Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




nuroモバイル(nuromobile)のキャンペーン情報と注意点まとめ【4月】

Posted on 4月 1, 2017

nuromobile-campaign1 このページでは、nuroモバイルのキャンペーン情報と注意点をまとめています。


【2017年4月】nuroモバイルはキャンペーンなし

現時点では、nuroモバイルはキャンペーンを開催していません。

新しいキャンペーンが始まった場合は、随時更新していきます。


【2017年4月】nuroモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

nuroモバイル以外の格安SIMでは、キャンペーンが開催されています。

2017年4月に開催されているキャンペーンでおすすめは、NifMoイオンモバイルです。


NifMoは、最大で20,000円キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です。
IMG_0008

さらに、当サイトからNifMoを契約するとキャッシュバックが増額され、最大21,200円となります。
IMG_0011

キャッシュバックされる金額は、SIM単体とスマホセットによって異なります。また、音声通話SIMかデータ通信SIMかによって、またプランによっても異なっています。

SIM単体
 データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話SIM
3GB3,200円
(200円増額)
3,200円
(200円増額)
5,200円
(200円増額)
7GB3,200円
(200円増額)
3,200円
(200円増額)
5,200円
(200円増額)
13GB3,200円
(200円増額)
3,200円
(200円増額)
15,200円
(200円増額)


SIM+スマホセット
 データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話SIM
3GB8,200円
(200円増額)
8,200円
(200円増額)
12,200円
(2,200円増額)
7GB8,200円
(200円増額)
8,200円
(200円増額)
13,200円
(3,200円増額)
13GB8,200円
(200円増額)
8,200円
(200円増額)
21,200円
(1,200円増額)


当サイトでNifMoの音声通話SIMとスマホをセットで契約すると、通常のキャッシュバックよりも最大3,200円増額されます。

また、キャッシュバック額が最も少ないSIM単体で契約のデータ通信SIMでも3,200円キャッシュバックされます。

NifMoは新規契約時に手数料が3,000円かかりますが、キャッシュバックで手数料をペイできるので得ですね。

さらにNifMoのSIMを単体で契約すると、キャッシュバックに加えて月額料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンも同時に適用されます。
nifmo-campaign24

最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMなら、事務手数料はキャッシュバックで実質ほぼ0円にしつつ3ヶ月無料で使えるのでノーリスクで試すことができます。


NifMoのサービスに関しては、提携するショップや飲食店で買い物・飲食したりアプリをインストールすることで、NifMoの月額料金を割引できる「NifMoバリュープログラム」が大きな特徴です。
nifmo-value-program102

NifMoバリュープログラムの詳細については、こちらをご覧ください。
NifMoバリュープログラムを試してみた。3GBプランが0円で運用可能です。

また、NifMoは通信速度が安定しているのもメリットです。

格安SIMは全体的に速度が遅い傾向があります。NifMoは昼間は他社格安SIMと同じで速度は落ちるものの、その他の時間帯は特に遅いということもなく快適に通信することができます。

さらに、NifMoは2016年9月27日より複数のNifMoのSIMで高速通信容量を共有できるNifMoファミリープログラムの提供を開始しました。
nifmo-family-program

NifMoファミリープログラムは容量をシェアできるだけでなく、ファミリープログラムのメンバーは容量が0.5GB増量されるのも他社の格安SIMにはない特徴です。

家族と一緒に、または1人でスマホとタブレットで格安SIMを使う場合は、NifMoのファミリープログラムを活用することで毎月の支払いを安くできる可能性が高いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
NifMoファミリープログラムとシェアプラン・おまとめボーナスの詳細まとめ

なお、NifMoは2017年6月より10分以内の通話がかけ放題になるサービスを開始します。
NifMoの通話定額「10分かけ放題」「NifMoでんわ」の特徴と注意点まとめ

格安SIMは、ドコモなどのような24時間完全かけ放題プランがないため通話料金が高くなりがちなのがネックですが、10分以内の通話が定額で利用できるようになるNifMoなら通話料金も安く済ませることができます。

また、一般的な格安SIMは音声通話SIMに1年間の最低利用期間を設定していることが多いですが、NifMoの音声通話SIMの最低利用期間は6ヶ月と短いので、音声通話SIMでも気軽に試せるのもメリットです。

キャッシュバックとSIM単体契約なら月額料金3ヶ月無料、NifMoバリュープログラムで実質料金を安くしつつ、今後は10分かけ放題で通話料金もかなり抑えることができるNifMoは、携帯電話料金にかかるトータルのコストをできる限り安くしたい人に最適です。

公式サイト
NifMo(SIM単体)

NifMo(端末セット)

メリット・デメリット・レビュー
NifMo ニフモの速度レビューと評価・メリット・デメリットまとめ【3月】

キャンペーン詳細
NifMo(ニフモ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【4月】




イオンモバイルは、新規契約時にかかる事務手数料3,000円が1円に割引されるキャンペーンを開催中です。
aeon-mobile-campaign106
イオンモバイルの特徴は、全プラン業界最安値水準である点です。

特に、30GB、40GB、50GBプランは他社に比べても圧倒的に安くなっています。

格安SIMは速度が遅いのがデメリットですが、イオンモバイルは12時台以外は体感でも特に遅く感じることなく通信できています。

格安SIMで大容量プランを使いたい場合は、イオンモバイルを軸に検討してみるといいでしょう。

また、イオンモバイルは、音声通話SIMの最低利用期間や解約金もないため気軽に試せるのもメリットです。

他にも音声通話SIMの最低利用期間や解約金がない格安SIMもありますが、それらは番号そのままで他社に乗り換える(MNP転入する)場合は10,000円程度のMNP転出手数料がかかるため、実質1年縛りとなっています。

対して、イオンモバイルはMNP転出時も180日(半年)以内は8,000円で、181日以降は3,000円とかなり良心的です。

データ通信SIMに関しては、もちろん他社の格安SIMと同じく最低利用期間・解約金ともありません。

試しに格安SIMを使ってみたいという場合は、事務手数料が1円で初期費用を安く済ませられるだけでなく最低利用期間やMNP転出手数料も他社に比べて良心的なイオンモバイルはおすすめです。

公式サイト
イオンモバイル

メリット・デメリット・レビュー
イオンモバイルSIM メリットデメリットレビューと評判総まとめ【3月】

キャンペーン情報
イオンモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【4月】


キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、上記2社も含めて検討してみることをおすすめします。


NifMoとイオンモバイル以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【4月17日】



nuroモバイルの特徴

最後に、nuroモバイルの特徴についてまとめておきます。

プランが1GB刻みで自分に合ったプランを選べる

nuroモバイルは、2GBから10GBまで1GB刻みでプランが提供されているのが特徴です。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB700円850円1,400円
3GB900円1,050円1,600円
4GB1,100円1,250円1,800円
5GB1,300円1,450円2,000円
6GB1,500円1,650円2,200円
7GB1,700円1,850円2,400円
8GB1,900円2,050円2,600円
9GB2,100円2,250円2,800円
10GB2,300円2,450円3,000円


また、1GB増えるごとに200円追加されるという分かりやすい料金体系になっています。

1GBで細かく分かれているため、自身の利用状況(通信量)に最適なプランを選びやすいのがメリットです。


全プラン業界最安値水準

nuroモバイルは全プランにおいて業界最安値水準で、毎月の携帯電話料金をかなり抑えることができます。

2GB、7GB、8GBプランについては、以前から業界最安値水準でSIMを提供しているDMMモバイルよりも安いです。


音声通話SIMは半年以上使うと他社の格安SIMよりも解約金が安い

nuroモバイルは、音声通話SIMの最低利用期間が1年間ですが、解約金は使った月が長いほど下がっていきます。
2017年4月に利用を開始した場合の解約金
2017年4月解約12,000円(残り12ヶ月 x 1,000円)
2017年5月解約11,000円(残り11ヶ月 x 1,000円)
2017年6月解約10,000円(残り10ヶ月 x 1,000円)
2017年7月解約9,000円(残り9ヶ月 x 1,000円)
2017年8月解約8,000円(残り8ヶ月 x 1,000円)
2017年9月解約7,000円(残り7ヶ月 x 1,000円)
2017年10月解約6,000円(残り6ヶ月 x 1,000円)
2017年11月解約5,000円(残り5ヶ月 x 1,000円)
2017年12月解約4,000円(残り4ヶ月 x 1,000円)
2018年1月解約3,000円(残り3ヶ月 x 1,000円)
2018年2月解約2,000円(残り2ヶ月 x 1,000円)
2018年3月解約1,000円(残り1ヶ月 x 1,000円)
2018年4月解約0円


特に残り6ヶ月(7ヶ月目)以降は他社の格安SIMに比べても解約金は安いので、必ず1年は使わないといけないわけでもありません。

音声通話SIMでも、もし気に入らなければ他社に気軽に乗り換えられるのは大きなメリットです。


nuroモバイルの主な特徴は上記の通りです。その他の特徴や注意点についてはこちらに詳しくまとめています。
nuroモバイル(nuromobile)の速度と使って分かったメリットとデメリットまとめ【3月】

公式サイト
nuro mobile




nuroモバイルの過去のキャンペーン情報

以下は、nuroモバイルの過去のキャンペーン情報です。


【過去分】nuroモバイルキャンペーン【2017年2月】5ヶ月700円値引キャンペーン

nuromobile-campaign1 nuroモバイルは、月額料金が5ヶ月間にわたり700円割引されるキャンペーンを開催中です。

【過去分】キャンペーン適用時の月額料金

5ヶ月700円値引キャンペーンが適用された場合の月額料金は以下の通りです。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB700円→0円850円→150円1,400円→700円
3GB900円→200円1,050円→350円1,600円→900円
4GB1,100円→400円1,250円→550円1,800円→1,100円
5GB1,300円→600円1,450円→750円2,000円→1,300円
6GB1,500円→800円1,650円→950円2,200円→1,500円
7GB1,700円→1,000円1,850円→1,150円2,400円→1,700円
8GB1,900円→1,200円2,050円→1,350円2,600円→1,900円
9GB2,100円→1,400円2,250円→1,550円2,800円→2,100円
10GB2,300円→1,600円2,450円→1,750円3,000円→2,300円


特にデータ通信SIMの2GBプランが5ヶ月間0円になるのは、試しに格安SIMを使ってみたい人にとっては大きなメリットですね。

公式サイト
nuro mobile


【過去分】キャンペーンが適用されるといつまで700円引きで使える?

5ヶ月700円値引キャンペーンが適用された場合に、具体的にいつまで割引料金でnuroモバイルのSIMを使えるかを見ていきます。

2017年2月に契約した場合、nuroモバイルは初月が無料なのでキャンペーン割引が適用されるのは2017年3月からです。

3月から5ヶ月間なので、2017年7月31日まで700円割引された月額料金でnuroモバイルを使うことができます。
nuromobile-campaign2

データ通信SIMの2GBであれば、月額料金が6ヶ月間0円ということになります。

キャンペーン自体は5ヶ月間ですが、初月の無料も含めれば6ヶ月間安いのでかなり得ですね。


【過去分】キャンペーン期間

5ヶ月700円値引キャンペーンの開催期間は以下の通りです。

2016年12月1日~2017年2月28日

この期間内にnuroモバイルを申し込めばキャンペーンが適用されます。


【過去分】キャンペーンの適用条件と注意点

5ヶ月700円値引キャンペーンは、適用される条件や注意点もあるので、以下にまとめておきます。


【過去分】データ通信SIM・音声通話SIMのどちらもキャンペーン対象
最低利用期間と解約金がある音声通話SIMだけでなく、最低利用期間がないデータ通信SIMもnuroモバイルの5ヶ月700円値引キャンペーンの対象です。

データ通信SIMならいつ解約しても解約金はかからなのでノーリスクです。

nuroモバイルを試してみたい場合は、音声通話SIMを新規契約したり他社からnuroモバイルにMNP転入で乗り換える前に、まずはキャンペーン期間中にデータ通信SIMを契約して使ってみるのがおすすめです。


【過去分】申し込みから12ヶ月後の月末までにnuroモバイルの利用を開始すること
nuroモバイルを申し込んでSIMが届き、12ヶ月間SIMを放置して使わなかった場合、5ヶ月700円値引キャンペーンは適用されません。

nuroモバイルを契約したにもかかわらず1年間使わずに放置することはまずないはずなので、この点は特に気にする必要はないでしょう。


【過去分】過去にnuroモバイルのキャンペーン特典を受けたことがある場合は対象外
これまでにnuroモバイルのキャンペーン特典を受けたことがある場合は、5ヶ月700円値引キャンペーンの対象外とのことです。

ですが、私が把握している限りではnuroモバイルのブランド名ではキャンペーンを実施したことはないはずなので、nuroモバイルに問い合わせてみました。

すると、現時点では詳細は分からないとのことで、折り返し連絡をもらうことになっています。連絡が来たらここに追記します。

2016/12/1 16:18追記
回答をもらいました。担当者によると、5ヶ月700円値引キャンペーンを利用してnuroモバイルのSIMを契約した後に、再度キャンペーン期間中に同じ名義でnuroモバイルを申し込んだ場合は5ヶ月700円値引キャンペーンが適用されないという意味とのことです。

つまり、キャンペーンが適用されるのは最初に契約したSIMのみです。注意しましょう。


【過去分】キャンペーン期間中に解約した場合、解約月は割引されない
5ヶ月700円値引キャンペーンの期間中にnuroモバイルを解約した場合、解約月はキャンペーンが適用されず+700円の通常料金が請求されます。

なお、nuroモバイルは解約日が月の途中であっても月額料金は満額かかります。ですが、解約手続き後も月末まで使えるので損はしません。
nuroモバイルの最低利用期間と解約金、解約方法や注意点まとめ


【過去分】0SIMとPrepaid SIMは対象外
nurモバイルの運営元であるソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているSIMに、0SIMPrepaid SIMがあります。

0SIMはひと月の通信量が500MB未満であれば月額料金が0円の格安SIMで、Prepaid SIMは先払いで事前の契約が不要のSIMです。

上記のSIMについては、5ヶ月700円値引キャンペーンの対象外となっている点に注意しましょう。


【過去分】nuroモバイルのキャンペーンまとめ

nuroモバイルは、元から月額料金も安いですが、キャンペーンが適用されることでさらに安く使えます。

特にデータ通信SIMの2GBプランは半年間無料なので、試しに格安SIMを使ってみたい人に最適です。

また、nuroモバイルは現時点では速度もしっかり出ていて快適に通信できる状況なので、速度重視の人にもおすすめです。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【4月17日最新実測】

nuroモバイルを検討中の場合は、5ヶ月700円値引キャンペーンをぜひ活用しましょう。

nuroモバイルのキャンペーン情報と注意点のまとめは以上です。


5ヶ月700円値引キャンペーンの適用条件と注意点は以上です。


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る