DTI SIMの速度レビュー・評価とメリットとデメリットを徹底解説【9月】

dti-sim-logo
このページでは、DTI SIMのメリットとデメリットをまとめ、評価・レビューしています。

目次


DTI SIMとは

「DTI SIM」は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営している格安SIMです。

以前は「ServersMan SIM」というSIMを扱っていましたが、2015年10月1日よりトーンモバイル株式会社に移管されました。

そのため、「DTI SIM」は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが2015年の9月にリリースした格安SIMとなります。

DTI SIMは、全プラン最安値水準の月額料金でSIMを提供しており、3GBプランは業界最安値水準の維持を宣言しているDMMモバイルより安いなどコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

さらにDTI SIMは、2016年5月25日より月額2,200円で制限なくLTE通信が利用できるプラン「ネット使い放題」の提供を開始しました。
DTI SIM LTE定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と注意点まとめ

これにより、DTI SIMは電話のかけ放題とネットの使い放題のプランをどちらもそろえる国内唯一の格安SIMとなっています。
dti-sim-double-hodai
公式サイト
DTI SIM


DTI SIMの手数料と料金表

まずはDTI SIMの手数料と料金プランについて。

料金プラン

プラン名高速通信容量データ通信SIMデータ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
1GB1GB600円750円1,200円
3GB3GB840円990円1,490円
5GB5GB1,220円1,370円1,920円
10GB10GB2,100円2,250円2,800円
15GB15GB3,600円3,750円4,300円
20GB20GB4,850円5,100円5,550円
ネット使い放題無制限2,200円2,350円2,900円

なおDTI SIMは、2016年7月1日よりデータ通信SIMの3GBプランが半年間無料で利用できる「半年お試しプラン」を、音声通話SIM 3GBプラン+5分以内かけ放題(月額780円)が半年間1,480円で利用できる「でんわ定額プラン」の提供を開始しています。


料金プランの変更

無料でDTI ユビキタスプロバイダ | My DTIログインから可能。プラン変更の手続きができるのはひと月に1回のみ。

毎月25日までに変更手続きすれば翌月より変更後のプランが適用される。

プラン変更方法はこちらにまとめています。
DTI SIMのプラン変更・解約方法と解約金注意点まとめ

契約事務手数料

3,000円

契約事務手数料を含む、DTI SIMの新規契約時やMNP転入時にかかる初期費用の詳細はこちら。
DTI SIMの初期費用・契約事務手数料と初月料金(日割り)まとめ

最低利用期間

データ通信専用SIM:なし

音声対応SIM:利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月を経過した月の末日まで

DTI SIMの利用開始日についての詳細はこちら。
DTI SIMの利用開始日・課金開始日と注意点【新規・MNP転入別】

解約手数料

データ通信専用SIM:なし

音声通話対応SIM:上記の最低利用期間内に解約した場合9,800円

解約方法・注意点

解約はDTI ユビキタスプロバイダ | My DTIログインから手続き可能。

毎月25日までに解約手続きをすればその月の月末で解約となる。26日以降の解約手続きは翌月末日に解約となる。

解約月は月末まで利用可能。MNP転出時は手続き完了後 即日利用できなくなる。

DTI SIMの解約手順はこちらをご覧ください。
DTI SIMのプラン変更・解約方法と解約金注意点まとめ

MNP転出手数料

5,000円

SMS料金

月額150円

日本国内への送信:3円~30円/通
海外への送信:50円/通(免税)
海外での送信:100円/通(免税)
受信:0円/通

通話料金(音声通話付きSIM)

20円/30秒

通話関係オプション

留守番電話:月額300円
キャッチホン:月額200円

高速通信容量の追加料金

380円/500MB
600円/1GB

SIM+スマホセット販売

なし

対応SIMサイズ

標準SIM:○
micro SIM:○
nano SIM:○

SIMの複数枚対応

なし

SIM再発行手数料

SIMカード1枚につき3,000円

SIMカードサイズ変更手数料

SIMカード1枚につき3,000円

SIMカード交換手数料

SIMカード1枚につき3,000円

SIMカード再発送手数料

SIMカード1枚につき1,500円

高速通信時の最高速度

ダウンロード(下り):225Mbps
アップロード(上り):50Mbps

低速通信時の最高速度

最大200kbps

高速通信時の速度制限

  • 1GBプラン:連続する3日間で700MB以上利用で速度制限を行う場合あり。

  • 3GBプラン:連続する3日間で2GB以上利用で速度制限を行う場合あり。

  • 5GBプラン:連続する3日間で3GB以上利用で速度制限を行う場合あり。

  • ネット使い放題プラン:なし


  • 低速通信時の速度制限

    なし。

    高速通信容量の繰り越し

    可能。

    公衆無線LAN

    なし。


    DTI SIMのメリット(良い点)

    まずは、DTI SIMのメリットについてです。

    各プラン業界最安値クラス

    DTI SIMの最大の特徴は、各プランの月額料金が業界最安値クラスであることです。

    DTI SIMの1GBプランはデータ通信SIM(SMSなし)が600円で、最安のDMMモバイルが590円と10円しか差がありません。また、1GBのデータ通信SIM(SMSあり)も最安のDMMモバイルと10円差となっています。

    音声通話SIMにおいては、DMMモバイルをおさえて業界最安です。

    主要格安SIMの1GBプランの月額料金
     BIG
    LOBE
    SIM
    DMM
    mobile
    DTI
    SIM
    mi
    neo
    Nif
    Mo
    U-
    mo
    bile
    エキサイトモバイル
    プラン名音声通話スタートプラン1GB1GB1GB1.1GBプラン1GB1GB
    最大受信速度225
    Mbps
    225
    Mbps
    225
    Mbps
    225
    Mbps
    150
    Mbps
    150
    Mbps
    225
    Mbps
    高速通信容量1GB1GB1GB1GB1.1GB1GB1GB
    データ専用SIM料金なし480
    600
    800
    640
    790
    670
    SMSなし+150
    +150
    +120
    +150
    +150
    +140
    SMS対応SIM料金なし630
    750
    920
    790
    940
    810
    音声通話-+780
    +600
    +700
    +700
    なし+700円
    音声通話SIM料金1,400
    1,260
    1,200
    1,500
    1,340
    なし1,370円


    3GBプランについては、DTI SIMがデータ通信SIM(SMSなし)で840円、データ通信SIM(SMSあり)で990円、音声通話SIMで1,490円とDMMモバイルよりも10円安く業界最安値となっています。

    全プラン業界最安値水準を宣言しているDMMモバイルも、DTI SIMに対抗して近いうちにDTI SIMよりもさらに安くしてくるのは間違いないと思いますが、DMMモバイル以外の格安SIMと比べるとDTI SIMの安さは目立っています。

    主要格安SIMの3GBプランの月額料金
     BIG
    LOBE
    SIM
    DMM
    mob
    ile
    DTI
    SIM
    IIJ
    mio
    mi
    neo
    Nif
    Mo
    OCN
    モバイル
    ONE
    U-
    mob
    ile
    エキサイトモバイル楽天モバイル
    高速通信容量3GB3GB3GB3GB3GB3GB3GB3GB3GB3.1
    GB
    データ専用SIM料金900
    850
    840
    900
    900
    900
    1,100
    なし900
    900
    SMS+120
    +150
    +150
    +140
    +120
    +150
    +120
    なし+140
    +120
    SMS対応SIM料金1,020
    1,000
    990
    1,040
    1,020
    1,050
    1,220
    なし1,040
    1,020
    音声通話+700
    +650
    +650
    +700
    +700
    +700
    +700
    -+700
    +700
    音声通話SIM料金1,600
    1,500
    1,490
    1,600
    1,600
    1,600
    1,800
    1,580
    1,600
    1,600


    5GBプランについては、DTI SIMがデータ通信SIM(SMSなし)で1,220円、データ通信SIM(SMSあり)で1,370円、音声通話SIMで1,920円とDMMモバイルにデータ通信SIMでは10円高いものの、音声通話SIMではDTI SIMの方が50円安く最安となっています。

    主要格安SIMの5GBプランの月額料金
     DMM
    mobile
    DTI
    SIM
    IIJ
    mio
    mi
    neo
    Nif
    Mo
    OCN
    モバイル
    ONE
    U-
    mob
    ile
    楽天モバイル
    プラン名5GB5GBライトスタートプラン5GBプラン5GBプラン5GB/月コース5GB5GBパック
    最大受信速度225
    Mbps
    225
    Mbps
    225
    Mbps
    225
    Mbps
    150
    Mbps
    150
    Mbps
    150
    Mbps
    150
    Mbps
    高速通信容量5GB5GB5GB5GB5GB5GB5GB5GB
    データ専用SIM料金1,210
    1,220
    1,520
    1,580
    1,600
    1,450
    1,480
    1,450
    SMS+150
    +150
    +140
    +120
    +150円+120
    +150
    +120
    SMS対応SIM料金1,360
    1,370
    1,660
    1,700
    1,750
    1,570
    1,630
    1,570
    音声通話+700
    +700
    +700
    +700
    +700
    +700
    +500
    +700
    音声通話SIM料金1,910
    1,920
    2,220
    2,280
    2,300
    2,150
    1,980
    2,150


    2016年5月25日より提供が始まった定額無制限プランの「ネット使い放題」については、DTI SIMがデータ通信SIM(SMSなし)で2,200円、データ通信SIM(SMSあり)で2,350円、音声通話SIMで2,900円とb-mobileの高速定額に次ぐ安さとなっています。

    主要格安SIMの定額無制限プランの月額料金
     DTI SIM
    ネット使い放題
    U-mobile
    LTE使い放題
    ぷららモバイルLTE
    定額無制限プラン
    b-mobile
    高速定額
    データ通信SIM
    (SMSなし)
    2,200円2,480円2,760円1,980円
    データ通信SIM
    (SMSあり)
    2,350円2,630円2,910円-
    音声通話SIM2,900円LTE使い放題
    2,980円

    LTE使い放題2
    2,730円
    3,460円2,780円
    最大受信速度225Mbps225Mbps3Mbps225Mbps

    上記の通り、DTI SIMはすべてのプランにおいてほぼ業界最安値クラスで提供しているため、格安SIMでなるべく月々の維持費を安く済ませたいという人にはDMMモバイルと並んで最適なSIMとなっています。

    また、格安SIMで思う存分通信したいという人にも、「ネット使い放題」があるDTI SIMはおすすめです。


    格安の月額料金でデータ量の上限なくインターネットを利用できるプランが選べる

    DTI SIMは、2016年5月25日より定額で無制限にインターネットが利用できる「ネット使い放題」プランの提供を開始しました。
    dti-sim-data-unlimited11
    一般的な格安SIMは、1GBや3GBなどひと月に使える高速通信容量に上限があるプランを提供している場合がほとんどで、上限なく通信できるプランを提供している格安SIMはわずかしかありません。

    DTI SIMのネット使い放題プランは、その少数派の定額無制限プランでかつ月額料金は安い部類に入ります。

    格安SIMで通信量を気にせず動画の視聴などを楽しみたいなら、DTI SIMのネット使い放題を検討してみるといいでしょう。

    2016/11/16追記
    DTI SIMのネットつかい放題は、1GB/3GB/5GBプランに比べると速度が出ません。Youtubeの動画を観ていると途中で止まってしまうこともあるので、動画視聴目的の人はネットつかい放題は選ばないようにしましょう。

    DTI SIMのネット使い放題の特徴や注意点などは、こちらに詳しくまとめています。
    DTI SIM LTE定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と注意点まとめ

    なお、同じ無制限プランならDTI SIMよりも速度が出ているU-mobile Premiumの方がおすすめです。U-mobile Premiumの詳細はこちらをご覧ください。

    U-mobile「U-mobile PREMIUM」速度レビューと注意点まとめ。IIJmioの回線を利用したMVNO。


    5分以内の通話なら回数に制限なく定額で電話をかけられるオプションで通話料を節約できる

    DTI SIMは、上記のネット使い放題と同時に5分以内の通話なら定額でかけ放題の「でんわかけ放題」の提供も開始しました。
    dti-sim-flat-rate-calling11
    DTI SIMのでんわかけ放題と似たサービスに、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」があります。
    楽天モバイル「5分かけ放題オプション」の詳細と注意点まとめ

    DTI SIMのでんわかけ放題と楽天モバイルの5分かけ放題オプションは、どちらも5分以内の通話なら回数制限なくかけ放題という内容では全く同じですが、仕組みは大きく異なります。

    簡単に言えば、楽天モバイルは専用のアプリから電話をかける必要があったり通話品質が劣化する場合があるのに対し、DTI SIMは専用のアプリは不要で通話品質もキャリアであるドコモと全く同じのため、使い勝手や使いやすさはDTI SIMのでんわかけ放題の方が上です。

    詳しくはこちらにまとめているのでご参考ください。
    DTI SIM「でんわかけ放題」の詳細と注意点まとめ。5分以内の通話が定額。

    格安SIMでも通話をたくさんしたいなら、DTI SIMは候補に入れて検討することをおすすめします。


    データ通信SIMの3GBプランが半年間0円で、通話SIMも3GBが半年間割引されるプランが得

    DTI SIMは、2016年7月1日から3GBプランが半年間無料で利用できるプラン「半年お試しプラン」をより開始しました。
    dti-sim-trial-plan1
    「半年お試しプラン」は、データ通信SIMの3GBプランがSMS機能ありでも半年間は無料で利用できるプランです。

    3GBプランを半年間無料で利用できるプランを提供しているのはもちろんDTI SIMだけで、現時点では他社で同じようなプランやキャンペーンは提供されていません。

    DTI SIMのデータ通信プランは最低利用期間や違約金がかからないため、無料期間内に解約しても問題ありません。

    「半年お試しプラン」は、完全なノーリスクで格安SIMを利用できるので、試しに格安SIMを使ってみたいという人に最適なプランです。

    「半年お試しプラン」の詳細はこちらをご覧ください。
    DTI SIM「半年お試しプラン 3GB」の料金詳細と注意点まとめ


    また、DTI SIMは音声通話SIMについても、高速通信容量3GB+「でんわかけ放題」のセットで半年間1,480円で利用できる「でんわ定額プラン」を同日より提供開始しています。
    dti-sim-calling1
    「でんわ定額プラン」も他社格安SIMの音声通話プラン3GBに比べて圧倒的に安く、コストパフォーマンスは非常に高くなっています。

    「でんわ定額プラン」についてはこちらに詳しくまとめています。
    DTI SIM「でんわ定額プラン 3GB」の料金など詳細と注意点まとめ。


    DTI SIMは、上記プラン以外の通常プランについても業界最安値クラスで提供されているため、半年間の無料期間や割引期間が終了後も安い月額料金で利用することができるのもメリットです。


    YouTubeとTwitterが使い放題の「DTI 見放題 SIM」

    DTI SIMは、2017年5月26日からYouTubeとTwitterが使い放題(カウントフリー)のプラン「DTI見放題SIM」の提供を開始しました。

    DTI見放題SIMは、仮にひと月に使える高速通信容量を使い切ってしまったとしても、カウントフリー対象のYouTubeとTwitterは引き続き高速通信で利用できるのも大きなメリットです。

    現時点でYouTubeが見放題のプランがある格安SIMはまだ少ないので、通信量を気をにせずYouTubeを観たい人はDTI SIMも選択肢に入れてみるといいと思います。

    なお、DTI見放題SIMはSIM単体とWi-Fiルーターとのセットから選べますが、Wi-Fiルーターとのセットで契約すると24ヶ月間の最低利用期間と利用期間に応じた解約金がかかるので、試しに使ってみたい場合はSIM単体での契約をおすすめします。

    DTI見放題SIMの詳細はこちら。
    DTI SIMのYouTubeとTwitterが無制限「DTI 見放題 SIM」の特徴と注意点まとめ


    ポケモンGOを利用時に発生する通信量をカウントしないプランがある

    DTI SIMは、ポケモンGO専用プランとして「DTI SIM ノーカウント」を提供しています。

    「DTI SIM ノーカウント」は、ポケモンGOアプリを利用時に発生する通信量を高速通信容量としてカウントしないのが特徴です。

    また、「DTI SIM ノーカウント」には5GB分の高速通信容量が含まれており、月額料金も5GBプランと全く同じです。

    例えば、「DTI SIM ノーカウント」でYoutubeを5GB分視聴した場合、高速通信容量としてカウントされるため残量は0GBとなり低速に制限されます。

    「DTI SIM ノーカウント」でポケモンGOを5GB分プレイした場合、高速通信容量としてカウントされないため残量は5GBになります。

    ポケモンGOを通信量を気にせず遊びたい場合は、「DTI SIM ノーカウント」を検討してみるといいでしょう。

    「DTI SIM ノーカウント」の詳細と注意点はこちらをご覧ください。
    DTI SIM ノーカウントの特徴と注意点。ポケモンGOの通信量無料


    MNP転入でDTI SIMに乗り換える際に不通期間(空白期間)がない

    DTI SIMは、MNP転入で番号そのままDTI SIMに乗り換える際に、通話や通信が利用できない期間がほぼなくなるサービスの提供を2016年3月22日より開始しました。

    格安SIMの中には、MNP転入で新規申し込み後に現在利用している通信事業者のSIMで通話や通信が一切利用できなくなり、新しいSIMが届くまでの2~3日間は電話が使えない状態になるものもあります。

    DTI SIMも以前は数日間の不通期間(空白期間)がありましたが、今回即日MNPに対応したことで電話が利用できない期間がほぼなく乗り換えることができるようになりました。

    仕事などで携帯電話が使えない期間があると困るという人でも、DTI SIMならそのような心配も必要なくスムースに乗り換えられますね。

    DTI SIMに即日MNP転入するための詳細な手順はこちらにまとめています。
    DTI SIMがMNPの即日開通に対応。不通期間なくMNPする手順まとめ。

    また、大手キャリアと主要格安SIMのMNP転出方法と連絡先などが不明な場合は、こちらを参照してください。
    格安SIMのMNP転入が自宅で即日開通可能なMVNO比較

    当月余ったパケット(高速通信容量)を繰り越すことができる

    主要な格安SIMのほとんどで、当月に余った高速通信容量を翌月に繰り越すことができます。翌月に繰り越すことで、余ったパケットを捨てずに翌月に有効活用できます。

    DTI SIMはこの余った高速通信容量の翌月繰り越しができませんでした。また、高速通信容量を使い切った後に追加でパケットを購入できますが、購入したパケットも翌月への繰り越しには対応していない状況でした。

    ですが、DTI SIMも2016年5月1日より余ったパケットの翌月繰り越しに対応しました。当月余って繰り越した高速通信容量の利用期限は翌月末日までとなっています。

    また、DTI SIMは2016年4月29日より3日間の使い過ぎによる速度制限の基準を大幅に緩和しました。そのため、翌月に繰り越すパケットが大量にあって短期間で一気に使っても、使い過ぎによる制限にかかりにくくなり無駄なく使い切ることができます。

    繰り越しに関するDTI SIMと他社格安SIMの比較は以下をご覧ください。
    DTI SIMの速度切り替え(低速)と速度制限と繰り越しの有無まとめ


    12時台も速度が速く快適に通信できる【現在はそこまで速くない】

    格安SIMのデメリットとしてよく言われるのが通信速度の遅さです。

    DTI SIMは3GBプランの月額料金が半年間割引される新プランにより契約者が一気に増え速度が落ちる可能性があるものの、快適に通信できる速度が出ています。

    特に、DTI SIMは他社の格安SIMの速度が落ちる12時台においても1Mbps以上の速度を維持しているのは評価できます。
    ※2017年2月時点では12時台の速度は落ちています。他社に比べて特別速いというわけではありませんが、12時台以外は体感で遅く感じることなく使えています。

    また、他社格安SIMの中にはスピードテストアプリで計測するときだけ速度が出るように調整し、スピードテストアプリ以外のアプリでは速度が出ないようにする「スピードテストブースト」を行っているものもありますが、DTI SIMはスピードテストアプリとそれ以外のアプリの速度に差もないため、安心して利用することができます。
    dti-sim-app-speed-5.9

    DTI SIMを含む主要格安SIMの速度比較はこちらをご覧ください。
    格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】

    DTI SIMのデメリット(注意点)

    DIT SIMには料金の安さという大きなメリットがありますが、同時にデメリットもあるので以下にまとめておきます。

    3日間の使い過ぎによる速度制限の基準が厳しい【2016年4月29日より緩和】

    格安SIMの多くは、3日間である一定以上通信すると速度が200kbpsの低速に制限されるといったルールがあります。

    主要格安SIMの3日間の使い過ぎによる制限は以下の通りです。
     高速通信時の3日間の使い過ぎによる速度制限低速通信時の3日間の使い過ぎによる速度制限規制後の通信速度制限確率
    b-mobileなし
    ※1 ファイル交換(P2P)アプリに制限をかける場合あり
    ※2 大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信は時間帯によって制限をかける場合あり
    あり
    3日間で366MB
    不明
    制限する場合がある
    BIGLOBE SIMなしなし--
    DMMモバイルなしあり
    3日間で366MB
    不明
    制限する場合がある
    DTI SIMなしなし--
    IIJmioなしあり
    3日間で366MB
    不明
    制限する場合がある
    mineo
    (ドコモプラン)
    なしなし--
    NifMoあり
    ※3GB/5GB/10GBプランは3日ではなく1日制限

    1.1GBプラン:250MB
    3GBプラン:650MB
    5GBプラン:1,100MB
    10GBプラン:2,200MB
    なし200kbps
    確実に制限
    OCN モバイル ONEなしなし--
    U-mobileあり
    制限される基準値は不明。回線が混み合った場合は全てのユーザーに等しく制限をかける場合あり。
    なし不明
    制限する場合がある
    エキサイトモバイルなしあり
    3日間で366MB
    不明
    制限する場合がある
    楽天モバイルなしなし-
    確実に制限

    DTI SIMも主要な格安SIMと同様使い過ぎによる制限はあり、制限は若干厳しめです。

    1GBプランは、連続する3日間で366MB以上利用で速度制限を行う場合があり、3GB・5GBプランは連続する3日間で1GB以上利用で速度制限を行う場合があります。

    主要な格安SIMの中では楽天モバイルが制限がきつめですが、その楽天モバイルよりもDTI SIMの方が厳しい基準となっています。

    2016/4/29追記
    2016年4月29日より、3日制限の基準が緩和されました。
    1GBプラン:700MB
    3GBプラン:2GB
    5GBプラン:3GB


    この変更により、DTI SIMは3日制限が特に厳しいということはなくなりました。

    また、2016年5月25日より提供が始まった定額無制限プラン「ネットつかい放題」は、3日制限が一切ありません。

    1日で他のユーザーに影響が出るほどの大量な通信を行うと、その日1日は速度が200kbps以下に制限される場合がありますが、翌日0:00になったら制限は解除されるので特に問題はないと思っておいていいでしょう。



    格安SIMの速度制限は、「制限する場合がある」と「確実に制限する」の2通りありますが、DTI SIMの場合は「制限する場合がある」なので既定の通信量を超えたら必ず制限されるわけではないように受け取れます。

    とはいえ、「制限する場合がある」格安SIMでも使いすぎればかなり高確率で速度制限が発動するので、ほぼ100%速度が遅くなると思っておいた方がいいでしょう。

    なお、連続する2日間で速度制限発動の基準値の7割を超えた場合はDTI SIM申し込み時のメールアドレス宛にメールが送られてくるので、そこから通信量を節約すれば速度制限を未然に防ぐこともできます。

    日によって通信量に大きな差があり、時には大量に通信することがあるという人でDTI SIMを検討している場合は、使い過ぎによる制限には注意しておく必要があります。


    高速と低速の切り替え機能がない

    主要な格安SIMでは、高速通信と低速通信の手動切り替え機能があるものが多いです。高速から低速に切り替えても問題なく通信できるアプリを低速通信で利用することで、高速通信の容量の消費を防ぐことができます。

    低速通信時はほとんどのSIMが最速でも200kbpsまで速度が制限されますが、200kbpsでも問題なく利用できるアプリは意外に多いです。

    ・メール、SMS、LINE
    ・テキストがメインのウェブページの閲覧
    ・radiko
    ・Facebookアプリ(画像の表示に時間がかかる場合あり)
    ・Googleマップ
    ・音楽ストリーミング再生(低音質で曲をスキップさせなければOK)

    これらは200kbpsでも普通に使えます。逆に、Youtubeなどの動画視聴や音楽ストリーミング時の曲スキップは利用できない可能性が高いです。

    格安SIMの速度が200kbps時に実際にアプリを使って通信した様子を記録した動画や検証はこちらを参照してください。
    格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

    DTI SIMは、残念ながら現時点では高速と低速を手動で切り替える機能がありません。現在格安SIMですでに低速を有効活用している場合、DTI SIMに変えると不都合な部分も出てくるはずなので注意しましょう。


    DTI SIM解約時はSIMの返却が必須。未返却の場合3,000円かかる

    DTI SIMは解約時にSIMの返却が必要になります。DTI SIM解約時の手続きの流れは以下の通りです。

    1.DTI ユビキタスプロバイダ | My DTIログインからログインして解約の手続きを実施。解約手続きの注意点は解約方法・注意点を参照。

    2.後日DTIからSIM返却キットが送られてくるので、キットにSIMを入れて返送する。返送先はこちらです。

    〒847-0083
    佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 フリービット株式会社内
    株式会社ドリーム・トレイン・インターネット カスタマーサービス行

    DTI SIMの解約の流れはこれだけです。手間もほぼかかりませんが、SIM返却キットに解約したSIMを入れて返送しなかった場合、SIM紛失手数料として3,000円請求される点には注意が必要です。

    また、SIMの返却期限は解約成立日の翌々月25日までです。25日が土日祝日、またはDTI指定の休日の場合はその前日までに返却されていなければ3,000円請求されます。

    DTI SIMの解約にかかるSIM返却の詳細はこちらを参照してください。
    機器返却先一覧|会員サポート|【dream.jp】

    解約手続きだけ行って安心しないように注意しましょう。

    DTI SIMの解約時の注意点や手続き方法はこちらにまとめています。
    DTI SIMのプラン変更・解約方法と解約金注意点まとめ


    公式アプリがない

    格安SIMの中には、公式アプリをリリースしているものもあります。

    公式アプリでは、高速と低速の切り替えだけでなく通信した量や残容量、過去の請求額を確認することができます。

    DTI SIMは、現時点では残念ながら公式アプリがありません。そのため、DTI SIMの通信量や請求額を確認するにはその都度My DTIにログインする必要があります。
    DTI ユビキタスプロバイダ | My DTIログイン

    また、DTI SIMはMy DTIでも今月消費した通信量や直近3日間の通信量の確認ができないのも不便です。

    これらの情報を確認したい場合は、通信量を把握するアプリをあらかじめインストールしておくことをおすすめします。

    DTI SIMの通信残量や請求額の確認方法と、消費した通信量を確認できるアプリはこちらにまとめています。
    DTI SIMの通信量や通信残量、請求額を確認する方法


    DTI SIMの通信速度(実測)

    ここでは、DTI SIMの速度を記録していきます。

    なお、定額無制限プランの通信速度の実測結果はこちらをご覧ください。
    DTI SIM定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と速度測定結果

    速度の測定方法は、スピードテストによる速度と実際にアプリで通信して表示されるまでの速度(体感速度)を計測しています。

    測定に使うスピードテストアプリは、格安SIMの速度比較でいつも使っているSpeedSpotのアプリです。
    Speedcheck - スピードテスト - Google Play のアプリ

    当サイトで実施している速度比較のページはこちら。
    格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】
    測定時間帯は、8時、12時、20時、22時で、スピードテストでは各時間帯で3回ずつ計測してその平均値を出しています。表やグラフの数値は、下り(ダウンロード)の速度のみ掲載していています。

    体感速度は、ブラウザ、Youtubeアプリ、Google Fitの3アプリで表示速度などを目視で確認しています。

    スピードテストの結果は数値として表れるのでスクリーンショットを掲載し、体感速度は数値では見えないためその様子を動画撮影してアップしています。

    ここでは、DTI SIMの速度測定結果の掲載とコメントを残しています。DTI SIMの速度に関する詳細なデータや検証結果は、以下のページを参照してください。
    格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】

    2017年12月26日のDTI SIM速度測定結果

    2017年12月26日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1830” not found /]

    12時
    [table “1831” not found /]

    20時
    [table “1832” not found /]

    22時
    [table “1833” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    12月26日時点のDTI SIMは、スピードテスト結果は回復傾向で体感も遅くはありません。

    ただ、DTI SIMは時期によって速度のばらつきが大きいので、長期間安定した速度で通信したいならおすすめしません。

    公式サイト
    DTI SIM

    2017年10月2日のDTI SIM速度測定結果

    2017年10月2日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1767” not found /]

    12時
    [table “1768” not found /]

    20時
    [table “1769” not found /]

    22時
    [table “1770” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    10月2日時点のDTI SIMは、午前中は問題ないものの12時台以降はウェブサイトの画像表示に時間がかかることがある状況です。

    これまでより体感速度の低下を感じるので、速度重視ならDTI SIMは様子見したほうがいいかもしれません。




    2017年8月21日のDTI SIM速度測定結果

    2017年8月21日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1719” not found /]

    12時
    [table “1720” not found /]

    20時
    [table “1721” not found /]

    22時
    [table “1722” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    8月21日時点のDTI SIMは12時台以外はスムーズに通信できていて、ストレスなく利用できます。

    平日昼間も速度を重視する人にはDTI SIMは適していませんが、昼間の速度を重視しないならDTI SIMは選択肢に入れても問題ないでしょう。


    2017年7月3日のDTI SIM速度測定結果

    2017年7月3日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1682” not found /]

    12時
    [table “1683” not found /]

    20時
    [table “1684” not found /]

    22時
    [table “1685” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    7月3日時点のDTI SIMは、スピードテスト結果は12時台以外は他の格安SIMに比べても良い方です。

    体感では、たまにウェブサイトの表示に時間がかかることがあるもののそこまで遅さは気になりません。


    2017年6月12日のDTI SIM速度測定結果

    2017年6月12日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。

    8時
    [table “1644” not found /]

    12時
    [table “1645” not found /]

    20時
    [table “1646” not found /]

    22時
    [table “1647” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    2017年6月12日時点のDTI SIMは、12時台以外は他社の格安SIMと比べても特に遅くはありません。


    2017年5月15日のDTI SIM速度測定結果

    2017年5月15日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。

    8時
    [table “1619” not found /]

    12時
    [table “1620” not found /]

    20時
    [table “1621” not found /]

    22時
    [table “1622” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    2017年5月15日時点のDTI SIMは、全体的に前回と同じような体感速度でした。

    12時台は体感で遅く感じることはありますが、それ以外の時間帯は特にストレスを感じることはありません。


    2017年4月17日のDTI SIM速度測定結果

    2017年4月17日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。

    8時
    [table “1535” not found /]

    12時
    [table “1536” not found /]

    20時
    [table “1537” not found /]

    22時
    [table “1538” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    2017年4月17日時点のDTI SIMは、スピードテスト結果は前回に比べてほぼ同じ水準です。

    体感でも、12時台以外は特に遅く感じることはなく通信できています。


    2017年3月6日のDTI SIM速度測定結果

    2017年3月6日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1469” not found /]

    12時
    [table “1470” not found /]

    20時
    [table “1471” not found /]

    22時
    [table “1472” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    3月6日時点のDTI SIMは、スピードテスト結果を見ると前回に比べて全体的に速度が落ちています。

    体感では、12時台は若干もたつく感じがあるもののその他の時間帯は特に遅く感じることなく通信できていました。


    2017年2月6日のDTI SIM速度測定結果

    2017年2月6日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1432” not found /]

    12時
    [table “1433” not found /]

    20時
    [table “1434” not found /]

    22時
    [table “1435” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    2月6日時点のDTI SIMは、午前中はしっかり速度が出ているものの12時台以降は前回に比べて低速化しています。ですが、体感では極端に遅くは感じません。

    速度重視でDTI SIMを検討している場合は、体感速度を記録した動画を確認するなどしてDTI SIMの速度が許容できるか確認してみることをおすすめします。


    2017年1月10日のDTI SIM速度測定結果

    2017年1月10日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1368” not found /]

    12時
    [table “1369” not found /]

    20時
    [table “1370” not found /]

    22時
    [table “1371” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    1月10日時点のDTI SIMは、12月後半の回復後の速度を維持できている状況です。

    ネットつかい放題以外のプランなら、体感速度も遅くなく快適に通信できています。


    2016年12月26日のDTI SIM速度測定結果

    2016年12月26日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    12月26日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1345” not found /]

    12時
    [table “1346” not found /]

    20時
    [table “1347” not found /]

    22時
    [table “1348” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    12月26日時点のDTI SIM(無制限プランではない方)は、他社の格安SIMに比べて特別速いわけではないものの快適に通信できる速度は維持しています。

    ひと月に使える高速通信容量が決まっているプランであれば、現時点のDTI SIMは12時台も含めて特にストレスなくインターネットを利用できます。


    2016年11月10日のDTI SIM速度測定結果

    2016年11月10日のDTI SIMを含む格安SIMの速度測定結果です。

    11月10日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
    8時
    [table “1196” not found /]

    12時
    [table “1197” not found /]

    20時
    [table “1198” not found /]

    22時
    [table “1199” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    11月10日時点のDTI SIMは、12時台以外は1Mbpsを超えており、体感速度も良好です。

    速度重視の人でも、DTI SIMは選択肢としてはありです。ただし、DTI SIMの定額無制限プラン「ネットつかい放題」は速度が遅く動画が途中で止まることなどもよくあります。

    DTI SIMを契約するなら、ネットつかい放題ではなく1GB、3GB、5GBプランから選びましょう。

    公式サイト
    DTI SIM

    2016年9月12日のDTI SIM速度測定結果

    2016年9月12日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-9-12

    9月12日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “1048” not found /]

    12時
    [table “1049” not found /]

    20時
    [table “1050” not found /]

    22時
    [table “1051” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    9月12日時点のDTI SIMは、スピードテスト上は12時台の速度が落ちています。

    ですが、12時台も含めたすべての時間帯で特に遅く感じることなく通信できている状況です。


    2016年9月5日のDTI SIM速度測定結果

    2016年9月5日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-9-5

    9月5日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “1028” not found /]

    12時
    [table “1029” not found /]

    20時
    [table “1030” not found /]

    22時
    [table “1031” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    9月5日時点のDTI SIMは、前回に比べて速度が大幅に回復しています。

    また体感速度も良好で、12時台や夜間も快適に通信できています。


    2016年8月3日のDTI SIM速度測定結果

    2016年8月3日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-8.3

    8月3日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “1003” not found /]

    12時
    [table “1004” not found /]

    20時
    [table “1005” not found /]

    22時
    [table “1006” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    8月3日時点のDTI SIMは、8月2日の増強により前回に比べると全体的に速度は回復しています。

    前回は動画の視聴ができなかった20時や22時台でも、今回は問題なく動画を視聴できています。

    公式サイト
    DTI SIM

    2016年5月9日のDTI SIM速度測定結果

    2016年5月9日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-5.9

    5月9日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “811” not found /]

    12時
    [table “812” not found /]

    20時
    [table “813” not found /]

    22時
    [table “814” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    5月9日時点のDTI SIMの速度は、前回に比べると全体的に回復しています。体感速度も速く、快適に通信できる状態です。

    なお、DTI SIMは5月10日に回線を増強しているため、さらに速度が出るようになっています。



    2016年4月11日のDTI SIM速度測定結果

    2016年4月11日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-4.11

    4月11日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “785” not found /]

    12時
    [table “786” not found /]

    20時
    [table “787” not found /]

    22時
    [table “788” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    4月11日時点のDTI SIMの速度は、22時台に体感で遅く感じることがあったものの日中は体感も含めて快適に通信できる状態です。


    2016年3月22日のDTI SIM速度測定結果

    2016年3月22日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-3.22

    3月22日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “750” not found /]

    12時
    [table “751” not found /]

    20時
    [table “752” not found /]

    22時
    [table “753” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    DTI SIMは、22時台にYoutubeの再生に時間がかかっていたものの、その他に関しては快適に通信できる速度を維持しています。

    特に、他社格安SIMの速度が軒並み大幅に悪化する12時台でもDTI SIMは体感速度も含めて安定しているのは評価できます。

    格安SIMに速度を求めるなら、DTI SIMはおすすめです。


    2016年3月7日のDTI SIM速度測定結果

    2016年3月7日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-3.7

    3月7日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “675” not found /]

    12時
    [table “676” not found /]

    20時
    [table “677” not found /]

    22時
    [table “678” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    DTI SIMは、引き続き12時台も含めたすべての時間帯で安定した速度を維持しており体感速度も速いです。

    格安SIMに速度を求めるなら、DTI SIMはおすすめです。


    2016年2月15日のDTI SIM速度測定結果

    2016年2月15日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-2.15

    2月15日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “649” not found /]

    12時
    [table “650” not found /]

    20時
    [table “651” not found /]

    22時
    [table “652” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    2月15日時点のDTI SIMは、回線増強を実施済みのため12時台も含めて快適に通信できる速度を維持しています。

    特に12時台も1Mbpsを上回る速度を維持しているのは評価できますね。


    2016年1月12日のDTI SIM速度測定結果

    2016年1月12日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-1.12

    1月12日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “578” not found /]

    12時
    [table “579” not found /]

    20時
    [table “580” not found /]

    22時
    [table “581” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    1月12日時点のDTI SIMは、キャンペーンで契約者が増えているためか徐々に速度は低下傾向にあります。

    ですが、12時台は相変わらず1Mbps台を維持しておりすべての時間帯で体感速度が速いことと、回線増強の準備が整ったとのことなので近いうちに速度は回復するでしょう。
    「DTI SIM 半年タダでお試し!キャンペーン」延長のお知らせ


    2016年1月4日のDTI SIM速度測定結果

    2016年1月4日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-1

    1月4日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “561” not found /]

    12時
    [table “562” not found /]

    20時
    [table “563” not found /]

    22時
    [table “564” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    1月4日時点のDTI SIMは前回と比べると速度は落ちていますが、12時台も含めてまだ快適に通信できる速度を保っています。


    2015年12月24日のDTI SIM速度測定結果

    2015年12月24日のDTI SIMの速度測定結果です。

    スピードテストの結果はこちら。
    speed-test-dti-sim-12.24

    12月24日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちらです。
    8時
    [table “548” not found /]

    12時
    [table “549” not found /]

    20時
    [table “550” not found /]

    22時
    [table “551” not found /]

    DTI SIMの体感速度はこちらで確認できます。

    12月24日時点のDTI SIMは、他社の格安SIMと比べて特に速いというわけではないものの、快適に通信できる基準である1Mbps以上はすべての時間で維持しています。

    特に多くの格安SIMの速度が急落する12時台もしっかりと速度が出ている点は評価できます。今後ユーザーが増えて低速化したときのDTI SIMの対応に注目です。


    2015年12月22日のDTI SIM速度測定結果

    2015年12月22日のDTI SIMの速度測定結果です。

    dti-sim-speed-test2015.12.22

    他社の格安SIMは12時台に速度が落ちるパターンが多い中、DTI SIMは12時台に最も速度が出ており夜間に速度が落ちています。12時台に6~9Mbpsなら十分快適に通信できると考えていいでしょう。

    ただし、格安SIMの中にはスピードテストの結果が良くても体感速度はそこまで速く感じないというものもあります。後日、DTI SIMも含めた12社のSIMでスピードテストによる速度測定と通信を伴うアプリの体感速度を比較する予定です。

    当サイトが実施している、最新の格安SIM速度比較はこちらをご覧ください。
    格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】
    少なくとも、現時点ではDTI SIMは快適に通信できるレベルの速度は出ているようなので、2016/3/31まで開催されていたキャンペーンによりユーザーが増えてもこのままの調子である程度の速度を維持するよう期待したいところです。


    DTI SIMはこんな人におすすめ

    DTI SIMのメリットやデメリット、特徴は以上です。

    最後に、これまで紹介したDTI SIMの特徴を踏まえてDTI SIMがおすすめな人を挙げておきます。

    格安SIMを少ないコストとリスクで試してみたい

    DTI SIMは、「半年お試しプラン」や「でんわ定額プラン」を活用することで他社格安SIMよりもはるかに安い料金で利用できます。

    特に半年お試しプランは、最低利用期間や解約金が一切ありません。

    最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMなら少ないコストとリスクで格安SIMを使うことができるので、DTI SIMは初めて格安SIMを検討していて試しに使ってみたいという人に最適です。


    毎月の携帯電話料金を安く抑えたい

    DTI SIMは3GBが無料や格安で利用できる新プランもちろん魅力ですが、各プランの月額料金はすべて業界最安値水準で設定されています。

    中でも、DTI SIMの3GBプランはDMMモバイルを抑えて最安値となっており、コストパフォーマンスは非常に高いです。

    そのため、DTI SIMは3GBプランの割引期間が終了する半年後以降も携帯電話料金を十分安く抑えることができます。

    現在大手キャリアを使っているものの維持費が高いため、料金を少しでも安くしたいという人にはDTI SIMがおすすめです。


    YouTubeやTwitterを通信量を気にせず利用したい

    DTI SIMの特徴に、YouTubeとTwitterが使い放題のDTI見放題SIMがあります。

    Twitterが使い放題のSIMは最近増えてきていますが、YouTubeが見放題のプランはまだあまりないので、格安SIMでYouTubeの動画をたくさん視聴したい人はDTI見放題SIMを検討してみるといいでしょう。


    格安SIMでもたくさん通話したい

    格安SIMの大きなネックとして、通話料金の高さが挙げられます。

    一般的な格安SIMの通話料金は20円/30秒とかなり高いため、たくさん通話したい人には格安SIMは適していないのが現状です。

    ですが、DTI SIMの「でんわかけ放題」を利用すれば、月額780円で5分以内の通話が回数制限なくかけ放題になります。

    DTI SIMのでんわかけ放題は、他社の格安SIMのかけ放題サービスのように専用アプリが必要なく通話品質も良いので、格安SIMでも通話したい人には最適な選択肢といえます。


    昼休みの時間帯も含め1日を通してインターネットをよく利用する

    DTI SIMを使うメリットは、料金の安さだけではありません。

    DTI SIMは安定した通信速度も大きな特徴となっています。

    特に、一般的な格安SIMでは1日のうちで最も速度が落ちる平日の12時台でも、DTI SIMはしっかりと速度が出ており体感速度も良好です。

    また、DTI SIMは高速通信容量を使い切ってしまった場合でも追加チャージ料金が1GBで600円と非常に安いため、気軽に容量を買い足せるのもメリットです。

    昼休み時間も含め1日を通してインターネットに接続する機会が多く、ひと月に使える高速通信容量をオーバーしてしまう可能性がある人は、DTI SIMを使えば通信速度の遅さや追加チャージ料金にストレスを感じることなく快適に通信することができるのでおすすめです。

    2018/1/4追記
    DTI SIMの昼間の速度は現時点ではかなり低下しています。平日昼間にたくさんインターネットしたい場合は、現在のDTI SIMはおすすめしません。



    こんな人はDTI SIMは選ばないほうがいい

    DTI SIMは料金の安さを求める人に特におすすめの格安SIMですが、使い方によってはDTI SIMを選ばないほうがいい場合もあります。

    DTI SIMを選ばないほうがいいのは、格安SIMで以下のような使い方をしたい人です。


    音楽やラジオを通信量を気にせず長時間ストリーミング再生したい【2016/5/25 ネット使い放題プラン開始で解決】

    DTI SIMは、Google Play MusicやApple Music、LINE MUSICといったストリーミングで音楽を再生するアプリやradikoなどストリーミングでラジオを再生するアプリの利用には向きません。

    2016/5/25追記
    ネット使い放題プランの提供開始で、このデメリットも解消しました。音楽のストリーミングを通信量を気にせず楽しみたい場合は、ネット使い放題プランを検討してみてください。

    もっと少ない通信量(月額料金)で利用したい場合は、以下をご覧ください。


    上記のアプリの利用中は常に通信が発生するため、長時間使い続けることで多くの通信量が発生し高速通信容量を消費します。

    ですが、格安SIMの中には高速と低速を切り替える機能を持ち、低速に切り替えることで高速通信容量を消費せずに通信し放題のものもあります。

    このような格安SIMなら、音楽やラジオをストリーミング再生する時は低速モードに切り替えておけば通信量や再生時間を気にせず楽しむことができます。

    DTI SIMに関しては、高速と低速の切り替えができないためストリーミング再生で発生する通信はすべて高速通信容量としてカウントされます。

    格安SIMでストリーミング再生する予定なら、高速と低速の切り替えができる格安SIMを検討することをおすすめします。

    中でも、格安SIMでストリーミング再生アプリを利用するならmineoがおすすめです。

    mineoは、高速と低速の切り替え機能を備え公式アプリなどから1タップで切り替えることができます。

    また、格安SIMの中には低速時に使いすぎるとさらに低速に速度が制限されるものもありますが、mineoは低速時にどれだけ通信してもさらに速度が制限されることがないため低速で心置きなくストリーミングアプリを楽しむことができます。

    mineoについてはこちらに詳しくまとめているのでご覧ください。
    mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と実際に使ってみた感想
    また、mineoを含む格安SIMの低速切替時に利用できるアプリ一覧や、実際に低速に切り替えてアプリを利用している様子を記録した動画はこちらにまとめています。
    格安SIMで低速が使い放題(切替も可)のMVNOを比較【動画あり】

    格安SIMでストリーミングアプリも利用する予定の人は、mineoなどから検討してみることをおすすめします。


    DTI SIMまとめ

    DTI SIMは、月額料金の安さが最大の特徴の格安SIMです。プランも1GB、3GB、5GB、定額無制限の「ネット使い放題」と幅広いため、自身の通信量に合ったプランを見つけやすいのもいいですね。

    さらに、2016年7月1日にスタートしたデータ通信SIMの3GBプランが半年間0円で利用できる「半年お試しプラン」や、音声通話SIMの3GBプラン+でんわかけ放題のセットが半年間1,480円で利用できる「でんわ定額プラン」を活用することで、月々の料金を抑えることができます。

    特に、半年お試しプランは最低利用期間や解約金がないため、ノーリスクでDTI SIMを試せます。

    ただ、DTI SIMの通信速度は時期によって速かったり遅かったりと波があるため、長期間にわたって安定した速度で通信した人には向きません。

    長期的に安定した速度で安い維持費で使える格安SIMが希望なら、長期間にわたって安定した速度を維持するIIJmioの回線を使っているDMMモバイルがおすすめです。

    短期的に通信速度の確認も含めて試しに格安SIMを使ってみたい人は、お試しプランがあるDTI SIMがおすすめです。

    DTI SIMの評価・速度・メリットとデメリット・レビューまとめは以上です。

    公式サイト
    DTI SIM
    キャンペーン情報
    DTI SIMのキャンペーン詳細と注意点まとめ

    -DTI SIM, 格安SIM(MVNO)のレビュー・まとめ

    Copyright © アンドロイドラバー, 2011-2020 All Rights Reserved