格安SIM・MVNO・SIMフリー

HTC U11の最安値は?格安SIM(MVNO)セットのキャンペーンも含めて価格比較

投稿日:

このページでは、HTC U11の価格を比較し、どこで購入するのが一番安いかをまとめています。

価格はすべて税込です。U11をできるだけ安く入手したい場合の参考にしてみてください。


HTCU11の価格比較。キャンペーンも含めた最安値はどこ?

初めに、U11の価格を格安SIM(MVNO)のセットと量販店、オンラインショップも含めて比較した結果を載せておきます。

端末価格とキャンペーンやポイント付与をふまえた実質価格は以下の通りです。MVNO名やショップ名のリンクをクリックすると、各MVNOのプランごとのU11の実質価格やサービスの詳細を確認できます。
 U11
一括価格
U11
分割価格の合計
U11関連の
キャンペーン
実質価格
定価63,720円なし
なし
63,720円
IIJmio59,184円59,616円
・新規事務手数料3,000円分が1円
・高速通信容量が半年間2倍に増量
・音声通話SIM申し込みで月額料金が半年間にわたり600円割引(合計3,600円)
・当サイトからの申し込みで全プランの高速通信容量が3ヶ月(合計9ヶ月)2倍に増量と月額料金が3ヶ月(合計9ヶ月)600円割引
・音声通話SIMとのセット購入でAmazonギフト券5,000円分プレゼント
一括:45,113円~
分割:45,545円~
LinksMate74,520円なし
・LinksMateを新規で申し込みエレメンタルストーリーとゲーム連携すると、LinksMateの利用料金に使えるLP最大3,000LPプレゼント
・15,000円割引
一括:55,080円
分割:-
Amazon--
-
-
ビックカメラ--
-
ヨドバシカメラ--
-
-


純粋な端末価格を見ると、IIJmioが最安となっています。


キャンペーンを含めた実質価格を比較した場合もIIJmioが最安です。

IIJmioのキャンペーンはIIJmioは早めに特典を受け取ることができるのが特徴です。

IIJmioは、新規事務手数料3,000円が1円になるため契約時にかかる費用(初期費用)が安く済みます。

また月額料金の割引は毎月適用され、キャッシュバックのように数ヶ月待つ必要がなく毎月の利用料金を直接安くできるため、確実に支出を抑えることができます。

さらに、当サイトからIIJmioの音声通話SIMを申し込むと月額料金が3ヶ月600円割引され、高速通信容量も3ヶ月間2倍に増量されます。

2倍増量はIIJmio秋祭り 2倍キャンペーン!月額料金が6ヶ月間600円割引と高速通信容量が6ヶ月間2倍に増量される特典とも併用されるので、合計9ヶ月間は毎月600円安い料金で2倍多く通信できることになります。
IIJmio(みおふぉん)


LinksMateについては定価よりもかなり高く、また現在キャンペーン中で15,000円割引されても特別安くはないのでおすすめしません。

LinksMateのSIMをU11に挿して使いたい場合は、U11はHTC e-shopで購入しSIMだけをLinksMateで契約しましょう。


まとめると、できるだけ安くU11を入手したい場合はIIJmioがおすすめです。

U11をセットで購入できる格安SIMの料金プランや特徴、通信速度などについては、U11を格安SIMとセットで購入できるMVNOの価格をご覧ください。


U11を単体で購入する場合は、現時点の選択肢はHTC e-shopのみとなっています。


U11の定価

U11の定価は63,720円です。

HTC U11 SIMフリーモデル 【ソーラーレッド】

この価格が基準となります。


U11を格安SIMとセットで購入できるMVNOの価格

最近は格安SIMとセットでSIMフリースマホの価格が大幅に値引きされることが多く、U11もSIMとセットなら安く購入できます。

そこで、まずはU11を格安SIMとのセットで購入できるMVNOにおける価格をまとめます。


IIJmio

IIJmio(みおふぉん)


IIJmioのU11の価格とキャンペーン適用後の実質価格
IIJmioにおけるU11の価格は、一括が定価より4,000円以上安い59,184円、分割も4,000円以上安い59,616円です。

IIJmioは最近端末価格自体を安く設定していますが、U11も定価に比べるとかなり安くなっています。

現在IIJmioで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・新規事務手数料3,000円分が1円
・高速通信容量が半年間2倍に増量
・音声通話SIM申し込みで月額料金が半年間にわたり600円割引(合計3,600円)
・当サイトからの申し込みで全プランの高速通信容量が3ヶ月(合計9ヶ月)2倍に増量と月額料金が3ヶ月(合計9ヶ月)600円割引
・音声通話SIMとのセット購入でAmazonギフト券5,000円分プレゼント

IIJmioにおけるU11の価格と、各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
3GB
6GB
12GB
共通
【データ通信SIM】
一括:54,800円
分割:55,200円


【音声通話SIM】
一括:54,800円
分割:55,200円
【データ通信SIM】
・初期費用3,000円が1円(2,999円割引)
・高速通信容量が9ヶ月間2倍に増量


【音声通話SIM】
・初期費用3,000円が1円(2,999円割引)
・月額料金割引(600円×9ヶ月=5,400円)
・Amazonギフト券5,000円分プレゼント
・高速通信容量が9ヶ月間2倍に増量
【データ通信SIM】
一括:55,945円
分割:56,377円


【音声通話SIM】
一括:45,113円
分割:45,545円


IIJmioは全プラン共通のキャンペーン内容となっています。

IIJmioは当サイトからの申し込みで9ヶ月間にわたり月額料金が600円割引と高速通信容量が2倍に増量されるので、コストパフォーマンスはかなり高いです。


IIJmioの料金プランと特徴
IIJmioの料金プランは以下の通りです。
 データ通信SIMデータ通信SIM+SMS通話対応SIM
(みおふぉん)
ミニマムスタートプラン
(高速通信容量3GB)
900円1,040円1,600円
ライトスタートプラン
(高速通信容量6GB)
1,520円1,660円2,220円
ファミリーシェアプラン
(高速通信容量10GB)
2,560円2,700円~3,260円~


IIJmioは、インターネットイニシアティブが提供する格安SIMです。

IIJmioの特徴は、月額830円で10分以内の通話がかけ放題になるオプションがある点です。

また、IIJmioの10分かけ放題の月額料金はNifMoの10分かけ放題と並びnuroモバイルに次ぐ安さなので、格安SIMで通話をたくさんしたい人におすすめです。

また、IIJmioには20GBと30GBの高速通信容量を追加できるデータオプションもあります。

データオプションはIIJmioの基本プランに追加することで、大容量プランの選択肢が増え月額料金も安いのがメリットです。

データオプションについてはこちらをご覧ください。
IIJmioの20GB/30GBの大容量データオプションは得?他社と比較してみた。

また、現在IIJmioはキャンペーンがかなり充実しているのも大きな特徴で、当サイトからの申し込みで基本料金が9ヶ月間にわたり600円安くなり、高速通信容量も9ヶ月間2倍に増量されたり5,000円分のAmazonギフト券がもらえるなどメリットが多いです。

IIJmioの通信速度は、速度トップクラスのSIMに比べれば遅いものの平日昼間以外は特にストレスなく通信できます。

安い月額料金でたくさん通信したい人は、キャンペーンが充実しているIIJmioがおすすめです。

公式サイト
IIJmio(みおふぉん)

特徴やレビューなど
IIJmio使用の感想・評価・速度とメリット・デメリット総まとめ【10月】

キャンペーン情報
IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ【10月】


LinksMate


・15,000円割引


LinksMateのU11の価格とキャンペーン適用後の実質価格
LinksMateにおけるU11の価格は、一括が定価より9,000円以上割高の74,520円で分割購入はできません。

LinksMateはU11の価格が割高に設定されている点には注意が必要です。


現在LinksMateで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・LinksMateを新規で申し込みエレメンタルストーリーとゲーム連携すると、LinksMateの利用料金に使えるLP最大3,000LPプレゼント

LinksMateにおけるU11の価格と、各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
0GB
1GB
5GB
10GB
20GB
30GB
共通
【データ通信SIM】
一括:69,000円
分割:-


【音声通話SIM】
一括:69,000円
分割:-
【データ通信SIM】
新規契約後にエレメンタルストーリーとゲーム連携すると1,000円分のLPプレゼント
・端末価格が15,000円割引


【音声通話SIM】
・MNP転入ではない新規契約後にエレメンタルストーリーとゲーム連携すると2,000円分のLPプレゼント
・MNP転入後にエレメンタルストーリーとゲーム連携すると3,000円分のLPプレゼント
・端末価格が15,000円割引

【データ通信SIM】
一括:57,240円
分割:-


【音声通話SIM 新規】
一括:56,160円
分割:-


【音声通話SIM MNP転入】
一括:55,080円
分割:-



LinksMateの料金プランと特徴
LinksMateの料金プランは以下の通りです。
 データ通信SIMデータ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
1GB
(最大2Mbps)
なし500円1,100円
5GBなし1,500円2,100円
10GBなし2,500円3,100円
20GBなし4,200円4,800円
30GBなし5,400円6,000円


LinksMateは、グランブルーファンタジーやシャドウバースのプロデューサーとして知られる春田康一氏が2016年11月に設立した、サイバーエージェントの関連企業であるLogicLinksが提供する格安SIMです。

LinksMateの特徴は、月額500円でゲームやAbemaTV、Twitter、Facebookなどが使い放題の「カウントフリーオプション」です。

ゲームに関しては、グランブルーファンタジーやシャドウバース、みんゴル、デレステといった人気タイトルも通信量を気にせずに楽しむことができます。

現時点でゲームが使い放題の格安SIMはLinksMate以外に存在しないので、スマホでLinksMateのカウントフリー対象ゲームをよくプレイする人にはLinksMateは特におすすめです。

また、LinksMateは解約時に3,000円のSIMカード削除手数料がかかるものの、最低利用期間や解約金はなく気軽に試せるのもメリットです。

LinksMateの通信速度は良好で、他の格安SIMの速度が一気に落ちて体感でも遅く感じる平日12時台もLinksMateは特にストレスなくスムーズに通信できています。

今後の契約者数増で通信速度が遅くなる可能性あり得ますが、ドコモ回線の格安SIMの中ではどの時間帯でも快適に通信できる唯一といってもいいSIMなので、カウントフリー対象のゲームなどのアプリを使う人だけでなく格安SIMに速度を求める人にも現状のLinksMateはおすすめです。

公式サイト
LinksMate

特徴とレビュー
LinksMate(リンクスメイト)の特徴と料金比較、注意点総まとめ【10月】

キャンペーン情報
LinksMate(リンクスメイト)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【10月】


なお、U11をセットで購入できる格安SIMを含む主要な格安SIMは、こちらのページで徹底比較しています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【10月22日】

また、格安SIMはドコモやau、ソフトバンクに比べて速度が遅いのがデメリットです。

格安SIMでほとんど通信しない、通信する際はWi-Fiがメインといった人は速度が遅くても特に問題はありませんが、格安SIMのモバイル通信がメインの人はある程度通信速度が出るSIMを選ぶことをおすすめします。

U11をセットで購入できる主要な格安SIMの速度比較はこちら。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】

どの格安SIMにするか迷っているなどまだ決まっていない場合は、これらのページを参考にしてみてください。


U11を単体で購入できるショップの価格

U11を単体で購入できる主要なショップは、HTC公式サイト以外には現時点ではありません。


Amazon

-


ビックカメラ

-


ヨドバシカメラ

-


まとめ

U11は、量販店やオンラインショップで購入するなら選択肢がHTC e-shopの一択となっています。

格安SIMとセットで取り扱うMVNOについては2社と少ない状況で、そこまで悩む必要がないのがメリットです。

現時点でU11を安く購入したい場合は、販売価格の安さだけでなくキャンペーン適用で実質価格がさらに安くなるIIJmioを選びましょう。

U11の最安値比較は以上です。

IIJmio(みおふぉん)

-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.