Galaxy SⅢ

Galaxy S3(SC-06D)をRoot権限を維持したままSC06DOMALG6にアップデートする方法。

更新日:


今回は、Galaxy S3(SC-06D)をRoot化済み、CWM導入済みの状態のSC06DOMALG1から、SC06DOMALG6にアップデートする方法を紹介します。

※この方法のキモであるアプリ「OTA RootKeeper」が削除されたため、現在はこのページで紹介している方法は使えません。

スポンサーリンク



root化によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy S3(SC-06D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1.こちらからGalaxy S3(SC-06D)をRoot化するためのツールをダウンロード後、解凍しておく。
zipファイルの内容が、Galaxy S3(SC-06D)のRoot化とCWM導入方法・手順。の時からアップデートされているので、上記リンクから最新のRoot取得キットをダウンロードしておいてください。8/24時点では、2012/08/10が最新です(readmeの中の日付)。

このRoot取得キットだけで、Galaxy S3(SC-06D)のRoot化、CWM導入、標準リカバリ導入、バックアップまでできるのでかなり便利です。

キット作者のほむほむさんに感謝ですね。

2.Galaxy S3(SC-06D)の設定⇒開発者向けオプション⇒USBデバッグにチェックを入れておく。



3.Galaxy S3(SC-06D)のドライバをインストールして、PCがGalaxy S3(SC-06D)を認識するようにしておく。



CWMから標準リカバリに戻す

Galaxy S3(SC-06D)をアップデートするには、リカバリが標準である必要があるので、まずはリカバリをCWMから標準リカバリに戻します。

リカバリが標準リカバリのままであれば、以下の作業は不要です。

SC06D Rooting Kitのフォルダを開いて、「Restore_recovery.bat」をダブルクリックします。


cmdが起動したら、Enterキーなど何かキーを押してください。


インストールが完了したら、再度何かキーを押します。標準のリカバリ(ドロイド君が表示されるリカバリ)が起動すれば、標準リカバリに戻す作業は完了です。



アップデート後もRoot権限が維持されるようにする

次に、SC06DOMALG1で取得しているRoot権限を、SC06DOMALG6にアップデートしても維持するようにします。

まず、OTA RootKeeperをインストールします。
※OTA RootKeeperは削除されたためインストールできません。


インストール後、OTA RootKeeperを起動します。


スーパーユーザーリクエストが表示されるので、「許可」をタップ。


「Protect root」をタップ。


「Temp. un-root」をタップ。


これでSC06DOMALG6にアップデート後もRoot権限が維持されるようになります。


SC06DOMALG6に更新


ここから、SC06DOMALG6にアップデートしていきます。アップデートは端末(OTA)で行います。
「ソフトウェア更新」をタップ。


「確認」をタップ。


「ダウンロード」をタップ。


差分のみの更新パッケージがダウンロードされます。


ダウンロードしたSC06DOMALG6のパッケージをインストールします。「インストール」をタップ。


再起動を促されるので「OK」をタップ。
再起動すると標準リカバリの画面になって、SC06DOMALG6へのアップデートが行われます。


アップデート完了後、再起動します。SC06DOMALG6へのソフトウェア更新が成功した旨のメッセージが表示されれば、SC06DOMALG6へのアップデートは完了です。



SC06DOMALG6でRoot権限を復元


SC06DOMALG6へのアップデート直後はRoot権限はないので、再度Root権限を取得(復元)する必要があります。
Root権限の復元は、先ほど使ったOTA RootKeeperを使います。OTA RootKeeperをタップ。


「Restore root」をタップ。


以下の表示になればOKです。


Root権限が取得できているか確認します。Titanium Backupをタップ。


「Titanium Backupによるスーパーユーザーリクエストが許可されました」と表示されれば、Root権限は取得できています。


ただこれだけでは、Galaxy S3(SC-06D)を再起動するたびにVoodoo OTA RootKeeperを起動して「Restore root」をタップしてRoot権限を取得する必要があります。

そこでRooting Kit内の「RunMe2.bat」をダブルクリックします。


RunMe2.batを実行することで、LG6にアップデートしたGalaxy S3(SC-06D)を再起動してもRoot権限を維持します。Enterキーなど、適当なキーを押してください。


再起動を促されるので、再度何かキーを押します。するとGalaxy S3(SC-06D)が再起動を始めます。


Voodoo OTA RootKeeperを起動すると、Root権限を取得した状態のままであることが分かります。



CWMの導入


CWMを再度導入したい場合は、Rooting Kitの「Install_cwm.bat」をダブルクリックします。


何かキーを押します。


再度何かキーを押して再起動後、CWMが起動すればCWMの導入は完了です。


Galaxy S3(SC-06D)をRoot権限を維持したままSC06DOMALG6にアップデートする方法は以上です。
スポンサーリンク

-Galaxy SⅢ

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.