Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




LINEモバイルに即日MNP転入(乗り換え)する手順と注意点総まとめ

Posted on 11月 9, 2016

line-mobile-mnp このページでは、LINEモバイルに即日でMNP転入(乗り換え)する手順をまとめています。

スポンサーリンク



LINEモバイルは即日開通でMNP転入することができる

格安SIMはMNPで転入する際に、格安SIMを提供するMVNO側でMNP切り替えを行うと同時に現在使っているSIMが使えなくなり、SIMが届くまでの数日間は通話もインターネットも利用できないという「不通期間」「空白期間」がありました。

ですが、最近はほとんどの格安SIMがSIMが自宅に届いた後に自分の都合の良いタイミングで新しいSIMに切り替えできるようになっており、不通期間・空白期間も全くなくMNP転入できるようになっています。

LINEモバイルについても、SIMカードが届いた後に任意のタイミングで元のSIMからLINEモバイルのSIMに即日で番号の乗り換えができるので、不通期間なくスムースにMNP転入が可能です。

不通期間なくMNP転入する流れは後ほど解説します。


LINEモバイルへのMNP転入で必要なもの

LINEモバイルにMNP転入するには、あらかじめ用意しておくべきものがあります。

それは、MNP予約番号、本人確認書類、クレジットカードまたはLINE PAYカードです。

以下に詳しく説明します。

現在契約中のSIMのMNP予約番号を発行する

まず、現在使っているSIMのMNP予約番号を発行する必要があります。

大手キャリアのMNP予約番号発行方法は以下の通りです。

docomoのMNP転出・予約番号発行(払い出し)手段
docomo-logo ショップ


電話

docomo携帯電話から:151(無料)
一般電話などから:0120-800-000(無料)

WEBサイト

My docomo | NTTドコモ

MNP転出時の注意
携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ


auのMNP転出・予約番号発行(払い出し)手段
au-logo ショップ


電話

au携帯電話から:0077-75470(無料)
一般電話などから:0077-75470(無料)

WEBサイト
○(EZWebのみ)
EZWebのトップページ⇒auお客様サポート⇒申し込む/変更する⇒au 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

MNP転出時の注意
MNPお手続き方法 | ご解約前の注意事項を確認 | au


SoftBankのMNP転出・予約番号発行(払い出し)手段
softbank-logo ショップ


電話

SoftBank携帯電話から:*5533(無料)
一般電話などから:0800-100-5533(無料)

WEBサイト
○(3G ケータイ版のみ/iPhone、Android、AQUOSケータイでは申し込み不可)

MNP転出時の注意
ソフトバンクから他社へ変更する場合 | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク


ワイモバイルのMNP転出・予約番号発行(払い出し)手段
ymobile-logo ショップ
○(ケータイ(PHS)、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUALは不可)

電話

ワイモバイル携帯電話から:116(無料)
一般電話などから:0120-921-156(無料)

WEBサイト
○(EMOBILE 4G・EMOBILE LTE・EMOBILE 3Gを利用の場合のみ可能)
My Y!mobileログイン|My Y!mobile|サポート|Y!mobile(ワイモバイル)

MNP転出時の注意
MNPでワイモバイルから他社へのりかえる場合、MNP予約番号はどこで取得できますか? | よくあるご質問 | ワイモバイル


大手キャリアのMNP予約番号発行方法は上記の通りですが、主要格安SIMのMNP予約番号の発行方法はこちらをご覧ください。
格安SIMのMNP転入が自宅で即日開通可能なMVNOまとめ【9月】


本人確認書類

LINEモバイルにMNP転入する際には、本人確認書類をカメラで撮影してアップロードする必要があります。

本人確認に使える書類は以下の通り。

・運転免許証
・運転経歴証明書
・日本国パスポート+補助書類
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
・健康保険証+補助書類
・後期高齢者医療保険者証+補助書類
・届出避難場所証明書
・身体障害者手帳
・療育手帳
・精神障害者保険福祉手帳
・特定疾患医療受給証+補助書類
・特定疾患医療登録者証+補助書類

日本国パスポートと健康保険証、後期高齢者医療保険者証、特定疾患医療受給証、特定疾患医療登録者証には補助書類が必要です。

補助書類として使えるものは以下の2種類です。

公共料金領収書
・発行日より3ヶ月以内で現住所が記載されているもの
・電気、都市ガス、水道が対象(プロパンガスは対象外)
・領収証印、または口座振替が証明できる記載があるもの

住民票
・発行日より3ヶ月以内で現住所が記載されているもの
・マイナンバーが印字されている場合は対象外

なお、本人確認書類を撮影する際に光が映り込むことで、本人確認書類に記載されている氏名や住所、生年月日が一部で読み取れず、申し込みがキャンセルになる事例が増えているとのことです。

本人確認書類に光が映り込まないように注意しましょう。


本人名義のクレジットカードまたはLINE PAYカード

LINEモバイルを契約するには、毎月の利用料金を支払うための決済手段が必要です。

一般的な格安SIMの料金の支払いは、クレジットカードしか使えないことが多いのが現状です。

対して、LINEモバイルの利用料金の支払いに使えるのは、クレジットカードまたはLINE PAY(ラインペイ)カードとなっています。

LINE PAYカードは、LINEモバイルの運営元であるLINEが発行するプリペイドカードで、このようなLINEのキャラクターなどがプリントされています。
line-pay-card

LINE PAYカードはクレジットカードではなく、あらかじめチャージしている金額だけ使えるカードのため、契約も簡単で後払いのクレジットカードのような審査もありません。

格安SIMの支払い方法にクレジットカードを使いたくない、もしくはクレジットカードを持っていないという人でも、LINEモバイルならLINE PAYで契約できるのはメリットですね。

LINE PAYカードの申し込みはLINEアプリ内から可能です。詳しくはこちらをご覧ください。
LINE Pay

LINEモバイルにMNP転入する場合は、クレジットカードかLINE PAYカードを用意しておきましょう。


LINEモバイルへのMNP転入でかかる初期費用

LINEモバイルへのMNP転入の前に、LINEモバイルにMNP転入する際にかかる初期費用についても把握しておきます。

MNP転出手数料と解約金

まず、現在契約しているSIMからLINEモバイルにMNP転入する際にMNP転出手数料がかかります。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのMNP転出手数料は以下の通りです。
キャリアMNP転出手数料
ドコモ2,000円
au3,000円
ソフトバンク3,000円
ワイモバイル新規契約月から6ヶ月以内
6,000円

新規契約月から7ヶ月目以降
3,000円


さらにこの4キャリアを契約更新月以外に解約すると、解約金が9,500円かかります。

まとめると、ドコモは2,000円または11,500円auとソフトバンクは3,000円または12,500円ワイモバイルは3,000円または新規契約から6ヶ月以内の場合は15,500円、7ヶ月目以降は12,500円の手数料がそれぞれかかります。


LINEモバイルの新規事務手数料

LINEモバイルにMNP転入する際には、新規事務手数料として3,000円かかります。

MNP転出手数料と解約金、LINEモバイルの契約事務手数料をすべて足すと(税抜)、ドコモなら5,000円または15,500円、auとソフトバンクなら6,000円または15,500円、ワイモバイルなら6,000円または新規契約から6ヶ月以内の場合は18,500円、7ヶ月目以降は15,500円がLINEモバイルへのMNP転入時に初期費用としてかかると思っておきましょう。


LINEモバイルに即日MNP転入する手順・流れ

LINEモバイルの即日でMNP転入する手順や流れは以下の通りです。

LINEモバイルに申し込みます。
LINEモバイル

LINEモバイル公式サイトの下部にある「お申し込み」をクリックします。
line-mobile-mnp1

カウントフリーについての注意点を読んで「上記事項に同意のうえ申し込み」をクリックします。
line-mobile-mnp2

申し込み内容を選んでいきます。
line-mobile-mnp3

LINEモバイルにMNP転入する場合は、プラン選択時に「データ+SMS+音声通話」を選びます。
line-mobile-mnp4

すべての項目を選んだら「次へ進む」をクリックします。
line-mobile-mnp5

申し込み区分で「他社からのお乗り換え(MNP)転入」を選びます。
line-mobile-mnp6

MNP予約番号と有効期限、転入する電話番号を入力して次に進み、申し込みを完了させます。
line-mobile-mnp7

なお、申し込みの途中で本人確認書類のアップロードをする必要があります。LINEモバイルから来るメールに記載されているURLをクリックしてアップロードします。
line-mobile-mnp8


LINEモバイルの申し込みから数日後、LINEモバイルからSIMが届いたら開通センターに電話します。
LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口
0120-889-279
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

電話する際は、本人確認としてログインIDを尋ねられるのですぐに伝えられるようにしておきます。ログインIDはLINEモバイルの申し込み時に決めます。ログインIDを忘れた場合はメールでも確認できます。
line-mobile-mnp9

開通センターに連絡後、数時間経つとLINEモバイルのSIMへの回線の切り替えが完了します。

切り替えまでの間に電話がかかってきたりする可能性がある場合は、元のSIMをそのまま端末に挿して使っておき、たまに「111」にテスト発信(通話料無料)して回線が切り替わっていないか確認します。

元のSIMで発信できなくなり切り替えが完了したら、LINEモバイルのSIMを端末に挿してAPNの設定をし、LINEモバイルで通信できるようにします。
LINEモバイルのAPN設定・インストール方法【Android・iOS別図解】

これでLINEモバイルへのMNP転入切り替えは完了です。


LINEモバイルへのMNP転入時の注意点

最後に、LINEモバイルにMNP転入する際の注意点についてまとめておきます。
・LINEモバイルへのMNP転入には、申し込み時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上ある必要がある

・MNP転入の申し込み名義とMNP予約番号発行時の電話番号の名義が異なる場合は、LINEモバイルにMNP転入できない

・MNP転入切り替えは、まず音声通話が使えるようになった後にデータ通信が使えるようになる。データ通信できるようになるまでさらに1~2時間ほど時間がかかる場合がある

・SIMが届いても開通センターに連絡しなかった場合、回線は2日ほどでLINEモバイルに自動で切り替わる

注意点の中で特に重要なのが、MNP予約番号の有効期限です。LINEモバイルの場合、有効期限が10日以上ないとMNP転入ができません。

月をまたぐと現在契約しているSIMの更新月が終了し解約金が発生してしまう場合などは、LINEモバイルへの乗り換えができずに翌月に持ち越しにならないよう十分注意しましょう。


まとめ。LINEモバイルへの即日MNP転入は時間に余裕のあるときにするのがおすすめ

上記の通り、LINEモバイルは即日開通でMNP転入することができますが、SIMが届いたその日に即日でLINEモバイルにMNP転入する場合、元のSIMからLINEモバイルのSIMに通話回線が切り替わるまでに数時間かかり、さらにデータ通信ができるようになるまでに1~2時間ほどかかる可能性もあります。

また、切り替え完了後はAPNの設定なども必要なため、回線の切り替えは時間に余裕があるときに実施するのがおすすめです。

LINEモバイルに即日MNP転入(乗り換え)する手順と注意点のまとめは以上です。

公式サイト
LINEモバイル

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る