Nexus7

Nexus 7でATOKの絵文字を表示させる方法。

更新日:


今回は、Nexus 7でATOKの絵文字(ドコモ)を表示させる方法を紹介します。

スポンサーリンク



Nexus 7で、SPモードメールを使うことはできませんが、IMoNiを使うことで@docomo.ne.jpのメールを送受信させることができます。

ただ、私はATOKを使っていますが、絵文字が選択画面に全く表示されないためメール作成が不便です。

そこで今回の方法を実施することでATOKの絵文字が表示されるようになります。


ブートローダーアンロックやRoot化、カスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


1)Nexus 7をRoot化しておく。Root化については、Nexus 7のRoot化方法・手順。を参照してください。

2)libemoji_docomo.soを準備しておく。私が使っているファイルと同じものはこちらからダウンロードできます。

3)Rootアクセスが可能なファイルマネージャーをインストールしておく。私はESファイルエクスプローラーを使っています。


ESファイルエクスプローラーを起動して、/dataフォルダをタップします。


メニュー>新規をタップします。


「ファイル」をタップします。


「local.prop」と入力して「OK」をタップします。


作成されたlocal.propをタップします。


テキストエディタを選択します。今回はESテキストエディターを選びました。


「ro.config.libemoji=libemoji_docomo.so」と入力してメニュー>保存をタップします。


次に、準備しておくこと2)でダウンロードしておいたlibemoji_docomo.soをロングタップします。


「コピー」をタップします。


systemフォルダに移動します。


libフォルダをタップします。


「貼り付け」をタップします。


libemoji_docomo.soをロングタップします。


「プロパティ」をタップします。


パーミッションを変更します。「変更」をタップします。


キャプチャの通りにチェックを入れて「OK」をタップします。


パーミッションが「rw-r--r--」になっていることを確認して「OK」をタップします。


最後に、ATOKの絵文字の設定もしておきます。


「その他」をタップします。


「携帯電話事業者の選択」をタップします。


「NTTドコモ」をタップします。これでATOKの絵文字の設定は完了です。


ATOKで絵文字選択画面を表示させると、絵文字が現れました。


試しに絵文字を入力してみます。


入力も問題なくできています。

Nexus 7でATOKの絵文字を表示させる方法は以上です。

ATOKの絵文字を表示させるには直接build.propを編集する方法もありますが、local.propの方が後々楽なので私はlocal.propを使っています。

Nexus 7でIMoNiを使ってメールをすることはあまりないかもしれませんが、もし使う場合は上記方法を実施してみてください。
スポンサーリンク

-Nexus7

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.