格安SIM・MVNO・SIMフリー

nuroモバイル(nuromobile)のキャンペーン情報と注意点まとめ【1月】

投稿日:

このページでは、nuroモバイルのキャンペーン情報と注意点をまとめています。




【2019年1月】月額利用料金1,000円引きキャンペーン

nuroモバイルは現在、音声通話SIMの指定のプラン申し込みで月額料金が11ヶ月間にわたって1,000円(総額11,000円)割引されるキャンペーンを開催しています。


キャンペーン内容

キャンペーン期間中、音声通話SIMの対象プランを申し込むと開通翌月から11ヶ月間、毎月1,000円割引されます。

対象プランは以下の通りです。
プラン回線月額料金
Mプラン
(7GB)
ドコモ回線2,200円1,200円(1,000円割引)
ソフトバンク回線3,000円2,000円(1,000円割引)
Lプラン
(13GB)
ドコモ回線3,400円2,400円(1,000円割引)
ソフトバンク回線3,680円2,680円(1,000円割引)



キャンペーン期間

2018年12月1日(土)~2019年1月31日(月)


キャンペーン適用条件・注意点

・ドコモ回線またはソフトバンク回線のMプランまたはLプランに、新規または他社からの乗り換え(MNP)にてnuroモバイルに申し込むことが条件です。

・キャンペーンが適用されるには、上記の表の通り音声通話SIMの特定プランに申し込む必要があります。

ひと月に使える高速通信容量が200MBのお試しプランと2GBのSプランは音声通話SIMでもキャンペーン対象外です。

データ通信SIMは全プランキャンペーン対象外です。

キャンペーン期間中にプランの変更やnuroモバイルを解約した場合にはキャンペーンは継続されません。

nuroモバイルとXperia XZ Premiumのセットを新規申し込みの場合はキャンペーン対象外となります。


nuroモバイルの月額利用料金1,000円引きキャンペーンは、音声通話SIMで特定のプランを契約する必要があるなど注意点もありますが、割引額自体は大きいのでnuroモバイルの音声通話SIMの契約を予定している人にはメリットのあるキャンペーンです。

ドコモ回線かソフトバンク回線の7GB、もしくは13GBのプランを検討している場合はぜひこのキャンペーンを活用しましょう。

公式サイト
nuro mobile

レビュー・詳細
nuroモバイル(nuromobile)の速度と使って分かったメリットとデメリットまとめ【1月】


【2019年1月】nuroモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

nuroモバイル以外の多くの格安SIMでは、キャンペーンが開催されています。

2019年1月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめはBIGLOBEモバイルです。

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

現在、BIGLOBEモバイルでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

1.音声通話SIMの申し込みで初期費用3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)が0円

2.月額料金が最大14,400円割引

3.BIGLOBEモバイルの支払いに使えるGポイントが最大5,000円分プレゼント

4.当サイトからの申し込みで4,000円キャッシュバック


1に関しては、一般的な格安SIMではSIMを申し込む際に新規事務手数料が3,000円とSIMカード準備料が400円前後かかり、BIGLOBEモバイルも同じくそれぞれ3,000円と394円支払う必要があります。

それが、音声通話SIMを申し込むとキャンペーンにより0円となります。初期費用が無料で済ますことができるのは嬉しいですね。

2についても音声通話SIMが対象で、SIM単体が7,200円(1,200円×6ヶ月)割引でスマホセットが10,800円(450円×24ヶ月)割引、au回線のタイプAでP20 liteをセット購入すると最大額の14,400円(600円×24ヶ月)割引されます。

3については1や2と同じく音声通話SIMが対象で、ドコモ回線(タイプD)・au回線(タイプA)ともにP20 liteかnova 3、ZenFone 5をセット購入した場合5,000円分もらえます。

4についても音声通話SIMが対象で、SIM単体・スマホセットに関係なく音声通話SIMを申し込めば4,000円キャッシュバックされます。

なお、4,000円キャッシュバックは以下の公式サイトから申し込むことで適用されます。
BIGLOBEモバイル

必ず「限定特典 さらに4,000円キャッシュバック」の記載があることを確認した上で申し込みましょう。

また、キャッシュバック特典の適用のためにはキャンペーンページに記載されているクーポンコード「EFC」を申し込み時に入力する必要があります。
入力忘れがないように注意しましょう。

なお、データ通信SIMはSIM単体の場合はキャンペーンが適用されないものの、スマホをセットで購入すると月額料金が3,600円(150円×24ヶ月)割引され、タイプAでP20 liteを購入すると7,200円(300円×24ヶ月)割引されます。

SIM単体とスマホセットそれぞれで適用されるキャンペーンと割引額の合計は以下の通り。

SIM単体
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
6ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
12ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
20ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
30ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円


スマホセット
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
6ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
12ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
20ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
30ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円


キャンペーン適用後のBIGLOBEモバイルは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスはかなり高いです。


BIGLOBEモバイルの最大の特徴はエンタメフリー・オプションです。


エンタメフリー・オプションはデータ通信SIMが980円、音声通話SIMが480円の月額料金がかかりますが、契約すると以下のサービスをどれだけ利用しても高速通信容量を消費せずに使い放題になります。

・YouTube
・YouTube Kids
・Google Play Music
・U-NEXT
・Apple Music
・Amazon Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・radiko


特に、YouTubeとAbemaTVといった動画が見放題になるのは、利用者にとっては嬉しいですね。

BIGLOBEモバイルのその他の特徴についてはこちらをご覧ください。
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】

なお、BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べますが、通信速度はタイプAが速くタイプDに比べると平日12時台でもそこそこ快適に通信できます。

またBIGLOBEモバイルはauの運営元であるKDDIの傘下のため、タイプDよりもタイプAの方が今後もストレスなく通信できる可能性が高いです。

タイプAは選べるスマホセットや対応するスマホが少ない点には注意が必要ですが、それが問題なく速度重視で格安SIMを選ぶならタイプAを選びましょう。

タイプAの詳細はこちら。
BIGLOBEモバイルのau回線「タイプA」の速度レビュー特徴・注意点まとめ

上記の通り、BIGLOBEモバイルは格安SIMでYouTubeやAbemaTVなどを通信量を気にせず観たい人や通信速度にこだわる人、初期費用や毎月の利用料金をできるだけ安く済ませたい人には特におすすめです。

公式サイト
BIGLOBEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】

キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【1月】

キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、BIGLOBEモバイルも含めて検討してみることをおすすめします。

BIGLOBEモバイル以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【1月18日】



nuroモバイルの特徴

最後に、nuroモバイルの特徴についてまとめておきます。


全プラン業界最安値水準

nuroモバイルは全プランにおいて業界最安値水準で、毎月の携帯電話料金をかなり抑えることができます。

ドコモ回線のSプラン(2GB)、Mプラン(7G)、Lプラン(13GB)、ソフトバンク回線のMプラン(7GB)については、業界最安値となっています。

ただ、ソフトバンク回線のMプランについてはLINEモバイルと同じ月額料金で、またLINEモバイルはnuroモバイルと同じ料金でLINEとTwitter、Facebook、Instagramが使い放題で速度も速いので、料金の安さ重視でソフトバンク回線の格安SIMを選ぶならLINEモバイルがおすすめです。
LINEモバイル ソフトバンク回線の速度レビューとドコモ回線との違いまとめ


音声通話SIMは半年以上使うと他社の格安SIMよりも解約金が安い

nuroモバイルは、音声通話SIMの最低利用期間が1年間ですが、解約金は使った月が長いほど下がっていきます。
2018年12月に利用を開始した場合の解約金
2018年12月解約12,000円(残り12ヶ月 x 1,000円)
2019年1月解約11,000円(残り11ヶ月 x 1,000円)
2019年2月解約10,000円(残り10ヶ月 x 1,000円)
2019年3月解約9,000円(残り9ヶ月 x 1,000円)
2019年4月解約8,000円(残り8ヶ月 x 1,000円)
2019年5月解約7,000円(残り7ヶ月 x 1,000円)
2019年6月解約6,000円(残り6ヶ月 x 1,000円)
2019年7月解約5,000円(残り5ヶ月 x 1,000円)
2019年8月解約4,000円(残り4ヶ月 x 1,000円)
2019年9月解約3,000円(残り3ヶ月 x 1,000円)
2019年10月解約2,000円(残り2ヶ月 x 1,000円)
2019年11月解約1,000円(残り1ヶ月 x 1,000円)
2019年12月解約0円


特に残り6ヶ月(7ヶ月目)以降は他社の格安SIMに比べても解約金は安いので、必ず1年は使わないといけないわけでもありません。

音声通話SIMでも、もし気に入らなければ他社に気軽に乗り換えられるのは大きなメリットです。


ドコモ回線だけでなくソフトバンク回線のSIMも選べる

nuroモバイルの特徴として、ドコモ回線だけでなくソフトバンク回線から選ぶことができる点も挙げられます。

ソフトバンク回線は2017年12月に提供開始したばかりのサービスで、SIMフリーのスマホはもちろんソフトバンクのSIMロックかかったiPhoneやAndroidスマホもSIMロックを解除する必要なくそのまま使えます。

ただ、nuroモバイル ソフトバンク回線の通信速度はスピードテストの結果ほどの体感速度ではないので、速度重視なら同じソフトバンク回線を使った格安SIMでSIMロックのかかったiPhoneも使えて料金も安いLINEモバイルがおすすめです。

nuroモバイルのソフトバンク回線の詳細はこちら。
nuroモバイルのソフトバンク回線の料金と特徴、注意点まとめ


nuroモバイルの主な特徴は上記の通りです。その他の特徴や注意点についてはこちらに詳しくまとめています。
nuroモバイル(nuromobile)の速度と使って分かったメリットとデメリットまとめ【1月】

公式サイト
nuro mobile

-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2019 All Rights Reserved.