Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus6のブートローダーアンロック方法。

Posted on 12月 29, 2014

nexus6-bootloader-unlock8
今回は、Nexus6のブートローダーアンロック方法を紹介します。


Nexus6のブートローダーをアンロックすることで、TWRPなどのカスタムリカバリ導入やNexus6のRoot化、カスタムROMを導入することができます。

今後Nexus6をカスタムして遊ぶなら、今回の作業は必須となります。

注意事項

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によってメーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


準備しておくこと

1.Nexus6のブートローダーをアンロックすることで、内部ストレージのデータも含めて全てのデータが消え、工場出荷状態に戻ります。

内部ストレージ内のデータはPCなどにコピーしておいてください。

アプリのデータはHeliumを使ってのバックアップをおすすめします。
Heiliumの使い方は、Heliumの使い方。AndroidのアプリとアプリのデータをRoot化せずにまるごとバックアップ・復元できる必須アプリ。を参照してください。



2.Nexus6ののブートローダーアンロックにはPCが必要です。
Nexus6と接続するPCで、fastbootコマンドの実行ができるようにAndroid SDKの中のplatform-toolsフォルダををPCに入れておく必要があります。

platform-toolsフォルダの入手は、Android SDKのインストール方法(Windows8.1)と最新のplatform-toolsをダウンロードする方法。の手順で行って下さい。


3.Nexus6の開発者向けオプションを表示させておきます。手順はNexus6の開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグを有効にする方法。を参照してください。


4.Nexus6のドライバをインストールしておきます。ドライバのインストール手順はNexus6のドライバインストール方法。を参照してください。

oneplusone-driver0

Nexus6のブートローダーアンロック手順

ここからは、実際にNexus6のブートローダーをアンロックしていきます。

開発者向けオプションで「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れる

Android 5.0 Lollipopからは、いきなりfastbootモードに入ってブートローダーのアンロックができなくなっています。

まず、設定>開発者向けオプションで「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れます。
nexus6-bootloader-unlock1

チェックが入っていればOKです。
nexus6-bootloader-unlock2


Nexus6をFastbootモードで起動してブートローダーをアンロックする

開発者向けオプションでOEMロック解除を有効にしたら、ブートローダーをアンロックしていきます。

まず、Nexus6の電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押ししてfastbootモードで起動します。
nexus6-bootloader-unlock3

準備しておくこと2でインストールしたAndroid SDKの中のplatform-toolsフォルダを開き、空いた場所でShiftキーを押しながら右クリックして「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックします。
nexus6-bootloader-unlock4

コマンドプロンプトが起動するので「fastboot oem unlock」と入力してEnterキーを押します。
nexus6-bootloader-unlock5

ブートローダーをアンロックするか訪ねてくるので「Yes」をボリュームボタンで選んで電源ボタンで決定します。ここでYesを選ぶと、内部ストレージを含む全てのデータが消去・初期化され、Nexus6は工場出荷状態になります。事前にバックアップをとっておきましょう。
nexus6-bootloader-unlock6

ブートローダーのアンロックが完了すると、再びFastbootモードの画面になります。
nexus6-bootloader-unlock7

ぱっと見は何も変わりませんが、ブートローダーがアンロックされていると「Device is UNLOCKED」と表示されます。逆にアンロックされていないと「LOCKED」と表示されます。
nexus6-bootloader-unlock8

ブートローダーアンロック方法について、Android 5.0 Lollipopから追加された作業は「OEMロック解除を有効にする」のチェックです。これをしておかないとアンロックできないので注意しましょう。

ブートローダーのアンロック後、私はカスタムリカバリ TWRPを導入してRoot化しました。

Nexus6にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法は、Nexus6にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を、Root化方法はNexus6のRoot化方法・手順。を参照してください。

Nexus6のブートローダーアンロック方法は以上です。

なおNexus6のブートローダーアンロック後、TWRPとRoot化の他にもNexus6にカスタムを行っています。カスタムの詳細などはNexus6を購入後3週間使ってみて分かった良い点・悪い点などのレビューとNexus6を使いこなすための使い方まとめ。を参照してください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (3) Trackbacks (0)
  1. こちらの記事を参考にさせてもらったのですが、ネクサス7(2012)【Android5.0.2 ver】にはOEMロック解除を有効にするの項目が無いのですがどうすればよろしいでしょうか?ブートローダーアンロックをしたいのですがOEMの項目がなくて困っています・・・。

    • 自己解決することができました。

      • 私も同じネクサス7(2012)を使っていて、OEMロック解除の項目がないことで詰まっていました。

        仕方なく、「開発者向けオプションで”OEMロック解除を有効にする”にチェックを入れる」の工程を飛ばし、「Nexus6をFastbootモードで起動してブートローダーをアンロックする」へ進んだら、無事アンロックできました。

        自己解決の過程が書かれていなかったので、私なりの解決過程を追記させていただきました。
        私が運が良かっただけかもしれませんが、他の方の参考になれば幸いです。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る