格安SIM・MVNO・SIMフリー

DTI SIMのキャンペーン詳細と注意点まとめ【12月】

投稿日:

dti-sim-trial-plan1 このページでは、DTI SIMのキャンペーン詳細と注意点についてまとめています。

DTI SIMをキャンペーンを利用して契約しようと検討している人は参考にしてみてください。




DTI SIMとは

「DTI SIM」は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営している格安SIMです。

以前は「ServersMan SIM」というSIMを扱っていましたが、2015年10月1日よりトーンモバイル株式会社に移管されました。

そのため、「DTI SIM」は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが2015年の9月に新たにリリースした格安SIMとなります。

DTI SIMは、全プラン最安値水準の月額料金でSIMを提供しており、3GBプランは業界最安値水準の維持を宣言しているDMMモバイルより安いなどコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

さらにDTI SIMは、2016年5月25日より月額2,200円で無制限にLTE通信が利用できるプラン「ネット使い放題」と5分以内の通話なら定額で回数に制限なくかけ放題のサービス「でんわかけ放題」の提供を開始しました。

ネット使い放題については、こちらに詳しくまとめています。
DTI SIM LTE定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と注意点まとめ

でんわかけ放題についてはこちらをご覧ください。
DTI SIM「でんわかけ放題」の詳細と注意点まとめ。5分以内の通話が定額。

これにより、DTI SIMは電話のかけ放題とネットの使い放題のプランをどちらもそろえる国内唯一の格安SIMとなりました。
dti-sim-double-hodai
公式サイト
DTI SIM


【2018年12月】データ通信SIM 3GBが半年無料&音声通話SIM 3GBが半年割引

以下の内容は厳密にはキャンペーンではありませんが、DTI SIMが以前開催していたキャンぺーンの内容がほぼそのまま通常のプランとして追加されているので、このページにも掲載しています。

DTI SIMは、3GBプランが半年間無料で利用できるプラン「半年お試しプラン」を2016年7月1日より開始しました。
dti-sim-trial-plan1
「半年お試しプラン」は、データ通信SIMの3GBプランがSMS機能ありでも半年間は無料で利用できます。

3GBプランを半年間無料で利用できるのはもちろんDTI SIMのみで、現時点では他社で同じようなプランやキャンペーンは提供されていません。

「半年お試しプラン」の詳細はこちらをご覧ください。
DTI SIM「半年お試しプラン 3GB」の料金詳細と注意点まとめ

また音声通話SIMについても、高速通信容量3GB+月額780円の「でんわかけ放題」のセットが半年間1,470円で利用できる「でんわ定額プラン」が同日より始まっています。
dti-sim-calling1
「でんわ定額プラン」も他社格安SIMの音声通話プラン3GBに比べて圧倒的に安く、コストパフォーマンスは非常に高くなっています。

「でんわ定額プラン」についてはこちらに詳しくまとめています。
DTI SIM「でんわ定額プラン 3GB」の料金など詳細と注意点まとめ。

DTI SIMは上記プラン以外の通常プランについても業界最安値クラスで提供されているため、半年間の無料期間や割引期間が終了後も安い月額料金で利用することができるのもメリットです。

できるだけ携帯電話の料金を下げたい方や格安SIMを試しに使ってみたいという方には、DTI SIMは最適な格安SIMでおすすめです。

公式サイト
DTI SIM

メリット・デメリット・レビュー
DTI SIMの速度レビュー・評価とメリットとデメリットを徹底解説【12月】





【2018年12月】DTI SIM以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

DTI SIMのキャンペーンは以上ですが、DTI SIM以外でも多くの格安SIMでキャンペーンが開催されています。

2018年12月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめはBIGLOBEモバイルです。

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

現在、BIGLOBEモバイルでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

1.音声通話SIMの申し込みで初期費用3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)が0円

2.月額料金が最大14,400円割引

3.BIGLOBEモバイルの支払いに使えるGポイントが最大5,000円分プレゼント

4.当サイトからの申し込みで4,000円キャッシュバック


1に関しては、一般的な格安SIMではSIMを申し込む際に新規事務手数料が3,000円とSIMカード準備料が400円前後かかり、BIGLOBEモバイルも同じくそれぞれ3,000円と394円支払う必要があります。

それが、音声通話SIMを申し込むとキャンペーンにより0円となります。初期費用が無料で済ますことができるのは嬉しいですね。

2についても音声通話SIMが対象で、SIM単体が7,200円(1,200円×6ヶ月)割引でスマホセットが10,800円(450円×24ヶ月)割引、au回線のタイプAでP20 liteをセット購入すると最大額の14,400円(600円×24ヶ月)割引されます。

3については1や2と同じく音声通話SIMが対象で、ドコモ回線(タイプD)・au回線(タイプA)ともにP20 liteかnova 3、ZenFone 5をセット購入した場合5,000円分もらえます。

4についても音声通話SIMが対象で、SIM単体・スマホセットに関係なく音声通話SIMを申し込めば4,000円キャッシュバックされます。

なお、4,000円キャッシュバックは以下の公式サイトから申し込むことで適用されます。
BIGLOBEモバイル

必ず「限定特典 さらに4,000円キャッシュバック」の記載があることを確認した上で申し込みましょう。

また、キャッシュバック特典の適用のためにはキャンペーンページに記載されているクーポンコード「EFC」を申し込み時に入力する必要があります。
入力忘れがないように注意しましょう。

なお、データ通信SIMはSIM単体の場合はキャンペーンが適用されないものの、スマホをセットで購入すると月額料金が3,600円(150円×24ヶ月)割引され、タイプAでP20 liteを購入すると7,200円(300円×24ヶ月)割引されます。

SIM単体とスマホセットそれぞれで適用されるキャンペーンと割引額の合計は以下の通り。

SIM単体
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
6ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
12ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
20ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
30ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円


スマホセット
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
6ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
12ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
20ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
30ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円


キャンペーン適用後のBIGLOBEモバイルは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスはかなり高いです。


BIGLOBEモバイルの最大の特徴はエンタメフリー・オプションです。


エンタメフリー・オプションはデータ通信SIMが980円、音声通話SIMが480円の月額料金がかかりますが、契約すると以下のサービスをどれだけ利用しても高速通信容量を消費せずに使い放題になります。

・YouTube
・YouTube Kids
・Google Play Music
・U-NEXT
・Apple Music
・Amazon Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・radiko


特に、YouTubeとAbemaTVといった動画が見放題になるのは、利用者にとっては嬉しいですね。

BIGLOBEモバイルのその他の特徴についてはこちらをご覧ください。
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

なお、BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べますが、通信速度はタイプAが速くタイプDに比べると平日12時台でもそこそこ快適に通信できます。

またBIGLOBEモバイルはauの運営元であるKDDIの傘下のため、タイプDよりもタイプAの方が今後もストレスなく通信できる可能性が高いです。

タイプAは選べるスマホセットや対応するスマホが少ない点には注意が必要ですが、それが問題なく速度重視で格安SIMを選ぶならタイプAを選びましょう。

タイプAの詳細はこちら。
BIGLOBEモバイルのau回線「タイプA」の速度レビュー特徴・注意点まとめ

上記の通り、BIGLOBEモバイルは格安SIMでYouTubeやAbemaTVなどを通信量を気にせず観たい人や通信速度にこだわる人、初期費用や毎月の利用料金をできるだけ安く済ませたい人には特におすすめです。

公式サイト
BIGLOBEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【12月】

キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、BIGLOBEモバイルも含めて検討してみることをおすすめします。

BIGLOBEモバイル以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【12月7日】



DTI SIMのプラン・月額料金

DTI SIMのプランと月額料金は以下の通りです。
プラン名高速通信容量データ通信SIMデータ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
1GB1GB600円750円1,200円
3GB3GB840円990円1,490円
5GB5GB1,220円1,370円1,920円
10GB10GB2,100円2,250円2,800円
15GB15GB3,600円3,750円4,300円
20GB20GB4,850円5,100円5,550円
ネット使い放題無制限2,200円2,350円2,900円


他社の格安SIMと比べると、料金設定は安い方です。

また3GBに関しては、データ通信SIM、音声通話SIMとも業界最安値水準を維持するDMMモバイルよりも安いです。

全プラン業界最安値水準を宣言しているDMMモバイルもすぐに料金改定を実施する可能性がありますが、改定しても10円下回るだけなのでDTI SIMの3GBプランは業界最安値クラスといって差し支えありません。

他社の格安SIMの容量毎の月額料金は以下を参照してください。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【12月7日】

DTI SIMのメリットやデメリットはこちらにまとめています。
DTI SIMの速度レビュー・評価とメリットとデメリットを徹底解説【12月】


DTI SIMの通信速度について

DTI SIMの通信速度は、現時点では12時台以外の時間帯はそこそこ安定した速度を維持しています。

中には、スピードテスト上の結果と体感速度がリンクしない(スピードテストの結果ほど体感の速度が速くない)格安SIMもありますが、DTI SIMはスピードテストの結果と体感速度が同じなので安心です。

DTI SIMを含めた格安SIM 19枚で速度比較した最新の結果はこちらで確認できます。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのは?-体感速度動画あり-【2018年9月3日実測】


DTI SIMはMNP転入時に不通期間(空白期間)がない

格安SIMの中には、MNP転入で番号そのまま乗り換える際に新しいSIMが届くまでの数日間、通話も通信でもできない期間があるものもあります。

DTI SIMに関しては、2016年3月22日より他社からDTI SIMにMNP転入する際に携帯電話が使えない期間(空白期間/不通期間)が発生せず、即日で手続きできるサービスの提供を開始しました。

DTI SIMなら番号乗せ換えの手続きもスムースに行えます。

詳細や手順についてはこちらにまとめています。
DTI SIMがMNPの即日開通に対応。不通期間なくMNPする手順まとめ。

他社のMNP予約番号の発行方法はこちらをご覧ください。
格安SIMのMNP転入が自宅で即日開通可能なMVNOまとめ【9月】


公式サイト
DTI SIM

レビュー・メリット・デメリット
DTI SIMの速度レビュー・評価とメリットとデメリットを徹底解説【12月】




DTI 光×au セット割

なお、DTIは自社が提供する光ファイバー回線のインターネットサービス「DTI 光」とauのスマートフォンやタブレット、ケータイを同時に利用することで、DTI 光の月額料金が毎月最大1,200円割引になるセット割サービスを提供しています。
dti-hikari1

DTI 光×au セット割の最大割引額1,200円が適用されることで、DTI 光の一戸建て用プラン「DTI 光ファミリー」の月額料金4,800円が3,600円に、集合住宅用プラン「DTI 光マンション」の月額料金3,600円が2,400円になります。
dti-hikari2

セット割の割引条件

DTI 光×au セット割の適用条件は以下の通りです。

  • DTI 光とauの契約者が同一住所に住んでいる
  • auスマートバリューが適用されているau回線ではDTI 光×auセット割が適用されない
  • DTI 光×auセット割申し込み翌月利用分から割引が適用される
  • 前月末時点で条件を満たしており、DTI 光が開通済みの場合に割引が適用される

セット割対象のauサービスと割引額

DTI 光×auセット割で割引されるauサービスと割引額は以下の通りです。

1,200円割引されるauサービス
  • データ定額5/8/10/13
  • データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)
  • LTEフラット、LTEフラット(V)
  • ISフラット、プランF(IS)シンプル
  • LTEフラット for Tab/Tab(i)、LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)

500円割引されるauサービス
  • データ定額2/3、データ定額2(V)/3(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン、シニアプラン(V)
  • 電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)
  • LTEフラット cp(1GB)

DTI 光×auセット割を活用することで、自宅に光回線を引いていてauを利用している人は毎月のコストをぐっと下げることができるのでおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。
DTI 光×auセット割 | オプション | DTI 光| 接続サービス:ユビキタスプロバイダ DTI

公式サイト
DTI SIM

-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.