Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Kindle Fire HDに野良アプリのインストールを許可する設定方法。

Posted on 12月 29, 2012


今回は、Kindle Fire HDにアプリ本体であるapkファイルを野良アプリとして直接インストールできるように許可する設定を紹介します。

スポンサーリンク



Kindle Fire HDでは、Google Playストアを利用することができず、代わりにAmazonアプリストアを利用する必要があります。

AmazonアプリストアでもGoogle Playストアにあるアプリをインストールすることができますが、とにかくアプリ数が少ないので、希望のアプリをインストールできない場合が多いです。

そこで、Amazonアプリストア以外で入手したアプリ(apkファイル)を野良アプリとして直接インストールしていきますが、それには設定が必要です。

ここからはその設定方法です。

まずは、何も設定していない状態でapkファイルを直接インストールしてみます。

apkファイルをインストールするために、ESファイルエクスプローラーを使いました。

今回インストールを試みたのは、Amazonアプリストアには登録されていないBattery Mixです。

Battery Mixのapkファイルをタップします。


すると、「アプリケーションのインストールはブロックされました。セキュリティ上の理由で、KindleはAmazonアプリストア以外から入手されたアプリのインストールをブロックするように設定されています。」と表示されます。
「設定」をタップします。


「端末」の設定に飛びました。なお「端末」設定には、ホーム画面で通知バーの「その他」トグルから飛ぶこともできます。「アプリケーションのインストールを許可」を「オン」にします。


警告が表示されるので、「OK」をタップします。


再度Battery Mixをインストールしていきます。Battery Mixのapkファイルをタップします。


「インストール」をタップします。


「インストール中...」と表示されるので、しばらく待ちます。


「アプリがインストールされました」と表示されるので、「開く」をタップします。


Amazonアプリストアに登録されていないBattery Mixが、Kindle Fire HDでも無事起動して使えています。

野良アプリのインストールを許可していれば、Amazonアプリストアにはない自分が使いたいアプリを使うことができるので便利ですね。

Kindle Fire HDに野良アプリのインストールを許可する設定方法は以上です。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (2) Trackbacks (0)
  1. こんばんは。
    NEXUSが一昨日文鎮になって、最近欲しくなってきたNEXUS7とキンドルFIREHDが気になってます。
    これで入れた野良アプリは更新があったときはストアから更新というのはできないんでしょうか?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る