Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




U-mobile Sの料金と特徴、注意点まとめ。ソフトバンク回線の格安SIM。

Posted on 3月 22, 2017

u-mobile-s U-mobileは、2017年3月22日よりソフトバンク回線を使用する格安SIM「U-mobile S」の提供を開始しました。

このページでは、U-mobile Sの料金プランと特徴・メリット、注意点やデメリットをまとめています。

スポンサーリンク



ソフトバンク回線の格安SIM「U-mobile S」とは?

U-mobile Sは、ソフトバンクの回線を使った格安SIMです。

U-mobile Sの大元の回線(MVNE)はb-mobileで、b-mobileがソフトバンク回線を借りて2017年3月22日より提供開始した「開幕SIM」と同じサービス内容となっています。

なお、U-mobileはソフトバンク系列であるワイモバイルの回線を利用した「U-mobile SUPER」というプランを提供していますが、U-mobile SUPERはあくまでもワイモバイルの回線でソフトバンクの回線ではありません。

公式サイト
U-mobile


U-mobile Sの料金プラン

U-mobile Sの料金プランは以下の通りです。
 データ通信専用SIM
SMS付きデータ通信専用SIM音声通話対応SIM
1GBプラン880円未提供未提供
3GBプラン1,580円未提供未提供
7GBプラン2,980円未提供未提供
30GBプラン4,980円未提供未提供



U-mobile Sの手数料一覧

U-mobile Sの手数料は以下の通り。

新規事務手数料

3,000円


SIM発行手数料

384円


通話料金

通話機能がないため通話不可


最低利用期間

なし


解約金

なし


U-mobile Sの特徴・メリット

まずは、U-mobile Sの特徴とメリットについて解説します。


ソフトバンクのiPhoneがSIMロック解除なしでSIMを挿すだけで使える

U-mobile Sの最大のメリットは、ソフトバンクのiPhoneがSIMロックを解除する必要なく使える点です。

ドコモとauの回線を使った格安SIMでは、SIMロックがかかったソフトバンクのiPhoneに挿しても使えませんでした。

また、ソフトバンクの回線を使った格安SIMとしてHitスマホやANA Phoneがすでにありますが、これらのSIMでソフトバンクのスマホ使うためにはSIMロックの解除が必要です。

それに対して、U-mobile SはソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneやiPadでもSIMロックを解除する必要がなく、SIMを挿すだけで通信が可能です。


SIMロック解除不要でU-moblile SのSIMを挿して使えるiPhone・iPadはどれ?

SIMロック解除の必要なく、U-mobile SのSIMを挿すだけで使えるiPhoneとiPadは以下の通りです。
 SIMカードサイズテザリングSIMロック解除
iPhone 5iPhone用 nano非対応不要
iPhone 5ciPhone用 nano非対応不要
iPhone 5siPhone用 nano非対応不要
iPhone 6iPhone用 nano非対応不要
iPhone 6 PlusiPhone用 nano非対応不要
iPhone 6siPhone用 nano非対応不要
iPhone 6s PlusiPhone用 nano非対応不要
iPhone 7iPhone用 nano非対応不要
iPhone 7 PlusiPhone用 nano非対応不要
iPhone SEiPhone用 nano非対応不要
iPadiPad用 microSIM非対応不要
iPad 2iPad用 microSIM非対応不要
iPad 3iPad用 microSIM非対応不要
iPad 4iPad用 microSIM非対応不要
iPad AiriPad用 nanoSIM非対応不要
iPad Air 2iPad用 nanoSIM非対応不要
iPad miniiPad用 nanoSIM非対応不要
iPad mini 3iPad用 nanoSIM非対応不要
iPad mini 4iPad用 nanoSIM非対応不要
iPad mini RetinaディスプレイモデルiPad用 nanoSIM非対応不要
iPad ProiPad用 nanoSIM非対応不要
iPad Pro 9.7インチiPad用 nanoSIM非対応不要


上記の通り、U-mobile Sで使えるiPhoneはiPhone 5以降で、対応機種の中には現時点で最新のiPhone 7とiPhone 7 plusも含まれます。


SIMフリーやSIMロック解除したiPhoneやiPadも使える

U-mobile Sで使えるのは、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneやiPadだけではありません。

SIMフリーやドコモ・auのSIMロック解除済みのiPhoneとiPadに挿しても使えます。
u-mobile-s1
ドコモ系やau系だけでなくソフトバンク系の格安SIMからも選べるようになると、選択肢が増えることになるのでユーザーとしては大歓迎ですね。


データ通信SIMには最低利用期間や解約金はないので気軽に試せる

U-mobile Sのデータ通信SIMには、最低利用期間(縛り)が設定されていません。

また、解約違約金ももちろんなくいつ解約しても追加で手数料がかからないので、試しにソフトバンク回線の格安SIMを使ってみたい場合でもU-mobile Sなら気軽に試すことができるのもメリットです。


ソフトバンクよりも料金が安くなる【料金比較】

U-mobile Sは、格安SIMなだけあってソフトバンクよりも料金はかなり安くなるのも大きなメリットです。

U-mobile Sとソフトバンクの料金比較は以下の通り。
 U-mobile S
ソフトバンク
1GBプラン880円2,900円
3GBプラン1,580円-
5GBプラン-5,400円
7GBプラン2,980円-
30GBプラン4,980円8,000円


上記のソフトバンクの料金は、iPhone向けプランの月額料金から音声通話の基本料金とウェブ使用料の300円を除く、データ通信のみの料金を記載しています。

3GBと5GB、7GBに関してはそれぞれ片方しか提供していないため比較できませんが、U-mobile Sの3GBの料金はソフトバンクの1GBよりも安く、またU-mobile Sの7GBプランはソフトバンクの5GBプランよりも1,400円ほど安いことからも、U-mobile Sがいかに安いかが分かります。

次に解説する注意点やデメリットが問題なければ、U-mobile Sはソフトバンクに比べてかなり節約できる格安SIMとなっています。


U-mobile Sの注意点・デメリット

次に、U-mobile Sの注意点やデメリットについて解説します。


月額料金がドコモ系格安SIMと比べて割高

U-mobile Sはソフトバンクに比べると料金は安いですが、ドコモ回線を使った格安SIMに比べると一部のプランを除いて割高です。

U-mobile Sとドコモ回線を使った格安SIMの料金比較はこちら。
 U-mobile S
ドコモ系格安SIM
(1GB・3GB・7GBはDMMモバイル、30GBはイオンモバイルの料金)
1GBプラン880円480円
3GBプラン1,580円850円
7GBプラン2,980円1,860円
30GBプラン4,980円5,380円


1GBと3GB、7GBはDMMモバイルの料金を、30GBは最安値のイオンモバイルの料金を掲載しています。

DMMモバイルに比べると、U-mobile Sの1GBと3GB、7GBはかなり高いです。

逆に、30GBはイオンモバイルに比べても400円安く、コストパフォーマンスは高いです。

30GBに関してはU-mobile Sを検討しても問題ありませんが、それ以外のプランは料金が安く独自のサービスなどもあるドコモ系格安SIMの方が自分にあったSIMを選べるでしょう。


SMS機能なしのデータ通信SIMのみなのでSMSは使えない

一般的な格安SIMのデータ通信専用SIMはSMS機能の有無を選べますが、U-mobile SではSMSなしのデータ通信SIMしか選ぶことができません。

SMSでメッセージをやり取りしたい場合や、LINEなどのアプリをSMSで認証したい場合はU-mobile SのSIMでは利用できないので注意しましょう。


音声通話SIMもない

通常、格安SIMはデータ通信だけでなく音声通話も利用できるSIMも選べますが、U-mobile Sは現時点では音声通話SIMを選ぶこともできません。

格安SIMで通話もしたい場合は、U-mobile Sは選択肢から外れることになります。

iPhoneに格安SIMを挿して音声通話も利用したい場合は、U-mobile S以外の格安SIMから選びましょう。


テザリングは使えない

格安SIMを刺したiPhoneやiPadで、テザリングを使ってインターネットしたいという人もいると思います。

ですが、残念ながら現時点でU-mobile Sはテザリングに対応していません。

なお、ドコモ回線を使った格安SIMならiPhoneやiPadに格安SIMを挿してテザリングできます。

また、au系格安SIMのUQモバイルでも一部のiPhoneでテザリングが可能です。


SIMカードのサイズ(タイプ)の選び間違いに注意

U-mobile SのSIMは現時点で3種類あり、U-mobile Sを挿して使うiPhoneやiPadのモデルによって選ぶべきSIMが異なります。

SIMを選び間違えると、挿しても通信できないので十分注意しましょう。

モデルごとのSIMのサイズ(タイプ)に関してはこちらをご覧ください。


通信速度は遅くなる可能性が高い

格安SIMの大きなデメリットのひとつが「通信速度の遅さ」です。

当サイトでは、2015年7月から通信速度の測定と比較を行なっていますが、当時から現在に至るまで常に高速で通信できる速度を維持してきた格安SIMはUQモバイル以外はありませんでした。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【4月17日最新実測】

速度が落ちても回線増強によりすぐに回復する優良なSIMはあるものの、そもそも速度が落ちないということはありえません。

U-mobile Sに関しても、契約者数が増えてきて回線が混み合ってくると通信速度は確実に落ちてきます。

その際に、回線を借りているb-mobileが速かに回線増強すれば速度の低下は一時的なもので済みますが、回線増強には費用がかかるためすぐに増強が実施されるとは限りません。

U-mobile Sの提供開始直後なら契約者数が少ないためすぐに低速化することはないとは思いますが、今後速度が落ちてきたときにどの程度の期間で速度が回復するのかは未知数である点に注意しましょう。


U-mobile Sまとめ。こんな人におすすめ

最後に、U-mobile Sがおすすめな人についてまとめます。

U-mobile Sは、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneやiPadでもSIMロック解除不要でSIMを挿すだけで通信でき、またSIMフリーやSIMロックを解除した他社のiPhoneやiPadでも使うことができます。

ですが、SIMフリーやSIMロックを解除したiPhone・iPadの場合は、あえて割高の料金でSMSありのデータ通信SIMや音声通話SIMを選べない、さらにテザリングもできないソフトバンク系格安SIMのU-mobile Sを選ぶメリットはありません。

SIMフリー・SIMロック解除対応のiPhoneやiPadに挿すなら、U-mobile Sよりも料金が安くてSMSありや音声通話SIMも選ぶことができ、テザリングにも対応しつつ独自の付加サービスも多いドコモ系格安SIMを検討したほうがいいでしょう。

U-mobile Sとともにドコモ系格安SIMも検討中の場合は、こちらのページでドコモ系格安SIMを比較しているので参考にしてみてください。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【4月17日】

まとめると、U-mobile SはSIMロックが解除できないiPhoneやiPadで音声通話は使わず、現在使っているソフトバンクの月額料金を安くしたい場合にのみメリットのある格安SIMで、対象となる人はかなり限られます。

具体的には、すでに使っていないSIMロック解除不可のiPhoneをゲームやインターネット専用として使いたい場合や、同じくSIMロック解除に対応していないiPadを2台目として使う場合は検討する価値はありそうです。

U-mobile Sのデータ通信SIMには最低利用期間も解約金がなくいつ解約しても追加で手数料を支払う必要がないので、対象となるような使い方をしていて気になる場合は試しに使ってみてもいいかもしれませんね。

U-mobile Sの特徴と注意点まとめは以上です。

公式サイト
U-mobile


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る