Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




OCNモバイルONEの6GB/20GB/30GBプランを他社格安SIMと比較。3日制限なしでコスパは高い

Posted on 1月 24, 2017

ocn-mobile-one-new-plan OCNモバイルONEは、2017年2月1日より5GBプランを6GBに増量し、さらに20GBと30GBプランを追加します。

ですが、OCNモバイルONEの新プランが他社の格安SIMに比べて高いのか、もしくは安いのか分からない人もいると思います。

そこでこのページでは、OCNモバイルONEの新プランと他の格安SIMのプランを比較します。


2017年2月1日以降のOCNモバイルONEのプラン一覧

プランの料金比較の前に、まずは2017年2月1日以降のOCNモバイルONEのプランをまとめておきます。
 データ通信専用SIMデータ通信専用SIM+SMS音声対応SIM最大通信速度
(受信時)
110MB/日コース900円1,020円1,600円150Mbps
170MB/日コース1,380円1,500円2,080円
3GB月コース1,100円1,220円1,800円
6GB/月コース1,450円1,570円2,150円
10GB/月コース2,300円2,420円3,000円
20GB/月コース4,150円4,270円4,850円
30GB/月コース6,050円6,170円6,750円
500kbpsコース(15GB/月)1,800円1,980円2,500円500kbps


OCNモバイルONEは2017年1月31日までは5GBプランを提供していますが、2月1日から5GBから1GB増量されて6GBプランに変わります。

そのため、2月1日以降は5GBプランはなくなります。

対して、20GBプランと30GBプランは元プランから増量されたものではなく完全に新しいプランとなっています。


現在5GBプラン契約中なら2/1より自動で6GBに変更

先ほども触れたとおり、OCNモバイルONEの6GBプランは5GBプランが1GB増量されたプランなので、2017年2月になると5GBプランはなくなってしまいます。

それでは、2017年1月31日時点で5GBプランを契約している場合、2月以降はどうなるのでしょうか?

答えは、自動で6GBプランに変更されます。特別な手続きは一切不要で、2月になったら自動的に1GB増量されるので安心ですね。


自宅の光回線のプロバイダがOCNなら月額料金が200円割引

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

NTTコミュニケーションズが提供する代表的なサービスに、インターネットプロバイダの「OCN 光」があります。そして、同じNTTコミュニケーションズが提供するサービスであるOCNモバイルONEとONE 光セットで使うことで、特典を受けられます。

具体的には、自宅の光回線のプロバイダがOCNならOCNモバイルONEが200円割引になります。

自宅のインターネットプロバイダがどこか分からない場合はまず確認してみて、OCN 光を契約していればOCNモバイルONEをメインに検討するといいでしょう。


OCNモバイルONEの6GBプランを他社の格安SIMと比較

OCNモバイルONEの6GBプランの料金を、他社格安SIMの6GBプランと比較します。
 BIGLOBE
SIM
IIJmionuro
モバイル
OCN
モバイル
ONE
イオンモバイル
高速通信容量6GB6GB6GB6GB6GB
データ専用SIM料金1,450円1,520円1,500円1,450円1,480円
SMS+120円+140円+150円+120円+140円
SMS対応SIM料金1,570円1,660円1,650円1,570円1,620円
音声通話+700円+700円+700円+700円+500円
音声通話SIM料金2,150円2,220円2,200円2,150円1,980円


OCNモバイルONEは、データ通信SIMでBIGLOBE SIMと並んで業界最安値となっています。

音声通話SIMについては、イオンモバイルの次に安い料金設定であることが分かります。

上記の通り、OCNモバイルONEの6GBプランは業界最安値水準です。


OCNモバイルONEの20GBプランを他社の格安SIMと比較

次に、OCNモバイルONEの20GBプランの料金を他社格安SIMの20GBプランと比較します。
 DMM
モバイル
DTI
SIM
FREETELOCN
モバイル
ONE
イオン
モバイル
エキサイト
モバイル
楽天
モバイル
高速通信容量20GB20GB20GB20GB20GB20GB20GB
データ専用SIM料金4,980円4,850円4,870円4,150円4,480円4,750円4,050円
SMS+150円+150円+140円+120円+140円+140円+120円
SMS対応SIM料金5,130円5,100円5,010円4,270円4,620円4,890円4,170円
音声通話+700円+700円+700円+700円+700円+700円+700円
音声通話SIM料金5,980円5,550円5,570円4,850円4,980円5,450円4,750円


OCNモバイルONEは、データ通信SIM・音声通話SIMともに楽天モバイルに次ぐ2番目の安さとなっています。

また、その差額も100円なので最安値水準と言って差し支えないでしょう。


OCNモバイルONEの30GBプランを他社の格安SIMと比較

最後に、OCNモバイルONEの30GBプランの料金を他社格安SIMの20GBプランと比較します。
 FREETELOCN
モバイル
ONE
イオン
モバイル
エキサイト
モバイル
楽天
モバイル
高速通信容量30GB30GB30GB30GB30GB
データ専用SIM料金6,980円6,050円6,480円6,980円5,450円
SMS+140円+120円+140円+140円+120円
SMS対応SIM料金7,120円6,170円6,620円7,120円5,570円
音声通話+700円+700円+500円+700円+700円
音声通話SIM料金7,680円6,750円6,980円7,680円6,150円


OCNモバイルONEは30GBプランでもデータ通信SIM・音声通話SIMともに楽天モバイルに次ぐ2番目の安さとなっています。

価格差は600円とそこそこ大きいので、楽天モバイルの安さが際立っています。


OCNモバイルONEの新プランは30GBプランについては楽天モバイルに大きく差をつけられているものの、3つともトップ2に入る安さでコストパフォーマンスは高いです。

また、自宅の光回線のプロバイダがOCNならさらに200円安くなるのもポイントです。


OCNモバイルONEの6GB/20GB/30GBプランは3日制限がないので使い勝手は良い

格安SIMで気を付けないといけないのが3日間の使い過ぎによる速度制限、いわゆる3日制限です。

3日制限がある格安SIMの場合、ひと月に使える高速通信容量が余っていても3日間の基準値を超えると最大速度が200kbpsの低速に制限されてしまいます。

例えば、楽天モバイルは20GBと30GBでは3日制限はないものの、3.1GBプランでは540MB、5GBプランでは1GB、10GBプランでは1.7GBの通信を3日間で行うと200kbpsに制限されます。

楽天モバイルの3.1GBプランと5GBプラン、10GBプランを契約している場合、常に直近3日間の通信量を気にしながら利用する必要があります。これが意外にストレスで、楽天モバイルアプリのレビューでも3日制限をなくしてほしいという要望が多く上がっています。
rakuten-mobile-speed-restriction2

対して、OCNモバイルONEは6GB、20GB、30GBを含むすべてのプランで3日制限が設定されていないため、短期間で一気に通信してしまったとしても安心です。3日間の合計通信量を気にする必要ももちろんありません。

3日制限の観点からも、OCNモバイルONEは使い勝手の良い格安SIMです。


OCNモバイルONEの最大のデメリットは通信速度の遅さ

OCNモバイルONEは、上記の通り新プランの料金は安く3日制限もないので使い勝手は良いのですが、最大のデメリットがあります。

それは通信速度の遅さです。

当サイトでは、2015年7月より毎月格安SIMの通信速度の比較を実施しています。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【7月3日最新実測】

通信速度比較のページを見ると分かる通り、OCNモバイルONEは比較開始当初から他社の格安SIMと比べて遅く、体感でも遅く感じることもあります。

2017年2月から大容量のプランが追加されることで、これまでよりもさらにたくさん通信する人が増えることはほぼ間違いなく、そうすると回線が混み合って速度が低下するのは避けられません。

20GBや30GBプランを契約して動画などある程度の通信速度が必要なアプリ・サービスを利用する予定の場合、OCNモバイルONEだと動画が途中で止まって快適に視聴できないといったリスクがあります。

このような使い方を検討している人は、OCNモバイルONEを実際に使った人の評価が出てくるまで契約は待った方がいいでしょう。なお、大容量のプランがある格安SIMの中である程度速度が出ているのは現時点ではエキサイトモバイルイオンモバイルです。

また、20GBプランに限っていえばDMMモバイルDTI SIMもそこそこ速度は出ています。

ちなみに、上記の格安SIMの中でエキサイトモバイルとイオンモバイル、DMMモバイルはすべてIIJmioの回線を使っているので、速度はほぼ同じ水準となります。

この4社は速度が落ちる昼間に動画を視聴するのは厳しいですが、昼間以外なら動画でもあまり止まることなく視聴することができるので、OCNモバイルONEと合わせて検討してみるといいでしょう。


まとめ。OCNモバイルONEの速度改善に期待

OCNモバイルONEの新プランは、料金が安く3日制限もないのは評価できるものの通信速度の遅さが本当に残念です。

OCNモバイルONEには、新プランの追加と合わせて大規模な回線増強の実施に期待したいところです。また、増強による速度改善が一時的なものではなく、継続して快適に通信できる速度を維持してほしいですね。

OCNモバイルONEの6GB/20GB/30GBプランの他社格安SIMとの比較は以上です。

公式サイト
OCNモバイルONE

特徴やレビューなど
OCNモバイルONEの速度や実際に使ってみた評価レビュー【6月】

キャンペーン情報
OCNモバイルONEのキャンペーン情報と注意点まとめ【7月】


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る