Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




arrows M03のケースとガラスフィルムを購入してみた。

Posted on 8月 7, 2016

arrows-m03-case-film3 このページでは、arrows M03用のケースとガラスフィルムを購入したのでレビューします。


arrows M03は耐衝撃仕様だが傷から守るにはケースとフィルムが必要

まず、arrows M03は耐衝撃仕様のため衝撃には強いです。

ですが、arrows M03はディスプレイだけでなく背面にもガラスが採用されています。ディスプレイや背面から平坦な地面に落としても簡単には割れない仕組みになっていますが、砂利や石がゴロゴロしている場所で落とすと割れてしまう可能性が高いです。

また、arrows M03を他のモノと一緒にバッグやポケットに入れておくと、こすれて擦り傷が入ることもありえます。

arrows M03をできるだけ傷から守りたいなら、ケースとフィルムはつけておくのがおすすめです。


arrows M03のケースレビュー

まずは、arrows M03のケースをレビューしていきます。

今回購入したケースはこちらです。
F-03H arrows SV / M03 ARROWS クリアTPU ケース カバー クリア
arrows-m03-case-film21


ケースは透明の袋に入っています。
arrows-m03-case-film1

arrows M03のベースモデルであるF-03Hと記載されていますが、arrows M03とF-03Hはサイズは全く同じなのでケースも同じものが使えます。
arrows-m03-case-film2

ケースを取り付けた後の様子です。ケースの厚み分サイズもアップしますが、持った感じは特に持ちにくくなったとか重くなったとは感じません。また、素材はTPUなので持った時のグリップ感も確実に良くなりました。
arrows-m03-case-film3

上部です。イヤホンジャックとワンセグアンテナ部分がくり抜かれています。
arrows-m03-case-film4

アンテナ部分の穴は上下左右に余裕があります。
arrows-m03-case-film5

アンテナが取り出しにくいということもなく、またケースに引っかかったりすることもありません。
arrows-m03-case-film6

右側です。電源ボタンとボリュームボタンはケースに覆われています。
arrows-m03-case-film7

ボタンの場所はケースの内側が突起しているので、ボタンを強く押さなくてもしっかり反応してくれます。
arrows-m03-case-film8

下部です。microUSBポートとマイク、ストラップホールが周囲のスペースに余裕をもってくり抜かれています。
arrows-m03-case-film9

arrows M03にはストラップホールがついていますが、このケースならストラップと干渉することもありません。
arrows-m03-case-film10

左側です。SIMとmicroSDトレーを自ら防ぐ防水キャップ部分はくり抜かれています。一般的には、SIMやmicroSDはしょっちゅう抜き差しするものでもないので、ここはケースでふさいでおいても良かったような気もします。
arrows-m03-case-film11

背面です。
arrows-m03-case-film12

カメラとフラッシュ、マイク部分はきれいにくり抜かれています。
arrows-m03-case-film13

このケースの価格は1,000円程度ですが、arrows M03本体を保護するのには必要十分でおすすめです。


arrows M03のガラスフィルムレビュー

arrows M03のガラスフィルムも購入しました。

購入したガラスフィルムはこちらです。
FUJITSU 富士通 arrows M03 / RM03 , arrows SV F-03H ガラスフィルム 国産ガラス採用 液晶保護フィルム 厚さ0.33mm 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 アローズ on-device 【国内正規流通品】 (F-03H)
arrows-m03-case-film22


ガラスフィルムは、おしゃれな箱に入っていました。
arrows-m03-case-film14

このガラスフィルムも、F-03Hのものとなっています。
arrows-m03-case-film15

ガラスフィルムのほかに、汚れをふき取るためのクリーニングクロスやホコリを取るためのシールなどがついてきます。
arrows-m03-case-film16

ガラスフィルムの貼り方も、画像と日本語で丁寧に説明されているので、この手順通りに作業をすればOKです。コツは、貼る前にガラスフィルムをarrows m03に合わせてみてイメージをつかんでおくことと、ホコリを全て取り除いておくことです。
arrows-m03-case-film17

貼り付け後の状態です。前面カメラと近接センサ、スピーカー部分はずれなくくり抜かれています。
arrows-m03-case-film18

また、ガラスフィルムを貼った状態のarrows M03に先ほどレビューしたケースを付けても、お互いに干渉しないためフィルムの端が浮いたりすることもなく同時に使えます。
arrows-m03-case-film19

上部だけでなく、下部や左右も干渉は一切ありません。
arrows-m03-case-film20


まとめ。ケースとガラスフィルムを同時に使いたいならこの組み合わせはおすすめ

今回は、arrows m03のケースとフィルムを同時に購入してみました。

arrows M03のケースとガラスフィルムを一緒に使いたいなら、この組み合わせは安くてお互いに干渉もせずサイズもぴったりのためおすすめです。

もちろん、今回購入したケースとガラスフィルムは単品でも問題なく使えるので、ケースかガラスフィルムの片方だけ使いたいという人も安心して使える良い商品です。

arrows M03のケースとガラスフィルムの購入レビューは以上です。

arrows M03の購入レビューはこちら。
arrows M03/RM03購入レビューとスペック、MVNO(格安SIM)セットまとめ

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る