む場合は、5のつく日・ゾロ目の日でもそれ以外の日でももらえるPayPayボーナスライトが全て3,300円なので、いつ申し込んでも問題ありません。

逆に他社からワイモバイルに乗り換える(MNP転入する)場合は、PayPayボーナスライトが倍額の6,600円になる5のつく日・ゾロ目の日に申し込まないと損なので、できるだけ5日か11日、15日、22日、25日に申し込みましょう。

公式サイト
Yahoo!モバイル


SIMカードMR特典 PayPayボーナスライト4,400円相当プレゼント


キャンペーン期間
2020年5月13日~終了日未定


キャンペーン内容
新規もしくは他社からの乗り換え(MNP転入)でワイモバイルのSIMカード単体をスマホベーシックプランMもしくはRで申し込むと、PayPayボーナスライト 4,400円相当がプレゼントされます。

SIMカードMR特典と併用できるSIMカードご契約特典 PayPayボーナスライト3,300円相当/6,600円相当プレゼントどこでももらえる特典を適用させた場合の、契約内容と申し込み日ごとのもらえるPayPayボーナスライトの総額は以下の通り。

新規で契約
 5のつく日
ゾロ目の日
5のつく日
ゾロ目の日以外
スマホベーシックプランS6,300円6,300円
スマホベーシックプランM10,700円10,700円
スマホベーシックプランR10,700円10,700円

新規の場合は5のつく日・ゾロ目の日とそれ以外の日は同じで、スマホベーシックプランSなら6,300円、スマホベーシックプランMもしくはRなら10,700円です。


ソフトバンク以外の他社から乗り換え(MNP転入)で契約
 5のつく日
ゾロ目の日
5のつく日
ゾロ目の日以外
スマホベーシックプランS9,600円6,300円
スマホベーシックプランM14,000円10,700円
スマホベーシックプランR14,000円10,700円

他社からの乗り換えの場合は、5のつく日・ゾロ目の日に申し込むとスマホベーシックプランSでも9,600円、スマホベーシックプランMもしくはRなら14,000円で、もらえるPayPayボーナスライトの金額がかなり多くなります。

なお、ソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMから乗り換える場合は、他のキャンペーンと同様でSIMカードMR特典は適用されません。


キャンペーン適用条件・適用外条件

キャンペーン適用条件

  1. Yahoo!モバイルオンラインストアから申し込むこと。
    Yahoo!モバイル
  2. SIM単体を申し込むこと。
  3. 新規もしくはソフトバンク回線を除く他社からの乗り換え(MNP転入)でワイモバイルのSIMカードの申し込みを完了していること。
  4. Yahoo! JAPAN IDでログインして申し込みをしていること。
  5. スマホベーシックプランで申し込んでいること。
  6. 対象の契約の支払いが延滞していないこと。

キャンペーン適用外条件

  1. ワイモバイルオンラインストアから申し込んだ場合。
    ワイモバイル
  2. SIMとスマホのセットなど、SIMカード単体以外を申し込んだ場合。
  3. ソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMからワイモバイルに乗り換えた場合。
SIMご契約特典が適用されるには、上記のキャンペーン適用条件を全て満たしている必要があります。

また、このキャンペーンもワイモバイルのオンラインストアから申し込むとキャンペーンが適用されないので、必ずYahoo!モバイルのオンラインストアからワイモバイルを申し込みましょう。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 同時期に開催されるソフトバンク株式会社主催のキャンペーンと併用ができない場合がある。
  2. 日本国内在住者が対象。
  3. 契約は個人が対象で法人は対象外。

SIMカードMR特典は、ワイモバイルのSIMカード単体を申し込むなら必ず利用したいキャンペーンです。

ワイモバイルを申し込む際、初めはとりあえずスマホベーシックプランのMかRを選んで特典が適用される条件を満たしておいて、MやRでは容量が大きすぎる場合は特典のPayPayボーナスライトが付与された後にスマホベーシックプランSに変更しましょう。

公式サイト
Yahoo!モバイル


スマホご契約特典 5のつく日、ゾロ目の日 スマホセット購入でPayPayボーナスライト 最大5,555円相当プレゼント



キャンペーン期間
2019年10月23日~終了日未定


キャンペーン内容
毎月5のつく日・ゾロ目の日(5日、11日、15日、22日、25日)に、新規・他社からの乗り換え(MNP転入)・番号移行・機種変更・契約変更で対象のスマホをSIMとセットで申し込むと、PayPayボーナスライト 最大5,550円相当がプレゼントされます。

契約ごとのもらえるPayPayボーナスライトの金額は以下の通り。
 PayPayボーナスライトの金額
新規・他社からの乗り換え(MNP転入)5,555円
機種変更・契約変更・番号移行3,300円


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 毎月5のつく日・ゾロ目の日(5日、11日、15日、22日、25日)に、新規・ソフトバンク回線を除く他社からの乗り換え(MNP転入)・番号移行・機種変更・契約変更で特典対象の商品を申し込むこと。
  2. Yahoo!モバイルオンラインストアから申し込むこと。
    Yahoo!モバイル
  3. Yahoo! JAPAN IDでログインして申し込むこと。
  4. スマホベーシックプランを選んでいること。
  5. 申し込み後ワイモバイルの契約が完了していること。
  6. 対象の契約の支払いに延滞がないこと。

キャンペーン適用外条件

  1. ワイモバイルオンラインストアから申し込んだ場合。
    ワイモバイル
  2. SIMカード単体を申し込んだ場合。
  3. キャンペーン対象商品以外の商品を申し込んだ場合。
  4. ソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMからワイモバイルに乗り換えた場合。
このキャンペーンは対象がワイモバイルが指定するスマホセットのみで、SIM単体は対象外となっています。

SIMカードご契約特典 PayPayボーナスライト最大6,600円相当プレゼントのスマホセット版ですね。

PayPayボーナスライトがもらえるのは5のつく日とゾロ目の日のみで、それ以外の日にスマホセットを申し込んでもこのキャンペーンは適用されない点には注意が必要です。

また他社からの乗り換えにも注意点があって、このキャンペーンはソフトバンク以外からの乗り換えのみが対象で、ソフトバンクから乗り換えた場合は対象外となります。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 同時期に開催されるソフトバンク株式会社主催のキャンペーンと併用ができない場合がある。
  2. 日本国内在住者が対象。
  3. 契約は個人が対象で法人は対象外。


スマホご契約特典は、5のつく日とゾロ目の日にワイモバイルのSIMとセットでスマホを購入すると実質最大で5,555円安く済ませることができます。

適用される日が少ないですが、スマホセットはできるだけ5日か11日、15日、22日、25日に申し込むのがおすすめです。

公式サイト
Yahoo!モバイル


ワイモバイルとYahoo!モバイル共通の主要なキャンペーン



どこでももらえる特典


キャンペーン期間
終了日未定


キャンペーン内容
ワイモバイルを新規・乗り換え(MNP転入)・番号移行・PHSからの契約変更で申し込む前にエントリーしておくと、ワイモバイル申し込み日の翌々月の月末にPayPayボーナスライト3,000円相当がもらえます。


PayPayボーナスライトは具体的にいつもらえる?
どこでももらえる特典にエントリーしておくと、ワイモバイル申し込み日の翌々月の月末にPayPayボーナスライトが付与されますが、それが具体的にいつなのかをまとめておきます。

例えば5月5日にどこでももらえる特典にエントリーして5月10日にワイモバイルを申し込んだ場合、6月30日までにワイモバイルサービスの初期登録を済ませておけば7月31日までにPayPayボーナスライトが付与されます。


どこでももらえる特典はソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでも適用される
ワイモバイルはソフトバンクに合併された後、ソフトバンクのサブブランドとしての位置づけで提供されている通信サービスなので、ソフトバンクからワイモバイルにMNP転入(番号そのままで乗り換える)する場合はワイモバイルのほとんどのキャンペーンが適用されません。

ただどこでももらえる特典だけは例外で、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでも乗り換えによる申し込みの前にエントリーを済ませておきさえすればPayPayボーナスライト3,000円分がもらえます。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え予定の人も、どこでももらえる特典は必ず活用しましょう。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. Yahoo! JAPAN IDでログインして以下のエントリーページから特典のエントリーをしていること。
    Yahoo!モバイル - PayPayボーナスライト3,000円相当プレゼント! どこでももらえる特典
  2. スマホベーシックプランでSIM単体もしくはスマホセットを申し込むこと。
  3. 新規・乗り換え(MNP転入)・番号移行・PHSからの契約変更で申し込んでいること。
  4. 申し込み後、ワイモバイルの契約が完了していること。
  5. 申し込み日の翌月末日までに特典エントリー済みのYahoo! JAPAN IDでY!mobileサービスの初期登録をしていること。
この特典は、スマホセットだけでなくSIM単体の申し込みでも適用されるのがメリットです。

どこでももらえる特典が適用されるには、上記の条件が全て適用されている必要があります。

気をつけないといけないのがエントリーするタイミングで、ワイモバイルを申し込む前にエントリーを済ませておかなければいけません。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. Yahoo! JAPAN IDが当月取得されたID、もしくはすでにワイモバイルの端末と連携されているIDの場合。
  2. 機種変更の場合。
  3. スマホベーシックプラン以外のプランでワイモバイルを申し込んだ場合。
  4. ワイモバイルを契約した後に特典エントリーした場合。
  5. 特典エントリー後の申し込みであることが確認できない場合。
  6. 特典が付与される前にエントリーしたYahoo! JAPAN IDを削除した場合。
  7. 申し込み内容に虚偽の記載があった場合。
  8. 不正な行為を行っているYahoo! JAPAN IDであると判断された場合。
まず、Yahoo! JAPAN IDはエントリーする月の前月以前に取得したものである必要があります。

また、すでにワイモバイルと連携されているYahoo! JAPAN IDも使えないので注意しましょう。

ワイモバイルを申し込み予定でまだYahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、早めに取得しておくことをおすすめします。

Yahoo! JAPAN IDの取得はこちらから。
Yahoo! JAPAN IDを登録するには


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 特典の適用は1つのYahoo! JAPAN IDにつき1回限り。
  2. 特典の適用は1回線につき1回限り。
  3. 1回線に複数のYahoo! JAPAN IDでY!mobileサービス初期登録がされている場合、申し込みから最も早く登録したIDに特典が付与される。
  4. 同時期に開催されるソフトバンク株式会社主催のキャンペーンとは併用できない場合がある。


キャンペーン適用方法

step
1
どこでももらえる特典にエントリーする

まず、どこでももらえる特典エントリーページにアクセスします。
Yahoo!モバイル - PayPayボーナスライト3,000円相当プレゼント! どこでももらえる特典
「ログインしてエントリー」をクリックします。

Yahoo! JAPANのIDかIDに登録している電話番号、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

Yahoo! JAPAN IDのパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

このような広告が出た場合は、「ご利用中のサービスに戻る」をクリックして登録を続けます。

「エントリーありがとうございます!」と表示されれば、どこでももらえる特典のエントリーは完了です。

「対象外のYahoo! JAPAN IDです」と表示された場合は、どこでももらえる特典では利用できないIDなので他のIDでログインし直しましょう。他のYahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、IDを新規で作成して翌月以降にエントリーする必要があります。


step
2
ワイモバイルを申し込む

どこでももらえる特典のエントリーが完了したら、ワイモバイルを申し込みます。
ワイモバイル
SIMカードのみかiPhoneとのセット、スマートフォン(Android)とのセットから選んで次に進みます。

スマホはワイモバイルで購入せず手元にあるスマホにワイモバイルのSIMカードを挿す(SIMカードのみを申し込む)場合は、SIMカードのサイズを選ぶ必要があります。ワイモバイルのSIMを使うスマホのSIMカードサイズを先に確認しておきましょう。次に、契約方法をのりかえ(MNP転入)か新規契約(新しく番号を発行して契約)、機種変更(契約変更)から選びます。そして料金プランを選びます。ベーシックプランであれば、S/M/R問わずどこでももらえる特典が適用されます。

オプションの欄に「データ増量オプション」という項目があります。データ増量オプションに加入すると月額500円でプランSなら1GB、プランMとRなら3GBデータ容量を増量できます。

また、ベーシックプランの申し込みと同時に加入するとデータ増量無料キャンペーン2が適用され、1年間にわたって月額500円が0円になります。

つまり、1年間は追加料金なし・基本料金のままでプランSで4GB(3GB+1GB)、プランMで12GB(9GB+3GB)、プランRで17GB(14GB+3GB)も通信できるので、加入しておかないと損です。

契約の翌月から13ヶ月目以降はデータ増量無料キャンペーン2が終了して月額500円が発生するので、継続して契約する必要がなければ12ヶ月目に解約しましょう。

例えばワイモバイルを5月に契約した場合は、翌年の5月中にデータ増量オプションを解約すれば月額料金500円を一度も支払う必要はありません。

プランとオプションを選び月々の支払い額を確認したら、「ご購入手続きへ」をクリックします。

ワイモバイルの毎月の利用料金の支払いで使うクレジットカードと本人確認書類、他社からの乗り換えの場合はMNP予約番号を用意して「お手続きへ進む」をクリックします。

最後に本人確認書類のアップロードや個人情報の入力をし、申し込みを完了させます。


step
3
ワイモバイルサービスの初期登録を済ませる

ワイモバイルのSIMが届いたら、申し込んだ日の翌月末日までにどこでももらえる特典エントリー済みのYahoo! JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を済ませておく必要があります。

初期登録方法はワイモバイルの公式サイトで画像・動画付きで詳しく解説されているので、詳しくは以下を参考にしてください。
ワイモバイルスマホの初期設定方法 |Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで


step
4
Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントを連携する

ワイモバイルの初期登録が済んだら、PayPayボーナスライトが付与されるまでにエントリーしたYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携を済ませておきます。

これからPayPayアプリをインストールしてYahoo! JAPAN IDと連携したい場合は、当サイトのこちらの記事を参考にしてください。
PayPayアプリをインストールしてYahoo! JAPAN IDとPayPayユーザーIDを連携する - AndroidLover

すでにPayPayを利用していてYahoo! JAPAN IDとの連携だけをしたい場合は、PayPay公式サイトの以下のヘルプを参考にして設定してください。
Yahoo! JAPAN IDとの連携方法 - PayPay よくあるご質問

step
5
PayPayボーナスライトを受け取る

PayPayボーナスライトは、申し込み日の翌々月の月末に付与される予定です。


どこでももらえる特典は機種変更では適用されない点には注意が必要ですが、新規・MNP転入だけでなくPHSからの契約変更でも申し込み前にエントリーしておくだけで適用されるキャンペーンで利用しないと損です。

また、MNP転入に関してはソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでも適用されるのがメリットです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで適用されるキャンペーンはどこでももらえる特典だけで、手間もかからないのでエントリーすることをおすすめします。

なお、他にYahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、これからIDを新規で作成すれば翌月以降にエントリーできます。

エントリーが翌月になるとワイモバイルの契約も当月ではなく翌月になるのでワイモバイルのSIMが手元に届くのは遅れますが、利用開始が遅れても問題がなくPayPayボーナスライトを受け取ってキャンペーンを最大限有効活用したいならぜひ活用しましょう。

エントリーページ
Yahoo!モバイル - PayPayボーナスライト3,000円相当プレゼント! どこでももらえる特典
ワイモバイル公式サイト
Yahoo!モバイル


ワイモバイルとYahoo!モバイル共通のその他キャンペーン


新規割 基本使用料が6ヶ月間700円割引


キャンペーン期間
2019/10/1~終了日未定


キャンペーン内容
新規とソフトバンクからの番号移行を含むMNP転入、契約変更でワイモバイルのスマホベーシックプランS/M/Rに申し込むと、6ヶ月間基本使用料が700円割引されます。

7月にスマホベーシックプランS/M/Rを契約した場合、新規割が適用されるのは8月~翌年1月利用分までです。

契約初月は新規割は適用されず、日割り計算分がそのまま請求されます。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. キャンペーン期間中に新規、ソフトバンクを含む他社からの乗り換え(MNP転入)、番号移行、または契約変更でスマホベーシックプランS/M/Rを契約すること。
  2. SIM単体もしくはスマートフォン、PHSを除くケータイを契約すること。
ワイモバイルのキャンペーンはソフトバンクからの乗り換えだと適用されないものが多いですが、新規割はソフトバンクからの乗り換えでも適用されるのがメリットです。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. スマホベーシックプランS/M/R以外のプランに変更した場合。
新規割の対象プランであるスマホベーシックプランS/M/R以外のプランに変更すると、変更手続きをした末日をもって割引の適用が終了します。

具体的には7月に対象外プランに変更すると、7月31日利用分までが割引の対象で8月1日利用分からは割引が適用されません。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. キャンペーンの内容と期間は予告なく変更される場合がある。

新規割はソフトバンクからの番号移行でも適用されるのがメリットです。

スマホベーシックプランS/M/R以外のプランに変更してしまうと割引が終了してしまう点には注意しましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

データ増量無料キャンペーン2 データ増量オプションの月額料500円が1年間0円


キャンペーン期間
2019年11月29日~終了日未定


キャンペーン内容
新規契約または他社からの乗り換え(MNP転入)、ソフトバンクからの番号移行、PHSまたは4G-Sプラン(ベーシックプラン含む)からの契約変更のいずれかでスマホベーシックプランを契約すると、データ増量オプションの月額料 500円が1年間無料になります。


データ増量オプションとは
データ増量オプションは、月額500円で高速通信容量を追加できるオプションサービス。

追加される容量はプランにより異なります。
プラン通常容量データ増量オプション加入合計容量
スマホベーシックプランS3GB+1GB4GB
スマホベーシックプランM10GB+3GB13GB
スマホベーシックプランR14GB+3GB17GB

スマホベーシックプランSは1GB増量されて3GBが4GBに、スマホベーシックプランMとスマホベーシックプランRは3GB増量されるのでそれぞれ10GBが13GBに、14GBが17GBになります。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 新規契約または他社からの乗り換え(MNP転入)、ソフトバンクからの番号移行、PHSまたは4G-Sプラン(ベーシックプラン含む)から契約変更すること。
  2. スマホベーシックプランを契約すること。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. ワイモバイルの回線を解約した場合。
  2. 契約者が法人の場合。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

なし


データ増量無料キャンペーン2は、本来は月額500円かかるのが無料で1年間は高速通信容量を増量できるので、ぜひ活用しましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

オンライン限定 SUMMER SALE


キャンペーン期間
2020年7月22日~2020年8月31日


キャンペーン内容
新規もしくはソフトバンク以外の他社からの乗り換え(MNP転入)で対象の機種を購入すると端末価格が値引きされます。

割引される端末の一覧と通常価格、プランごとの割引後の価格は以下の通り。
機種名通常価格割引後価格
(スマホベーシックプランS)
割引後価格
(スマホベーシックプランM/R)
Xperia 10 Ⅱ54,000円39,600円
(14,400円割引)
36,000円
(18,000円割引)
iPhone 7 32GB39,600円25,200円
(14,400円割引)
21,600円
(18,000円割引)
iPhone 7 128GB50,400円36,000円
(14,400円割引)
32,400円
(18,000円割引)


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 新規契約もしくはソフトバンク以外の他社からの乗り換え(MNP転入)でワイモバイルのSIMとセットで対象端末を契約すること。
  2. スマホベーシックプランSかM、Rのいずれかを契約すること。
SUMMER SALEはソフトバンクからの乗り換えでは適用されず、通常価格で購入する必要があります。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えと同時に対象端末を購入した場合。
  2. スマホベーシックプランS・M・R以外のプランで契約した場合。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. スマホベーシックプランSの場合は機種代金が3,600円割高になる。
初めの方でも触れましたが、月額料金が最も安いスマホベーシックプランSで対象端末を購入した場合は機種代金が3,600円割高になります。

SUMMER SALEはiPhone 7が安いので、ワイモバイルでiPhone 7の購入を検討中ならこのセールを活用しましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

下取りプログラム


キャンペーン期間
2016年11月1日~終了日未定


キャンペーン内容
新規契約、MNP転入、機種変更、契約変更をする際にそれまで利用していた端末を下取りに出すことで、下取り対象機種に応じた特典が付与されます。

特典は以下の2つから選ぶことができます。

下取りプログラム特典

  1. PayPayボーナス
  2. 購入機種代金の値引き


PayPayボーナスは、下取り特典金額相当分の受け取り先として登録しているPayPayアカウントに付与されます。

購入機種代金値引きは、機種の端末購入代金から直接値引きされます。

PayPayボーナス等購入機種代金の値引きそれぞれの対象機種と特典額は以下の通り。
PayPayボーナス購入機種代金値引き
新規・MNP・番号移行(ワイモバイル以外の機種)
機種正常品破損あり
iPhone X19,200円相当5,760円相当
iPhone 8 Plus16,800円相当5,040円相当
iPhone 813,200円相当3,960円相当
iPhone 7 Plus13,200円相当3,960円相当
iPhone 76,000円相当1,800円相当
iPhone 6s Plus4,800円相当1,440円相当
iPhone 6s3,600円相当1,080円相当
iPhone 6 Plus3,000円相当900円相当
iPhone 62,500円相当750円相当
iPhone SE3,000円相当900円相当
iPhone 5s2,000円相当600円相当
Galaxy S8+7,200円相当2,160円相当
Galaxy S87,200円相当2,160円相当
Galaxy S7 edge3,000円相当900円相当

機種変更(ワイモバイルの機種)
機種正常品破損あり
iPhone 76,000円相当1,800円相当
iPhone 6s3,600円相当1,080円相当
iPhone SE3,000円相当900円相当
iPhone 5s2,000円相当600円相当
Nexus 6P2,000円相当600円相当
Nexus 62,000円相当600円相当
Nexus 5X2,000円相当600円相当
Nexus 52,000円相当600円相当
AQUOS Xx-Y2,000円相当600円相当
AQUOS CRYSTAL Y22,000円相当600円相当
AQUOS CRYSTAL Y2,000円相当600円相当
DIGNO E2,000円相当600円相当
DIGNO C2,000円相当600円相当
DIGNO T2,000円相当600円相当
Android One 507SH2,000円相当600円相当
Android One S12,000円相当600円相当
Android One S22,000円相当600円相当
Android One S32,000円相当600円相当
Android One S42,000円相当600円相当
Android One S52,000円相当600円相当
Android One X12,000円相当600円相当
Android One X22,000円相当600円相当
Android One X32,000円相当600円相当
Android One X42,000円相当600円相当
Android One X52,000円相当600円相当
P20 lite2,000円相当600円相当
かんたんスマホ2,000円相当600円相当
Nova lite2,000円相当600円相当
LUMIERE2,000円相当600円相当
Spray2,000円相当600円相当
ARROWS S2,000円相当600円相当
新規・MNP・番号移行(ワイモバイル以外の機種)
機種正常品破損あり
iPhone X18,720円5,616円
iPhone 8 Plus16,560円4,896円
iPhone 812,960円3,888円
iPhone 7 Plus12,960円3,888円
iPhone 75,760円1,728円
iPhone 6s Plus4,320円1,296円
iPhone 6s2,880円864円
iPhone 6 Plus2,880円864円
iPhone 62,160円576円
iPhone SE2,880円864円
iPhone 5s1,440円432円
Galaxy S8+6,480円1,872円
Galaxy S86,480円1,872円
Galaxy S7 edge2,880円864円

機種変更(ワイモバイルの機種)
機種正常品破損あり
iPhone 75,760円1,728円
iPhone 6s2,880円864円
iPhone SE2,880円864円
iPhone 5s1,440円432円
Nexus 6P1,440円432円
Nexus 61,440円432円
Nexus 5X1,440円432円
Nexus 51,440円432円
AQUOS Xx-Y1,440円432円
AQUOS CRYSTAL Y21,440円432円
AQUOS CRYSTAL Y1,440円432円
DIGNO E1,440円432円
DIGNO C1,440円432円
DIGNO T1,440円432円
Android One 507SH1,440円432円
Android One S11,440円432円
Android One S21,440円432円
Android One S31,440円432円
Android One S41,440円432円
Android One S51,440円432円
Android One X11,440円432円
Android One X21,440円432円
Android One X31,440円432円
Android One X41,440円432円
Android One X51,440円432円
P20 lite1,440円432円
かんたんスマホ1,440円432円
Nova lite1,440円432円
LUMIERE1,440円432円
Spray1,440円432円
ARROWS S1,440円432円

下取りプログラム対象の機種は、PayPayボーナスと購入機種代金の値引きともに同じです。

PayPayボーナスの金額と購入機種代金の値引き額を比較すると、全機種でPayPayボーナスの金額の方が若干高くなっています。


キャンペーン適用条件
下取りプログラムの適用条件は、ワイモバイルの契約と下取りの申し込みそれぞれにあります。

また、ワイモバイルの契約については新規・MNP転入と機種変更、契約変更で、下取りの申し込みについてはPayPayボーナスと購入機種代金値引きで異なっているので、以下にそれぞれまとめます。


契約について
新規・MNP転入機種変更契約変更

キャンペーン適用条件

  1. スマホベーシックプランのSかM、Rに加入すること。
  2. 指定の下取り対象端末をワイモバイルに提出すること。

キャンペーン適用条件

  1. スマホベーシックプランのSかM、Rに加入するか、すでにスマホベーシックプランを契約していること。
  2. 指定の下取り対象端末をワイモバイルに提出すること。
  3. 下取り対象端末が機種変更前に使用されていた端末であること。

キャンペーン適用条件

  1. スマホベーシックプランのSかM、Rに加入すること。
  2. 指定の下取り対象端末をワイモバイルに提出すること。
  3. 下取り対象端末が機種変更前に使用されていた端末であること。
契約については新規・MNP転入と機種変更、契約変更全てでスマホベーシックプランのSかM、Rに加入することが条件です。

また機種変更と契約変更については、下取りに出す端末が機種変更前に使っていた端末であることも条件として追加されています。

これは、今から下取りに出す端末を購入する前に使っていた(2世代前の)端末を下取りに出すことはできないということです。


下取りの申し込みについて
PayPayボーナス購入機種代金値引き

キャンペーン適用条件

  1. ワイモバイル申し込みの翌月末までに下取り申し込みまたは送付キットの送付依頼をすること。
  2. PayPayアカウントを登録していること。
    ワイモバイルスマホユーザーにもっとPayPayあげちゃう!|Y!mobile
  3. 端末購入代金が特典金額を上回ること。
  4. 申し込み人が下取り対象端末の所有権を有していること。
  5. 製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと。

キャンペーン適用条件

  1. 古物営業の許可を受けている店舗(オンラインストアは含まない)の店頭で指定機種の端末を分割払いで購入するのと同時に下取りプログラムを申し込み、その場で下取りの査定が完了すること。
  2. 端末購入代金が特典金額を上回ること。
  3. 申し込み人が下取り対象端末の所有権を有していること。
  4. 製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと。
PayPayボーナスについては、ワイモバイルを申し込んだ月の翌月末までに下取りの申し込み、または送付キットの送付依頼をする必要があります。

また、PayPayボーナスを受け取るためにPayPayアカウントを登録しているのも大前提です。

購入機種代金値引きについては、古物営業の許可を受けている店舗で端末を分割払いで購入するのと同時に下取りプログラムを申し込むことが条件で、オンライン(公式サイト)は対象外です。

購入機種代金値引きを適用するには店頭でワイモバイルを契約する必要があり公式オンラインストア限定の事務手数料3,300円が0円になるキャンペーンが適用されないのが大きなデメリットとなっています。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. 下取りに出す端末が盗難など不正に取得された端末の場合。
  2. 製造番号が確認できない場合や、改造の痕跡があるなどメーカーの保証外の場合。
  3. 下取りに出す端末の電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)場合。
  4. 初期化されていない場合や各種ロックが解除されていない場合。
下取り端末が盗難品や改造品、電源が入らないといった症状の場合は、下取りプログラムが適用できません。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 下取り対象端末が破損などによりワイモバイル指定の基準を満たしていない場合、特典金額が減額される。
  2. 購入機種代金値引き特典を受ける場合はワイモバイルで指定機種を購入する必要があるため、購入する機種はワイモバイルで販売しているものに限られる。
  3. 下取り申し込み後のキャンセルと対象機種の返還を請求することはできない。
  4. 下取り対象機種が破損ありであると判定されても下取り対象端末を変換してもらうことはできない。
  5. ワイモバイルの申し込み1回につき下取り対象端末は1台。
  6. 下取りプログラムを申し込む際は古物営業法に基づいて本人確認が必要。
  7. 1つの電話番号で下取りプログラムを適用できる回数は1回のみ。
下取りプログラムを利用して前に使っていた端末を下取りに出した場合、評価が「破損あり」とみなされた場合、下取りのキャンセルをすることはできません。

強制的に破損ありの場合のPayPayボーナスや購入機種代金値引きが適用される点には注意しましょう。



下取りプログラムは、公式サイトからワイモバイルを申し込む場合、店舗での手続きでのみ利用できる購入機種代金値引きは適用できないのでPayPayボーナス一択です。


店頭でワイモバイルの契約手続きをする場合は、PayPayを普段からよく使っているかこれからPayPayを利用する予定ならPayPayボーナスを選ぶのがおすすめ。

逆に現在PayPayを利用していないしこれからも利用する予定がないなら、購入機種代金の値引きを利用しましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン


キャンペーン期間
2018年8月9日~終了日未定


キャンペーン内容
指定機種(かんたんスマホ)購入または持ち込みで使用者の年齢が60歳以上の場合、国内通話がかけ放題の「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が無料になります。


スーパーだれとでも定額について
スーパーだれとでも定額は、通話時間・回数ともに無制限で国内通話がかけ放題になる通話定額サービスです。

逆に定額にならない通話は以下の通りです。
・国際ローミング
・国際電話(海外への通話)
・留守番電話センターへの通話料(再生時など1416)
・着信転送サービスにおける転送先への通話料
・ナビダイヤル(0570)
・テレドーム(0180)
・番号案内(104)
ワイモバイルが指定し公表している電話番号
など



キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 契約者が個人であること。
  2. ワイモバイルのシステムに登録された使用者年齢が指定機種購入時点で60歳以上であること。
  3. 指定機種の購入または持ち込みで対象の料金プランと対象の申し込み種別で契約すること。
このキャンペーンは契約者が60歳以上である必要はなく、使用者が60歳であれば適用されます。

③の指定機種と対象の料金プラン、対象の申し込み種別は以下の通りです。
指定機種かんたんスマホ
対象料金プランスマホプラン、スマホベーシックプラン
対象申込種別新規契約(MNP含む)、番号移行、契約変更、機種変更


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. 契約者が法人の場合。
  2. 使用者年齢が60歳未満の場合。
  3. 対象料金プラン以外に変更の申出をした場合。
  4. 指定機種以外に分割払いで機種変更した場合。
  5. ワイモバイルのシステムに登録された使用者を60歳未満の人に変更した場合。
  6. 法人へ契約を譲渡・承継した場合。
  7. ワイモバイルを解約した場合。
このキャンペーンでは、対象料金プラン以外に変更をした場合や指定機種以外に分割払いで機種変更した場合は割引の適用が終了します。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. スーパーだれとでも定額への申し込みは別途必要。
  2. キャンペーンの適用が外れた場合、スーパーだれとでも定額の解除の手続きをしないと月額料金が発生する。
キャンペーンを適用させるには、別途スーパーだれとでも定額に加入する必要があります。

自動でスーパーだれとでも定額がついてくるわけではないので、加入忘れに注意しましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

Y!mobileご加入者特典を使ってYahoo!ショッピングでお買い物しよう PayPayボーナスライト300円相当プレゼント


キャンペーン期間
2019年10月1日~終了日未定


キャンペーン内容
ワイモバイルのスマホやタブレットを契約し期間内にY!mobileサービスの初期登録を完了すると、PayPayモール・Yahoo!ショッピングなどで使えるPayPayボーナスライト 300円分がもらえます。

また、加入特典の限定商品を1円から送料無料で購入することができます。



キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 新規契約又はディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクとソフトバンク携帯電話からの番号移行を含む他社からの乗り換え(MNP転入)でスマホベーシックプラン、データベーシックプランを申し込むこと。
  2. PHSの全料金プラン、スマホプラン(タイプ3)、スマホベーシックプラン(タイプ3)、ウィルコムプラン Lite/D/D+、4G-S プラン、4G-S ベーシックプランからの契約変更でスマホベーシックプラン、データベーシックプランを申し込むこと。
  3. Y!mobileサービスの初期登録を完了させておくこと。登録手順はこちら。
    ワイモバイルスマホの初期設定方法 |Y!mobile
このキャンペーンは、ソフトバンクを含む他社からの乗り換えも対象となっています。

キャンペーンを適用させるために、Y!mobileサービスの初期登録は早めに完了させておくことをおすすめします。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. 回線を解約または譲渡した場合。
  2. 対象外プランに変更の申し出をした場合。
  3. Y!mobileサービスの初期登録(契約電話番号とYahoo! JAPAN IDの連携)を解除した場合。
PayPayボーナスライトが付与される前に回線の解約・譲渡、対象外のプランへの変更、Y!mobileサービスの初期登録(契約電話番号とYahoo! JAPAN IDの連携)の解除をしてしまうとキャンペーンが適用されずPayPayボーナスライトももらえないので注意しましょう。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. キャンペーン適用で付与される300円分のPayPayボーナスライトは有効期限が付与から60日間で、出金と譲渡はできない。
このキャンペーンで付与される300円のPayPayボーナスライトには有効期限があるのと、出金や譲渡はできません。

このキャンペーンは条件を満たせば自動で適用されるので、Y!mobileサービスの初期登録は早めに済ませておきましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

まとめ。ワイモバイルオンラインストアとYahoo!モバイルオンラインストアのどちらが得かの確認が大切

このページを見ると分かる通り、ワイモバイルのキャンペーンはかなり複雑です。

複雑になっているのは、申し込みできるサイトがワイモバイルオンラインストアとYahoo!モバイルオンラインストアの2つあることと、それぞれのオンラインストアで開催されているキャンペーンが違っているためです。

また、申し込む日によってはワイモバイルの方が得だったり、逆にYahoo!モバイルの方が得になることがあるのも複雑さの要因となっています。

簡単にまとめると、初めの方でも触れた通り5のつく日とゾロ目の日にワイモバイルを申し込むならYahoo!モバイルで、それ以外の日にワイモバイルを申し込むならワイモバイルが得です。

自身がワイモバイルを契約する日がいつになるかを確認して、どちらのキャンペーンが得かを把握した上でワイモバイルに申し込みましょう。

公式サイト(ワイモバイル)
ワイモバイル
公式サイト(Yahoo!モバイル)
Yahoo!モバイル

-ワイモバイル, 格安SIM(MVNO)のレビュー・まとめ

Copyright © アンドロイドラバー, 2011-2020 All Rights Reserved