Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




U-mobileのかけ放題「U-mobile SUPER」の詳細と注意点まとめ。ワイモバイル回線を利用したプラン。

Posted on 7月 5, 2016

u-mobile-superlogo U-mobileは、2016年6月1日に新プラン「U-mobile SUPER」の提供を開始することを発表し、7月4日より提供を開始しました。

このページでは、U-mobileのかけ放題(通話定額)プラン「U-mobile SUPER」の詳細と注意点をまとめています。

スポンサーリンク


目次


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」の特徴・メリット

まずは、U-mobileの新プラン「U-mobile SUPER」の特徴・メリットをまとめます。

10分以内の通話がひと月に300回までかけられる通話パック付きプラン

U-mobile SUPERの特徴は、10分以内の通話がひと月に300回までかけられる通話パック付きのプランである点です。

U-mobile SUPERの料金はこちら。
 高速通信容量月額料金
(音声通話SIMのみ)
Super Talk S1GB2,980円
Super Talk M3GB3,980円
Super Talk L7GB5,980円


U-mobile SUPERはあらかじめひと月に使える高速通信容量が決まっていて、1GBと3GB、5GBの中から選ぶことができます。

そして、すべてのプランにおいて10分までの通話がひと月に300回まで月額料金内でかけられます。

U-mobile SUPERの通話定額を最大限利用して通話した場合の、定額でかけられる通話時間と通話料金は以下になります。

通話時間:3,000分(10分×300回)
通話料金:120,000円(U-mobileの1分の通話料金40円×3,000分)

上記の計算結果は、10分ギリギリの通話を300回行った場合のものです。実際は1回の通話が1~2分で済むこともあると思われるので、上記の結果がそのまま当てはまることはまずないはずです。

とはいえ、最大で通話時間3,000分、通話料金120,000円分が7GBの高速通信容量付きでも5,980円で済むと考えると、通話をたくさんする人にとってコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」はワイモバイルのプランと月額料金も内容も全く同じ

U-mobile SUPERのプランを見て、ワイモバイルの10分以内の通話が300回までかけ放題のプラン「だれとでも定額」と似ていると思った人もいるはずです。

それは事実で、U-mobile SUPERとワイモバイルのプランは月額料金だけでなく内容も全く同じです。

U-mobile SUPERとワイモバイルの比較はこちら。
 U-mobile SUPERワイモバイル
無料対象通話
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1GB2,980円2,980円
3GB3,980円3,980円
7GB5,980円5,980円


上記の通り、ひと月に使える高速通信容量と容量毎のプランだけでなく、定額通話の内容までU-mobile SUPERとワイモバイルのだれとでも定額は全く同じとなっています。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」の定額通話を超える分の通話料金は20円/30秒

U-mobile SUPERで10分を超えた分や300回を超えた分の通話に関しては、別途通話料金がかかります。

追加でかかる通話料金は20円/30秒となっています。

なお、ワイモバイルの定額通話を超える分の通話料金もU-mobile SUPERと同じく20円/30秒です。

U-mobile SUPERとワイモバイルのプランは本当に全く同じといって差し支えありませんね。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」はワイモバイルの回線を利用している

U-mobile SUPERは、ワイモバイルと料金体系から内容まで全く同じです。

そこでU-mobileのお客様サポートに確認したところ、U-mobile SUPERはワイモバイルの回線を利用しているとのことです。

U-mobile SUPERは料金やサービス内容だけでなく、通話や通信ができるエリアもワイモバイルと同じということになります。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」はワイモバイルの端末をSIMロック解除せずに使える

U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」はワイモバイルの回線を利用しているため、ワイモバイルの端末ならSIMロックを解除する必要なく使えるとのこと。

U-mobileのお客様サポートに電話で確認済みです。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」に新規で申し込んだ先着5,000名はZTE Blade V6の端末代金分が料金から値引きされる

U-mobile SUPERの提供開始に合わせて、U-mobileはキャンペーンを開催します。

U-mobile SUPERを新規で申し込んだ先着5,000名は、キャンペーンによりSIMフリースマートフォンZTE Blade V6」の端末代金分が月額料金から値引きされます
zte-blade-v61
また、当初は高速通信容量が1GBのSuper Talk Sはこのキャンペーンの対象外でしたが、U-mobile SUPERのスタートと同時にSuper Talk Sもキャンペーン対象となりました。

ZTE BLADE V6のスペックや特徴はこちらにまとめています。
ZTE Blade V6のスペック・MVNOセット価格・最安値・注意点まとめ


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」の料金を他社格安SIMのかけ放題と比較

U-mobile SUPERの月額料金を、他社格安SIMのかけ放題と高速通信容量ごとに比較します。

1GB

格安SIM月額料金
DTI SIM でんわかけ放題
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
1,980円
FREETEL 1分かけ放題
【1回】
1分まで
【回数】
制限なし
1,598円
FREETEL 5分かけ放題
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
2,039円
mineo 通話定額30
【1回】
制限なし
【回数】
30分まで
2,340円
Dプラン
2,250円
Aプラン
mineo 通話定額60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
3,180円
Dプラン
3,090円
Aプラン
BIGLOBE SIM BIGLOBEでんわ 通話パック60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
2,050円
もしもシークス かけたい放題ライト
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
2,430円
もしもシークス かけたい放題フル
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
3,380円
U-mobile でんわパック60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
2,280円
U-mobile SUPER
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
2,980円
ワイモバイル
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
2,980円
ワイモバイル スーパーだれとでも定額
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
3,980円


3GB

格安SIM月額料金
DTI SIM でんわかけ放題
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
2,270円
楽天モバイル 5分かけ放題
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
2,450円
FREETEL 1分かけ放題
【1回】
1分まで
【回数】
制限なし
1,999円
FREETEL 5分かけ放題
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
2,440円
mineo 通話定額30
【1回】
制限なし
【回数】
30分まで
2,440円
Dプラン
2,350円
Aプラン
mineo 通話定額60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
3,280円
Dプラン
3,190円
Aプラン
BIGLOBE SIM BIGLOBEでんわ 通話パック60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
2,250円
もしもシークス かけたい放題ライト
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
3,030円
もしもシークス かけたい放題フル
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
3,980円
U-mobile でんわパック60
【1回】
制限なし
【回数】
60分まで
2,380円
U-mobile SUPER
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
3,980円
ワイモバイル
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
3,980円
ワイモバイル スーパーだれとでも定額
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
4,980円


7GB

格安SIM月額料金
もしもシークス かけたい放題ライト
【1回】
5分まで
【回数】
制限なし
4,230円
もしもシークス かけたい放題フル
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
5,180円
U-mobile SUPER
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
5,980円
ワイモバイル
【1回】
10分まで
【回数】
300回まで
5,980円
ワイモバイル スーパーだれとでも定額
【1回】
制限なし
【回数】
制限なし
6,980円


通話定額の内容が異なるため、単純な料金の比較だけで高い・安いを決めるのは難しいですが、月額料金だけで比較するとU-mobile SUPERの月額料金は3プランすべてにおいてワイモバイルのスーパーだれとでも定額に次ぐ料金の高さとなっています。

なお、他社格安SIMの多くは電話をかける相手の電話番号の前に数字を付ける「プレフィックス方式」を採用し、自社で用意した通話回線に切り替えることで通話定額を提供しています。

プレフィックス方式のデメリットとして、数字を自動で付加するために専用アプリが必要な点と自社で用意した通話回線の通話品質が悪い場合はIP電話のように音声の遅延や通話の途切れ、音質の悪化につながる可能性がある点です。

実際に、格安SIMのプレフィックスを使ったかけ放題サービスの中にも通話品質の悪さが指摘されているものも少なくありません。

また、格安SIMが提供する専用アプリは使い勝手が悪いというレビューも多いため、現在使っている電話アプリを使いたいならプレフィックス方式を利用しないかけ放題サービスを提供する格安SIMを検討した方がいいでしょう。

そうなると、プレフィックス方式を採用していないのはDTI SIMmineoワイモバイルの3社です。

U-mobileは「でんわパック60」ではプレフィックスを使っているものの、前述の通りU-mobile SUPERはワイモバイルの回線を利用しているためプレフィックスは使っていません(お客様サポートに確認済み)。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」の注意点・デメリット

これまでの内容をふまえて、U-mobile SUPERの注意点やデメリットをまとめます。

U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」はプラン変更では加入できない

現時点では、U-mobile SUPERは新規契約とMNP転入でのみ加入することができます。

U-mobileが現在提供しているプランから、U-mobile SUPERへのプラン変更はできません。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」は通話・通信できるエリアがドコモやauよりも狭くなる

U-mobile SUPERの最大のポイントでありデメリットとなりうるのが、U-mobile SUPERの回線提供元がワイモバイルである点です。

ワイモバイルは、ドコモやauに比べると山間部などで電波が入りにくく、通話・通信できるエリアが狭いのが現状です。

都市部など人が多い場所では特に問題なく利用できますが、山間部など人が少ない場所などでよく利用する予定なら注意が必要です。

また、ワイモバイル回線はドコモやauと利用している周波数(バンド)も異なります。

現在販売されているSIMフリー端末の多くは主にドコモの周波数に最適化されているため、ワイモバイル回線を使ったU-mobile SUPERのSIMを挿して使うと使えるエリアがさらに狭くなってしまう可能性があります。

ワイモバイルのエリアは、こちらから確認できます。
エリアマップ|エリア|Y!mobile(ワイモバイル)


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」は最低利用期間が24ヶ月間

U-mobile SUPERが回線を利用しているワイモバイルは、スマホプラン割引の1,000円値引きが適用されることでU-mobile SUPERの月額料金と同じになっています。

気になるのは、ワイモバイルのスマホプラン割引に加入すると最低利用期間が24ヶ月間設定される点です。

そこで、U-mobile SUPERの最低利用期間をU-mobileお客様センターに尋ねてみたところ、U-mobile SUPERも最低利用期間は24ヶ月とのことです。

ドコモ系の格安SIMで最低利用期間が24ヶ月のものは現時点ではないため、U-mobile SUPERの最低利用期間はかなり長いと言えます。
格安SIMで最低利用期間なし・解約金なしのMVNOまとめ


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」でワイモバイル以外の通信事業者が販売する端末を使うにはSIMロック解除が必要

U-mobile SUPERはワイモバイルの回線を利用しているため、ワイモバイルが販売する、ワイモバイルのSIMロックがかかった端末がそのまま使えるのは前述の通りです。

逆に、ドコモやau、ソフトバンクが販売する、各キャリアのSIMロックがかかった端末をU-mobile SUPERで利用するには、SIMロックの解除が必要になります。

もしくは、キャリアのSIMロックがかかっていないSIMフリー端末を自分で用意する必要がある点には注意しましょう。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」は速度制限後の最大受信速度が128kbpsと遅め

ワイモバイルは、ひと月に使える高速通信容量を使い切ると最大受信速度が128kbpsに制限されます。

そして、ワイモバイルの回線を利用するU-mobile SUPERも速度制限じは最速でも128kbpsに制限されてしまいます。

ドコモ系の格安SIMの制限後の速度は200kbpsとなるのがほとんどですが、200kbps出ればテキスト中心のウェブサイトやメール、LINE、FacbookやTwitterなどのSNS、Googleマップのナビなどは問題なく利用できます。
格安SIMで低速が使い放題(切替も可)のMVNOを比較【動画あり】

ですが上限の速度が128kbpsとなると、200kbpsでは使えるアプリも体感速度がさらに遅くなるか最悪まともに使えなくなってしまう可能性もあります。

高速通信容量をよく使い切ってしまって低速で通信することが多い人は、注意が必要ですね。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」をワイモバイルと比較。どっちがいい?

U-mobileはワイモバイルの回線を利用しており、プランもワイモバイルのだれとでも定額と全く同じである点は前述の通りです。

では、U-mobile SUPERとワイモバイルはどちらを選べばいいのでしょうか?

現在、ワイモバイルは月額料金が1年間1,000円割引されるキャンペーン「ワンキュッパ割」を開催しています。
ymobile-campaign2016.6.1
ワンキュッパ割は、1GBプランだけでなく3GBと7GBプランにも適用されるため、全プランにおいて1年間はU-mobile SUPERの方が1,000円高くなります。

対して、U-mobile SUPERは「データ増量キャンペーン」を開催しています。
u-mobile-super10
データ増量キャンペーンは、月額料金はそのままで1GBが2GBに、3GBが6GBに、7GBが12GBに増量されます。

U-mobile SUPERとワイモバイルのキャンペーン適用後の1年目の月額料金と容量の比較はこちら。
 U-mobile SUPERワイモバイル
無料対象通話
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1GB-1,980円
2GB2,980円-
3GB-2,980円
6GB3,980円
7GB-4,980円
12GB5,980円


2年目の月額料金と容量の比較はこちらです。
 U-mobile SUPERワイモバイル
無料対象通話
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1回10分までの通話がひと月300回までかけられる
1GB-2,980円
2GB2,980円-
3GB-3,980円
6GB3,980円
7GB-5,980円
12GB5,980円


ワイモバイルの月額料金1,000円引きは魅力ですが、2年目からは元の料金に戻るのがネックです。

対して、U-mobile SUPERは月額料金はそのままですが、高速通信容量が2年間にわたり増量されるのがメリットです。

上記の比較表を見ると一目瞭然ですが、2年目以降は料金は同じで多く通信できるU-mobile SUPERの方が得ですね。


また先ほども触れましたが、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアからU-mobile PREMIUMやワイモバイルへの乗り換えを検討している場合にネックになるのが「SIMロック」です。

大手キャリアで購入したスマホは、各キャリアのSIMでのみ動作するようにロックがかけられています。

そのため、U-mobile SUPERやワイモバイルのSIMをキャリアの端末に挿しても通話や通信ができないため、SIMロックを解除する必要があります。

U-mobile SUPERでは、前述のとおり先着5,000名はU-mobile SUPERのSIMを挿して使えるSIMフリースマホ「ZTE BLADE V6」の端末代金分が月額料金から値引きされます。
u-mobile-super11 つまり、ZTE BLADE V6なら端末代金が実質0円になります。
キャリアのSIMロックがかかった端末しかなくSIMロック解除ができるまで時間がかかる場合などは、端末代金が実質0円で購入できる端末を用意するU-mobile SUPERの方がトータルでかかる費用を安く抑えることができます。

まとめると、SIMロックを解除済みもしくはSIMフリー端末などをすでに持っている場合や、月額料金をできるだけ安く抑えたいならワイモバイルがおすすめです。

逆に、SIMロックがかかっている端末しか持っていない場合や、安い料金でたくさん通信したい場合はU-mobile SUPERがおすすめです。


U-mobile(ユーモバイル)「U-mobile SUPER」まとめ

U-mobile SUPERは、10分以内の通話が300回まで無料で利用できるのが大きなメリットです。

ですが、U-mobile SUPERがワイモバイルの回線を利用しているために、これまで挙げてきたようなデメリットも多くあります。

特に、ドコモ系の格安SIMではドコモのSIMロックがかかった端末でもSIMロック解除せずに利用できるのに対し、U-mobile SUPERはワイモバイルが販売する端末以外はすべてSIMロックの解除が必要な点と、ドコモやauで利用できる場所でワイモバイル回線を利用したU-mobile SUPERでは利用できないこともある可能性がある点は要注意です。

ですが、エリアに関してはどうしようもない部分があるものの、SIMロックに関してはU-mobile SUPERのZTE BLADE V6をSIMとセットで購入すれば実質0円で端末を入手できます。

また、データ増量キャンペーンが2年間適用されるので、インターネットを多く利用できるのもメリットとなっています。

格安SIMのかけ放題では実際の通話時間をカバーできない、できるだけ安い料金でたくさん通信したいという場合は、U-mobile SUPERを検討してみるといいでしょう。

U-mobileのかけ放題「U-mobile SUPER」の詳細と注意点まとめは以上です。

公式サイト
U-mobile

レビュー
U-mobile(ユーモバイル)の評価・評判・速度・メリットデメリット・レビュー【10月】


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る