mineo(マイネオ)のキャンペーン一覧と注意点まとめ【2019年11月】

このページでは、au回線とドコモ回線のSIM、そして2018年9月4日からはソフトバンク回線のSIMも1社で同時に提供している3社のマルチキャリアMVNOであるmineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細と条件、注意点をまとめています。

mineoのソフトバンク回線の詳細はこちら。

mineo(マイネオ)のソフトバンク回線「Sプラン」の詳細と速度レビュー

また、現在開催中のAmazonギフト券やnanaco、モバイルSuica、楽天Edyなどと交換できるEJOICAセレクトギフト1,000円分がもらえる紹介URLも公開しているので、ぜひ活用してください。



mineoキャンペーン【2019年11月①】mineo紹介キャンペーン(紹介アンバサダー)


キャンペーン内容

mineoを紹介された人がデュアルタイプ(音声通話SIM)を新規契約すると紹介した人は抽選で最大3,500円分の、紹介された人は一律1,000円分のEJOICAセレクトギフトがプレゼントされます。


キャンペーン期間

2019年3月1日~終了日未定


キャンペーン利用方法

mineo紹介キャンペーンの利用方法は以下の通りです。


紹介する人
mineoのマイページにアクセスしてログインします。
ログイン | mineo

マイページに表示されている「あなたの紹介用URL」をメールやLINEなどで紹介する人に送ります。
mineo-campaign51


紹介される人
紹介する人からもらった紹介用URLからmineoの音声通話SIMに申し込むと、1,000円分のEJOICAセレクトギフトがもらえます。


当サイト管理人が利用中のmineoの紹介用URL
紹介してくれる人が周りにいない場合は、私の紹介URLを使ってもらってもOKです。
https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F9H1C7U6H8

このSIMは4年前から契約しているもので今後も解約する予定はなく、特典が受け取れないということはないので安心してください。


EJOICAセレクトギフトとは?
EJOICAセレクトギフトは、様々な商品券と交換できるギフト券です。

交換できるサービスは以下の通り。
・Amazonギフト券
・モバイルSuica
・nanaco
・WAONポイント
・楽天Edy
・Google Play ギフトコード
・App Store & iTunes コード
・出光キャッシュプリカ
・カエトクカード
・HMV Gift Card
・Vプリカ発行コード
・NET CASH
・リンベル イー・ギフト
Amazonギフト券だけでなくモバイルSuicaやnanaco、楽天Edyなど主要な電子マネーの多くと交換できるので、自分がよく利用するサービスのものと交換しましょう。

キャンペーン注意点・その他

・データ通信SIMはキャンペーン適用対象外です。

・課金開始月を1ヶ月目とした3ヶ月目を特典付与月とし、その月末までにEJOICAセレクトギフトがmineoマイページ(my.mineo.jp)にてプレゼントされます。同時にmineoメールアドレス宛て(@mineo.jp)にも通知が届きます。

紹介できる件数は、1ヶ月につき7件が上限です。

・紹介する人と紹介される人が同じ場合はキャンペーン適用対象外です。

・特典が付与される月の月末までにmineoを解約した場合は特典が付与されません。

・紹介する人または紹介される人が法人名義の場合は特典が適用されません。

・紹介した人の支払い状況によっては特典が適用されない場合があります。

・ウェブサイトからの申し込み途中にブラウザの戻るボタンを押して前のページに戻った場合、特典が受けられない場合があります。前のページに戻る場合は必ずページ下部の「前へ戻る」ボタンを押しましょう。

・Cookieを引き継がない仕様で申し込むと、特典が受けられない場合があります。必ず引き継がれる状態にて申し込みましょう。Androidの標準ブラウザ「Chrome」とiOSの標準ブラウザ「Safari」は、標準でCookieが引き継がれる仕様になっています。

紹介キャンペーンはデータ通信SIMが対象外な点には注意が必要ですが、それ以外はメリットしかないのでぜひ有効活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】


mineoキャンペーン【2019年11月②】日経電子版最大2ヶ月無料キャンペーン



キャンペーン内容

mineoのオプションサービスの日経電子版を契約すると、日経電子版の月額料金3,889円が最大2ヶ月間無料になります。

また無料期間終了後も、mineoの利用料金から23ヶ月間にわたって600円割引されるのに加えて、パケ増し適用で選ぶプランに応じて高速通信容量が毎月増量されます。



キャンペーン期間

2019年10月1日~2019年12月1日


キャンペーン注意点・その他

・キャンペーン期間中にmineoのオプションサービスとして日経電子版を申し込むことと、mineoのオプションサービスとして日経電子版を利用したことがないことがキャンペーン適用条件です。

・キャンペーン適用期間中に日経電子版を解約した場合、解約月は日経電子版の月額料金が満額かかります。

・日経電子版継続割との合算により月額料金が無料となります。

・このキャンペーンが適用される場合、日経電子版初月割は適用されません。

・2020年1月31日までにmineoで申し込みを承諾できなかった場合、キャンペーンが適用されません。

・支払い状況によってはキャンペーンが適用されない場合があります。

・法人名義はキャンペーン対象外です。

・書面での申し込みの場合は、2019年12月1日当日消印まで有効です。


日経電子版は月額料金が3,889円とそこそこ高めなので、定期購読するのに抵抗がある人もいると思います。

mineoのSIMを使っている、もしくはこれからmineo契約予定で日経電子版の購読も検討している場合は、このキャンペーンを活用すると良さそうですね。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】




mineoキャンペーン【2019年11月③】毎月パケット増量特典 パケ増し



キャンペーン内容

毎月1日0時時点で対象のオプションサービスを契約していると、当月10日頃に高速通信容量が付与されます。

パケ増し対象のオプションサービスともらえる高速通信容量は以下の通り。
 プランもらえる高速通信容量
ANiUTa

RecMusic
ライトプラン

Renta!
(300pt)

雑誌読み放題
タブホ
500MB15MB
1GB30MB
3GB90MB
6GB180MB
10GB300MB
20GB600MB
30GB900MB
AWA

U-NEXT

Hulu

Renta!
(1,000pt)
500MB25MB
1GB50MB
3GB150MB
6GB300MB
10GB500MB
20GB1GB
30GB1.5GB
日経電子版500MB50MB
1GB100MB
3GB300MB
6GB600MB
10GB1GB
20GB2GB
30GB3GB


U-NEXTやHuluといった動画ストリーミングサービスは、もらえる高速通信量が多めです。

ちなみに、対象オプションに複数加入した場合はすべてのオプション分でパケ増しが適用されます。

例えばmineoの6GBコースを選び、雑誌読み放題タブホとAWA、日経電子版の3オプションに加入した場合、この3オプションを契約し続けている限り毎月180MB+300MB+600MB=1080MB(1.08GB)が追加され、合計7.08GB使えます。



キャンペーン期間

終了日未定


キャンペーン注意点・その他

毎月1日0時時点で対象コンテンツを契約している必要があります。

・同じeoIDで複数回線を契約している場合は、最も大きい回線容量(プラン)で付与する高速通信容量を算出します。

・同じeoIDで複数回線契約されている場合は、回線ごとに付与される高速通信容量の配分率を変更することができます。「ご契約サービスの変更」から「毎月パケット増量特典(パケ増し)配分設定」から変更してください。

・初期の配分率は、同じeoID契約で契約している回線の中で最も契約期間の長い回線に全て付与されます。

・契約回線の解約があった場合は初期の配分率にセットされます。

・契約回線の追加があった場合、追加回線は0%で設定されます。追加回線にも配分したい場合は設定から変更しましょう。


パケ増しは、LINEモバイルやLinksMate、BIGLOBEモバイルのように特定のアプリが使い放題になるといったサービスではありません。

また追加される容量も極端に多くはないものの、少しでも増えればその分容量を気にせずにコンテンツを楽しめるのがメリットです。

対象のオプションに加入予定の場合はぜひ活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】




mineoキャンペーン【2019年11月④】端末安心保証継続キャンペーン



キャンペーン内容

すでにmineoのSIMを利用中で、端末安心保証サービスまたは安心パック2を3ヶ月以内に解約または契約満了した人、もしくは加入中の人が機種変更(端末追加購入)すると端末安心保証サービスの月額料金500円が加入月の翌月から3ヶ月間無料になります。

具体的には以下の4つの条件をすべて満たしておく必要があります。

①すでにmineoのSIMを利用中であること

②すでに端末安心保証サービスか安心パック2を利用中、もしくは端末安心保証サービス・安心パック2を解約後3ヶ月以内のmineoの回線でキャンペーン期間中に端末を購入すること

③②で購入した端末において端末安心保証サービスに新規加入すること

④そのmineoのSIMで端末安心保証サービスの月額料金割引をこれまでに受けたことがないこと


キャンペーン期間

2019年9月2日~2020年3月31日


キャンペーン注意点・その他

・新規でmineoのSIMを契約する際に端末を同時に購入する場合はキャンペーン対象外となります。

・iPhoneシリーズを購入の場合は端末安心保証サービスへの申し込みができないため、キャンペーン対象外です。

・端末安心保証サービス加入月の翌月から3ヶ月間、月額料金が無料となります。初月は日割りの料金がかかります。

・2020年4月30日までにmineoにて申し込みを承諾できなかった場合はキャンペーンは適用されません。

・支払いが遅延している場合など、支払いの状況によってはキャンペーンの適用が取り消される場合があります。

・法人名義はキャンペーン対象外です。


mineoの端末安心保証サービスは保証期間は35ヶ月後の末日まで、月額370円で利用できるオプションで、mineoで購入した端末が故障した場合でも保証期間内に2回まで新品とほぼ同じ状態の整備品と交換できます。

端末安心保証サービスの利用料金は1回目が5,000円、2回目は8,000円で、普通に端末を購入するよりも安く新品と同様の商品と交換できます。

mineoの端末安心保証サービスは月額料金が安く保証期間も約3年と長めで、キャンペーンを適用すれば3ヶ月間無料で使えるので、条件を全て満たしている人でスマホをよく落としたりして壊す人はこのキャンペーンをぜひ活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】




【2019年11月】mineo以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

mineoのキャンペーン詳細は以上ですが、mineo以外にも多くの格安SIMでキャンペーンが開催されています。

2019年10月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめは IIJmio です。

IIJmio(みおふぉん)

現在、IIJmioでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

IIJmioの主なキャンペーン
① 新規事務手数料3,000円がどちらも1円

② 当サイトからの申し込みで月額料金が4ヶ月間にわたり(合計5,200円)割引

③ 3ヶ月間にわたってSIM1枚につき3GB増量

④ 音声通話SIMとセットでスマホを購入すると最大5,000円分のAmazonギフト券などに交換できる選べるe-GIFTプレゼント


①と③は、音声通話SIMだけでなく最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMでも無条件に適用されるので、IIJmioを申し込む人にとっては大きなメリットです。

②と④については、音声通話SIMのみ対象となっています。

なお、②の4ヶ月間1,300円割引は以下より申し込むことで適用されます。
IIJmio(みおふぉん)

必ず「限定特典:タイアップキャンペーンでさらにお得」の記載があることを確認した上で申し込んでください。


キャンペーン適用後のIIJmioは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスはかなり高いです。

キャンペーン重視で格安SIMを選ぶなら、IIJmioも含めて検討してみることをおすすめします。

公式サイト
IIJmio(みおふぉん)

メリット・デメリット・レビュー
IIJmioを使ってみた感想と速度レビュー、メリット・デメリット総まとめ【11月】

キャンペーン詳細
IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ【11月】


mineo(マイネオ)の特徴

mineoはキャンペーンも魅力ですが、高機能でマルチキャリアMVNOならではの独自のサービスなど様々な特徴があります。

以下に、mineoの特徴を良い点と注意点に分けて紹介します。


mineo(マイネオ)の良い点



手数料2,000円でau⇔docomo間のキャリア変更が可能
一般的な格安SIMは、ドコモ回線かau回線、もしくはソフトバンク回線のいずれか1回線を使っています。

対して、mineoはドコモ回線のDプランとau回線のAプランから選ぶことができるのが大きな特徴です。

これにより、例えばAプランの通信速度が遅くなったらDプランに切り替えるといったことが可能です。

なお、AプランとDプランの切り替え時にかかる手数料は2,000円と割安なので、気軽に異なる回線を試すことができるのもメリットです。

DプランとAプランには月額料金や通信速度、3日間の使いすぎによる速度制限などに違いがあります。

特に通信速度に関しては、現時点ではAプランよりもDプランのほうが安定しているので、速度にこだわるならDプランをおすすめします。

mineoのDプランとAプランの違いや比較はこちらにまとめています。
mineo(マイネオ) au回線とdocomo回線の比較と速度実測


パケットギフトを使って家族以外のあらゆるmineoユーザーと高速通信容量をシェアできる
mineoには、mineoユーザー同士で自分の余った高速通信容量をプレゼントできるパケットギフトというサービスがあります。

パケットギフトは、家族だけでなくmineo使ってる人となら誰とでも高速通信容量をプレゼントしあえるのが大きな特徴です。
packetgift-share1

身近にmineo使ってる人がいない場合は、mineoの公式コミュニティサイト「マイネ王」で相手を探して高速通信容量をやりとりすることができます。

パケットギフトを利用するのに手数料などは一切かからないので、ぜひ活用しましょう。

パケットギフトの特徴や使い方についてはこちらをご覧ください。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ


家族割・複数回線割で月額料金が安くなる
mineoは、家族で契約したり1人で複数の回線を契約することで月額料金が毎月50円割引される「家族割」「複数回線割」があるのも大きな特徴です。

例えば、mineo Dプランのデータ通信SIMは900円ですが、2回線以上契約すると1回線あたり50円割引されるため月額850円となり業界最安値水準となります。

家族で格安SIMに乗り換える場合や、一人でスマホとタブレット用など複数の格安SIMを契約する場合は、より安くなるmineoがおすすめです。


フリータンクを使うと最大1GBの高速通信容量を無料で追加できる
他社にはないmineoならではの特徴として「フリータンク」があります。

フリータンクは、mineoユーザーが余った高速通信容量をタンクに預け、逆に月末に高速通信容量が足りなくなったユーザーは預けられている高速通信容量を利用料無料で最大1GBまで引き出すことができる、画期的なサービスです。
mineo-freetank

mineoで普通に高速通信容量を追加しようとすると、100MBが150円なので1GBで1,500円の追加費用がかかります。

そこでフリータンクを利用すると、追加費用一切なしで1GBの高速通信容量を追加できます。

ひと月に使える高速通信容量を月末に使い切ってしまった場合は、フリータンクを有効活用することをおすすめします。

なお、フリータンクは余った高速通信容量をパンクに預けてくれる人がいるからこそ成り立つサービスです。

引き出す人が多すぎるとフリータンクに溜まっている容量が最終的にはなくなってしまうので、もし翌月に期限切れにしてしまう高速通信容量がある場合は積極的にフリータンクに預けましょう。

フリータンクの詳細や使い方についてはこちらをご覧ください。
mineo「フリータンク」のメリット・繰り越し有無と期限・使い方総まとめ


音声通話SIMには最低利用期間がない
mineoのメリットの1つに、音声通話SIMの最低利用期間や解約金がない点も挙げられます。

一般的な格安SIMの音声通話SIMは、半年から1年間の最低利用期間と8,000円から9,800円の解約金があるため気軽に試すことができません。

最低利用期間も解約金もないmineoの音声通話SIMは、そのSIMが必要なくなった場合に解約しても問題なければノーリスクで試すことができます。

格安SIMの音声通話SIMの使い勝手がどんな感じなのか試してみたい場合は、mineoをメインに検討してみることをおすすめします。


余った通信容量の繰り越し、高速通信と低速通信の切り替え、バーストモードを備える
mineoは基本的なSIMの機能も高性能で、余った高速通信容量の繰り越しだけでなく高速通信と低速通信の手動切り替えや低速時のバーストモードにも対応しています。

高速通信と低速通信の切り替え機能は、利用できる格安SIM自体が少ないので貴重です。

高速と低速を切り替えるメリットは、低俗に切り替えておけば高速通信容量を一切消費しない点です。

例えば、画像が少なめでテキストがメインのウェブサイトの閲覧やTwitterなどのSNSアプリのタイムラインの表示、Googleマップによるナビなどであれば、低速に切り替えた状態でも特にストレスなく使えます。
mvno-low-speed-comparison26

これらのアプリを低速で使うことで、本来は高速通信として容量を消費するはずだったのが消費されず節約できます。

また、mineoは低速時でも通信開始から一定時間は高速で通信するバーストモードに対応しているので、体感速度もそこまで遅く感じません。
burst-mode1

mineoを契約したら、高速と低速の切り替えはぜひ試してみてください。

mineoの高速と低速の切り替え方法はこちら。
mineoの低速モードへの速度切り替え方法とバースト転送について
高速通信時、低速通信時とも3日間の使い過ぎによる速度制限がない(ドコモプランのみ)
格安SIMの中には、3日間で一定以上通信すると速度が200kbpsに制限される、いわゆる3日制限があるものもあります。

3日制限のあるSIMだと、短期間で動画をたくさん見たり大きなサイズのファイルをダウンロードしたりするとすぐに引っかかってしまう可能性があるので常にどの程度通信しているかを気にし続ける必要があります。

mineoのDプランには3日制限はないので、短期間の大量の通信も気にせずにできるのがメリットです。
10分かけ放題サービスで10分以内の通話が回数制限なくかけ放題
mineoは、2017年10月からそれまで提供してきた5分かけ放題サービスを月額料金850円のまま、10分かけ放題サービスに拡大しました。

これにより、10分以内の通話なら回数制限なく定額で話し放題になりました。

1回の通話は10分以内で収まるものの回数が多い人は、mineoの10分かけ放題の検討をおすすめします。

詳細についてはこちらにまとめているので、参考にしてみてください。
mineo(マイネオ)「10分かけ放題サービス」「通話定額30/60」の特徴と注意点まとめ


マイネ王を活用することで同じmineoユーザーと情報交換できたり不明点を教えてもらえる
先ほども少し触れましたが、mineoには公式のコミュニティサイトである「マイネ王」があるのも他の格安SIMにはない大きな特徴です。

マイネ王では、全国のmineoユーザーがmineoのSIMだけでなくmineo以外の格安SIMやSIMフリースマホなどに関する情報交換しあったり、質問に答え合ったりしています。

格安SIMのサポートに電話したりしても、サポート対象になるのは基本的にその格安SIMについてのみなので本当に知りたいことをなかなか知ることができないことがよくあります。

マイネ王なら、実際に自分で試したり使っているユーザーが質問に答えてくれることもあるのでより的確なアドバイスをもらえることもよくあります。

特に格安SIMやSIMフリースマホなどに詳しくない場合は、マイネ王をぜひ活用しましょう。


新型のiPhoneやiOSリリース時の動作確認が速く、iPhoneやiPadを安心して使える
格安SIMのネックの一つが、新型のiPhoneや最新のiOSで使えなくなることがある点です。

使えるかどうかは実際にSIMを挿して試してみる必要がありますが、この作業をすぐにしてくれないMVNOもあります。

対して、mineoは新型iPhoneが発売されれば原則的に発売当日に、iOSに関しても基本的にはアップデート開始日に速やかに動作確認をしてくれるので、iPhoneユーザーでも安心して利用できる数少ない格安SIMの1つです。

mineoのSIMとiPhoneの組み合わせでトラブルが起きた場合は、マイネ王で質問することで問題が解決する場合もあるのでさらに安心です。

iPhoneに挿す格安SIMを検討している場合は、サポート体制が整っているmineoがおすすめです。


mineo(マイネオ)の注意点

次に、mineoの注意点についてまとめておきます。


家族間で高速通信容量を分けあえるパケットシェアに該当するのは、当月に余った分のみ
mineoには、高速通信容量を最大5回線でシェアすることができるパケットシェアというサービスがあります。
packetgift-share3

パケットシェアは一見便利そうに見えますが、実際にシェアされるのは当月に使い切れなかった高速通信容量のみに限られるているので使い勝手はそこまでよくありません。

パケットシェアよりも、パケットギフトの方がより便利に使うことができます。


音声通話SIMには最低利用期間と解約金がないが、12ヶ月以内にMNP転出(他社に乗り換え)の場合は転出手数料が11,500円かかる
前述の通り、mineoの音声通話SIMには最低利用期間と解約金がないのがメリットです。

逆に注意すべきはMNP転出で、mineoの音声通話SIMを12ヶ月以内に他社に番号そのままで乗り換えすると税込み12,420円の手数料がかかります。

音声通話SIMも解約して他社のSIMを新規で契約しなおすなら問題ありませんが、番号乗り換えする場合は1年以内だと高くなる点には注意しましょう。


3GBプランは他社と比べても一般的な料金ではあるものの、500MBと1GBプランは安くはない
mineoの料金プランは、3GB以降は他社と比べても特に高いわけではありません。

逆に、500MBと1GBは他の格安SIMに比べても割高になっています。

3GB未満のプランを検討している場合は、mineo以外のSIMも含めて検討してみることをおすすめします。

主要格安SIMの料金はこちらで比較しています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【8月29日】

なお、mineoのフリータンクを活用すれば最大1GB増量されるので、500MBや1GBでもコストパフォーマンスはそこそこ高くなります。


Aプラン(au回線)のVoLTE SIMをauの端末に挿して使うにはSIMロックの解除が必要
AプランのVoLTE SIMをauで購入した端末で使う場合、そのままでは通話・通信とも利用することができません。

必ずSIMロックを解除する必要があります。

Dプランはドコモで購入した端末にSIMロック解除不要でそのまま挿して使えますが、AプランはDプランのように手軽には使えない点には注意しましょう。


一部の端末ではテザリングできない
これはmineoに限った話でありませんが、mineoのSIMでは一部の端末でテザリングが利用できません。

例えば、AプランのVoLTE SIMをSIMロックを解除したauのiPhoneに挿した場合、通話と通信は問題なく利用できますがテザリングは使えません。

またDプランについても、ドコモの少し古いAndroid端末ではテザリングできないものがほとんどです。

端末にmineoのSIMを挿してテザリングを利用する予定の場合は、自身の端末がテザリングに対応しているかどうかmineoの公式サイトの対応機種一覧で確認しておきましょう。


mineo(マイネオ)の特徴まとめ

mineoは、パケットシェアの対象のパケットが限定されていたり12ヶ月以内のMNP転出時の手数料が高いといった注意点はありますが、マルチキャリアを生かしたサービスや高速で快適な通信速度、バーストモードとドコモプランは高速・低速時とも使い過ぎによる速度制限がないといった注意点以上に大きなメリットがあります。

mineoは3GBのプランであれば月額料金は他社の格安SIMとほぼ同じでありながら、容量繰り越しや高速と低速の切り替え、低速時でも通信開始から一定時間は高速で通信するバーストモードも備える多機能な格安SIMです。

また、Dプランは低速切り替え時はどれだけ通信しても制限はかけられないため、使い放題となっている点もメリットです。
mineoの3日間の通信速度制限 3日規制 速度規制まとめ

音楽やラジオなどをストリーミング再生したい、Googleマップをたくさん使うという人はmineoはおすすめです。低速でできることや、低速通信でアプリを試す様子を記録した動画はこちらを参照してください。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

mineoには音声通話SIMの最低利用期間がないというのも大きなメリットです。格安SIMを試しに使ってみたい、短期間だけ音声通話機能付きのSIMが必要といった場合にも使えます。

さらに、mineoは2017年10月より10分以内の通話なら回数制限なくかけ放題になるサービス「10分かけ放題サービス」の提供を開始しました。
mineo-campaign44
これにより、mineoのSIMでたくさん通話した場合でも通話料金を安く済ませることができます。単純計算では、ひと月に22分以上通話するなら「10分かけ放題サービス」に加入したほうが安くなるので、該当する人はかけ放題サービスも検討しましょう。

先ほども触れましたが、mineoを契約したらキャンペーンも開催中のmineoユーザー同士で交流できるコミュニティサイト「マイネ王」を活用することをおすすめします。

マイネ王には、多くのmineoのSIMを使っているユーザーが集まって情報交換をしています。格安SIMが初めてで分からない点があるユーザーも、マイネ王で質問することで他のユーザーから回答をもらえるなどかなり便利です。

また、mineoには前述のとおり他のmineoユーザーに高速通信容量をプレゼントしたり、逆にもらうことができる「パケットギフト」がありますが、マイネ王の掲示板でユーザー同士でパケットを交換したりもしています。

さらに、mineo独自の機能「フリータンク」もマイネ王に登録しているユーザーだけが利用できるサービスです。

フリータンクは、mineoのSIMで余ったパケットをタンクに寄付したり、逆に月末にパケットを使い切って低速になってしまった場合にタンクから最大1GBまでパケットを引き出して無料で使える画期的なサービスです。
mineo-freetank-image

通常、パケットを使い切った場合は追加でパケットを購入してチャージする必要があります。mineoでもパケット100MBを150円でチャージすることができるものの、フリータンクを使えば無料で1GBまで引き出して追加することができるのが最大のメリットです。

フリータンクは引き出す量が寄付する量を上回ると正常に機能しません。ですが、現時点では寄付した量が引き出す量を上回っているためしっかりと機能しています。
mineou-freetank

数ある格安SIMの中でもユーザー同士の横のつながりが非常に強いのがmineoのメリットで、そのメリットがさらに活かされているのがフリータンクです。mineoを使い始めたら、フリータンクを活用して余ったら寄付しつつ足りない時はありがたく使わせてもらいましょう。

マイネ王を利用すれば、格安SIMが初めての人は同じmineoユーザーからサポートしてもらえるので安心してmineoのSIMを利用できます。また、パケットギフトで他のmineoユーザーから高速通信容量をもらえれば毎月の料金を抑えることもできます。さらに、新サービスのフリータンクでパケットを無料で追加することもできるなどメリットばかりです。

上記のとおり、mineoはメリットが多くデメリットが少ない使い勝手の非常に良い格安SIMです。

その他mineoのドコモプランの詳細やメリット・デメリット・実際に使ってみたレビューなどは以下を参照してください。
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】

mineoのキャンペーン詳細と注意点のまとめは以上です。

公式サイト
mineo

特徴とレビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【11月】

-格安SIM(MVNO)のキャンペーン

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2019 All Rights Reserved.