Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Galaxy S3(SC-06D)をRoot権限を維持したままSC06DOMALG6にアップデートする方法。

Posted on 8月 24, 2012


今回は、Galaxy S3(SC-06D)をRoot化済み、CWM導入済みの状態のSC06DOMALG1から、SC06DOMALG6にアップデートする方法を紹介します。

※この方法のキモであるアプリ「OTA RootKeeper」が削除されたため、現在はこのページで紹介している方法は使えません。

スポンサーリンク



root化によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy S3(SC-06D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1.こちらからGalaxy S3(SC-06D)をRoot化するためのツールをダウンロード後、解凍しておく。
zipファイルの内容が、Galaxy S3(SC-06D)のRoot化とCWM導入方法・手順。の時からアップデートされているので、上記リンクから最新のRoot取得キットをダウンロードしておいてください。8/24時点では、2012/08/10が最新です(readmeの中の日付)。

このRoot取得キットだけで、Galaxy S3(SC-06D)のRoot化、CWM導入、標準リカバリ導入、バックアップまでできるのでかなり便利です。

キット作者のほむほむさんに感謝ですね。

2.Galaxy S3(SC-06D)の設定⇒開発者向けオプション⇒USBデバッグにチェックを入れておく。



3.Galaxy S3(SC-06D)のドライバをインストールして、PCがGalaxy S3(SC-06D)を認識するようにしておく。



CWMから標準リカバリに戻す

Galaxy S3(SC-06D)をアップデートするには、リカバリが標準である必要があるので、まずはリカバリをCWMから標準リカバリに戻します。

リカバリが標準リカバリのままであれば、以下の作業は不要です。

SC06D Rooting Kitのフォルダを開いて、「Restore_recovery.bat」をダブルクリックします。


cmdが起動したら、Enterキーなど何かキーを押してください。


インストールが完了したら、再度何かキーを押します。標準のリカバリ(ドロイド君が表示されるリカバリ)が起動すれば、標準リカバリに戻す作業は完了です。



アップデート後もRoot権限が維持されるようにする

次に、SC06DOMALG1で取得しているRoot権限を、SC06DOMALG6にアップデートしても維持するようにします。

まず、OTA RootKeeperをインストールします。
※OTA RootKeeperは削除されたためインストールできません。


インストール後、OTA RootKeeperを起動します。


スーパーユーザーリクエストが表示されるので、「許可」をタップ。


「Protect root」をタップ。


「Temp. un-root」をタップ。


これでSC06DOMALG6にアップデート後もRoot権限が維持されるようになります。


SC06DOMALG6に更新


ここから、SC06DOMALG6にアップデートしていきます。アップデートは端末(OTA)で行います。
「ソフトウェア更新」をタップ。


「確認」をタップ。


「ダウンロード」をタップ。


差分のみの更新パッケージがダウンロードされます。


ダウンロードしたSC06DOMALG6のパッケージをインストールします。「インストール」をタップ。


再起動を促されるので「OK」をタップ。
再起動すると標準リカバリの画面になって、SC06DOMALG6へのアップデートが行われます。


アップデート完了後、再起動します。SC06DOMALG6へのソフトウェア更新が成功した旨のメッセージが表示されれば、SC06DOMALG6へのアップデートは完了です。



SC06DOMALG6でRoot権限を復元


SC06DOMALG6へのアップデート直後はRoot権限はないので、再度Root権限を取得(復元)する必要があります。
Root権限の復元は、先ほど使ったOTA RootKeeperを使います。OTA RootKeeperをタップ。


「Restore root」をタップ。


以下の表示になればOKです。


Root権限が取得できているか確認します。Titanium Backupをタップ。


「Titanium Backupによるスーパーユーザーリクエストが許可されました」と表示されれば、Root権限は取得できています。


ただこれだけでは、Galaxy S3(SC-06D)を再起動するたびにVoodoo OTA RootKeeperを起動して「Restore root」をタップしてRoot権限を取得する必要があります。

そこでRooting Kit内の「RunMe2.bat」をダブルクリックします。


RunMe2.batを実行することで、LG6にアップデートしたGalaxy S3(SC-06D)を再起動してもRoot権限を維持します。Enterキーなど、適当なキーを押してください。


再起動を促されるので、再度何かキーを押します。するとGalaxy S3(SC-06D)が再起動を始めます。


Voodoo OTA RootKeeperを起動すると、Root権限を取得した状態のままであることが分かります。



CWMの導入


CWMを再度導入したい場合は、Rooting Kitの「Install_cwm.bat」をダブルクリックします。


何かキーを押します。


再度何かキーを押して再起動後、CWMが起動すればCWMの導入は完了です。


Galaxy S3(SC-06D)をRoot権限を維持したままSC06DOMALG6にアップデートする方法は以上です。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (16) Trackbacks (0)
  1. ベースバンドがF5で違う以外はこちらと同じ手順で試みましたが、何度やってもアップデート中に28%の時点でリカバーのドロイドくんが赤い三角の表示にかわり、アップデートすることができません。
    何か対処法を教えていただければ幸いです。

    • ベースバンドはSC06DOMLG1ですがこちらの手順を踏んでも、
      室戸さんと同じように、28%地点でアップデートが中断されてしまいます。
      その時の挙動も全く同じです。
      FRや再びstock-romを焼くといったことはなるべく行いたくありません。
      何か助言をいただければと思い書き込ませていただきました。
      よろしくお願いします。

      • nさん

        試しにLG1をODINで焼いてRoot化⇒今回の記事の手順でLG6へのアップデートしたところ、正常にアップデートできました。
        私は同じ現象が再現されないので原因は分からないですね。

        • とても速いお返事をありがとうございます。
          28%で止まるという症状が同じであったので
          つい書き込んでみました。
          こちらの記事を読んでいたら、カスタムROMの方にとても関心が向いてしまい、
          アップデートよりも先にカスタムROM導入に挑戦してみようと思います。
          わざわざ返信していただいたのに今すぐ解決策を実践して
          結果報告をするということができずに申し訳ありません。

          カスタムROMの件などでまたお世話に成ることがあると思いますので、その際は是非よろしくお願いします。今後もこちらの記事を拝見させて頂きますね。
          ありがとうございました。

          • nさん

            報告の件は大丈夫ですよ~
            もし実践することがあればそのときに教えてください。
            SC-06DをカスタムROMで遊べるとは思っていなかったので、ほむらさんには本当に感謝です。
            これからはSC-06DのカスタムROMについての記事も書いていくので、遊びに来てくださいね。

            • LG6へのアップデートの件ですが成功しました!
              !AdroidLoverさんの助言通り初期ロムを焼き直してからなら
              うまくいきました。ありがとうございます。

              カスタムROMの導入はsakuramilk氏のcm9,cm10を
              試してみましたが、Titaniumによる復元で使えるデータを把握していなかったせいで
              以前よりも使い勝手が悪くなってしまいました。
              というのもDocomoのメールアプリやDocomoバックアップアプリ、
              電話、電話帳の復元がよくわからなかったので
              勉強しなおして再挑戦しようと思います。

              でも、もし、
              カスタムROMにおけるDocomo系アプリ復元についても何か知っていらっしゃれば教えていただけると幸いです。

    • 室戸さん

      私も再度初期ROMに戻して試しましたが、問題なくアップデートできます。
      なので原因は分からないですね。
      LG1のROMをODINで焼いてアップデートしてみてはいかがでしょう?

    • SC06DOMLG1で室戸さんと同じ状況になりました。
      AndroidLoverさんのGalaxy S3(SC-06D)用バッテリー100%表示・時計中央表示、ICS Blueテーマに変更していた為、ストック(初期)テーマに戻すと問題なく、アップデートすることができました。参考までに…。
      AndroidLoverさん、こちらの記事は大変参考になり感謝しております。
      今後もこちらの記事を拝見させ頂きます。宜しくお願い致します。

      • おやじさん

        情報ありがとうございます!
        私のmodが原因だったんですか~
        早速記事に追加しておきますね。

  2. AndroidLoverさんに質問ですが、
    LG6にバージョンアップ後、カスタムカーネルは導入されていますでしょうか?

    と、いいますのも、こちらのブログの手順でLG6にバージョンアップ完了後、
    たとえばdマーケットを見るためにVoodoo OTA RootKeeperで「Temp.unroot」を実行。
    普通にunroot状態と見なされ、dマーケットでビデオ視聴可能。
    setCPUなどのアプリを起動したいので、再びrooted状態に戻すためにVoodoo OTA RootKeeperの
    「Restore root」を実行。

    上記の手順ですが、
    純正LG6カーネル→普通に実行可能。
    カスタムカーネル→Voodoo OTA RootKeeperで「Temp.unroot」を実行し、unroot状態にはすることができる。
    その後、Voodoo OTA RootKeeperを起動するも、root permission grantedのチェックがoffになっており、「Restore root」ボタンがなく、端末を再起動しないと再びrootedに戻せない
    と言った事象が私の端末で発生しております。

    私だけなのかと思い、質問させていただいた次第です。
    私のみ発生しているのであれば、アップデートの手順が間違っているんでしょうか?


    以上、非常に文章では伝わりにくいと思いますが、よろしくお願いいたします。

    • マカロンさん

      私はカーネルは純正を使っている(今はカスタムROMを使っていますが)ので分からないですね。
      お役に立てず申し訳ないです。

  3. AndroidLoverさん

    回答ありがとうごさいます。
    やはり純正でしたか。
    私と似たような症状の方がいらっしゃれば、解決策などお伺いしたかったのですが、残念です。

    LG1に戻すか、LG6の純正カーネルでも十分にサクサクなので、このままでもいいかなぁって思い始めてました。
    いつも有益な情報、ありがとうごさいます。

    • マカロンさん

      もともとはSC-06D用のROMではないので、細かい不具合があるのは仕方がないでしょうね。
      それにしても、SC-06DでカスタムROMの話ができること自体が嬉しいですね~

  4. galaxys3購入したてです。
    購入時からベースバンドバージョンがLF5でした。
    rootを取るためにはLG1にダウングレードしなければならないようですが
    odinで初期ROMを焼いて問題はないでしょうか?
    またroot権限を維持したままLF5に戻すことは可能でしょうか?
    ご教示くだされば幸いです。

    • アンさん

      ODINで初期ROMを焼くのは問題ないですね。
      ただ、現在のLF5にアップデートしてもRoot権限が維持されるのかは、私自身がLF5を試していないので分からないです。
      お役に立てずすみません!

  5. 質問に答えて頂きありがとうございます。

    少し勘違いしていたみたいで、LF5はLG1より前のバージョンみたいでした。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る