Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




HUAWEI P10 Liteのスペックや価格、日本発売日まとめ

Posted on 3月 26, 2017

huawei-p10-lite1 このページでは、正式発表されたHUAWEI P10Liteのスペックや価格、発売日などをまとめています。

また、日本発売に関する情報も随時更新していきます。


HUAWEI P10Liteのスペック

HUAWEI P10Liteは、オランダのオンラインショップにて詳細なスペックやレンダリング画像が公開されています。
Huawei P10Lite Wit - PDAshop.nl

上記ショップのスペックをまとめ、前モデルのHUAWEI P9liteと比較すると以下の通りです。
※2017/3/20 HUAWEIが正式発表されたスペックに更新しました。
 HUAWEI P10 LiteHUAWEI P9 lite
OSAndroid 7.0
EMUI 5.1
Android 6.0
EMUI 4.1
ディスプレイ5.2インチ
1920×1080
フルHD
5.2インチ
1920×1080
フルHD
CPUHUAWEI Kirin 658
8コア
HUAWEI Kirin 650
8コア
RAM4GB2GB
ストレージ32GB16GB
microSD最大256GB最大128GB
背面カメラ1200万画素1300万画素
前面カメラ800万画素800万画素
バッテリー3000mAh3000mAh
対応周波数
(バンド)
?
LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
5(850MHz)
7(2600MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)
28(700MHz)

LTE(TDD-LTE)
40

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
5(850MHz)
6(800MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)

GSM
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz
ドコモプラチナバンド
(Band19)
?
FOMAプラスエリア
(Band6/19)
?
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28)
?
auプラチナバンド
(Band18/26)
?×
au 3G
(CDMA2000)
?×
SIMサイズSIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM
SIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM(※microSDスロットも兼ねる)
3G+4Gの
デュアルスタンバイ
?×
技適?
サイズ高さ:146.5
幅:72
厚さ:7.2 mm
高さ:146.8
幅:72.6
厚さ:7.5 mm
重さ146グラム147グラム
NFC×
GPSA-GPS
GLONASS
Wi-FiIEEE 802.11 a / b / g / n / ac (2.4GHz / 5GHz)IEEE 802.11 b / g / n (2.4GHz)
Bluetoothv4.1v4.1
加速度センサ
ジャイロスコープ?×
近接センサ?
環境光センサ
指紋認証センサ
コンパス
その他センサ
ポートmicroUSBmicroUSB
カラーホワイト
ブラック
ゴールド
ホワイト
ブラック
ゴールド
価格?25,800円
公式サイト-Huawei - HUAWEI P9 lite - 携帯電話 - スペック



スペック表ではNFCに対応とされていますが、比較的ハイスペックな機種にしかNFCは搭載されないことが多いので真偽は不明です。


HUAWEI P10Liteの特徴・メリット

上記のスペックに見られる、HUAWEI P10Liteの特徴や前モデルのP9liteからの改善点、メリットは以下の通りです。


CPU(SoC)性能がアップ

端末全体の動作に大きく関わってくる重要な要素のCPU(SoC)を見てみると、HUAWEI P9liteはHUAWEI Kirin 650だったのに対し、HUAWEI P10LiteはKirin 658となっています。
huawei-kirin
CPUの性能を客観的に把握する際にベンチマークアプリの測定結果が役に立ちます。HUAWEI P10 LiteのKirin 658のベンチマークスコアは現時点では見つかりませんでしたが、型番がかなり近い(スペックが近い)Kirin 655を搭載する、HUAWEI nova liteを当サイトでベンチマーク測定した結果は以下の通りです。

AnTuTu:10471点
huawei-nova-lite-antutu-benchmark

3DMark:58191点
huawei-nova-lite-3dmark-benchmark1

Geekbench:(シングルコア)792点 (マルチコア)3238点
huawei-nova-lite-geekbench-benchmark1

私がnova liteを使っている限りでは、ウェブサイトやYoutubeで動画を見たり、FacebookやTwitterなどのSNSアプリで閲覧や投稿、メールやLINEでのメッセージのやりとり、ゲーム(マインクラフトPEとデレステ、パズドラ)は特にストレスなく使えているので、HUAWEI P10Liteもこれらのアプリを普段使いする分には快適なはずです。

ただし、デレステに関しては3Dでプレイするとキャラクターがギザギザになります(ジャギります)。

HUAWEIのKirinを搭載している端末でデレステをプレイするともれなくジャギるので、HUAWEI P10Liteもほぼ間違いなくジャギると思います。3Dでプレイしたい場合は慎重に検討しましょう。


RAMが4GB、ROMが32GBに増量

HUAWEI P9liteは動作自体はスムースで快適に使える良端末でしたが、不満点もありました。

それがRAMとROMの容量です。

P9liteはRAMが2GB、ROMが16GBとどちらもスマホのヘビーユーザーには心もとないスペックでした。

特にRAMに関してはゲームを単体で遊ぶ程度なら問題ないものの、ゲームとブラウザ、ニュースアプリなど複数のアプリを切り替えながら使っていると動作が遅くなってくる可能性があります。

対して、HUAWEI P10LiteではRAMが4GBとP9liteの2倍になっています。スマホでRAMが4GBあれば、RAM不足でストレスを感じることはほぼないでしょう。

また、ROMに関してもHUAWEI P10Liteは32GBとこちらもP9liteの2倍になっていて、よりたくさんアプリをインストールしたり画像や動画など容量の大きいファイルを保存できます。


Wi-Fi 5GHz帯にも対応

Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯で利用されていますが、2.4GHz帯は電子レンジなどWi-Fi以外の機器でも使われるため、干渉してWi-Fiの速度が落ちることがあります。

5GHzはWi-Fi以外で使われることがほとんどないため、2.4GHz帯に比べて速度が安定して出やすいのがメリットです。

ですが、HUAWEI P9liteはWi-Fiの5GHz帯に非対応でした。

対して、HUAWEI P10Liteでは2.4GHz帯だけでなく5GHz帯にも対応しています。

自宅などのWi-Fiを5GHz帯で運用している人にとっては朗報ですね。


HUAWEI P10Liteの注意点・デメリット

次に、HUAWEI P10Liteの注意点やデメリットについて解説します。


コネクタはmicroUSB。USB Type-Cではない

オランダのオンラインショップのスペックやレンダリング画像を見る限りでは、HUAWEI P10Liteの充電部分(コネクタ)は最近のSIMフリースマホに多く採用されているUSB Type-CではなくmicroUSBとなっています。
huawei-p10-lite5

USB Type-Cは上下逆さま(向きを気にせず)でも抜き差しして使えてかなり便利なだけに、HUAWEI P10Liteが対応していないのは残念です。
左がmicroUSBで右がUSB Type-C

左がmicroUSBで右がUSB Type-C




3G+4GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応かは不明

HUAWEI P9liteは2枚のSIMを挿せるデュアルSIM仕様ですが、日本国内では3Gと4G LTEのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応していないため、1枚のSIMしか使えません。

HUAWEI P10LiteもnanoSIM×2枚のデュアルSIM仕様ですが、日本国内でのDSDSに対応するかは現時点では分かりません。

詳しい仕様に関しては、HUAWEIの正式発表待ちですね。


HUAWEI P10Liteの実機(レンダリング)画像

オランダのオンラインショップでは、HUAWEI P10Liteの鮮明なレンダリング画像が掲載されています。

その一部をこちらにも掲載しておきます。

huawei-p10-lite1

huawei-p10-lite2

huawei-p10-lite3

huawei-p10-lite4

huawei-p10-lite6

huawei-p10-lite7

huawei-p10-lite8

huawei-p10-lite10

huawei-p10-lite9


HUAWEI P10Liteの価格

HUAWEI P10Liteの価格は、オランダのオンラインショップでは約42,000円(349ユーロ)となっています。

HUAWEI P9liteのヨーロッパにおける販売価格は299ユーロだったので、150ユーロ上乗せされています。スペックも向上しているので仕方ない部分もありますね。

また、2017/3/16にマレーシアで発表されたHUAWEI P10Liteのマレーシアにおける価格は約33,000円(1,299リンギット)、2017/3/20にHUAWEIが正式発表後にイギリスで開始された予約の価格はオランダとほぼ同じ約42,000円(299ポンド)です。

日本におけるHUAWEI P9liteの価格は29,800円だったので、HUAWEI P10Liteは高くても35,000円程度に期待したいところです。


HUAWEI P10Liteの日本発売日

HUAWEI P10Liteの日本発売日は現時点では不明です。

ですが、HUAWEIの携帯電話部門の責任者であるケヴィン・ホー氏が「日本でもHUAWEI P10Liteを発売する」と述べているので、日本でHUAWEI P10Liteを購入できるようになるのは間違いないでしょう。


HUAWEI P10Liteまとめ

HUAWEI P10Liteは、マレーシアで発表されたスペックとオランダのオンラインショップが公開しているスペックを見る限りでは前モデルのP9liteからCPU、RAM、ROMといった基本的かつ重要な部分でしっかりスペックアップしているため、普段使いなら十分快適だったP9liteよりもさらにスムースで快適に使えそうです。

ただし、HUAWEI nova liteがRAMとROMが少ないもののCPUはP10Liteと同じで価格は20,000円前後なので、P10Liteが高いとP10Liteを選ぶメリットがあまりなくなってしまいます。

HUAWEI P10Liteの日本発売に関する正式発表と、価格などの続報を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る