Galaxy SⅢ

Galaxy S3(SC-06D)を購入。簡単なレビュー。

更新日:


発売日から少し日が経ちましたが、Galaxy S3(SC-06D)を購入しました。




レビューはすでにたくさん出ていると思うので、今回は簡単なレビューをしていきます。

操作感

Galaxy Nexus(SC-04D)との比較になりますが、端末の持ちやすさはGalaxy Nexus(SC-04D)の方が私はしっくりきます。

おそらく横幅が少しだけGalaxy S3(SC-06D)の方が広いからだと思います。

もちろんすぐに慣れるとは思いますが、この少しの差がホールド感には大きく影響すると感じました。

スクロールの滑らかさなどについては、かなりスムーズで滑らかなので、何の文句もありません。

Galaxy S3(SC-06D)はAndroid4.0.4(ICS)ですが、これがAndroid4.1(Jelly Bean)にアップデートされたらもっとスムーズで使いやすくなると思います。

ぜひJelly Beanへのアップデートを期待したいですね。


ロック画面

ロック画面についてです。ロック画面をタッチすると、「チャポン」という音とともに水の波紋が広がります。音も波紋も滑らかで気持ちいいですね。

Galaxy S3(SC-06D)のロック画面は機能も充実しています。

ロック画面下の4つのショートカットを上にスワイプすることで直接起動することができます。


試しにダイヤルアイコンを上にスワイプすると・・・


ダイヤルアプリが起動します。


ちなみにこのロック画面、かなりカスタムできます。設定⇒セキュリティにいきます。


ロック画面オプションをタップ。


ロック画面のショートカットを変更したいときは「ショートカット」をタップします。


削除したいショートカットを長押しすると、ゴミ箱が表示されます。


ショートカットを削除ではなく変更したい場合は、そのショートカットのアイコンをタップするとアプリ一覧が表示されます。


ショートカットにSkip Memoを選びました。


他も自分がよく使うアプリを選んでおきます。


ロック画面に先ほど選んだショートカットが表示されました。


また、ロック画面にニュースをテロップ表示させることもできます。

テロップ情報の右側のアイコンをタップして、オンにします。


テロップ情報と書かれているあたりをタップします。


すると、テロップのスライド速度やどのカテゴリのニュースを表示させるかを選べます。


スライド速度は遅い、標準、速いの3つから選択可能です。


ニューステロップの設定です。


自動更新の間隔を設定できます。


なし、3時間、6時間、12時間から選べます。


基本のニュースの設定でテロップ表示させるニュースのカテゴリを設定します。


いろいろなカテゴリから選ぶことができます。


ロック画面の下部に自分が選んだカテゴリのニュースがテロップ表示されるようになりました。

これに加えて、ロック画面に天気情報も表示させることができます。


このようにGalaxy S3のロック画面は自分の使い方に合ったカスタムが可能なので、かなり便利だと感じました。


Galaxy S3(SC-06D)独自機能


次にGalaxy S3(SC-06D)の独自機能についてです。

まず、スマートステイを設定してみます。スマートステイは、ユーザーが画面を見ているときは画面オフにせずに、見ていないときに画面オフになる機能です。

設定⇒ディスプレイをタップします。


スマートステイにチェックを入れれば、機能が有効になります。


スマートステイの使い方や注意点が表示されます。



また、以前のGalaxyシリーズなどにもあるのでGalaxy S3独自の機能ではありませんが、フォント変更にも対応しています。

設定⇒ディスプレイ⇒フォントスタイルをタップ。


モトヤマルベリが選択肢にあるので変更しました。



バッテリーの残量をテキストで表示させることができます。

「バッテリー残量を表示」にチェックを入れます。


すると、ステータスバーにバッテリー残量テキストが表示されました。


最後にモーションです。モーションにもいろいろな種類があって、いくつか便利な機能があります。

設定⇒モーションをタップ


この中で個人的に便利だと感じたのが、ダイレクトコールとスマートアラートです。

ダイレクトコールは、電話をかけたい相手の電話帳を表示した状態で、Galaxy S3(SC-06D)を耳に当てると自動で発信されます。

スマートアラートは、不在着信やメール受信がある場合にGalaxy S3(SC-06D)を持ち上げるとバイブで教えてくれる機能です。


他にもいろいろなモーションがあるので、自分に合った便利な使い方がGalaxy S3(SC-06D)ではできそうですね。



RAM/ROM


RAMとROMについてです。

RAMは2GBなので、少しアプリをインストールしたぐらいならRAMの容量は余裕で空いていますね。


ROMも32GBと高容量なので、ヘビーに使ってもまったく問題はない容量でしょう。



Galaxy S3(SC-06D)の簡単なレビューは以上です。

Galaxy S3(SC-06D)はそのままでもかなりカスタムの幅がありますし、動きも滑らかなので使いやすいと思います。

あとはいろいろいじって自分仕様にしていって、その過程を記事にしていければと思います。
スポンサーリンク

-Galaxy SⅢ

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.