Root化後必須アプリ システム

Android2.3以降でGPSのトグルスイッチ押下時に設定画面に飛ばずに直接オン/オフを切り替える方法(要Root)。

更新日:


Android2.3以上では、通知領域にトグルを配置するアプリなどからGPSのオンオフを切り替えようとしても、位置情報の設定に飛んで手動でGPSにチェックを入れたり外したりする必要があります。

今回は、Android2.3以降(4.0でも)でトグルから直接GPSのオンオフを切り替える方法を紹介します。

スポンサーリンク



・Android端末のRoot化

Notification Toggleのインストール

手順は簡単で、/data/app/にインストールされているNotification Toggleを/system/app/に移動するだけです。

今回はESファイルエクスプローラーを使った手順を紹介します。

まず、/data/app/にインストールされているNotification Toggleを切り取っていきます。

/data/app/に移動して、「de.j4velin.notificationToggle-1.apk」を長押しします。


「切り取り」をタップ。


/system/app/に移動して「貼り付け」をタップ。


「移動しました」と表示されれば移動は完了です。


次に、/system/app/に移動したNotification Toggleのパーミッションを変更します。

「de.j4velin.notificationToggle-1.apk」を長押しします。


「プロパティ」をタップ。


パーミッション変更のために「変更」をタップ。


キャプチャ画像の通りにチェックを入れて「OK」をタップ。


再度「OK」をタップ。


通常であればGPSのトグルをタップすると・・・


位置情報サービスの画面が開いて、そこからGPSにチェックを入れる必要があります。


Notification Toggleを/system/app/に置くことで、GPSトグルをタップすると直接オン/オフを切り替えられるようになりました。

位置情報サービスの画面を開いたままでNotification Toggleのオン/オフを切り替えると、位置情報サービスのGPSが自動でオンやオフになるのが分かります。



Android2.3以降でGPSのトグルスイッチ押下時に設定画面に飛ばずに直接オン/オフを切り替える方法は以上です。
スポンサーリンク

-Root化後必須アプリ, システム

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.