Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AQUOSケータイ SH-N01のスペックレビューと価格、MVNO(格安SIM)セットまとめ

Posted on 10月 31, 2016

sh-n01 このページでは、SHARPのSIMフリーガラケー(ガラホ)のAQUOSケータイ SH-N01のスペックをレビューし、価格などをまとめています。

スポンサーリンク



AQUOSケータイ SH-N01のスペック

SH-N01のスペックは以下の通りです。
 SH-N01
OSAndroid
ディスプレイ約3.4インチ
960x540
QHD
CPUSnapdragon 210
1.1GHz 4コア
RAM1GB
ストレージ8GB
microSD32GB
背面カメラ800万画素
前面カメラ-
バッテリー1800mAh
対応周波数
(バンド)
?
ドコモプラチナバンド
(Band19)
?
FOMAプラスエリア
(Band6/19)
?
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28)
?
auプラチナバンド
(Band18/26)
?
au 3G
(CDMA2000)
?
SIMサイズnanoSIM
3G+4Gの
デュアルスタンバイ
-
技適
サイズ高さ:113
幅:51
厚さ:16.7mm
重さ131グラム
防水
防塵
耐衝撃
NFC×
GPS
VoLTE
Wi-Fi
テザリング
Bluetooth
(4.1)
赤外線
ポートmicroUSB
カラーホワイト
レッド
ブラック
価格24,800円
公式サイト主な特長|AQUOS ケータイ SH-N01|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ



AQUOSケータイ SH-N01の特徴・メリット

まずは、SH-N01の特徴やメリットからまとめます。

見た目はガラケーそのもの。物理的なテンキーで文字入力などができる

SH-N01は、Android OSを搭載してSIMフリーながら見た目はガラケーそのものです。
sh-n011
ディスプレイ上に表示されるソフトウェアのテンキーを押すのがどうしても苦手な人や、折りたたみのケータイの方が使い勝手が良いという人にとっては、SIMフリーながら物理的なテンキーがついて従来のガラケーと同じように使えるSH-N01は安心して使えます。

また、SH-N01はこれまでのガラケーにはほとんどなかった、スマホならではの機能も搭載されていてより使い勝手は良くなっています。


Wi-Fiに対応。通信量を節約できる

まず、SH-N01はWi-Fiに対応しています。そのため、SH-N01でインターネットに接続したい場合はWi-Fiに接続することでSIMの高速通信容量を消費せず節約することができます。
wifi-logo
最近はコンビニだけでなく様々なショップで無料Wi-Fiスポットが導入されてきているので、SH-01Nでインターネットに接続する場合はWi-Fiを活用しましょう。


4G LTEとVoLTEにも対応

SH-01Nは、4G LTEの高速通信とLTE通信網を使った通話「VoLTE」にも対応しています。

高速通信に対応することで画像などが多めのページでも素早く表示することができるなど、快適にインターネットを利用できます。

また、VoLTEにより通話がこれまでよりも遅延が少なく高品質になりました。VoLTEは雑音なども少なく聞き取りやすくなっています。


テザリング対応。スマホやタブレットの親機として使える

SH-01Nの最大の特徴・メリットは、テザリングの親機になれる点です。

SH-01Nには、大手キャリア各社からベースとなるモデルがあります。ドコモではSH-01Jがベースモデルとなります。
sh-01j2
キャリアから発売されているモデルにはあってSH-01Nにはない機能ももちろんありますが(これは注意点の部分で触れます)、逆にSH-01Nだけにあるのがテザリングの親機としての機能です。

SH-01Nのテザリングを有効化して、スマホやタブレットのWi-FiをオンにしてSH-01Nに接続することでインターネット接続ができるようになります。
sh-n012
これにより、例えば格安SIMの大容量プランをSH-01Nに挿してWi-Fiルーター代わりとしても使うことができます。ドコモの大容量プラン「ウルトラパック」のSIMを挿してもいいですね。

なお、テザリングはバッテリーを多く消費しますがSH-N01はバッテリー容量が1800mAhと少ないため、テザリング機能も使う場合はモバイルバッテリーを用意しておくことをおすすめします。


防水・防塵だけでなく耐衝撃にも対応

SH-N01には防水・防塵性能がありますが、さらに耐衝撃にも対応しています。
sh-n013
まず防水性能に関しては、内径6.3mmのノズルで約3mの距離から1分間あたり約12.5リットルの水を3分以上かける条件で、あらゆる方向からノズルによる流れが強めの水をかけた場合でも、電話機としての性能を保つ「IPX5」と、常温で水道水、かつ揺れたり流れたりしていない、静止している水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つ「IPX8」となっています。

つまり、SH-N01は台所で水に濡れた手で触ったり、雨などで軽く水に濡れる程度であれば水濡れする心配もほぼなく利用できます。

防塵性能に関しては、最も高い等級の「IP6X」としっかりしているので、砂ボコリなどが入るといったこともありません。

耐衝撃については、「MIL-STD-810G」に対応しています。MIL規格とは、米国防総省が制定する、米軍の物資調達に必要な基準を定めた規格の総称のことです。

「MIL-STD-810G」の場合、例えば落下に関しては76cmの高さから26方向で厚さ2インチの合板に落下させて破損しないかをテストします。

落下以外にも、湿度90%の環境に10日間さらしたり1分で温度を10℃変化させて正常に動作するかなど、様々な環境でテストが行われています。

スマホを使う際に起きる可能性が高いのが落下ですが、SH-01NはMIL-STD-810Gのテストに合格しているため、ある程度の高さから落としても故障する可能性は低いです。


クイック起動キーを押すだけでよく使う電話番号や機能を呼び出せる

SH-N01は、クイック起動キーが3つ搭載されています。

クイック起動キーには、よく使う電話番号や機能を割り当てることができます。また、キーは長押しにも割り当て可能のため、合計で6つのショートカットを登録できます。
sh-n014
割り当てることができるのは以下の通りです。
・メールを送る
・メッセージを送る
・発信する
・連絡先
・ブックマーク
・機能を直接起動する
・アプリ一覧
・その他


ワンプッシュで開くボタンあり

SH-01Nには、ワンプッシュで開くボタンが搭載されています。
sh-n015
ボタンが無いケータイは片手で開くのが難しいですが、ワンプッシュで開くボタンがあると片手でも楽に開くことができます。


テンキー部分をなぞると画面上のポインタを移動したり画面をスクロールできる

SH-N01には、テンキー部分をなぞると画面上のポインタ(矢印)の移動や画面のスクロール、画面の拡大・縮小などができる「タッチクルーザー EX」を搭載しています。
sh-n016
SH-N01はLTE通信に対応していて快適にインターネットを利用できますが、タッチクルーザーを活用すればさらに便利になります。


AQUOSケータイ SH-N01の注意点・デメリット

次に、SH-N01の注意点やデメリットについてまとめます。

サブディスプレイはなし。閉じた状態で時間や誰からの電話かなどを確認はできない

SH-N01には、背面にサブディスプレイがありません。

ガラケーのサブディスプレイは、いちいち開かなくても時間や着信時の相手を確認することができるのが便利ですが、SH-N01ではこのような使い方ができません。

なお、SH-N01のベースモデルのSH-01Jにはサブディスプレイがあります。コストを下げるためには仕方なかったのかもしれませんが、サブディスプレイがないのは残念です。
sh-01j2

ワンセグとおサイフケータイも非対応

SH-N01は、防水・防塵・耐衝撃には対応しているもののワンセグとおサイフケータイは搭載されていません。
osaifu-ketai
ちなみに、SH-01Jにはワンセグ・おサイフケータイとも搭載されています。ガラケーでワンセグやおサイフケータイが欲しい場合は、ドコモなどのキャリアから発売されている端末かarrows M03やSH-M03といったスマホを選ぶ必要があります。
arrows M03はワンセグに対応。アンテナも内蔵で便利。

arrows M03はワンセグに対応。アンテナも内蔵で便利。




Google Play非対応。アプリをインストールすることはできない

SH-N01はAndroid OSを搭載しているものの、Google Playストアには対応していないためAndroid向けのアプリを追加でインストールすることはできません。
google-play-logo
なお、SH-01JもGoogle Playには非対応となっており使えません。

ガラケーの小さい画面に最適化されたアプリ自体が少ないはずなので、Google Playストアに対応していたとしてもあまり意味はないのかもしれません。


GmailなどGoogleのアプリも使えない

SH-N01はGoogle Playストアに対応していませんが、GmailなどGoogle関連のアプリもインストールされていないため使うことはできません。
gmail-logo
仮にSH-01NでGmailを使うには、ウェブからGmailにアクセスするしか方法はなさそうです。もしくは、SH-01NにGmailのアカウントを登録できてメールを送受信できるようなメールクライアントアプリが初めからインストールされていれば使えますが、現時点ではこのようなアプリがあるかは不明です。

なお、SH-01JでもGoogleアプリは使えません。


LINEはあらかじめインストールされていないため使えない

ガラケーでLINEを使いたいという人は多いと思います。LINEは基本的にはテキストでメッセージをやり取りするアプリなので、物理キーでボタンが押しやすく文字入力も簡単なSH-N01なら使い勝手も良いはずです。
line-multiple-android-devices76
ですが、SH-N01にはLINEが初めからインストールされていないため使えません。また、Google Playストアも使えないので後から追加でインストールすることもできない状況です。

ちなみに、SH-01JにはLINEが初めからインストールされていて使うことができます。せめてLINEは使えるようにしておいてほしかったところです。


バンド(対応周波数)が不明。auやソフトバンクのSIMでは使えない可能性が高い

SH-N01はドコモ回線を使った格安SIMの楽天モバイルから発売されます。

そのため、ドコモが使う周波数には対応していて広いエリアで使えると思われますが、具体的な周波数(バンド)が記載されていません。

auやソフトバンクのSIMを挿しても使えるかは、現時点では実際に挿して使ってみないと分からないのが現状です。

なお、auのVoLTEではない通常の通話で使う3Gの通信規格「CDMA2000」に対応している端末は少ないので、SH-N01もauのSIMでは使えない可能性は高いと思います。


AQUOSケータイ SH-N01の価格

24,800円


AQUOSケータイ SH-N01の発売日

2016年12月上旬


AQUOSケータイ SH-N01を格安SIMとセットで販売するMVNO

SH-N01を格安SIMとセットで販売するMVNOは以下の通りです。

楽天モバイル

現時点で、SH-N01をセット販売するMVNOは楽天モバイルのみとなっています。

楽天モバイルは、楽天市場など楽天のサービスを利用すると貯まる楽天スーパーポイントを毎月の利用料金の支払いに使うことができます。

また、楽天スーパーポイントはSH-N01の購入代金にも使えます。

さらに、楽天モバイルは月額料金が850円で5分以内の通話が回数制限なくかけ放題になる「5分かけ放題オプション」もあるので、SH-N01に挿した格安SIMである程度通話したい人にもおすすめです。

逆に、楽天モバイルは通信速度が遅いなどのデメリットもあります。詳しくはこちらをご覧ください。
楽天モバイルの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】

公式サイト
楽天モバイル

キャンペーン情報
楽天モバイルのキャンペーン12月「半額セール」詳細と注意点まとめ


AQUOSケータイ SH-N01まとめ。

SH-N01は、Google Playに対応していない、LINEが使えないなど惜しい部分もあるものの、外観や基本的な使い方はガラケーそのものでWi-Fiに対応しているため通信量を節約できたり、LTEによる高速通信やVoLTEにも対応する高機能な端末です。

また、ガラケーながらテザリングの親機にもなるので、ルーター代わりとしてスマホやタブレットを接続することができるのは大きなメリットです。

SH-N01は、ガラケーの使い勝手のままで通話や通信しつつ、テザリングも使いたいという人には最適な端末ですね。


SH-N01のスペックレビューと価格、MVNO(格安SIM)セットまとめは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る