Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus9のRoot化方法・手順。

Posted on 11月 9, 2014

nexus9-root11
今回は、Nexus9のRoot化方法・手順を紹介します。


Android 5.0 LollipopのRoot化について

Android 5.0 LollipopのRoot化は、Android 4.4.4 KitKatまでのようにSuperSUをリカバリからフラッシュするだけではできなくなり、デフォルトのboot.imgを改造する必要があります。

SuperSUの開発者であるChainfire氏は、Nexus9のboot.imgを改造してRoot化に成功しました。

Chainfire氏は、改造済みboot.imgなどNexus9のRoot化に必要なファイル一式をまとめたzipファイルをすでにXDAにて配布してくれています。


注意事項

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



準備しておくこと

1.Nexus9をRoot化するために、まずはChainfire氏のNexus9-root-SuperSU-v2.18.zipをダウンロードして解凍しておきます。
nexus9-bootloader-unlock0

2.Android SDKをPCにインストールして、fastbootコマンドを使える状況にしておきます。Android SDKのインストール手順はAndroid SDKのインストール方法(Windows8.1)と最新のplatform-toolsをダウンロードする方法。を参照してください。

3.Nexus9の開発者向けオプションを表示させておきます。手順はAndroid 5.0 LollipopのNexus9の開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグをオンにする方法。を参照してください。


Nexus9のRoot化方法・手順

準備が終わったら、Nexus9のRoot化をしていきます。

Nexus9の開発者向けオプションで「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れる

Android 5.0 Lollipopでは、NexusデバイスのRoot化の際に必須作業となるブートローダーアンロックの前に開発者向けオプションで「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れておく必要があります。ここにチェックを入れておかないと、Nexus9のブートローダーは永遠にアンロックできません。

Nexus9のクイック設定パネルを開いて設定アイコンをタップします。
nexus9-bootloader-unlock0.01

「開発者向けオプション」をタップします。
nexus9-bootloader-unlock0.02

「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れます。
nexus9-bootloader-unlock0.03


Nexus9のブートローダーをアンロックする

「OEMロック解除を有効にする」にチェックを入れたら、ブートローダーをアンロックします。

なお、ブートローダーのアンロックをするとNexus9の内部ストレージを含めたすべてのデータが初期化され、工場出荷状態に戻ります。Heliumなどでアプリとアプリデータをバックアップしたり、写真や動画などを他のPCやDropboxなどのクラウドサービスにバックアップしておきましょう。

Nexus9をPCとつないで、電源ボタンとボリュームダウンボタンを長押ししてブートローダーを起動し、「FASTBOOT」をボリュームボタンで選んで電源ボタンで決定します。
nexus9-bootloader-unlock0.1

「FASTBOOT USB」と表示されればFastbootモードに切り替わっています。Fastbootモードに切り替わると、ドライバのインストールが必要になります。Nexus9のFastbootモード時のドライバインストール方法は、Nexus9のドライバインストール方法。を参照してください。
nexus9-bootloader-unlock0.2

準備しておくことでインストールしておいた、Android SDKフォルダの中のplatform-toolsフォルダの空いた場所で、Shiftキーを押しながら右クリック>「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックします。
nexus9-bootloader-unlock1

コマンドプロンプトが起動するので、「fastboot oem unlock」と入力してEnterキーを押します。
nexus9-bootloader-unlock2

ブートローダーをアンロックしてもいいか尋ねてくるのでYESを選びます。
nexus9-bootloader-unlock3.1

コマンドプロンプトはこのような表示になり、「Finished.total time:~」と表示されれば完了です。
nexus9-bootloader-unlock3

Nexus9の初期化が始まるのでしばらく待ちます。
nexus9-bootloader-unlock4

再びブートローダーが起動します。Statusが「UNLOCKED」と表示されていれば、ブートローダーのアンロックは成功です。
nexus9-bootloader-unlock5

ブートローダーのアンロック後、一度Nexus9を起動しておきます。
nexus9-bootloader-unlock6


Nexus9をRoot化する

Nexus9のブートローダーアンロックが完了したら、Chainfire氏が配布しているNexus9のRoot化に必要なファイルを使ってRoot化していきます。

ブートローダーアンロック後、一度起動したNexus9の電源を切り、再度電源ボタンとボリュームボタンを同時に長押ししてブートローダーを起動します。ブートローダー起動後、Fastbootモードにするために「FASTBOOT」をボリュームボタンで選んで電源ボタンで決定します。
nexus9-bootloader-unlock0.1

「FASTBOOT USB」の表示になれば、Nexus9をFastbootモードで起動できています。
nexus9-bootloader-unlock0.2

Android SDKのフォルダの中にあるplatform-toolsフォルダの空いた場所でShiftキーを押しながら右クリック>「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックします。
nexus9-bootloader-unlock1

Nexus9のRoot化に必要なファイルをインストールします。コマンドプロンプトが開いたら、「fastboot boot 」と入力します。
nexus9-root1

Chainfire氏のファイルの中の「inject.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
nexus9-root2

inject.imgまでのパスが正しいことを確認してEnterキーを押します。
nexus9-root3

「finished.total time:~」と表示されればOKです。
nexus9-root4

SuperSUを正常に動作させるために改造版boot.imgをフラッシュします。次はコマンドプロンプトに「fastboot flash boot 」と入力します。
nexus9-root5

Chainfire氏のファイルの中の「patched.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
nexus9-root6

patched.imgのパスが正しいことを確認してEnterキーを押します。
nexus9-root7

「Finished.total time:~」と表示されればNexus9のRoot化は完了です。
nexus9-root8

念のため、Nexus9を再起動してRoot化されているか確認してみます。コマンドプロンプトで「fastboot reboot」と入力してNexus9を再起動させます。
nexus9-root9

アプリ一覧にSuperSUのアイコンがあれば、Nexus9のRoot化は成功しています。
nexus9-root12

Android 5.0 Lollipopでは、端末のRoot化に若干手数が増えますが慣れればすぐに完了します。

Nexus9のRoot化方法・手順は以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る