格安SIM・MVNO・SIMフリー

LINEモバイルのキャンペーン詳細と注意点総まとめ【2018年10月】

投稿日:

このページでは、LINEモバイルが開催している最新のキャンペーン情報と注意点をまとめています。

スポンサーリンク


目次


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月①】月額基本料が半年間ずーっとスリーコイン!スマホ代 月300円キャンペーン


キャンペーン期間

2018年7月2日(月)~2018年11月6日(火)
※11月6日(火)までに利用開始する必要があります。
※家電量販店で契約する場合は、11月5日(月)までの申し込みが必須です。


キャンペーン内容

LINEモバイルのドコモ回線もしくはソフトバンク回線の音声通話SIMを契約し、2018年11月6日までに利用開始すると月額基本利用料が6ヶ月間900円割引されます。

割引適用後の半年間の月額料金は以下の通りです。

LINEフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+120円)
音声通話
SIM
(+700円)
1GB500円620円1,200円

300円


コミュニケーションフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,110円1,690円

790円
5GB-1,640円2,220円

1,320円
7GB-2,300円2,880円

1,980円
10GB-2,640円3,220円

2,320円


MUSIC +プラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,810円2,390円

1,490円
5GB-2,140円2,720円

1,820円
7GB-2,700円3,280円

2,380円
10GB-2,940円3,520円

2,620円


データ通信SIMはキャンペーン対象外な点には注意しましょう。


キャンペーン適用条件・注意点

・キャンペーン適用の起点日は利用開始日です。

・キャンペーン期間中に申し込みを完了していても、利用開始日が2018年7月3日(火)~11月6日(火)でない場合はキャンペーン対象外となります。

・お申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかります。特に月末・月初やキャンペーン終了間際は申し込みが集中し混雑が予想されるので、期間に余裕を持って申し込みましょう。

・開通日や利用開始日の指定・変更はできません。

ドコモ回線とソフトバンク回線の音声通話SIMがキャンペーンの対象となります。データ通信SIM、SMS付きデータ通信SIMはキャンペーン対象外です。

LINEモバイルの音声通話SIMには12ヶ月間の最低利用期間があり、最低利用期間内に解約すると9,800円の解約金がかかります。

・データ通信SIMまたはSMS付きデータ通信SIMで契約した場合、音声通話SIMへサービスタイプは変更できません。

・LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの全プランがキャンペーン対象です。

回線変更はキャンペーン対象外となります。ただしキャンペーン期間中に新規・MNPにて音声通話SIMの利用を開始し、割引適用期間中に回線変更をした場合は割引は継続されます。

・キャンペーンコードやエントリーコードを利用した申し込み、マイページからの追加申込、友だち招待機能経由での申し込みもキャンペーン対象となります。

割引適用の対象となるのは月額基本利用料です。オプション料金・通話料金・端末代金・その他手数料などからの割引はされません。

契約初月に解約した場合はキャンペーンの対象外となります。

割引適用期間中に解約した場合は解約月までが割引の対象となります。それ以降の割引分については月額基本利用料以外での適用や返金などはされません。


月額料金が半年間にわたって900円割引されるこのキャンペーンは、最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMが対象外なのは残念ですが、音声通話SIMを契約予定なら半年間は支払いを安く済ませることができます。

また、MNP転入の場合は2年縛りからの解放★ 契約解除料金相当負担キャンペーンLINEポイント大放出キャンペーン!の適用でLINEポイントが10,000ポイントもらえ、純粋な新規申し込みの場合でもLINEポイント大放出キャンペーン!の適用でLINEポイントが5,000ポイントもらえるので、初期費用もおさえることができます。

LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む際は、上記のLINEポイントがもらえるキャンペーンも忘れずに適用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【10月】


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月②】2年縛りからの解放★ 契約解除料金相当負担キャンペーン



キャンペーン期間

2018/9/14(金)~10/26(金)
※10月26日(金)までに利用開始する必要があります。
※ウェブサイトでのキャンペーンコードの入力期限は10/24(水) 12時までです。


キャンペーン内容

ウェブサイトからLINEモバイルに番号そのままで乗り換え(MNP転入)すると、LINEポイント10,000ポイントがプレゼントされます。

申し込み画面でキャンペーンコード「TMTM0101」を入力する必要があります。



キャンペーン適用条件・注意点

・LINEモバイルのウェブサイトから他社からの乗り換え(MNP)でMNP予約番号を入力し、音声通話SIMを申し込むことが条件です。

・MNPではない通常の新規での音声通話SIMの契約とデータ通信SIMの契約はキャンペーン対象外です。

・全プランキャンペーン対象です。

・申し込み画面でキャンペーンコード「TMTM0101」を入力しないとキャンペーンが適用されません。入力漏れがないように注意しましょう。

・家電量販店での申し込み、エントリーパッケージを利用して申し込み、マイページからの追加申し込み、友だち招待機能経由での申し込みの場合は当キャンペーンの対象外となります。

・LINEポイントを受け取るためには、LINEアカウントと契約者連携をする必要があります。契約者連携の手順はこちら

・LINEポイントの付与タイミングは以下の通りです。利用開始日についてはこちら。
利用開始日が2018/9/14~9/30の場合:2018年12月下旬
利用開始日が2018/10/1~10/26の場合:2019年1月下旬


・下記の期間中、契約者連携を継続していない場合はキャンペーンの対象外となります。また、期間内に連携を解除して再度連携し直しても付与できない可能性があります。
利用開始日が2018年9月14日~9月30日の場合:2018年12月1日~12月下旬の特典付与日まで
利用開始日が2018年10月1日~10月26日の場合:2019年1月1日~1月下旬の特典付与日まで


・ウェブサイトでのキャンペーンコードの入力期限は2018年10月24日(水) 12時までです。これを過ぎるとキャンペーンが適用されません。

・申し込みから利用開始日まで数日以上かかります。特に月末・月初はお申し込みが集中し混雑が予想されるので、期間に余裕を持って申し込みましょう。

・契約初月に解約した場合はキャンペーンの対象外となります。

・支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合は、キャンペーンの対象外となることがあります。

・キャンペーンの特典付与の条件を満たしていれば、LINEモバイルにMNP転入の申し込みの際にMNP転出元キャリアでの契約解除料が発生する・しないに関わらずポイントは付与されます。

・MNP転出元キャリアでの契約解除料の金額に関わらず、付与するLINEポイントは一律で10,000ポイントとなります。

・「契約解除料相当」とはドコモ、ソフトバンク、auの2年プランの契約解除料、解約金である9,500円(税抜)を参考に算出しています。


このキャンペーンは、月額基本料が半年間ずーっとスリーコイン!スマホ代 月300円キャンペーンと同時適用され、6ヶ月間は月額料金も大幅に割引された状態で使いつつMNP転出にかかる手数料や解約金も補填できるのでメリットは大きいです。

LINEモバイルにMNP転入する場合のみ適用されるので対象となる人は限られていて、LINEポイントがもらえるのも2018年10月申し込みだと2019年1月と少し待つ必要がありますが、条件が満たされていて受け取りまで待つことができればMNP転出の際に転出手数料がかかる・かからないに関係なく10,000円分のLINEポイントがもらえます。

LINEポイントはLINE Payカードにチャージしてコンビニなどで支払いに使えたり、LINEストアでスタンプの購入などに使えるなど交換できるサービスも多いので、自分のLINEポイントの使い方に応じて活用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

詳細とレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【10月】


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月③】LINEポイント大放出キャンペーン!



キャンペーン期間

2018/10/5(金)~10/26(金)
※10月26日(金)までに利用開始する必要があります。
※ウェブサイトでのキャンペーンコードの入力期限は10/24(水) 12時までです。


キャンペーン内容

ウェブサイトからLINEモバイルに新規もしくは番号そのままで乗り換え(MNP転入)すると、LINEポイントがプレゼントされます。

手続きごとのもらえるLINEポイントは以下の通り。

新規:5,000ポイント
MNP転入:10,000ポイント



申し込み画面でキャンペーンコード「TMTM0202」を入力する必要があります。


TMTM0202」を入力後、新規契約の場合は申し込み区分で「新規番号での申し込み」を、MNP転入の場合は「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選んで申し込み手続きを完了させることでLINEポイントがもらえます。


キャンペーン適用条件・注意点

・LINEモバイルのウェブサイトから新規申し込み、もしくは他社からの乗り換え(MNP)でMNP予約番号を入力し、音声通話SIMを申し込むことが条件です。

・データ通信SIMの契約はキャンペーン対象外です。

・全プランキャンペーン対象です。

・申し込み画面でキャンペーンコード「TMTM0202」を入力しないとキャンペーンが適用されません。入力漏れがないように注意しましょう。

・家電量販店での申し込み、マイページからの追加申し込み、友だち招待機能経由での申し込みの場合は当キャンペーンの対象外となります。

・エントリーコードを利用した申し込みはキャンペーン対象です。

・LINEポイントを受け取るためには、LINEアカウントと契約者連携をする必要があります。契約者連携の手順はこちら

・LINEポイントの付与タイミングは2019年1月下旬です。

・下記の期間中、契約者連携を継続していない場合はキャンペーンの対象外となります。また、期間内に連携を解除して再度連携し直しても付与できない可能性があります。
利用開始日が2018年10月5日~10月26日の場合:2019年1月1日~1月下旬の特典付与日まで

・ウェブサイトでのキャンペーンコードの入力期限は2018年10月24日(水) 12時までです。これを過ぎるとキャンペーンが適用されません。

・申し込みから利用開始日まで数日以上かかります。特に月末・月初は申し込みが集中し混雑が予想されるので、期間に余裕を持って申し込みましょう。

・契約初月に解約した場合はキャンペーンの対象外となります。

・支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合は、キャンペーンの対象外となることがあります。

・MNP転入での申し込みの場合、キャンペーンの特典付与の条件を満たしていれば、LINEモバイルにMNP転入の申し込みの際にMNP転出元キャリアでの契約解除料が発生する・しないに関わらずポイントは付与されます。

・MNP転入での申し込みの場合、MNP転出元キャリアでの契約解除料の金額に関わらず、付与するLINEポイントは一律で10,000ポイントとなります。

・「契約解除料相当」とはドコモ、ソフトバンク、auの2年プランの契約解除料、解約金である9,500円(税抜)を参考に算出しています。


LINEポイント大放出キャンペーン!と同じくLINEポイントが10,000ポイントもらえる2年縛りからの解放★ 契約解除料金相当負担キャンペーンは、対象がMNP転入時だけです。

対して、このLINEポイント大放出キャンペーン!は、MNP転入だけでなく純粋な新規で番号を新しく契約する場合でもLINEポイントが5,000ポイントもらえるのがメリットとなっています。

月額基本料が半年間ずーっとスリーコイン!スマホ代 月300円キャンペーンとも同時に適用されるので、LINEモバイルを新規契約する場合はこのキャンペーンを必ず適用させましょう。

公式サイト
LINEモバイル

詳細とレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【10月】


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月④】1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン



キャンペーン期間

2018年8月2日~2018年12月


キャンペーン内容

LINEモバイル ソフトバンク回線の通信速度を24時間毎時計測し、1Mbpsを上回った場合は賞品が平日毎日1名にプレゼントされます。

また、賞品はチャレンジ成功が続くたびにランクアップ。

1Mbpsを下回った場合は1日目の賞品ランクに戻り、対象者には高速通信容量1GBが付与されます。


連続成功時の賞品は以下の通り。

1日成功:LUPICIA アールグレイ・ダージリン
2日成功:Francfranc ペリグリ クリスタルビーズ アイピロー ピンク
3日成功:Today's Special バスソルト
4日成功:ボタニカルボディーソープ
5日成功:タングルティーザー コンパクトスタイラー
6日成功:Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー
7日成功:Anker PowerCore Speed 10000 QC
8日成功:アイリスオーヤマ 超音波加湿器
9日成功:サーモマイボトル ギフトセット
10日成功:音波振動ハブラシ ポケットドルツ
11日成功:ルルド ホット ネックマッサージピロー
12日成功:“チェキ” instax mini 8+(プラス) バニラ
13日成功:パナソニック 衣類スチーマー NI-FS540-PN
14日成功:コンパクトホットプレート セラミックコート鍋セット
15日成功:デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-906
16日成功:リファカラット
17日成功:HUAWEI P20 lite
18日成功:リファクリア
19日成功:リュミエリーナ レプロナイザー 3D Plus
20日成功:Dyson Pure Hot + Cool Link ファンヒーター
21日成功:Dyson V8 Fluffy
22日成功:ロボット掃除機 ルンバ890


当選の連絡は、11月上旬にLINEモバイル公式Twitterアカウントからダイレクトメール(DM)で届きます。

その際に送られてくる専用のフォームから、商品の発送先情報(名前・住所・電話番号等)の登録が必要です。


キャンペーン応募方法

キャンペーン応募方法は、「お手軽に応募」と「当選確率が2倍」の2通りあります。

お手軽に応募
お手軽に応募の方法は以下の通りです。

LINEモバイル公式Twitterアカウントをフォローする。

LINEモバイル公式Twitterアカウントのトップに固定されている速度結果をリツイートするだけです。

ルールは以下の通り。

・8月4日の固定ツイートを8月5日にリツイートした場合、8月4日の賞品に応募したことになります。8月7日の賞品の応募にはなりません。

・対象の固定ツイートは毎日13時過ぎに更新予定です。

・チャレンジ成功か失敗かは、前日の結果を反映します。前日(0時台~23時台)にチャレンジ失敗した場合は当日の賞品は無しになり、翌日13時過ぎに投稿される対象ツイートから1日目と同等ランクの賞品で再スタートします。
(例)8月7日(4日目)23時にチャレンジが失敗した場合、8月8日(5日目)は賞品は無し。翌日8月9日 13時過ぎの投稿からは1日目の賞品と同等ランクの賞品で再スタートします。その場合、8月31日は17日目となるので、18日目以降の賞品はプレゼント対象になりません。


当選確率が2倍
当選確率が2倍の応募方法は以下の通りです。

LINEモバイル公式Twitterアカウントをフォローする。

1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン|格安スマホ最速チャレンジ|LINEモバイルから、最新の速度をコメント付きでリツイートします。

ルールは以下の通り。

・速度計測は毎時行っております。

・賞品はツイートに含まれている日時のものになります。
(例)8月6日 0時台~23時台の速度をコメント付きで投稿した場合、8月6日の賞品に応募したことになります。

・チャレンジ成功か失敗かは、前日の結果を反映します。

・前日(0時台~23時台)にチャレンジ失敗した場合は当日の賞品は無しで、翌日0時台から1日目と同等ランクの賞品で再スタートします。
(例)8月7日(4日目)23時台にチャレンジが失敗した場合、8月8日(5日目)は賞品は無し。翌日の8月9日 0時台の投稿からは1日目の賞品と同等ランクの賞品が当たる対象となります。その場合8月31日は17日目となるので、18日目以降の賞品はプレゼント対象になりません。


なお、お手軽に応募と当選確率が2倍の両方で応募することも可能で、両方応募すると当選確率は3倍になります。

時間に余裕があるならどちらも応募しましょう。


キャンペーン適用条件・注意点

・当選の連絡後5日以内に連絡が取れない場合、当選は無効となります。

・商品の発送は11月中の予定です。

・Twitterやメールなどでの個別の当選確認はできません。LINEモバイル公式TwitterアカウントからDMが届くのを待ちましょう。

・同一の応募者が異なる複数のTwitterアカウントによる応募を行っていると運営側が判断した場合、応募は無効となります。


1Mbps以上キープチャレンジキャンペーンはLINEモバイルのソフトバンク回線契約者だけでなく、Twitterアカウントを持っている人なら誰でも応募できるので、興味がある人はぜひ応募しましょう。

また、このキャンペーンは一般的な格安SIMのほとんどが1Mbpsを下回る平日の12時台でも、LINEモバイルのソフトバンク回線は少なくとも1Mbpsは上回る自信の表れとも見て取れます。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社でソフトバンクからの積極的な援助も受けられる可能性は高いので、ソフトバンク回線は他の格安SIMとは一線を画す速度を維持し続けそうで期待できますね。

公式サイト
LINEモバイル

ソフトバンク回線の詳細とレビュー
LINEモバイル ソフトバンク回線の速度レビューとドコモ回線との違いまとめ


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月⑤】招待キャンペーン


キャンペーン期間

2018年6月1日~終了日未定


キャンペーン内容

LINEモバイルを利用中のユーザーがマイページで招待URLを発行して家族や友人などが招待URLから契約すると、招待した人にはLINEポイント1,000円分がプレゼントされ、招待された人は契約したSIMタイプに応じて初期費用が割引されます。

招待する人は、招待した人数×1,000ポイントがもらえます。上限はないので、招待するほどたくさんポイントが貯まります。

招待された人は、招待URLから手続きすると登録事務手数料3,000円が音声通話SIMでの契約で0円、SMSつきデータ通信SIMでの契約で500円、SMSなしデータ通信SIMでの契約で1,000円に割引されます。


キャンペーン適用条件・注意点

・招待した人、招待された人がそれぞれ以下の条件を全て満たすことでLINEポイントがプレゼントされます。

【招待した人】
(1)キャンペーン期間中にLINEモバイルを利用中または新規で利用開始した人
(2)マイページにて招待URLを発行し、家族や友人など新規契約予定者を招待した人
(3)招待された人がキャンペーン期間中に招待URLよりLINEモバイルに申し込むこと
(4)LINEポイントプレゼント時点までに招待した人と招待された人が利用開始し、かつ契約が継続していること
(5)LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をしていること

【招待された人】
(1)キャンペーン期間中に招待URLよりLINEモバイルを申し込み、利用開始すること
(3)LINEポイントプレゼント時点までに招待した人と招待された人が利用開始し、かつ契約が継続していること
(4)利用開始後、LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をしていること

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【10月】


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月⑥】期間限定!無料でスタンプGET


キャンペーン期間

未定


キャンペーン内容

LINEモバイル公式アカウントを友だち追加すると、スタンプが無料でプレゼントされます。


友だち追加はこちらから。


キャンペーン適用条件・注意点

なし。

このキャンペーンはLINEモバイルを契約していなくても適用されるので、スタンプが欲しい場合はLINEモバイル公式アカウントを友だち追加してゲットしましょう。


LINEモバイルキャンペーン【2018年10月⑦】家族でお得に!複数回線契約割引

line-mobile-campaign19 家族でお得に!複数回線契約割引は、家族での利用やスマホやタブレットの2台持ちでLINEモバイルを2回線以上契約する際に、2回線目以降の登録事務手数料3,000円が最大で0円になります。


キャンペーン期間

なし。期間限定ではなく今後ずっと適用されます。


キャンペーン内容

LINEモバイルを2回線以上契約する際に新規事務手数料3,000円が割引されます。

サービスタイプごとの割引額は以下の通りです。

音声通話SIM:3000円⇒0円
データ通信SIM(SMSあり):3,000円⇒500円
データ通信SIM(SMSなし):3,000円⇒1,000円



キャンペーン適用条件・注意点

・登録事務手数料割引するには、マイページの「追加申込」から申し込む必要があります。
ログイン - LINEモバイル

・契約者は1回線目と同じです。異なる契約者で契約事務手数料割引することはできません。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【10月】




利用開始日について

LINEモバイルのキャンペーンでは、キャンペーン終了日に申し込んだ場合キャンペーンが適用されません。

キャンペーン終了日までにLINEモバイルのSIMが届いて使える状態(利用開始)になっている必要があります。

ここで重要になるのが、LINEモバイルの利用開始日です。

また、利用開始日はドコモ回線とソフトバンク回線で異なります。


ドコモ回線

番号そのままでLINEモバイルに乗り換え(MNP転入)で申し込んだ場合、自宅にSIMカードが届いて利用開始手続きが完了した翌日か商品が到着した翌々日の早い方です。

MNP転入ではない通常の新規で申し込みの場合、商品が発送された日の翌々日 となります。


ソフトバンク回線

番号そのままでLINEモバイルに乗り換え(MNP転入)で申し込んだ場合、自宅にSIMカードが届いて利用開始手続きが完了した翌日かMNP予約番号有効期限の最終日の翌日の早い方です。

MNP転入ではない通常の新規で申し込みの場合、利用開始手続きが完了した翌日か商品発送日の8日後の早い方 となります。


契約者連携の手順

初夏の選べるキャンペーンでは契約者連携が必須条件となっています。

LINEアカウントの契約者連携は、以下の手順で行います。

LINEアカウントの契約者連携のために、まずはスマホから以下のリンクをタップします。
https://line.me/R/ti/p/%40linemobile

PCでこのページを見ている場合は、スマホのQRコードスキャンアプリを起動してこちらのQRコードを読み取ってください。
linemobile-official-qr
LINEアプリが起動するので、LINEモバイルの公式アカウントを追加し、「同意する」をタップします。
linemobile-contracter-link1

LINEモバイルの公式アカウントのページが表示されたら「メニュー」をタップして「契約者連携(マイページ)」をタップします。
linemobile-contracter-link2

「新規ログインID連携」をタップして、LINEモバイルの申し込みの際に登録したIDとパスワードを入力して「連携する」をタップします。
linemobile-contracter-link3

「連携完了」と表示されたら、LINEアカウントの契約者連携は完了です。
linemobile-contracter-link4


【2018年10月】LINEモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

LINEモバイルのキャンペーンは以上ですが、LINEモバイル以外の多くの格安SIMでもキャンペーンが開催されています。

2018年10月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめはIIJmioです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioでは、「IIJmio秋祭り 2倍キャンペーン!」というメリットの大きいキャンペーンが開催されています。

IIJmio秋祭り 2倍キャンペーン!の内容は以下の通りです。

1.SIM申し込み時にかかる新規事務手数料3,000円が1円
2.音声通話SIMを契約すると、全プランの月額料金が利用開始の翌月から6ヶ月間600円割引(合計3,600円割引)
3.データ通信SIMもしくは音声通話SIM申し込みで高速通信容量が6ヶ月間にわたり2倍に増量


1に関しては、一般的な格安SIMではSIMを申し込む際に新規事務手数料が3,000円かかり、IIJmioも同じく3,000円支払う必要があります。

それが、キャンペーンにより1円となります。初期費用が大幅に安く済ますことができるのは嬉しいですね。

2と3については、音声通話SIMは全てのプランで半年間は月額料金が600円安くなるのに加えて高速通信容量が半年間2倍に増量されます。

データ通信SIMは月額料金の割引は適用されないものの、高速通信容量の半年間2倍の増量は適用されます。


また上記3つのキャンペーン!に加えて、IIJmioとタイアップキャンペーン中の当サイトからIIJmioに申し込むとさらに高速通信容量が3ヶ月間2倍に増量され月額料金も3ヶ月間600円割引されるので、データ通信SIMは9ヶ月間契約プランの2倍通信でき、音声通話SIMなら9ヶ月間2倍通信できるのに加えて9ヶ月間にわたって月額料金が600円割引されることになります。
IIJmio(みおふぉん)
音声通話SIMで月額料金割引・高速通信容量2倍キャンペーンとタイアップキャンペーン 3ヶ月2倍増量と月額料金600円割引適用後の料金と高速通信容量は以下の通りです。
基本6ヶ月間の料金と容量7ヶ月目~9ヶ月目の料金と容量10ヶ月目以降の料金と容量
【料金】
1,600円

【容量】
3GB
【料金】
1,000円

【容量】
3GB

6GB
通常
【料金】
1,600円

【容量】
3GB


当サイトからの申込み
【料金】
1,600円

1,000円

【容量】
3GB

6GB
【料金】
1,600円

【容量】
3GB
【料金】
2,220円

【容量】
6GB
【料金】
1,620円

【容量】
6GB

12GB
通常
【料金】
2,220円

【容量】
6GB


当サイトからの申込み
【料金】
2,220円

1,620円

【容量】
6GB

12GB
【料金】
2,220円

【容量】
6GB
【料金】
3,260円

【容量】
12GB
【料金】
2,660円

【容量】
12GB

24GB
通常
【料金】
3,260円

【容量】
12GB

当サイトからの申込み
【料金】
3,260円

2,660円

【容量】
12GB

24GB
【料金】
3,260円

【容量】
12GB


データ通信SIMでキャンペーン適用後の高速通信容量は以下の通り。
基本プラン6ヶ月間の料金と容量7ヶ月目~9ヶ月目の料金と容量10ヶ月目以降の料金と容量
【料金】
900円

【容量】
3GB
【料金】
900円

【容量】
6GB
通常
【料金】
900円

【容量】
3GB


当サイトからの申込み
【料金】
900円

【容量】
3GB

6GB
【料金】
900円

【容量】
3GB
【料金】
1,520円

【容量】
6GB
【料金】
1,520円

【容量】
12GB
通常
【料金】
1,520円

【容量】
6GB


当サイトからの申込み
【料金】
1,520円

【容量】
6GB

12GB
【料金】
1,520円

【容量】
6GB
【料金】
2,560円

【容量】
12GB
【料金】
2,560円

【容量】
24GB
通常
【料金】
2,560円

【容量】
12GB


当サイトからの申込み
【料金】
2,560円

【容量】
12GB

24GB
【料金】
2,560円

【容量】
12GB


キャンペーン適用後のIIJmioは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスが圧倒的に高いです。


IIJmioの特徴は、スマホセットを安く購入できる点です。

例えば、HUAWEI P20は格安SIMとのセットでも75,000万円前後の価格設定がほとんどですが、IIJmioは67,000円台と8,000円ほど安いです。

IIJmioには、他にもドコモ回線とau回線から選べたりデータオプションの活用で大容量プランが安く利用できるといった特徴もあります。

また、IIJmioは新型iPhoneやiOSのバージョンアップ時に正常に利用できるかの確認をいち早く実施してくれるので、iPhoneユーザーでも安心して使えるのもメリットです。

IIJmioは公式ブログや定期的なイベントでの情報発信など、ユーザーとの距離を近く保った運営で信頼を得ていて、格安SIM総合満足度ランキングでも2位と評価が高いのもポイントです。
格安SIM MVNOの満足度ランキング2018が発表。傾向など個人的感想。

上記の通り、IIJmioは格安SIMで大容量のプランを安く利用したい人やスマホセットを安く購入したい人、初期費用や毎月の利用料金をできるだけ安く済ませたい人、格安SIMに安心感を求める人には特におすすめです。

公式サイト
IIJmio(みおふぉん)

メリット・デメリット・レビュー
IIJmio使用の感想・評価・速度とメリット・デメリット総まとめ【10月】

キャンペーン詳細
IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ【10月】

キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、IIJmioも含めて検討してみることをおすすめします。

IIJmio以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【10月18日】



LINEモバイルの特徴

最後に、LINEモバイルの特徴についてまとめておきます。

LINEモバイルの料金プラン

まずは、LINEモバイルの料金プランです。

LINEモバイルのプランには、LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3種類があります。

LINEフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+120円)
音声通話
SIM
(+700円)
1GB500円620円1,200円


コミュニケーションフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,110円1,690円
5GB-1,640円2,220円
7GB-2,300円2,880円
10GB-2,640円3,220円


MUSIC+プラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,810円2,390円
5GB-2,140円2,720円
7GB-2,700円3,280円
10GB-2,940円3,520円



LINEやTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC利用時に発生する通信を高速通信としてカウントしない

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムなどを使う際に発生する通信が高速通信容量としてカウントされないのが最大の特徴です。

ひと月に使える高速通信が1GBのLINEフリープランでは、LINEをどれだけ使っても高速通信容量としてカウントしません。

一般的な格安SIMの1GBプランでは、LINEで1GB分通信すると高速通信容量が1GB-1GBで0GBとなり、それ以上高速で通信できなくなります。

対して、LINEフリープランではLINEで1GB分通信しても1GB-0GBで1GBとなり全く高速通信の残容量が減りません。
linefree

コミュニケーションフリープランでは、LINEだけでなくFacebookとTwitter、Instagramを利用する際に発生する通信も高速通信としてカウントしないため、この3サービスを頻繁に使う人にはメリットのある格安SIMです。
communicationfree

MUSIC+プランはLINEとFacebook、Twitter、Instagramに加えてLINE MUSICも使い放題になりますが、月額料金がかなり割高になるのでLINE MUSICのヘビーユーザーでないとメリットが少ないです。


高速通信としてカウントされないサービスは低速化しても高速で通信できる

また、一般的な格安SIMはひと月に使える高速通信容量を超えると速度が低速に制限されます。

LINEモバイルも同じように、LINEフリープランなら1GBを、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランなら3GB、5GB、7GB、10GBを超えると低速に制限されます。

ですが、LINEフリープランではLINE、コミュニケーションフリープランではLINEとFacebook、Twitter、Instagram、MUSIC+プランではLINEとFacebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICに関しては、高速通信容量を使い切った後でも高速で通信できるのが他社の格安SIMと異なる点です。
linecountfree
低速制限によって他のアプリでは体感で遅く感じることもあるでしょうが、上記のサービスに関しては常に快適に通信できる環境がLINEモバイルにはあります。

なお、200kbpsの低速状態に制限されたときに使えるアプリの一覧はこちらにまとめています。
格安SIMで低速切り替え可能で使い放題のMVNOを比較【動画あり】


格安SIMながらLINEの年齢確認とID検索が利用できる

一般的な格安SIMは、LINEを使うことはできるものの18歳以上のユーザーが利用できるID検索を利用できません。

これは、LINEのID検索がドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアのSIMでしか18歳以上であることを確認する年齢認証ができないためです。

ですが、LINEモバイルでは「利用コード」というキャリアの年齢確認とは別の方法でLINEの年齢確認を行うことで、格安SIMながらLINEのID検索が利用できます。
LINEモバイルでLINEの年齢確認(認証)とID検索を利用する方法。
line-mobile-age-verification12
LINEを提供するLINEモバイルならではのメリットですね。


支払いにクレジットカードだけでなくプリペイドカードのLINE Payカードも使える

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアは、支払い方法にクレジットカードだけでなく口座振替を指定することができます。

そのため、大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、格安SIMの利用料金の支払い方法を口座振替にしたい人もいると思います。

ですが、ほとんどの格安SIMでは毎月の料金の支払い方法としてクレジットカードしか選べません。

対して、LINEモバイルはクレジットカード以外にも入会費や年会費が一切かからず無料で持てるプリペイドカードのLINE Payカードで支払うことができます。
line-pay-card
また、LINE Payは残高が設定した金額を下回った場合にあらかじめ登録しておいた銀行口座から自動で入金(オートチャージ)されるように設定できるので、実質的に口座振替が利用できることになります。
line-pay-auto-charge

格安SIMにしたいもののクレジットカードで支払いたくない人やクレジットカードを持っていない人は、LINEモバイルをLINE Payカードで支払いましょう。

LINEモバイルの決済をLINE Payカードにするための手順や注意点はこちらをご覧ください。
LINEモバイルをクレジットカードなし LINE Payカードで口座振替する手順まとめ


フィルタリングサービスが無料で使える

LINEモバイルでは、有害サイトへのアクセスをブロックできる「i-フィルター」を無料で利用できます。

具体的には、i-フィルターは出会い系やSNSによる被害、高額請求といったネットでよくある危険なサイトにアクセスできないようにします。
i-filter
i-フィルターを活用することで、小さな子どもにも安心してスマホを持たせることができます。


LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合える「データプレゼント」

LINEモバイルでは、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合うことができる「データプレゼント」があります。

データプレゼントは、同じ格安SIMのmineoが提供する「パケットギフト」と似た機能です。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ
packetgift-share1
パケットをあげる人ともらう人がどちらもLINEモバイルを契約していて、またLINEで友だちになっていれば、データプレゼントを利用することで自分の高速通信容量を500MB単位でプレゼントできます。

今月の高速通信容量が足りなくなったら友だちに分けてもらって、翌月にお返しするといったこともできるので使い勝手はいいです。

データプレゼントの詳細はこちらをご覧ください。
LINEモバイル データプレゼントの特徴と注意点、パケットのやり取り手順まとめ


まとめ

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramなどの通信が高速通信容量としてカウントされないだけでなく、格安SIMながらLINEのID検索ができたりフィルタリングサービスが無料で使える、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合えるなど独自の機能を備える格安SIMです。

また、キャンペーンでは月額料金が2ヶ月無料など充実しているので、LINEモバイルを検討中ならキャンペーンをぜひ活用しましょう。

LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点まとめは以上です。

公式サイト
LINEモバイル

当サイトで実際に使っている格安SIM16社の比較とおすすめはこちら
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【10月18日】


-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.