Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 6.0 Marshmallowではバイブの状態から音量を更に下げるとアラームが鳴るサイレントモードへの自動切り替えが復活。Android 4.4以前の挙動に戻って使いやすく改善。

Posted on 6月 6, 2015

android-m-completely-silent8
Android 5.0 Lollipopのアップデートからかなり使いづらくなったサイレントモードですが、Android 6.0 MarshmallowではAndroid 4.4 KitKatの頃と同じようにバイブの状態から音量を更に下げるとアラームが鳴るサイレントモードが復活し、使いやすく改善されました。

スポンサーリンク



Android Lollipopにおけるサイレントモードの挙動

Android 5.0 Lollipopからはボリューム調整の方法が大きく変わり、サイレントモードにするにはボリュームボタンを押した後に「なし」を選ぶ一手間が必要になりました。またサイレント中はアラームさえも鳴らなくなってしまいました。
lollipop-do-not-disturb4

設定をいじればアラームのみのサイレントモードにすることも可能でしたが、これまでのサイレントモードの方法と大きく操作が変更になったので戸惑った方も多いかもしれません。

Android 5.1ではアラームのみ鳴らすサイレントモードが1タップ必要で少し使いづらいUIながら復活しました。
silent-mode-alerm-on2


Android 6.0 Marshmallowにおけるサイレントモードの挙動

Android 6.0 Marshmallowでは、特に難しい操作などしなくてもサイレントモードでもアラームが鳴るようになりました。

バイブの状態で更にボリュームを下げるボタンを押すと・・・
android-m-completely-silent7

バイブのアイコンがグレーアウトしてアラームのみ鳴るサイレントモードに自動的に切り替わります。
android-m-completely-silent8

また、「今すぐ終了」をタップすることでサイレントモードを終了し、バイブに戻すことができます。
android-m-completely-silent9

もしくは、サイレントモード中でボリュームを上げるボタンを一回押せば、自動的にバイブモードに切り替わります。この当たりはAndroid 4.4 KitKatまでの挙動に戻っていますね。
android-m-completely-silent10

また、バイブモードからボリュームを上げるボタンを押せば、音量を一段階ずつ大きくすることができます。
android-m-completely-silent11

Android Lollipopではサイレントモードの使いづらさに困っていてAndroid 5.1でかなり改善されましたが、Android 6.0 Marshmallowではほとんど手間もかからずサイレントモードが使えるようになるので個人的には嬉しい改善です。

なお、Android 6.0 Marshmallowではサイレントモードの改善以外にも多数の新機能や変更点が見つかっています。詳細はAndroid 6.0 Marshmallowの新機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る