Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー

イオンモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【2017年6月】

Posted on 6月 9, 2017

aeon-mobile-campaign111 このページでは、イオンモバイルが現在開催中のキャンペーン情報をまとめています。

【2017年6月】HUAWEI P10シリーズ 発売記念キャンペーン

aeon-mobile-campaign112 イオンモバイルではHUAWEI P10シリーズ発売記念として端末価格を割り引くキャンペーンを開催しています。


キャンペーン内容

イオンモバイルのSIMの契約とセットでHAUWEI P10シリーズを購入すると5,000円割引されます。


キャンペーン期間

2017年6月9日(金)~2017年7月20日(木)


キャンペーン適用条件

・データ通信SIMと音声通話SIM、全プラン対象です。


キャンペーン注意点・その他

・イオンモバイルは解約に関しては音声通話SIMにも最低利用期間や解約金はありませんが、音声通話SIMを契約して番号そのまま(MNP転出)で他社に乗り換える場合、イオンモバイル契約日から180日以内なら8,000円181日以降なら3,000円のMNP転出手数料がかかる点には注意しましょう。


HUAWEI P10とP10 Plusのスペック比較と特徴などはこちらをご覧ください。
HUAWEI P10/P10 Plusのスペック比較レビューと価格、日本発売日まとめ

HUAWEI P10 liteのスペックや特徴はこちら。
HUAWEI P10 Liteのスペックレビューと価格、日本発売日まとめ

なお、HUAWEI P10 liteはgoo SimSellerにて単体(SIM契約不要)で23,800円で購入できます。

SIMの契約が必要ない場合は、goo SimSelleでの購入をおすすめします。詳しくはこちらをご覧ください。
HUAWEI P10 liteがgoo SimSellerのセールで23,800円。購入方法と注意点まとめ

公式サイト
イオンモバイル

レビュー・メリット・デメリットまとめ
イオンモバイルSIM メリットデメリットレビューと評判総まとめ【6月】




【2017年6月】イオンモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

2017年6月は、イオンモバイル以外の多くの格安SIMでもキャンペーンが開催されています。

2017年6月に開催されているキャンペーンでおすすめは、NifMoIIJmioです。


NifMoは、最大で20,000円キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です。
IMG_0008

さらに、当サイトからNifMoを契約するとキャッシュバックが増額され、最大21,100円となります。
nifmo-campaign29

キャッシュバックされる金額は、SIM単体とスマホセットによって異なります。また、音声通話SIMかデータ通信SIMかによって、またプランによっても異なっています。

SIM単体
 データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話SIM
3GB3,100円
(100円増額)
3,100円
(100円増額)
5,100円
(100円増額)
7GB3,100円
(100円増額)
3,100円
(100円増額)
5,100円
(100円増額)
13GB3,100円
(100円増額)
3,100円
(100円増額)
15,100円
(100円増額)


SIM+スマホセット
 データ通信専用SIM
(SMSなし)
データ通信専用SIM
(SMSあり)
音声通話SIM
3GB8,100円
(100円増額)
8,100円
(100円増額)
12,100円
(2,100円増額)
7GB8,100円
(100円増額)
8,100円
(100円増額)
13,100円
(3,100円増額)
13GB8,100円
(100円増額)
8,100円
(100円増額)
21,100円
(1,100円増額)


当サイトでNifMoの音声通話SIMとスマホをセットで契約すると、通常のキャッシュバックよりも最大3,100円増額されます。

また、キャッシュバック額が最も少ないSIM単体で契約のデータ通信SIMでも3,100円キャッシュバックされます。

NifMoは新規契約時に手数料が3,000円かかりますが、キャッシュバックで手数料をペイできるので得ですね。

最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMなら、事務手数料はキャッシュバックで実質ほぼ0円で使えるのでノーリスクで試すことができます。


NifMoのサービスに関しては、提携するショップや飲食店で買い物・飲食したりアプリをインストールすることで、NifMoの月額料金を割引できる「NifMoバリュープログラム」が大きな特徴です。
nifmo-value-program102

NifMoバリュープログラムを活用することで、データ通信SIM 3GBの900円を無料にすることもできます。

NifMoバリュープログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。
NifMoバリュープログラムを試してみた。3GBプランが0円で運用可能です。

また、NifMoは通信速度が安定しているのもメリットです。

格安SIMは全体的に速度が遅い傾向があります。NifMoは昼間は他社格安SIMと同じで速度は落ちるものの、その他の時間帯は特に遅いということもなく快適に通信することができます。

さらに、NifMoは2016年9月27日より複数のNifMoのSIMで高速通信容量を共有できるNifMoファミリープログラムの提供を開始しました。
nifmo-family-program

NifMoファミリープログラムは容量をシェアできるだけでなく、ファミリープログラムのメンバーは容量が0.5GB増量されるのも他社の格安SIMにはない特徴です。

NifMoファミリープログラムに加わっている家族の契約プランの組み合わせによって、特に大容量プランの選択肢が増え割安で利用できます。

NifMoファミリープログラムを含めた、主要格安SIMのシェアプランの料金はこちらで比較しているので参考にしてみてください。
格安SIM MVNOの複数枚(2枚/3枚/4枚)シェアプランを容量ごとに比較。安いのはどこ?

NifMoファミリープログラムの詳細はこちら。
NifMoファミリープログラムとシェアプラン・おまとめボーナスの詳細まとめ

なお、NifMoは2017年6月より10分以内の通話がかけ放題になるサービスを開始しました。月額料金は830円で、10分かけ放題を提供している格安SIMの中ではIIJmioと並んで最安です。
NifMoの通話定額「10分かけ放題」「NifMoでんわ」の特徴と注意点まとめ

現在は5分以内の通話がかけ放題になるのが主流ですが、5分で足りない人は10分以内の通話が定額で利用できるようになるNifMoなら通話料金も安く済ませることができます。

また、一般的な格安SIMは音声通話SIMに1年間の最低利用期間を設定していることが多いですが、NifMoの音声通話SIMの最低利用期間は6ヶ月と短いので、音声通話SIMでも気軽に試せるのもメリットです。

キャッシュバックとNifMoバリュープログラムで実質料金を安くしつつ、今後は10分かけ放題で通話料金もかなり抑えることができるNifMoは、携帯電話料金にかかるトータルのコストをできる限り安くしたい人に最適です。

公式サイト
NifMo(SIM単体)

NifMo(端末セット)

メリット・デメリット・レビュー
NifMo ニフモの速度レビューと評価・メリット・デメリットまとめ【6月】

キャンペーン詳細
NifMo(ニフモ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【6月】




IIJmioは、新規契約すると月額料金が12ヶ月間にわたって400円割引されるキャンペーンを開催しています。
iijmio-campaign19
データ通信SIMの3GBであれば、初めの1年間はひと月500円(900円-400円)で利用できます。

また、IIJmioは音声通話SIMとスマホセットで購入すると最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも同時に開催しています。
iijmio-campaign18
機種ごとのAmazonギフト券の金額は以下の通りです。
対象端末Amazonギフト券
HUAWEI P105,000円
HUAWEI P10 Plus5,000円
HUAWEI P10 lite3,000円
Motorola Moto G5 Plus10,000円
ASUS ZenFone Go7,000円
VAIO Phone A5,000円
HUAWEI nova5,000円
Alcatel IDOL 45,000円
ASUS ZenFone 35,000円
FUJITSU arrows M035,000円
AQUOS SH-M04-A3,000円
ASUS ZenFone 3 Laser3,000円
Alcatel SHINE LITE3,000円
AQUOSケータイ SH-N013,000円
CAT S40
2017/6/1~
5,000円
GRANBEAT
2017/6/1~
5,000円
NuAns NEO [Reloaded]
2017/6~
5,000円


NifMoでは取り扱っていない発売されたばかりのVAIO Phone Aが5000円、Moto G5 Plusは10,000円分のAmazonギフト券がもらえるので、NifMoに希望の機種がない場合はIIJmioを検討してみることをおすすめします。

IIJmioは、2017年5月1日から月額830円で10分以内の通話がかけ放題のサービスを提供開始しました。

IIJmioの830円は、先ほども触れた通りNifMoの10分かけ放題と同じ料金で十分安いです。

さらに、IIJmioは6月1日から20GBと30GBの大容量データオプションを追加しました。

データオプションを利用すると20GB以上の月額料金が他社に比べても割安になるので、格安SIMでたくさん通信したい人は検討してみることをおすすめします。

データオプションについてはこちらをご覧ください。
IIJmioの20GB/30GBの大容量データオプションは得?他社と比較してみた。

IIJmioはNifMoほど速度は出ないものの、10分かけ放題や割安な大容量プランなどメリットも多いです。

また、NifMoよりもスマホセットのラインナップが豊富で選択肢が多いのもメリットですね。

公式サイト
IIJmio(みおふぉん)

メリット・デメリット・レビュー
IIJmio使用の感想・評価・速度とメリット・デメリット総まとめ【6月】

キャンペーン情報
IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ【6月】


キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、上記2社も含めて検討してみることをおすすめします。


NifMoとIIJmio以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【6月27日】



イオンモバイルの過去のキャンペーン一覧


以下は、イオンモバイルの過去のキャンペーン内容です。


【過去分】【2017年5月①】シェア音声プランSIM1円キャンペーン

aeon-mobile-campaign110 イオンモバイルは、2017年4月29日から家計応援キャンペーンとしてシェア音声プランのSIM代金が1円になるキャンペーンを開催しています。


【過去分】キャンペーン内容

イオンモバイルのSIMを新規、またはMNP転入で契約する際にかかる事務手数料3,000円が1円になります。


【過去分】キャンペーン期間

2017年4月29日(土)~2017年5月31日(水)


【過去分】キャンペーン適用条件

キャンペーン対象のSIMはシェア音声プランのSIMのみです。

・すでにシェア音声プランを契約中で、SIMを新たに追加する場合もキャンペーンは適用されます。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

シェア音声プランはウェブサイトや後日渡し店舗では申し込みできません。即日渡しが可能なイオンモバイル店頭でのみ申し込み可能です。即日渡し可能なショップ一覧はこちら。
イオンモバイル|店舗一覧

・シェア音声SIMカード再発行時やシェア音声SIMのサイズ変更時にかかる手数料3,000円はキャンペーン対象外です。

・イオンモバイルは解約に関しては音声通話SIMにも最低利用期間や解約金はありませんが、音声通話SIMを契約して番号そのまま(MNP転出)で他社に乗り換える場合、イオンモバイル契約日から180日以内なら8,000円181日以降なら3,000円のMNP転出手数料がかかる点には注意しましょう。


事務手数料の3,000円は意外に大きな出費ですが、これが1円で済むなら気軽にイオンモバイルを試すことができますね。

なお、イオンモバイルのシェア音声プランは他社の格安SIMのシェアプランに比べて安く業界最安値水準です。料金などの比較はこちら。
格安SIM MVNOの複数枚(2枚/3枚/4枚)シェアプランを容量ごとに比較。安いのはどこ?

家族で格安SIMに乗り換えを検討していて、毎月の支払いを抑えたい場合はこのキャンペーンを利用するのも手ですね。

イオンモバイルのシェア音声プランについてはこちらをご覧ください。
イオンモバイル 家族で複数SIM「シェア音声プラン」の詳細と注意点


【過去分】【2017年5月②】データSIMタイプ2 初月基本料金無料

aeon-mobile-campaign111 イオンモバイルでは、データSIMのタイプ2の初月月額料金が無料になるキャンペーンも開催中です。


【過去分】キャンペーン内容

イオンモバイルのデータSIM タイプ2をキャンペーン期間中に申し込むと、本来は日割り計算になる初月料金が0円になります。


【過去分】キャンペーン期間

2017年5月1日(月)~2017年5月31日(水)


【過去分】キャンペーン適用条件

キャンペーン対象のSIMはタイプ2のみです。

SMSオプションの月額料金140円も初月は無料になります。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

契約月の当月に解約する場合は、解約日に関係なく利用開始日から月末までの日割り料金がかかります。

・タイプ1での契約はキャンペーンの対象外です。

・シェアプラン追加時にタイプ1でデータプランを契約する場合もキャンペーンの対象外となります。


このキャンペーンは、タイプ2のSIMであれば1GBプランでも50GBプランでも初月が無料になるのがポイントです。

極端な話をすると、初月は50GBプランを契約しておいて初月の月末前日までに1GBや4GBのプランに下げておけば、初月使い切れなかった50GBプランの残りの高速通信容量は翌月に繰り越され、また翌月からはあらかじめ下げておいたプランに変更されるので安い月額料金で大量の高速通信容量が可能になります。

イオンモバイルは高速通信時の使いすぎによる制限がないので、たとえば月初に20GBや30GBの大量通信を行っても低速に制限されることはありません。

注意点としては、イオンモバイルのタイプ2はタイプ1に比べて通信速度が遅い点があります。

特に平日の12時台は体感でも遅く感じることがよくあるでしょう。

タイプ2の体感速度はこちらのページで動画付きで記録しているので、速度が気になる人は参考にしてみてください。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【6月12日最新実測】


【過去分】【2017年4月①】ありがとう1周年 通信費割引キャンペーン

aeon-mobile-campaign105

【過去分】キャンペーン内容

2017年3月末までにイオンモバイルを契約したユーザーの中から、毎月抽選で10,000名の月額料金を割り引きします。

抽選は、2017年4月利用分から2018年3月利用分の1年間行われます。

割引される通信料金は以下の通りです。

1等:月額料金が100%値引き(毎月100名)
2等:月額料金が50%値引き(毎月200名)
3等:月額料金が30%値引き(毎月500名)
4等:月額料金が10%値引き(毎月9,200名)


例として、音声通話SIMの50GBを契約している場合の割引額を見ていきます。

音声通話SIM 50GBの月額料金:10,800円

1等当選月の月額料金:0円(10,800円割引)
2等当選月の月額料金:5,400円(5,400円割引)
3等当選月の月額料金:7,560円(3,240円割引)
4等当選月の月額料金:9,720円(1,080円割引)

4等の10%割引でも、プラン(月額料金)が大きいほど割引される額も増えるのでありがたいですね。


【過去分】キャンペーン期間

2017年4月利用分~2018年3月利用分の合計12回


キャンペーン適用条件

2017年3月31日までにイオンモバイルを契約している必要があります。

別途キャンペーンに申し込む必要はなく、2017年3月31日までに契約していさえすれば自動で抽選対象となります。

抽選は毎月1回、合計で12回行われます。

・抽選結果は毎月リセットされるので、複数の月で当選する場合もあります。

割引になるのは各プランの月額料金のみです。通話やSMS送信にかかった料金や各オプションの月額料金・利用料金は割引されません。

・月額料金に対して%で割引されるので、割引額は契約しているプランによって異なります。

・当選者は、当選月内にイオンモバイル専用ウェブページにて確認できます。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

・抽選を実施する月初の段階で料金を滞納している場合は対象外となります。

・キャンペーン期間よりも前にイオンモバイルを契約したユーザーも対象です。


【過去分】【2017年4月②】スマホ初心者 お手頃価格のスマホ販売

aeon-mobile-campaign107

【過去分】キャンペーン内容

KYOCERA S301とalcatel PIXI 4が10,000円で購入できる


【過去分】キャンペーン期間

KYOCERA S301:2017年2月18日~2017年3月31日

alcatel PIXI 4:2017年3月中旬~

終了時期は両機種とも未定。


【過去分】キャンペーン適用条件

・キャンペーン期間中に購入すれば自動的に適用されます。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

・KYOCERA S301は本州と四国のみ取扱いです。


【過去分】KYOCERA S301のスペックと特徴

KYOCERA S301のスペックは以下の通りです。
 KYOCERA S301
OSAndroid 4.4 KitKat
ディスプレイ5.0インチ
960x540
qHD
CPUMSM8916 1.2GHz 4コア
RAM1GB
ストレージ8GB
microSD最大32GB
背面カメラ500万画素
前面カメラ200万画素
バッテリー2,300mAh
連続待受時間LTE:約780時間

3G:約1,010時間
連続通話時間約1,360分
対応周波数
(バンド)
LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz) / 3(1800MHz) / 19(800MHz)

3G(W-CDMA)
1(2100MHz) / 6(800MHz) / 19(800MHz)
サイズ高さ144 x 幅 73 x 厚さ10.8mm
重さ146グラム
カラーホワイト
防水○(IPX5/IPX7)
防塵○(IP5X)
耐衝撃○(MIL規格準拠)


S301は解像度はqHDと低く、RAMは1GBでストレージは8GBなどスペックは決して高くありません。

KYOCERA S301の特徴は、防水と防塵だけでなく耐衝撃にも対応している点です。

防水性能はIPX5/IPX7で、常温の水道水が入った水深1mの水槽に30分沈めていても浸水しない性能となっています。

防塵性能はIP5Xで、ちりやほこりが入った装置に端末を入れて8時間かくはんしても故障しない性能です。

耐衝撃性能は、端末を高さ1.22mから合板に26方向で落下させる試験に合格しています。

上記の通り、KYOCERA S301はスマートフォンをよく水に濡らしたり落としてしまうという人に最適なスマートフォンです。


【過去分】alcatel PIXI 4のスペックと特徴

alcatel PIXI 4のスペックは以下の通りです。
 alcatel PIXI 4
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.0インチ
854×480
FWVGA
CPUMTK6735M 1.0GHz 4コア
RAM1GB
ストレージ8GB
microSD最大32GB
背面カメラ500万画素
前面カメラ200万画素
バッテリー2,000mAh
連続待受時間LTE:約196時間

3G:約441時間
連続通話時間約660分
対応周波数
(バンド)
不明
サイズ高さ140.7 x 幅 72.5 x 厚さ9.5mm
重さ169グラム
カラー不明
防水×
防塵×
耐衝撃×


PIXI 4は解像度がS301よりも低いFWVGAで、RAMは1GB、ROMは8GBでS301と同じです。

さらに、防水・防塵・耐衝撃もありません。

SoC(CPU)もMediaTek製の古いものが搭載されているので、動作のスムースさはまず求めない方がいいと思います。


S301とPIXI 4の両方に共通するスペックで注意しないといけないのが、ROMが8GBしかないという点です。

ROMが8GBなら、実質使える空き容量は4GB程度しかありません。

最近のアプリはファイルサイズが大きいものが多いので、いくつかアプリをインストールしたらすぐに空きがなくなってしまいます。たくさんアプリをインストールしたいなら、この2機種はおすすめしません。

なお防水や防塵機能なしで問題なく、スペック重視ならFREETEL MIYABIが安く購入できて快適に動作するのでおすすめです。
FREETEL SAMURAI MIYABI 雅 フリーテル (ブラック)
freetel-miyabi11



MIYABIの特徴やスペック、レビューはこちらにまとめています。
FREETEL SAMURAI 雅 MIYABI購入レビュー・使い方【動画あり】


【過去分】【2017年3月】旧イオンスマホの端末下取り全額増額

aeon-mobile-campaign108 イオンモバイルでは、イオンモバイル開始前のイオンスマホからイオンモバイルにMNPで乗り換える際に、対象機種を下取りに出すと最大15,000円分のWAONポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。


【過去分】キャンペーン内容

キャンペーン期間内に、イオンスマホからイオンモバイルにMNP(番号そのまま)で乗り換えると、最大で15,000円分のWAONポイントがプレゼントされます。

対象機種と下取りに出してもらえるWAONポイントは以下の通りです。

・Xperia J1 Compact:15,000 WAONポイント

・arrows M02:10,000 WAONポイント

・geanee / KYOCERA S301 / Alcatel IDOL 2 / ARROWS M01:5,000 WAONポイント


【過去分】キャンペーン期間

2017年2月18日~2017年3月31日


【過去分】キャンペーン適用条件と注意点

2016年2月25日以前にイオンスマホを契約したユーザーが対象です。

・旧イオンスマホを利用中で、MNPでイオンモバイルのSIMを端末とセットで購入し、旧イオンスマホの端末を下取りに出す必要があります。

・下取りに出す端末は、イオンモバイルが定める基準を満たしている必要があります。

後日配送する店舗、イオン北海道店舗、イオン九州店舗、イオン琉球店舗、イオンデジタルワールド(オンラインサイト)は対象外です。


下取りキャンペーンは、オンラインショップだけでなく北海道、九州、沖縄のイオン店舗が対象外など条件が厳しいですが、対象地域のイオン店舗で手続きできる場合は有効活用しましょう。

イオンモバイルを取り扱うショップ一覧はこちらで確認できます。
イオンモバイル|店舗一覧



【過去分】【2017年3月⑤】Twitterクイズキャンペーン

aeon-mobile-campaign109 イオンモバイルは、Twitterのクイズに答えると抽選で20名にSIMフリー端末がプレゼントされるキャンペーンも開催します。


【過去分】キャンペーン内容

イオンモバイルの公式Twitterアカウントをフォローしてクイズの答えをツイートすると、正解者の中から抽選で20名にSIMフリー端末がプレゼントされます。


【過去分】キャンペーン期間

2017年3月1日~2017年3月31日


【過去分】キャンペーン適用条件

・期間中にイオンモバイルの公式アカウント(@AEON_MOBILE)をフォローして「業界最安級480円/月の格安スマホは、○○○モバイル」の○○○に当てはまる正解ワードをツイートします。ちなみに答えは「イオン」です。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

・キャンペーンに応募できるのは、日本国内に住んでいるユーザーのみです。

・当選時にTwitterのアカウントを削除している場合や、イオンモバイルのフォローを外している場合はプレゼント対象外となります。

・ツイート文中のハッシュタグ「#イオンモバイル1周年」を削除したツイートは無効になります。

・当選した場合は、キャンペーン終了後にイオンモバイル公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージで当選の連絡が届きます。

Twitterアカウントを非公開にしている場合、応募ツイートを確認できないため応募対象外となります。

Twitterのダイレクトメールを受信拒否している場合、当選連絡が届かないので応募対象外となります。

・DM内にあるリンクをクリックすると表示される登録フォームに必要事項を入力することで「当選確定」となります。期日までに登録フォームへの入力がない場合や入力内容に不備があった場合は当選が無効となるので注意しましょう。

商品の発送は2017年4月下旬以降の予定です。


このキャンペーンは費用も手間もかからないので、Twitterアカウントを持っている人はぜひ応募しましょう。


【過去分】【2017年1月】ウインターセール

イオンモバイルは、期間限定で端末代金が割引されるキャンペーンを開催中です。
aeon-mobile-campaign6

【過去分】キャンペーン内容

S301とHUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE、ALCATEL ontouch idol 3が割引価格で購入できます。

S301⇒端末のみ購入:10,800円 SIMとセットで購入:13,800円

MediaPad T1 7.0 LTE⇒端末のみ購入:10,800円

ontouch idol 3⇒SIMとセットで購入:17,800円


このキャンペーンではS301とMediaPad T1 7.0 LTEが端末のみでも割引価格で購入できるので、端末はイオンモバイルで購入してSIMは自分に合ったものを使うのもいいですね。


【過去分】キャンペーン期間

2016年12月27日~2017年1月13日


【過去分】キャンペーン適用条件

キャンペーン期間中に対象端末を購入することで割引価格が適用されます。


【過去分】キャンペーン注意点・その他

・S301はデータ通信SIM、音声通話SIMのどちらでも割引きは適用されます。
・MediaPad T1 7.0 LTEは端末単体のみ割引が適用されます。
・onetouch idol 3はSIMとのセットのみ割引が適用されます。


【過去分】【2016年8月】2GB増量キャンペーン

イオンモバイルは、期間中にイオンモバイルを新規またはMNP転入で契約すると、高速通信容量が3ヶ月間にわたって2GB増量されるキャンペーンを開催しています。
aeon-mobile-campaign102

【過去分】キャンペーン期間

2016年6月18日(土)~2016年8月31日(水)


【過去分】応募条件・適用条件

・キャンペーン期間中に新規またはMNP転入でイオンモバイルを契約すること。
・データ通信SIM、音声通話SIMのどちらでも2GB増量は適用される。


【過去分】応募方法

通常通りイオンモバイルを申し込み・契約することでキャンペーンが自動的に適用される。
イオンモバイル


【過去分】キャンペーン注意点・その他

・2GBが増量されるのは契約月の翌月から。
・増量分の高速通信容量の有効期限は当月末までで繰り越しはできない。
・音声シェアプランを申し込んだ場合は、各SIMが2GBずつ増量はされずシェアプラン1契約に対して2GB増量される。
・増量処理の完了までに7日程度かかることがある。
・2016年9月1日以降に音声通話SIM⇔データ通信SIMやSIMサイズの変更手続きを行った場合は、変更受付処理の時点で2GB増量特典は終了となる。


3ヶ月間の期間限定である点や、増量分は翌月繰り越しができないなど注意点はあるものの、月額料金はそのままでひと月に使える高速通信容量が2GB増量されるのは得です。

このキャンペーンはデータ通信SIMでも適用されるので、試しに格安SIMを使ってみたい人は検討してみてもよさそうですね。


【過去分】【2016年5月①】大容量お試し 特別料金キャンペーン

イオンモバイル5月のキャンペーン1つ目は、大容量お試し 特別料金キャンペーンです。

【過去分】大容量お試し 特別料金キャンペーンの内容

イオンモバイルの大容量お試し 特別料金キャンペーンでは、20GB以上のプランが2016年8月利用分まで割引された特別価格で利用できます。

イオンモバイルの20GB以上のプランの通常料金と、大容量お試し 特別料金キャンペーン適用後の料金は以下の通りです。
 データ通信
SIM
音声通話
SIM
通常料金キャンペーン
料金
通常料金キャンペーン
料金
20GB4,980円4,480円
(500円割引)
5,980円5,480円
(500円割引)
30GB6,980円5,980円
(1,000円割引)
7,980円6,980円
(1,000円割引)
40GB9,980円7,980円
(2,000円割引)
10,800円8,800円
(2,000円割引)
50GB13,800円9,800円
(4,000円割引)
14,800円10,800円
(4,000円割引)


2016年8月までは20GBでも500円割引で、50GBは4,000円も割引された料金で利用できます。

格安SIMで大容量のプランを検討しているならメリットの大きいキャンペーンですね。


【過去分】大容量お試し 特別料金キャンペーンの期間

大容量お試し 特別料金キャンペーンの受付期間は以下の通りです。

2016年4月29日~2016年5月31日


【過去分】大容量お試し 特別料金キャンペーンの注意点

イオンモバイルの大容量お試し 特別料金キャンペーンはデータ通信SIM、音声通話SIMとも安くなるのでメリットの大きいキャンペーンですが、注意点もあります。

【過去分】大容量プランの特別料金が適用されるのは2016年8月利用分まで
大容量プランの特別料金が適用されるのは2016年8月利用分までとなっています。

期間限定プランの適用が終了する2016年9月1日以降は、通常料金が適用されます。

特別料金キャンペーンで大容量のプランを利用していて毎月の高速通信容量が余るようであれば、容量の少ないプランに変更することで月々の支払いを抑えることができます。

なお、イオンモバイルは月末日にプラン変更の手続きをすると、変更後のプランが適用されるのが翌々月からとなります。

具体的には、8月31日にプラン変更手続きをすると変更後のプランは10月1日からの適用となります。

翌月から新しいプランを適用させたい場合は、月末日の前日(8月であれば30日)までに手続きするようにしましょう。

イオンモバイルのプラン変更方法などの詳細はこちらにまとめています。
イオンモバイルのプラン変更方法と手数料・期限やタイミングまとめ


【過去分】ネット申し込み(イオンデジタルワールド)で申し込めるのはデータ通信SIMのみ
イオンモバイルは、イオンデジタルワールドを利用すればネットから申し込むことができます。

ですが、イオンデジタルワールドで申し込めるのはデータ通信専用SIMのみで、音声通話SIMは申し込むことができません。

大容量お試し 特別料金キャンペーンで音声通話SIMを契約したい場合は、イオンの店頭で申し込みましょう。


【過去分】スマホ特別価格キャンペーンの期間

スマホ特別価格キャンペーンの受付期間は以下の通りです。

2016年4月29日~2016年5月31日


【過去分】スマホ特別価格キャンペーンの注意点

イオンモバイルのスマホ特別価格キャンペーンの注意点は特にありません。

このキャンペーンは、イオンモバイルのSIMとセットで購入する必要がないためコストもリスクも0なのが大きなメリットです。


【過去分】【2016年4月】イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーン

aeon-mobile-campaign101
イオンモバイルでは、2016年3月31日まで2GBプランが1年間にわたって格安の月額料金で利用できる「イオンモバイルスタートキャンペーン」が開催されていました。
【2016年3月】イオンモバイルスタートキャンペーン

ですが、イオンモバイルは提供開始日である2016年2月26日に新規受付を停止してしまい、ウェブサイトからの申し込みはキャンペーンの期限である3月31日まで再開されることなく終了してしまいました。

そこで、イオンモバイルでは「イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーン」を4月1日から新たに開催し、ウェブサイトからでも2GBプランを特別価格で契約できるようになりました。

2016/4/11追記
イオンモバイルのキャンペーンは終了しました。

現在月額料金が安くなるキャンペーンが開催されているのが、DTI SIMBIGLOBE SIMNifMoです。

それぞれの格安SIMのキャンペーン詳細は以下に詳しくまとめています。

DTI SIM
DTI SIMの半年無料キャンペーン詳細と注意点まとめ【6月】

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細と注意点まとめ【6月】

NifMo
NifMo(ニフモ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【6月】

上記3社の中でも、特にDTI SIMのキャンペーンは3GBプランが半年間無料で利用できメリットが大きいのでおすすめです。



【過去分】イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンの内容

イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンでは、2GBプランが2017年3月31日まで割引された特別価格で利用できます。

イオンモバイルの料金プランと、「イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーン」の2GBプランの割引料金の一覧は以下の通りです。
高速通信容量データ通信SIMデータ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
500MB--1,130円
1GB480円620円1,280円
2GB780円920円1,380円
4GB980円1,120円1,580円
6GB1,480円1,620円1,980円
8GB1,980円2,120円2,680円
12GB2,680円2,820円3,280円
20GB3,980円4,120円4,680円
30GB5,380円5,520円6,080円
40GB7,480円7,620円7,980円
50GB10,300円10,440円10,800円


キャンペーン料金は、2016年3月31日まで開催されていたイオンモバイルスタートキャンペーンと同額となっています。


【過去分】イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンの期間
イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンの受付期間は以下の通りです。

2016年4月1日~2016年4月10日


【過去分】イオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンの適用方法と注意点
イオンモバイルのウェブサイト「イオンデジタルワールド」でイオンモバイル2GBプラン特別価格キャンペーンを適用させるための手順を以下に紹介します。

1.まず、イオンデジタルワールドの「特別キャンペーン2GBプラン」のページから「イオンモバイル 2GBプラン特別価格キャンペーン お申し込みパッケージ」を購入します。

SIMのみ契約を希望する場合は、左上に表示される3,000円の「イオンモバイル 2GBプラン特別価格キャンペーン お申し込みパッケージ」を選びます。また、SIMとスマホのセットを購入予定の場合は、赤枠で囲った機種が端末価格も値引きされているため割安です。
aeon-mobile-campaign100

2.「イオンモバイル 2GBプラン特別価格キャンペーン お申し込みパッケージ」を購入して後日手元にパッケージが届いたら、同封されている申込書に必要事項を記入します。その際に、2GBプラン以外のプランを選ばないように注意しましょう。

3.申込書を2016年5月31日までに郵送します。2016年6月1日以降に郵送しても2GBプランを特別価格で利用することができません。

なお、お申し込みパッケージは4月11日以降に順次配送されるとのことです。4月10日ギリギリにパッケージを購入すると配送までに時間がかかる可能性もあるため、イオンモバイルの2GBプランを割引価格で利用する予定なら早めに購入しておくことをおすすめします。


【過去分】2GBの期間限定プランの注意点
2GBプランの期間限定料金はデータ通信SIM、音声通話SIMとも安くなるのでメリットの大きいキャンペーンですが、注意点もあります。

それは、2GBの期間限定料金が適用されるのは2017年3月31日までである点です。期間限定プランの適用が終了する2017年4月1日以降は、2GBプランの通常料金(データ通信SIM 780円/データ通信SIM+SMS 920円/音声通話SIM 1,380円)が適用されます。

毎月の高速通信容量(パケット)が余るようであれば、1GBや500MBにプラン変更することで月々の支払いを抑えることができます。

なお、イオンモバイルは月末日にプラン変更の手続きをすると、変更後のプランが適用されるのが翌々月からとなります。具体的には、1月31日にプラン変更手続きをすると変更後のプランは3月1日からの適用となります。

翌月から新しいプランを適用させたい場合は、月末日の前日(例えば1月であれば30日)までに手続きするようにしましょう。
イオンモバイルのプラン変更方法と手数料・期限やタイミングまとめ


【過去分】【2016年3月】イオンモバイルスタートキャンペーン

2016年3月、イオンモバイルはイオンモバイルスタートキャンペーンを開催しています。

イオンモバイルスタートキャンペーンでは、特定のプランと端末が割引されています。
aeon-mobile-campaign1


【過去分】音声通話SIMとデータ通信SIMの2GBプランが期間限定プランとして割引

イオンモバイルスタートキャンペーンの1つ目は、2GBプランの月額料金の割引です。

イオンモバイルの料金プランと2GBの割引料金の一覧は以下の通りです。
高速通信容量データ通信SIMデータ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
500MB--1,130円
1GB480円620円1,280円
2GB780円920円1,380円
4GB980円1,120円1,580円
6GB1,480円1,620円1,980円
8GB1,980円2,120円2,680円
12GB2,680円2,820円3,280円
20GB3,980円4,120円4,680円
30GB5,380円5,520円6,080円
40GB7,480円7,620円7,980円
50GB10,300円10,440円10,800円


イオンモバイルスタートキャンペーンで割引されるプランは2GBですが、データ通信SIMの料金は1GBプランの料金と全く同じで、さらに音声通話SIMにいたっては500MBプランよりも安く1,000円を下回る980円という破格の料金で提供されています。


【過去分】2GBの期間限定プランの受付期間
2GBプランの期間限定料金は、いつ申し込んでも適用されるわけではありません。以下のキャンペーン期間内に申し込む必要があります。

2016年2月26日~2016年3月31日

2016年4月1日以降は、イオンモバイルの割引きされた2GBプランを契約することはできないので注意しましょう。


【過去分】特定の端末価格が割引

イオンモバイルスタートキャンペーンでは、2GBプランの月額料金の割引だけでなく特定の端末も割引価格で購入できます。

【過去分】ARROWS M01が14,800円
イオンモバイルキャンペーンでは、富士通製のスマートフォン「ARROWS M01」がイオンモバイルのSIMとセットで14,800円という格安の価格で購入できます。

イオンモバイルでは、SIMとセットではなく端末のみを単体で購入することができます。イオンモバイルにおけるARROWS M01単体の販売価格は29,800円なので、15,000円割引されていることになります。

ARROWS M01は、防水・防塵機能搭載で雨に塗れたりほこりをかぶっても安心である点やシンプルなホーム画面に変更できるため直感的に操作できる点、LTEで通信できるエリアもドコモが販売しているスマートフォンとほぼ同じ広さで利用できる点が特徴です。
aeon-mobile-campaign2

注意点としては、国産メーカー製の端末の多くに搭載されているおサイフケータイがARROWS M01には搭載されていない点とRAM 1GB/ストレージ 8GBや解像度が高くない、カメラ画素数は800万画素で他社のSIMフリー端末と比べると低い方でスペックは決して高くないという点が挙げられます。

なお、楽天市場ではARROWS M01がSIMとセットでなく単体でも2万円を下回る価格で購入できます。
【送料無料】富士通 FARM01004 [ARROWS M01(白)]

また、アウトレットショップのイオシスでもARROWS M01の未使用品が安く販売されています。
FUJITSU ARROWS M01 【White】

FUJITSU ARROWS M01 【Black】


ARROWS M01を購入する場合は、イオンモバイルで購入する必要があるかどうかを慎重に検討した方がいいでしょう。


【過去分】Aterm MR04LNが19,800円
イオンモバイルスタートキャンペーンでは、スマートフォンのARROWS M01だけでなくモバイルWi-FiルーターのAterm MR04LNもイオンモバイルのSIMとのセットで19,800円で購入できます。
aeon-mobile-campaign3

イオンモバイルにおけるAterm MR04LN単体の販売価格は25,920円なので、6,120円安く入手できます。

Aterm MR04LNの特徴はSIMを挿すスロットが2つある、いわゆるデュアルSIMスロット搭載のSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターである点です。

仕事用とプライベート用のSIMをそれぞれのスロットに挿して使い分けたり、SIMフリーなので海外のSIMを片方のスロットに挿して国内と海外でSIMを切り替えて通信することもできます。

また、自宅にネット環境がない場合はイオンモバイルのSIMや他社の主要な格安SIMを挿してWi-Fi環境を構築することもできます。

イオンモバイル以外の格安SIMを挿すなら、ドコモ回線を使った格安SIMが種類も多くそれぞれ特徴があるので自分の利用環境に合ったSIMを見つけることができます。

Aterm MR04LNについては、ARROWS M01のような注意点は特にありません。非常に高性能で使い勝手の良い、おすすめのモバイルWi-Fiルーターです。


【過去分】端末価格割引キャンペーンの注意点
上記の端末価格が割引になるキャンペーンは、特にモバイルWi-FiルーターのAterm MR04LNがメリットがありますが、注意点もあります。

まず、キャンペーンの特別価格で購入できるのは1人1台までとなっている点です。1人で2台以上は購入できないので注意しましょう。

また、端末価格割引キャンペーンはARROWS M02とAterm MR04LNの在庫が無くなり次第終了となる点にも注意が必要です。


Filed under: Leave a comment


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます





Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.