Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




OnePlus 5のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応状況まとめ

Posted on 7月 7, 2017

oneplus5-dsds10 OnePlus5はSIMを2枚挿せるデュアルSIM仕様ですが、日本国内でも2枚のSIMで同時に使えるいわゆるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)であることを確認しました。

このページでは、OnePlus5をDSDSで使えるキャリアの組み合わせの対応状況についてまとめています。

スポンサーリンク



OnePlus5のSIMの入れ方(挿し方)

DSDS対応状況の前に、OnePlus5へのSIMの挿し方についてまとめておきます。

OnePlus5本体に同梱されているSIM抜きピンを、OnePlus5の右側にあるSIMスロットの穴に差し込みます。
oneplus5-dsds1

SIMトレイが出てきます。左側がSIM1、右側がSIM2です。基本的に通話用で使うSIMはSIM1に挿します。例えば、auの非VoLTE SIM(黒SIM)をSIM2スロットに挿してもアンテナが立ちませんが、SIM1スロットに挿せばアンテナが立ち通話も可能です。
oneplus5-dsds2

SIMはこのように乗せます。
oneplus5-dsds3

あとはSIMトレイをOnePlus5に挿して戻せば完了です。
oneplus5-dsds4

このように、しっかりと押し込んでおきましょう。
oneplus5-dsds5

なお、通話用にauの非VoLTE SIM(黒SIM)を使う場合、データ通信用のSIMと2枚同時に挿すとアンテナが立たない場合があります。

auの黒SIM1枚だけ先にOnePlus5に挿して、アンテナが立ったことを確認した後にSIMトレイを抜き出し、データ通信用のSIMをSIMトレイに置いて再度OnePlus5に装着すれば両方のアンテナが立ちます。


OnePlus5をDSDSで使うための設定方法

OnePlus5をDSDSで使うための設定方法の基本は、こちらで解説しているので参考にしてください。
OnePlus5にau回線の通話SIMとドコモ回線のデータ通信SIMを挿して通話・通信とも利用する

簡単にまとめると以下の通りです。

1.OnePlus5にSIMを2枚セットする(通話用にauの黒SIMを使う場合は先に黒SIMのみ挿してアンテナを立て、その後にもう1枚のSIMをセットする

2.通話用、SMSの送信用、モバイルデータ通信用の規定のSIMを選ぶ

3.データ通信用のSIMのAPN設定をする



上記の設定方法で各キャリアのSIMを組み合わせてDSDSを試してみた結果は以下の通りです。


OnePlus5にドコモ回線SIM(音声)+ドコモ回線SIM(データ)はDSDS可能

まずはドコモ回線とドコモ回線の組み合わせです。
oneplus5-dsds6

2枚ともドコモ回線のSIMの場合、特にトラブルなくDSDSで利用できました。
oneplus5-dsds13


OnePlus5にドコモ回線SIM(音声)+au回線SIM(データ)はDSDS不可

次にドコモ回線とau回線の組み合わせの場合です。


au 黒SIM(非VoLTE)

oneplus5-dsds7

通話用がドコモでデータ通信用がauの黒SIMの場合、au側のアンテナが立ちません。また、しばらくすると、au側だけでなくドコモ側のアンテナも立たなくなるなどかなり不安定な状態です。
oneplus5-dsds14


au VoLTE SIM

oneplus5-dsds8

データ通信用にauのVoLTE SIMを挿しても同じで、au側のアンテナが立ちません。また、au VoLTE SIMのAPNを設定して保存しようとしてもできない状況です。
oneplus5-dsds15


OnePlus5にドコモ回線SIM(音声)+SoftBank回線SIM(データ)はDSDS可能

oneplus5-dsds9

ドコモ回線とソフトバンク回線を組み合わせた場合、どちらも問題なくアンテナが立ちます。
oneplus5-dsds16

なお、このテストではソフトバンク回線を使った格安SIMのU-mobile Sを使っています。Uーmobile Sは公式ではiPhoneでしか使えないことになっていますが、専用のAPNを設定してあげればAndroid端末でも通信・テザリングとも利用できます。
oneplus5-dsds17

U-mobile Sはドコモ系やau系の格安SIMに比べると月額料金が若干割高です。

ですが、対象となるユーザーが限られているためか契約者数も増えていないようで、通信速度がドコモやau 、ソフトバンクといった大手キャリアよりも速いことがよくありストレスなく通信できるので私自身よく使っています。

Android端末で使う場合は非公式のため自己責任になりますが、OnePlus5で安い料金で通信速度の速いSIMを使いたい人にはおすすめです。

Uーmobile Sの特徴や料金、Androidで使うための設定方法などはこちらにまとめているので、興味のある人は参考にしてみてください。
U-mobile Sの速度レビューと注意点まとめ。ソフトバンク回線の格安SIM。


OnePlus5にau回線SIM(音声)+ドコモ回線SIM(データ)はDSDS可能

oneplus5-dsds10

通話用にドコモ回線、データ通信用にau回線を組み合わせた場合はDSDSで使うことはできませんが、逆に通話用にau回線(黒SIM)、データ通信用にドコモ回線ならDSDSで利用できます。
oneplus5-dsds18

上でも触れていますが、au回線はVoLTE SIMではなく黒SIMである必要がある点には注意しましょう。


OnePlus5にau回線SIM(音声)+au回線SIM(データ)はDSDS不可

oneplus5-dsds11

通話用にauの黒SIM、データ通信用にau VoLTE SIMを組み合わせてみると、一瞬だけDSDS状態になるもののすぐにデータ通信用のau VoLTE SIMのアンテナが立たなくなってしまいます。
oneplus5-dsds19

VoLTE SIM側のAPN設定をしても通信できませんでした。


OnePlus5にau回線SIM(音声)+ソフトバンク回線SIM(データ)はDSDS可能

oneplus5-dsds12

通話用にauの黒SIM、データ通信用にソフトバンク回線のSIMを組み合わせた場合、特にトラブルなくDSDSで利用できます。
oneplus5-dsds20


まとめ。au回線+au回線、もしくはデータ通信用としてau回線のSIMを使わなければDSDS可能

今回試した組み合わせでは、au回線+au回線もしくはデータ通信用としてau回線のSIMを使わなければDSDSで使えます。

ドコモ回線とソフトバンク回線のSIMは、au回線のような独特のクセはなくSIMを挿すだけでアンテナが立ち、APN設定をすればすぐにデータ通信できるようになります。

OnePlus5には技適マークがないため日本国内でSIMを挿して使うのは自己責任となりますが、OnePlus5でできるだけトラブルなくDSDS運用するならドコモかソフトバンク回線のSIMがおすすめです。

DSDS運用方法として通信用のSIMに格安SIMを使いたい人もいると思います。どのSIMがいいか分からない場合は以下を参考にしてみてください。

ドコモ回線を使った格安SIMの比較
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【7月21日】

ソフトバンク回線を使った格安SIMの比較
ソフトバンク(SoftBank)回線の格安SIM MVNO9社の比較とおすすめ

格安SIMの速度比較
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【7月3日最新実測】

OnePlus5のDSDS対応状況のまとめは以上です。


OnePlus5の購入レビュー
OnePlus5日本購入レビューとスペック、価格まとめ。ドコモLTEプラチナバンド対応。

OnePlus5の最安値比較
OnePlus5を日本から最安値で購入できるショップは?価格を比較

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る