Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Google、Robotoフォントをフォント生成のためのツールも含めて全てオープンソース化。

Posted on 5月 27, 2015

roboto-font-open-source
Googleは、Robotoフォントをフォント生成のためのツールも含めて全てオープンソース化しました。

スポンサーリンク



Robotoフォントとは

Robotoフォントは、GoogleのデザイナーChristian Robertson氏が作成したフォントです。

AndroidとChrome OSのシステムフォントとして採用されており、GoogleのマテリアルデザインのデザインガイドラインでもRobotoフォントの使用が推奨されています。

Robotoフォントは、Unicode 7.0のラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字の他、Unicode 8.0で追加されたグルジアの通貨「ラリ(lari)」の記号をサポートしています。当初は13,000だったグリフ数は現在40,000以上にまで増えています。


Robotoフォントのオープンソースプロジェクトについて

Robotoフォントは、2011年にAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)の一部としてApacheライセンスでリリースされていますが、今回はRobotoフォントに限定したオープンソースプロジェクトとして、ツールチェーンも含めて公開しました。

RobotoフォントのgithubのURLはhttps://github.com/google/robotoとなっています。

source:Google

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss


Filed under: Google Leave a comment


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る