Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 6.0/7.0の機能「システムUI調整ツール」の使い方。クイック設定のパネルの追加・削除と並び替えなどが自由にカスタム可能。

Posted on 8月 25, 2016

android-6.0-system-ui-tuner-official2
Android 6.0 MarshmallowAndroid 7.0 Nougatには、クイック設定のパネルの追加・削除や並び替えをユーザーが自由にカスタムできる「システムUI調整ツール」があります。

このページでは、システムUI調整ツールの有効化方法などを紹介します。


システムUI調整ツールの有効化方法

まずは、システムUI調整ツールを有効化します。

通知領域を開いて、設定アイコンをロングタップします。ロングタップのまま少し待ってアイコンが回転し始めたら指を離します。
android-6.0-system-ui-tuner-official1

すると「システムUI調整ツールを設定に追加しました」と表示され、Androidのシステム設定の一番下に「システムUI調整ツール」が現れるのでタップします。
android-6.0-system-ui-tuner-official2

システムUI調整ツールは限定公開のツールで、今後変更や削除の可能性もあるとのこと。「OK」をタップします。すると、クイック設定やステータスバーのアイコンの設定、バッテリー残量のパーセント表示、デモモードなどが利用できます(Android OSバージョンにより設定できる項目は異なります)。
android-6.0-system-ui-tuner-official3

システムUI調整ツールを有効化方法は以上です。


システムUI調整ツールの使い方

ここからは、システムUI調整ツールを実際に使ってみます。

システムUI調整ツールを起動する

システムUI調整ツールは、システムUI調整ツールをオンにした後にAndroidのシステム設定に戻ると端末情報の下に表示されます。システムUI調整ツールをタップします。
android-m-system-ui-tuner5

「Quick Settings」が表示されるのでタップします。クイック設定パネルのカスタムを単独で設定に表示せずにシステムUI調整ツールの中にクイック設定パネルのカスタムを含ませているところを見ると、今後システムUI調整ツールにはクイック設定パネルのカスタム以外も追加されて、ここでAndroid OSのSystem UIまわりのカスタムを一括で管理できるようになりそうな気がしますがどうでしょうか。
android-m-system-ui-tuner6


パネルを追加する

Quick Settingsをタップすると、クイック設定パネルのカスタムの画面が表示されます。新しくパネルを追加したい場合は「Add tile」をタップします。
android-m-system-ui-tuner7

追加できるパネルは現時点ではBroadcast Tileという機能を持たないサンプルパネルのみとなっています。
android-m-system-ui-tuner8

パネル名を決めることができるのはBroadcast Tileのみで、他のパネルは名前の変更はできません。
android-m-system-ui-tuner9

パネルが追加されました。
android-m-system-ui-tuner10


クイック設定のパネルを並び替える

システムUI調整ツールでは、クイック設定のパネルを並び替えることもできます。

位置を変えたいパネルをロングタップすると、他の場所に移動できる状態になります。
android-m-system-ui-tuner11

あとはそのパネルを置きたい場所にドラッグ&ドロップで置くだけです。
android-m-system-ui-tuner12

Testパネルが現在地があった場所に移動し、現在地パネルは1つ右に(左下に)ずれました。
android-m-system-ui-tuner13


クイック設定パネルを削除する

Android 6.0 Marshmallowでは、クイック設定パネルは削除することもできます。

削除したいパネルをロングタップすると、「Add tiles」ボタンが「削除」ボタンに切り替わります。
android-m-system-ui-tuner14

「削除」ボタンの場所に、削除したいパネルをドラッグ&ドロップで持っていきます。
android-m-system-ui-tuner15

Testタイルが削除されました。
android-m-system-ui-tuner16


デフォルトのパネルを誤って削除してしまった場合の挙動

例えば、最初から置いてあるクイック設定パネルを間違って削除したとします。今回は色を反転を削除してみます。
android-m-system-ui-tuner17

「色を反転」を削除します。
android-m-system-ui-tuner18

クイック設定から「色を反転」がなくなりました。「Add tile」をタップすると・・・
android-m-system-ui-tuner19

「色を反転」があるので再度追加してみます。
android-m-system-ui-tuner20

「色を反転」が戻ってきました。削除しても後で戻せるので安心ですね。
android-m-system-ui-tuner21


クイック設定パネルの配置などをリセットして初期状態に戻す

Android 6.0 Marshmallowでは、クイック設定パネルの配置を初期状態に戻すこともできます。

右上のメニューアイコンをタップします。
android-m-system-ui-tuner22

「リセット」をタップします。
android-m-system-ui-tuner23

クイック設定パネルの配置も含めてすべての設定が初期に戻りました。
android-m-system-ui-tuner24

クイック設定パネルをカスタムできるシステムUI調整ツールがAndroid 6.0 Marshmallowに実装されることで、クイック設定パネルをより便利に使うことができるようになりますね。

なお、Android 6.0の新機能などの詳細はAndroid 6.0 Marshmallowの新機能・変更点・追加機能・使い方まとめ。を、Android 7.0の新機能はAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)の新機能/変更点/アップデート情報まとめに詳しくまとめています。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (2) Trackbacks (0)
  1. preview3でsystem ui tunerの表示方法がまた変わったみたいです。

    http://www.droid-life.com/2015/08/17/turn-on-system-ui-tuner-in-android-6-0-preview-3/


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る