Root化後必須アプリ Xposedモジュール

Xposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版がついにリリース【ダウンロードリンクあり】 。

更新日:

xposed-framework-android-5.0-lollipop-official2
先日開発者のRovo89氏がテスト中であることが判明したXposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版が、ついにリリースされました。


Xposed Frameworkとは

Xposed Frameworkは、素のAndroidにモジュールを利用することで様々な機能を簡単に追加することができるRoot必須アプリです。

Xposed Frameworkはデフォルトのランタイムがdalvikでのみ動作をしていましたが、dalvikが廃止されARTがデフォルトのランタイムとなったAndroid 5.0 Lollipopには対応していない状態が続いていました。

先日、RedditでRovo89氏がAndroid 5.0.2のNexus5ですでにXposed Frameworkをテスト中であることを示すスクリーンショットを掲載したことで、近々Android 5.0 Lollipopに対応したXposed Frameworkのリリースが期待されていましたが、ついに利用できるようになりました。
xposed-android-5.0-lollipop-soon1

私もAndroid 4.4 KitKatではXposed Frameworkをかなり使っていたので、Android 5.0 Lollipopの対応は嬉しいです。

私が使っていたXposedのモジュールは、Xposedモジュールを参照してください。


Xposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版のダウンロードとインストール方法

Xposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版は、2015/2/14現在アルファ版です。

Rovo89氏のテストではほとんどのモジュールがそのまま使えて不具合も特にないとのことでしたが、Android 4.4 KitKat対応の安定版からかなり多くの変更を上絵ているため、まずはアルファ版としてリリースしたとのことです。

Xposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版のダウンロードはこちらから。
[OFFICIAL] Xposed for Lollipop

Android 5.0 LollipopでXposed Frameworkを利用するには、2つの作業が必要です。

1.「xposed-arm-20150213b.zip」をTWRPなどのカスタムリカバリからインストール

2.「XposedInstaller_3.0-alpha1.apk」をESファイルエクスプローラーなどのファイルマネージャーからインストール

xposed-framework-android-5.0-lollipop-official1


Xposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版利用時の注意点

リリースされたばかりのアルファ版は、SamsungのROMでは動作せずブートループ(再起動ループ)になってしまうとのことです。

Samsung純正のROMを使っている人は、もうしばらく待ちましょう。


個人的には待ちに待ったXposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応版がついにリリースされました。

私も早速試してみます。

2015/2/15追記
Nexus6で試してみましたが、SELinuxが原因で正常に動作しなかったので、XDAを参考にSELinuxをPermissiveに変更するスクリプトを使用して動作するようにしました。
手順など詳細はNexus6(Android 5.0.1)にインストールしても使えないXposed Framework アルファビルドを使えるようにする方法。を参照してください。

2015/4/5追記
Android 5.1 Lollipop対応の非公式なXposed Frameworkがリリースされたので導入してみました。導入方法など詳細はXposed Frameworkの非公式Android 5.1 Lollipop対応版 αビルドがリリース。ダウンロードURLとインストール方法。を参照してください。

スポンサーリンク

-Root化後必須アプリ, Xposedモジュール

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.