mineo(マイネオ)のキャンペーン一覧と注意点まとめ【2018年12月】

投稿日:2018-12-12 更新日:

このページでは、au回線とドコモ回線のSIM、そして2018年9月4日からはソフトバンク回線のSIMも1社で同時に提供している3社のマルチキャリアMVNOであるmineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細と条件、注意点をまとめています。

mineoのソフトバンク回線の詳細はこちら。

mineo(マイネオ)のソフトバンク回線「Sプラン」の詳細と速度レビュー

また、現在開催中のAmazonギフト券やnanaco、モバイルSuica、楽天Edyなどと交換できるEJOICAセレクトギフト1,000円分がもらえる紹介URLも公開しているので、ぜひ活用してください。

目次

mineoキャンペーン【2018年12月①】mineoオプションキャンペーン

mineoは、オプションが最大2ヶ月無料になるキャンペーンを開催しています。


キャンペーン内容

以下の4つのオプションの月額料金が、3ヶ月間無料になります。

・mineo WiFi by エコネクト
・超ストレージ
・思い出アルバム by Keepy
・パスワードマネージャー 月額版
・さよなら迷惑電話
・mineoでんわ 10分かけ放題
・持込み端末安心保証サービス
・ウイルスバスターモバイル 月額版


キャンペーン期間

2018年12月10日~2019年1月31日


キャンペーン注意点・その他

・オプションを申し込む番号で、これまでにキャンペーンなどで該当のオプションが割引が適用されたことがある場合はキャンペーン対象外です。

・mineoでんわ 10分かけ放題と持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスターモバイル 月額版の適用初月は日割り計算になり、日割り計算額を上限として割引が適用され無料になります。

・mineoでんわ 10分かけ放題サービスで発生した通話料や端末安心保証サービスの交換代金など、割引対象となるオプションの月額料金以外の料金は割引されません。

・キャンペーンが適用されている期間中にオプションを解約した場合、解約以降は特典は適用されません。

・超ストレージとパスワードマネージャー 月額版は、特典が適用されるのは1つのeoIDにつき5契約まで。

・mineoでんわ 10分かけ放題サービスは、キャンペーン適用期間中にプラン変更などにより電話番号が変わった場合、それ以降割引は適用されません。


今回のオプション無料キャンペーンでは、以前同じオプションで月額料金の割引を受けたことがある場合は割引が適用されない点には注意が必要です。



なお、このオプション無料キャンペーンの中で特にメリットがあるのは10分かけ放題です。オプション料金850円が2ヶ月間0円になるので、かけ放題オプションを試してみたい場合は活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】


mineoキャンペーン【2018年12月②】mineo紹介キャンペーン

mineoではmineoを紹介した人が最大3,000円分、紹介された人ともに1,000円分のEJOICAセレクトギフトがプレゼントされるキャンペーンを開催しています。


キャンペーン内容

mineoを紹介した人は最大3,000円分、紹介された人は一律1,000円分のEJOICAセレクトギフトがプレゼントされます。


キャンペーン期間

2018年12月10日~2019年1月31日


キャンペーン利用方法

mineo紹介キャンペーンの利用方法は以下の通りです。

紹介する人
mineoのマイページにアクセスしてログインします。
ログイン | mineo

マイページに表示されている「あなたの紹介用URL」をメールやLINEなどで紹介する人に送ります。
mineo-campaign51


紹介される人
紹介する人からもらった紹介用URLからmineoに申し込むと、紹介した人・紹介された人ともに1,000円分のEJOICAセレクトギフトがもらえます。

紹介してくれる人が周りにいない場合は、私の紹介URLを使ってもらってOKです。
https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F9H1C7U6H8

このSIMは3年前から契約しているもので今後も解約する予定はなく、特典が受け取れないということはないので安心してください。


EJOICAセレクトギフトとは?
EJOICAセレクトギフトは、様々な商品券と交換できるギフト券です。

交換できるサービスは以下の通り。

・Amazonギフト券
・モバイルSuica
・nanaco
・WAONポイント
・楽天Edy
・Google Play ギフトコード
・App Store & iTunes コード
・出光キャッシュプリカ
・カエトクカード
・HMV Gift Card
・Vプリカ発行コード
・NET CASH
・リンベル イー・ギフト

Amazonギフト券だけでなくモバイルSuicaやnanaco、楽天Edyなど主要な電子マネーの多くと交換できるので、自分がよく利用するサービスのものと交換しましょう。


キャンペーン注意点・その他

・紹介先の課金開始月の翌月に入金が確認でき、かつ紹介元が利用中である場合に限り特典付与の対象となります。

・課金開始月を1ヶ月目とした3ヶ月目を特典付与月とし、その月末までにEJOICAセレクトギフトがmineoマイページ(my.mineo.jp)にてプレゼントされます。同時にmineoメールアドレス宛て(@mineo.jp)にも通知が届きます。

・紹介する人と紹介される人が同じ場合はキャンペーン適用対象外です。

・契約後に届く契約内容通知書の表記は「紹介キャンペーン」となります。

・特典が付与される月の月末までにmineoを解約した場合は特典が付与されません。

・法人名義は対象外です。

・2019年2月28日までにmineoにて申し込みを承諾できなかった場合は特典は適用されません。

・紹介した人の支払い状況によっては特典が適用されない場合があります。

・書面での申し込みの場合は2019年1月31日の当日消印まで有効です。

・ウェブサイトから申し込む場合、JavaScriptが無効の状態で申し込むと特典が受けられないことがあります。JavaScriptを必ず有効にして申し込みましょう。なお、Androidの標準ブラウザ「Chrome」とiOSの標準ブラウザ「Safari」は、JavaScriptは標準で有効化されています。

・ウェブサイトからの申し込み途中にブラウザの戻るボタンを押して前のページに戻った場合、特典が受けられない場合があります。前のページに戻る場合は必ずページ下部の「前へ戻る」ボタンを押しましょう。

・Cookieを引き継がない仕様で申し込むと、特典が受けられない場合があります。必ず引き継がれる状態にて申し込みましょう。Androidの標準ブラウザ「Chrome」とiOSの標準ブラウザ「Safari」は、標準でCookieが引き継がれる仕様になっています。


周りにmineoユーザーがいる場合は、紹介キャンペーンはメリットしかないのでぜひ有効活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】


【終了しました】mineoキャンペーン【2018年11月①】祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン




キャンペーン内容

mineoのデュアルタイプ(音声通話SIM)を新規で申し込むと、利用開始翌月から月額料金が6ヶ月間333円から利用できます。

キャンペーン適用後のDプラン(ドコモ回線)とAプラン(au回線)、ソフトバンク回線の月額料金は以下の通りです。

Dプラン(ドコモ回線)
高速通信
容量
500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円4,680円6,600円
割引-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円
割引後の
月額料金
333円433円533円1,213円2,153円3,613円5,533円


Aプラン(au回線)
高速通信
容量
500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,310円1,460円1,590円2,190円3,130円4,590円6,510円
割引-977円-977円-977円-977円-977円-977円-977円
割引後の
月額料金
333円433円533円1,213円2,153円3,613円5,533円


Sプラン(ソフトバンク回線)
高速通信
容量
500MB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,750円1,950円2,630円3,570円5,030円6,950円
割引-1417円-1417円-1417円-1417円-1417円-1417円
割引後の
月額料金
333円533円1,213円2,153円3,613円5,533円

※Sプランは2018年8月1日より開始予定の月額料金が半年間333円割引される「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」適用でさらに割引されます。

キャンペーン期間

2018年7月24日~2018年11月6日


応募条件・適用条件

・キャンペーン期間中にmineoの音声通話SIM(デュアルタイプ)に新規で申し込むこと。


応募方法

キャンペーン期間中に、mineoの音声通話SIMを新規で申し込めば自動で適用となります。


キャンペーン注意点・その他

・利用開始月は900円割引は適用されず、日割り計算となります。

・利用開始日が1日の場合は、利用開始月からキャンペーンが適用されます。

・「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」と併用した場合、祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンとソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーンの特典額を合わせた金額が割引されます。

・キャンペーン適用期間中にプラン変更(Dプラン⇔Aプラン)やコース変更(例えば3GBプランから10GBプランへの変更など)を行った場合も、引き続きキャンペーンは適用されます。

キャンペーン適用期間中にプラン変更(例えばSプラン(ソフトバンク回線)からDプラン(ドコモ回線)に変更)した場合、特典は継続されません。変更した月は、変更前のプランの月額料金の日割り計算額を上限として特典が適用されます。

キャンペーン適用期間中にタイプ変更(音声通話SIMからデータ通信SIMに変更)した場合、特典は継続されません。変更した月は音声通話SIMの月額料金の日割り計算額を上限として特典が適用されます。

・キャンペーン期間中にコース(容量)を変更した場合は特典は継続されます。

・キャンペーン適用期間中にmineoを解約した場合、解約後はキャンペーン特典が適用されません(解約月は適用される)。

・1件のeoIDにつき5回線までキャンペーンが適用されます。

・キャンペーン適用期間などの詳細は、申し込み後に送られてくる契約内容通知書に記載されています。

・法人名義はキャンペーン対象外です。


以下に、このキャンペーンの注意点やポイントをもう少し詳しくまとめておきます。

mineoのキャンペーンが適用されているかを確認する方法は?

キャンペーン期間内にmineoを契約した場合、契約完了後のメールなどにはこのキャンペーンが適用されたことが明記されません。

本当にキャンペーンが適用されたか不安になる人もいるかと思いますが、キャンペーン期間中に音声通話SIMで契約していればキャンペーンは自動的に適用されています。

また具体的なキャンペーン適用期間は、申し込み後に送られてくる契約内容通知書に記載されています。


キャンペーン期間中にmineoを契約した場合、契約月は日割り計算になる?

このキャンペーン期間中にmineoを契約した場合、利用開始日が1日の場合に限り利用開始月からキャンペーンが適用されますが、利用開始日が1日以外の場合は初月はキャンペーンの割引が適用されず日割り計算になるため、利用開始日によってその月の料金は違ってきます。

1.SIMカードを発送した日の10日後の日

2.初回パケット発生日

上記1または2のいずれか早い方がmineoの利用開始日(課金開始日)となります。利用開始日についての詳細はこちらをご覧ください。
mineoの利用開始日・課金開始日と注意点【新規・MNP転入別】

mineoは上記の通り初月は日割り計算になりますが、ひと月に使える高速通信容量はフルで付与されるという良心的なシステムになっています。
mineoの契約月初月の料金は日割りながら容量はフルでもらえる。


mineoのキャンペーン適用中にプラン変更やタイプ変更、コース変更した場合デメリットはある?

これはキャンペーンの注意点でも触れましたが、このキャンペーン適用中にAプラン⇔Dプラン(例えばau回線からドコモ回線やドコモ回線からソフトバンク回線への切り替え)、デュアルタイプ⇒シングルタイプ(音声通話SIMからデータ通信SIMの切り替え)、コース変更(ひと月に使える高速通信容量変更)をした場合、内容によってキャンペーンが継続して適用されるものと適用されないものがあります。

変更後もキャンペーンが適用されるのは以下の通りです。

・コース変更

キャンペーン適用中に、例えば3GBプランから1GBプランへの変更などひと月に使える高速通信容量を変更した場合は、割引は継続されます。


逆に、変更するとキャンペーンが適用されないのは以下の通りです。

・現在のプランから他のプランへの変更
・デュアルタイプからシングルタイプへの変更

これまでのmineoの月額料金割引キャンペーンでは、例えばドコモ回線からau回線へのプラン変更でもキャンペーンが引き続き適用されることが多かったですが、祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンではプラン変更するとキャンペーンが適用されなくなる点には注意が必要です。

また、これまでのキャンペーンと同じくデュアルタイプ(音声通話SIM)からシングルタイプ(データ通信SIM)に変更した場合もキャンペーンが適用されなくなるので注意しましょう。


mineoのキャンペーン適用中に解約した場合デメリットはある?

このキャンペーンが適用中にmineoを解約した場合でも、特にデメリットはありません。

解約した月も割引は適用されます。また月途中で解約した場合、月額料金は日割り計算になりますが割引額は日割になりません。

例えば、977円割引が適用されているAプラン音声通話SIMの6GB(2,190円)を月のちょうど真ん中(15日)に解約した場合、月額料金2,280円の半額の1,095円が請求額となりますが、977円割引はそのまま適用されるため実際に支払う金額は118円となります。

また、Aプランの場合は日割の料金が割引額の977円に満たない場合、日割料金分の割引が適用されて支払いは0円となります。良心的ですね。


複数回線契約で回線ごとに50円割引を適用すればさらに安くなる

mineoの月額料金はキャンペーンの適用だけでも十分安くなりますが、複数回線契約で回線ごとに毎月50円割引を適用すればさらに安くなります。
mineoの家族割申し込み方法と必要な書類・家族間通話料金まとめ

Dプランデュアルタイプ(音声通話付きSIM)
高速通信
容量
500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円4,680円6,600円
割引-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円-1,067円
複数回線
契約の割引
-50円-50円-50円-50円-50円-50円-50円
割引後の
月額料金
283円383円483円1,163円2,103円3,563円5,483円


Aプランデュアルタイプ(音声通話付きSIM)
高速通信
容量
500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円4,590円6,510円
割引-977円-977円-977円-977円-977円-977円-977円
複数回線
契約の割引
-50円-50円-50円-50円-50円-50円-50円
割引後の
月額料金
283円383円483円1,163円2,103円3,563円5,483円


Sプランデュアルタイプ(音声通話付きSIM)
高速通信
容量
500MB3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,750円1,950円2,630円3,570円5,030円6,950円
割引-1,417円-1,417円-1,417円-1,417円-1,417円-1,417円
複数回線
契約の割引
-50円-50円-50円-50円-50円-50円
割引後の
月額料金
283円483円1,163円2,103円3,563円5,483円


mineoを2回線以上契約すると、例えば音声通話SIMの3GBプランでも半年間は483円という破格の料金で使うことができます。

家族で格安SIMに乗り換えを検討している人やスマホとタブレットの2台持ちでどちらも格安SIMにしたい人にも、mineoはおすすめです。


祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンは、mineoがこれまで開催してきたキャンペーンの中では割引額が大きくメリットの多いキャンペーンです。

逆に注意点として、mineoが以前開催してきた月額料金を割り引くキャンペーンはDプラン(ドコモ回線)やAプラン(au回線)への変更や音声通話SIMからデータ通信SIMへの変更後も適用されていたのに対し、祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンはプランを変更したりデータ通信SIMに変更すると月額料金の割引が適用されなくなる点が挙げられます。

キャンペーンを半年間まるごと適用させたい場合は、契約したときのプランのまま利用を続け、またデータ通信SIMに変更しないように注意が必要です。

ちなみに、キャンペーン適用後の音声通話SIMの月額料金はデータ通信SIMの通常料金よりも安いです。

例えば、タイプDのデータ通信SIMの3GBは900円なのに対し、祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンの月額900円割引後の音声通話SIM 3GBの月額料金は、データ通信SIM 3GBの月額料金よりも300円以上安い533円となります。

また、mineoの音声通話SIMはMNP転出ではなく解約するだけなら解約金がかからないので、データ通信SIMと同じくいつでも気軽に解約できます。

つまり、mineoの音声通話SIMを契約してデータ通信SIM専用として使ってもコストパフォーマンスは高いので、このキャンペーンはぜひ活用しましょう。

公式サイト
mineo

レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】





【2018年12月】mineo以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

mineoのキャンペーン詳細は以上ですが、mineo以外にも多くの格安SIMでキャンペーンが開催されています。

2018年12月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめはBIGLOBEモバイルです。

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

現在、BIGLOBEモバイルでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

1.音声通話SIMの申し込みで初期費用3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)が0円

2.月額料金が最大14,400円割引

3.BIGLOBEモバイルの支払いに使えるGポイントが最大5,000円分プレゼント

4.当サイトからの申し込みで4,000円キャッシュバック


1に関しては、一般的な格安SIMではSIMを申し込む際に新規事務手数料が3,000円とSIMカード準備料が400円前後かかり、BIGLOBEモバイルも同じくそれぞれ3,000円と394円支払う必要があります。

それが、音声通話SIMを申し込むとキャンペーンにより0円となります。初期費用が無料で済ますことができるのは嬉しいですね。

2についても音声通話SIMが対象で、SIM単体が7,200円(1,200円×6ヶ月)割引でスマホセットが10,800円(450円×24ヶ月)割引、au回線のタイプAでP20 liteをセット購入すると最大額の14,400円(600円×24ヶ月)割引されます。

3については1や2と同じく音声通話SIMが対象で、ドコモ回線(タイプD)・au回線(タイプA)ともにP20 liteかnova 3、ZenFone 5をセット購入した場合5,000円分もらえます。

4についても音声通話SIMが対象で、SIM単体・スマホセットに関係なく音声通話SIMを申し込めば4,000円キャッシュバックされます。

なお、4,000円キャッシュバックは以下の公式サイトから申し込むことで適用されます。
BIGLOBEモバイル

必ず「限定特典 さらに4,000円キャッシュバック」の記載があることを確認した上で申し込みましょう。

また、キャッシュバック特典の適用のためにはキャンペーンページに記載されているクーポンコード「EFC」を申し込み時に入力する必要があります。
入力忘れがないように注意しましょう。

なお、データ通信SIMはSIM単体の場合はキャンペーンが適用されないものの、スマホをセットで購入すると月額料金が3,600円(150円×24ヶ月)割引され、タイプAでP20 liteを購入すると7,200円(300円×24ヶ月)割引されます。

SIM単体とスマホセットそれぞれで適用されるキャンペーンと割引額の合計は以下の通り。

SIM単体
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
6ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
12ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
20ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円
30ギガプランなしタイプD・タイプA共通

【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
7,200円(1,200円×6ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計14,594円


スマホセット
プランデータ通信SIM
SMSなし/あり
音声通話SIM
3ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
6ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
12ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
20ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円
30ギガプランタイプD
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite以外)
【割引額】
3,600円(150円×24ヶ月)
合計3,600円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
7,200円(300円×24ヶ月)
合計7,200円
タイプD(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプA(P20 lite / nova 3 / ZenFone 5以外)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
4,000円キャッシュバック
合計18,194円

タイプD・タイプA(nova 3 / ZenFone 5)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプD(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
10,800円(450円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計23,194円

タイプA(P20 lite)
【割引額】
3,394円(新規事務手数料3,000円+SIMカード準備料394円)
+
14,400円(600円×24ヶ月)
+
Gポイント5,000円分
+
4,000円キャッシュバック
合計26,794円


キャンペーン適用後のBIGLOBEモバイルは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスはかなり高いです。


BIGLOBEモバイルの最大の特徴はエンタメフリー・オプションです。


エンタメフリー・オプションはデータ通信SIMが980円、音声通話SIMが480円の月額料金がかかりますが、契約すると以下のサービスをどれだけ利用しても高速通信容量を消費せずに使い放題になります。

・YouTube
・YouTube Kids
・Google Play Music
・U-NEXT
・Apple Music
・Amazon Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・radiko


特に、YouTubeとAbemaTVといった動画が見放題になるのは、利用者にとっては嬉しいですね。

BIGLOBEモバイルのその他の特徴についてはこちらをご覧ください。
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

なお、BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べますが、通信速度はタイプAが速くタイプDに比べると平日12時台でもそこそこ快適に通信できます。

またBIGLOBEモバイルはauの運営元であるKDDIの傘下のため、タイプDよりもタイプAの方が今後もストレスなく通信できる可能性が高いです。

タイプAは選べるスマホセットや対応するスマホが少ない点には注意が必要ですが、それが問題なく速度重視で格安SIMを選ぶならタイプAを選びましょう。

タイプAの詳細はこちら。
BIGLOBEモバイルのau回線「タイプA」の速度レビュー特徴・注意点まとめ

上記の通り、BIGLOBEモバイルは格安SIMでYouTubeやAbemaTVなどを通信量を気にせず観たい人や通信速度にこだわる人、初期費用や毎月の利用料金をできるだけ安く済ませたい人には特におすすめです。

公式サイト
BIGLOBEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【12月】

キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、BIGLOBEモバイルも含めて検討してみることをおすすめします。

BIGLOBEモバイル以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【12月14日】



mineo(マイネオ)の特徴

mineoはキャンペーンも魅力ですが、高機能でマルチキャリアMVNOならではの独自のサービスなど様々な特徴があります。

以下に、mineoの特徴を良い点と注意点に分けて紹介します。

mineo(マイネオ)の良い点


手数料2,000円でau⇔docomo間のキャリア変更が可能
一般的な格安SIMは、ドコモ回線かau回線、もしくはソフトバンク回線のいずれか1回線を使っています。

対して、mineoはドコモ回線のDプランとau回線のAプランから選ぶことができるのが大きな特徴です。

これにより、例えばAプランの通信速度が遅くなったらDプランに切り替えるといったことが可能です。

なお、AプランとDプランの切り替え時にかかる手数料は2,000円と割安なので、気軽に異なる回線を試すことができるのもメリットです。

DプランとAプランには月額料金や通信速度、3日間の使いすぎによる速度制限などに違いがあります。

特に通信速度に関しては、現時点ではAプランよりもDプランのほうが安定しているので、速度にこだわるならDプランをおすすめします。

mineoのDプランとAプランの違いや比較はこちらにまとめています。
mineo(マイネオ) au回線とdocomo回線の比較と速度実測


パケットギフトを使って家族以外のあらゆるmineoユーザーと高速通信容量をシェアできる
mineoには、mineoユーザー同士で自分の余った高速通信容量をプレゼントできるパケットギフトというサービスがあります。

パケットギフトは、家族だけでなくmineo使ってる人となら誰とでも高速通信容量をプレゼントしあえるのが大きな特徴です。
packetgift-share1

身近にmineo使ってる人がいない場合は、mineoの公式コミュニティサイト「マイネ王」で相手を探して高速通信容量をやりとりすることができます。

パケットギフトを利用するのに手数料などは一切かからないので、ぜひ活用しましょう。

パケットギフトの特徴や使い方についてはこちらをご覧ください。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ


家族割・複数回線割で月額料金が安くなる
mineoは、家族で契約したり1人で複数の回線を契約することで月額料金が毎月50円割引される「家族割」「複数回線割」があるのも大きな特徴です。

例えば、mineo Dプランのデータ通信SIMは900円ですが、2回線以上契約すると1回線あたり50円割引されるため月額850円となり業界最安値水準となります。

家族で格安SIMに乗り換える場合や、一人でスマホとタブレット用など複数の格安SIMを契約する場合は、より安くなるmineoがおすすめです。


フリータンクを使うと最大1GBの高速通信容量を無料で追加できる
他社にはないmineoならではの特徴として「フリータンク」があります。

フリータンクは、mineoユーザーが余った高速通信容量をタンクに預け、逆に月末に高速通信容量が足りなくなったユーザーは預けられている高速通信容量を利用料無料で最大1GBまで引き出すことができる、画期的なサービスです。
mineo-freetank

mineoで普通に高速通信容量を追加しようとすると、100MBが150円なので1GBで1,500円の追加費用がかかります。

そこでフリータンクを利用すると、追加費用一切なしで1GBの高速通信容量を追加できます。

ひと月に使える高速通信容量を月末に使い切ってしまった場合は、フリータンクを有効活用することをおすすめします。

なお、フリータンクは余った高速通信容量をパンクに預けてくれる人がいるからこそ成り立つサービスです。

引き出す人が多すぎるとフリータンクに溜まっている容量が最終的にはなくなってしまうので、もし翌月に期限切れにしてしまう高速通信容量がある場合は積極的にフリータンクに預けましょう。

フリータンクの詳細や使い方についてはこちらをご覧ください。
mineo「フリータンク」のメリット・繰り越し有無と期限・使い方総まとめ


音声通話SIMには最低利用期間がない
mineoのメリットの1つに、音声通話SIMの最低利用期間や解約金がない点も挙げられます。

一般的な格安SIMの音声通話SIMは、半年から1年間の最低利用期間と8,000円から9,800円の解約金があるため気軽に試すことができません。

最低利用期間も解約金もないmineoの音声通話SIMは、そのSIMが必要なくなった場合に解約しても問題なければノーリスクで試すことができます。

格安SIMの音声通話SIMの使い勝手がどんな感じなのか試してみたい場合は、mineoをメインに検討してみることをおすすめします。


余った通信容量の繰り越し、高速通信と低速通信の切り替え、バーストモードを備える
mineoは基本的なSIMの機能も高性能で、余った高速通信容量の繰り越しだけでなく高速通信と低速通信の手動切り替えや低速時のバーストモードにも対応しています。

高速通信と低速通信の切り替え機能は、利用できる格安SIM自体が少ないので貴重です。

高速と低速を切り替えるメリットは、低俗に切り替えておけば高速通信容量を一切消費しない点です。

例えば、画像が少なめでテキストがメインのウェブサイトの閲覧やTwitterなどのSNSアプリのタイムラインの表示、Googleマップによるナビなどであれば、低速に切り替えた状態でも特にストレスなく使えます。
mvno-low-speed-comparison26

これらのアプリを低速で使うことで、本来は高速通信として容量を消費するはずだったのが消費されず節約できます。

また、mineoは低速時でも通信開始から一定時間は高速で通信するバーストモードに対応しているので、体感速度もそこまで遅く感じません。
burst-mode1

mineoを契約したら、高速と低速の切り替えはぜひ試してみてください。

mineoの高速と低速の切り替え方法はこちら。
mineoの低速モードへの速度切り替え方法とバースト転送について


高速通信時、低速通信時とも3日間の使い過ぎによる速度制限がない(ドコモプランのみ)
格安SIMの中には、3日間で一定以上通信すると速度が200kbpsに制限される、いわゆる3日制限があるものもあります。

3日制限のあるSIMだと、短期間で動画をたくさん見たり大きなサイズのファイルをダウンロードしたりするとすぐに引っかかってしまう可能性があるので常にどの程度通信しているかを気にし続ける必要があります。

mineoのDプランには3日制限はないので、短期間の大量の通信も気にせずにできるのがメリットです。


10分かけ放題サービスで10分以内の通話が回数制限なくかけ放題
mineoは、2017年10月からそれまで提供してきた5分かけ放題サービスを月額料金850円のまま、10分かけ放題サービスに拡大しました。

これにより、10分以内の通話なら回数制限なく定額で話し放題になりました。

1回の通話は10分以内で収まるものの回数が多い人は、mineoの10分かけ放題の検討をおすすめします。

詳細についてはこちらにまとめているので、参考にしてみてください。
mineo(マイネオ)「10分かけ放題サービス」「通話定額30/60」の特徴と注意点まとめ


マイネ王を活用することで同じmineoユーザーと情報交換できたり不明点を教えてもらえる
先ほども少し触れましたが、mineoには公式のコミュニティサイトである「マイネ王」があるのも他の格安SIMにはない大きな特徴です。

マイネ王では、全国のmineoユーザーがmineoのSIMだけでなくmineo以外の格安SIMやSIMフリースマホなどに関する情報交換しあったり、質問に答え合ったりしています。

格安SIMのサポートに電話したりしても、サポート対象になるのは基本的にその格安SIMについてのみなので本当に知りたいことをなかなか知ることができないことがよくあります。

マイネ王なら、実際に自分で試したり使っているユーザーが質問に答えてくれることもあるのでより的確なアドバイスをもらえることもよくあります。

特に格安SIMやSIMフリースマホなどに詳しくない場合は、マイネ王をぜひ活用しましょう。


新型のiPhoneやiOSリリース時の動作確認が速く、iPhoneやiPadを安心して使える
格安SIMのネックの一つが、新型のiPhoneや最新のiOSで使えなくなることがある点です。

使えるかどうかは実際にSIMを挿して試してみる必要がありますが、この作業をすぐにしてくれないMVNOもあります。

対して、mineoは新型iPhoneが発売されれば原則的に発売当日に、iOSに関しても基本的にはアップデート開始日に速やかに動作確認をしてくれるので、iPhoneユーザーでも安心して利用できる数少ない格安SIMの1つです。

mineoのSIMとiPhoneの組み合わせでトラブルが起きた場合は、マイネ王で質問することで問題が解決する場合もあるのでさらに安心です。

iPhoneに挿す格安SIMを検討している場合は、サポート体制が整っているmineoがおすすめです。


mineo(マイネオ)の注意点

次に、mineoの注意点についてまとめておきます。


家族間で高速通信容量を分けあえるパケットシェアに該当するのは、当月に余った分のみ
mineoには、高速通信容量を最大5回線でシェアすることができるパケットシェアというサービスがあります。
packetgift-share3

パケットシェアは一見便利そうに見えますが、実際にシェアされるのは当月に使い切れなかった高速通信容量のみに限られるているので使い勝手はそこまでよくありません。

パケットシェアよりも、パケットギフトの方がより便利に使うことができます。


音声通話SIMには最低利用期間と解約金がないが、12ヶ月以内にMNP転出(他社に乗り換え)の場合は転出手数料が11,500円かかる
前述の通り、mineoの音声通話SIMには最低利用期間と解約金がないのがメリットです。

逆に注意すべきはMNP転出で、mineoの音声通話SIMを12ヶ月以内に他社に番号そのままで乗り換えすると税込み12,420円の手数料がかかります。

音声通話SIMも解約して他社のSIMを新規で契約しなおすなら問題ありませんが、番号乗り換えする場合は1年以内だと高くなる点には注意しましょう。


3GBプランは他社と比べても一般的な料金ではあるものの、500MBと1GBプランは安くはない
mineoの料金プランは、3GB以降は他社と比べても特に高いわけではありません。

逆に、500MBと1GBは他の格安SIMに比べても割高になっています。

3GB未満のプランを検討している場合は、mineo以外のSIMも含めて検討してみることをおすすめします。

主要格安SIMの料金はこちらで比較しています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【12月14日】

なお、mineoのフリータンクを活用すれば最大1GB増量されるので、500MBや1GBでもコストパフォーマンスはそこそこ高くなります。


Aプラン(au回線)のVoLTE SIMをauの端末に挿して使うにはSIMロックの解除が必要
AプランのVoLTE SIMをauで購入した端末で使う場合、そのままでは通話・通信とも利用することができません。

必ずSIMロックを解除する必要があります。

Dプランはドコモで購入した端末にSIMロック解除不要でそのまま挿して使えますが、AプランはDプランのように手軽には使えない点には注意しましょう。


一部の端末ではテザリングできない
これはmineoに限った話でありませんが、mineoのSIMでは一部の端末でテザリングが利用できません。

例えば、AプランのVoLTE SIMをSIMロックを解除したauのiPhoneに挿した場合、通話と通信は問題なく利用できますがテザリングは使えません。

またDプランについても、ドコモの少し古いAndroid端末ではテザリングできないものがほとんどです。

端末にmineoのSIMを挿してテザリングを利用する予定の場合は、自身の端末がテザリングに対応しているかどうかmineoの公式サイトの対応機種一覧で確認しておきましょう。


mineo(マイネオ)の特徴まとめ

mineoは、パケットシェアの対象のパケットが限定されていたり12ヶ月以内のMNP転出時の手数料が高いといった注意点はありますが、マルチキャリアを生かしたサービスや高速で快適な通信速度、バーストモードとドコモプランは高速・低速時とも使い過ぎによる速度制限がないといった注意点以上に大きなメリットがあります。

mineoは3GBのプランであれば月額料金は他社の格安SIMとほぼ同じでありながら、容量繰り越しや高速と低速の切り替え、低速時でも通信開始から一定時間は高速で通信するバーストモードも備える多機能な格安SIMです。

また、Dプランは低速切り替え時はどれだけ通信しても制限はかけられないため、使い放題となっている点もメリットです。
mineoの3日間の通信速度制限 3日規制 速度規制まとめ

音楽やラジオなどをストリーミング再生したい、Googleマップをたくさん使うという人はmineoはおすすめです。低速でできることや、低速通信でアプリを試す様子を記録した動画はこちらを参照してください。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

mineoには音声通話SIMの最低利用期間がないというのも大きなメリットです。格安SIMを試しに使ってみたい、短期間だけ音声通話機能付きのSIMが必要といった場合にも使えます。

さらに、mineoは2017年10月より10分以内の通話なら回数制限なくかけ放題になるサービス「10分かけ放題サービス」の提供を開始しました。
mineo-campaign44
これにより、mineoのSIMでたくさん通話した場合でも通話料金を安く済ませることができます。単純計算では、ひと月に22分以上通話するなら「10分かけ放題サービス」に加入したほうが安くなるので、該当する人はかけ放題サービスも検討しましょう。


先ほども触れましたが、mineoを契約したらキャンペーンも開催中のmineoユーザー同士で交流できるコミュニティサイト「マイネ王」を活用することをおすすめします。

マイネ王には、多くのmineoのSIMを使っているユーザーが集まって情報交換をしています。格安SIMが初めてで分からない点があるユーザーも、マイネ王で質問することで他のユーザーから回答をもらえるなどかなり便利です。

また、mineoには前述のとおり他のmineoユーザーに高速通信容量をプレゼントしたり、逆にもらうことができる「パケットギフト」がありますが、マイネ王の掲示板でユーザー同士でパケットを交換したりもしています。

さらに、mineo独自の機能「フリータンク」もマイネ王に登録しているユーザーだけが利用できるサービスです。

フリータンクは、mineoのSIMで余ったパケットをタンクに寄付したり、逆に月末にパケットを使い切って低速になってしまった場合にタンクから最大1GBまでパケットを引き出して無料で使える画期的なサービスです。
mineo-freetank-image

通常、パケットを使い切った場合は追加でパケットを購入してチャージする必要があります。mineoでもパケット100MBを150円でチャージすることができるものの、フリータンクを使えば無料で1GBまで引き出して追加することができるのが最大のメリットです。

フリータンクは引き出す量が寄付する量を上回ると正常に機能しません。ですが、現時点では寄付した量が引き出す量を上回っているためしっかりと機能しています。
mineou-freetank

数ある格安SIMの中でもユーザー同士の横のつながりが非常に強いのがmineoのメリットで、そのメリットがさらに活かされているのがフリータンクです。mineoを使い始めたら、フリータンクを活用して余ったら寄付しつつ足りない時はありがたく使わせてもらいましょう。

マイネ王を利用すれば、格安SIMが初めての人は同じmineoユーザーからサポートしてもらえるので安心してmineoのSIMを利用できます。また、パケットギフトで他のmineoユーザーから高速通信容量をもらえれば毎月の料金を抑えることもできます。さらに、新サービスのフリータンクでパケットを無料で追加することもできるなどメリットばかりです。


上記のとおり、mineoはメリットが多くデメリットが少ない使い勝手の非常に良い格安SIMです。

その他mineoのドコモプランの詳細やメリット・デメリット・実際に使ってみたレビューなどは以下を参照してください。
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

mineoのキャンペーン詳細と注意点のまとめは以上です。

公式サイト
mineo

特徴とレビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【12月】

更新日:


  1. starr10 より:

    800円×3カ月割引キャンペーンについては、公式サイトの説明にあるように「ご利用開始翌月から」3カ月間割り引かれることを明記すると、より分かりやすいと思います。

    • アンドロイドラバー より:

      starr10さん

      ご指摘ありがとうございます!

      翌月から適用の文言を追加しておきました。

  2. ななし より:

    lalacall  mineo eo会員であっても基本料無料ではありません。
    基本料金月100円は絶対取られます。間違ってます。
    100円分の無料通話がついてくるからその分を話せば通話分が
    「実質無料」になるとか言ってるだけです。
    公式HP見て下さい。
    とにかく基本料金は絶対取られます。(昔は無料でしたが)

    • アンドロイドラバー より:

      ななしさん

      ご指摘ありがとうございます。

      ななしさんのおっしゃる通り、LaLa Callは2月1日から月額料金が100円かかるようになっていました。
      現在開催中のキャンペーンからは削除しております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.