「Android 6.0 Marshmallow」 一覧

Android 6.0 MarshmallowではWi-Fiテザリングで5GHz帯が利用可能に。2.4GHzと5GHzの違い・特徴と設定方法の紹介。

Android 6.0 Marshmallowでは、Wi-Fiテザリングで2.4GHzに加えて5GHz帯が利用可能になりました。

Android 6.0 Marshmallowではブラウザでリンクをタップしてアプリが起動する機能をアプリごとに停止して起動させなくする機能が追加。

Androidは、ブラウジング中に特定のURLをタップするとそのURLに関連するアプリの一覧が表示されてそこからアプリを選んで起動できる機能が便利ですが、Android 6.0 Marshmallow ...

Android 6.0 Marshmallowではバイブの状態から音量を更に下げるとアラームが鳴るサイレントモードへの自動切り替えが復活。Android 4.4以前の挙動に戻って使いやすく改善。

Android 5.0 Lollipopのアップデートからかなり使いづらくなったサイレントモードですが、Android 6.0 MarshmallowではAndroid 4.4 KitKatの頃と同じ ...

Android 6.0 Marshmallowでは標準ホーム(Google Nowランチャー)のホーム画面からアプリのアンインストールが可能に。

Android 6.0 Marshmallowでは、標準ホーム(Google Nowランチャー)のホーム画面からアプリをアンインストールすることができるようになりました。

Android 6.0 Marshmallowでは共有時に1画面に表示されるアプリ数が大幅に増えシェアするアプリを選びやすいよう改善。

Android 6.0 Marshmallowでは、共有時に1画面に表示されるアプリ一覧の数が大幅に増えたことで、シェアするアプリを選びやすくなりました。

Android 6.0 Marshmallowではデフォルト設定したアプリの解除方法が「設定を消去」の他に、ブラウザや電話など機能ごとにアプリ一覧から既定のアプリを選ぶ方法も追加。

Android 6.0 Marshmallowでは、デフォルト設定したアプリの解除方法が「設定を消去」だけではなく機能ごとにアプリ一覧から既定のアプリを選ぶ方法に変更されました。

Android 6.0 Marshmallowのリカバリモードには「アップデートをSDから適用」と「/systemをマウント」の項目が新しく追加。

Android 6.0 Marshmallowのリカバリモードには、「アップデートをSDから適用」と「/systemをマウント」の項目が新しく追加されていることが分かりました。

Android 6.0 Marshmallowではタブレットの通知領域(ステータスバー)が指に近い場所から降りてくるように改善。

Android 6.0 Marshmallowでは、タブレットの通知領域(ステータスバー)が指に近い場所から降りてくるよう改善されました。

Android 6.0 Marshmallowのマルチウィンドウ機能はNexus9(タブレット)なら4つのアプリを同時に表示可能。

Android 6.0 Marshmallowのマルチウィンドウ機能は、Nexus9などの大画面タブレットなら4つのアプリを同時に表示できることが分かりました。

Android 6.0 Marshmallowで追加されたテーマ変更機能をLayers Managerを使って適用する方法&Nexus6で試してみた。

今回は、Android 6.0 Marshmallowで追加されたテーマ変更機能をLayers Managerを使って適用する方法を紹介します。

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.