格安SIM・MVNO・SIMフリー

LINEモバイルのキャンペーン詳細と注意点総まとめ【2019年5月】

投稿日:

このページでは、LINEモバイルが開催している最新のキャンペーン情報と注意点をまとめています。



目次


LINEモバイルキャンペーン【2019年5月①】SNS使い放題 新・月300円キャンペーン



キャンペーン期間

2018年11月7日(水)~終了日未定
※キャンペーン終了日までに利用開始する必要があります。


キャンペーン内容

LINEモバイルのドコモ回線もしくはソフトバンク回線の音声通話SIMを契約し、キャンペーン終了日までに利用開始すると月額基本利用料が3ヶ月間にわたり最大1,390円割引されます。

割引適用後の3ヶ月間の月額料金は以下の通りです。

LINEフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+120円)
音声通話
SIM
(+700円)
1GB500円620円1,200円

300円


コミュニケーションフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,110円1,690円

300円
5GB-1,640円2,220円

830円
7GB-2,300円2,880円

1,490円
10GB-2,640円3,220円

1,830円


MUSIC +プラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,810円2,390円

1,000円
5GB-2,140円2,720円

1,330円
7GB-2,700円3,280円

1,890円
10GB-2,940円3,520円

2,130円


データ通信SIMはキャンペーン対象外な点には注意しましょう。


キャンペーン適用条件・注意点

・LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの全プランがキャンペーン対象です。

・キャンペーン適用の起点日は利用開始日です。

・キャンペーン期間中に申し込みを完了していても、利用開始日がキャンペーン終了日に間に合わない場合はキャンペーン対象外となります。

・申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかります。特に月末・月初やキャンペーン終了間際は申し込みが集中し混雑が予想されるので、期間に余裕を持って申し込みましょう。

・開通日や利用開始日の指定・変更はできません。

ドコモ回線とソフトバンク回線の音声通話SIMがキャンペーンの対象となります。データ通信SIM、SMS付きデータ通信SIMはキャンペーン対象外です。

LINEモバイルの音声通話SIMには12ヶ月間の最低利用期間があり、最低利用期間内に解約すると9,800円の解約金がかかります。

・データ通信SIMまたはSMS付きデータ通信SIMで契約した場合、音声通話SIMへサービスタイプは変更できません。

・割引が適用されている3ヶ月間でもプラン変更は可能。変更した場合、変更後のプランに対して割引が適用されます。

回線変更はキャンペーン対象外となります。ただしキャンペーン期間中に新規・MNPにて音声通話SIMの利用を開始し、割引適用期間中に回線変更をした場合は割引は継続されます。

・キャンペーンコードやエントリーコードを利用した申し込み、マイページからの追加申込、友だち招待機能経由での申し込みもキャンペーン対象となります。

割引適用の対象となるのは月額基本利用料です。オプション料金・通話料金・端末代金・その他手数料などからの割引はされません。

契約初月に解約した場合はキャンペーンの対象外となります。

割引適用期間中に解約した場合は解約月までが割引の対象となります。それ以降の割引分については月額基本利用料以外での適用や返金などはされません。


月額料金が3ヶ月間にわたって最大で1,390円割引されるこのキャンペーンは、最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMが対象外なのは残念ですが、音声通話SIMを契約予定なら半年間は支払いを安く済ませることができます。

また、このキャンペーンはLINEモバイルの新規契約・MNP転入でLINEポイントが5,000ポイントもらえるポイントバックキャンペーンと併用できるので、LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む際はこれらのキャンペーンはぜひ活用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【5月】


LINEモバイルキャンペーン【2019年5月②】ドコモ・au・ソフトバンクユーザー 全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン



キャンペーン期間

2019/4/22(月)~2019/6/30(日)
※2019年4月24日(水)までに利用開始する必要があります。
※2019年6月30日(日) 23時59分までにキャンペーンコードを入力する必要があります。


キャンペーン内容

ウェブサイトからLINEモバイルに新規もしくは番号そのままで乗り換え(MNP転入)すると、LINEポイントがプレゼントされます。

また、auやau回線の格安SIMからLINEモバイルにMNP転入するとさらに300ポイント(合計3,300ポイント)もらえます。


5月最新のキャンペーンコードは「DAS333」。申込時の入力方法

ポイントバックキャンペーンでLINEポイントをもらうためには、キャンペーンコード「DAS333」を入力する必要があります。


申し込み画面でキャンペーンコード「DAS333」を入力すれば、キャンペーンが適用されます。


DAS333」を入力後、新規契約の場合は申し込み区分で「新規番号での申し込み」を、MNP転入の場合は「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選んで申し込み手続きを完了させることでLINEポイントがもらえます。

キャンペーンコードの入力を忘れてLINEモバイルを申し込んでしまった場合は後から申告してもキャンペーンは適用されないので、申し込みの際に忘れずに上記キャンペーンコードを入力しましょう。


キャンペーン適用条件・注意点

・LINEモバイルのウェブサイトから新規申し込み、もしくは他社からの乗り換え(MNP)でMNP予約番号を入力し、音声通話SIMを申し込むことが条件です。

・データ通信SIMの契約はキャンペーン対象外です。

・2019年4月22日(月)~2019年7月31日(水)の間に利用開始日を迎える必要があります。利用開始日の詳細はこちら

・LINEポイントを受け取るためには、LINEアカウントと契約者連携をする必要があります。契約者連携の手順はこちら

・全プランキャンペーン対象です。

・申し込み画面でキャンペーンコード「DAS333」を入力しないとキャンペーンが適用されません。入力漏れがないように注意しましょう。

・キャンペーンの受け付けが完了した後、利用開始日の次の火曜日に登録メールアドレス宛にキャンペーン受付完了のメールが届きます。

・家電量販店での申し込み、マイページからの追加申し込み、招待プログラム経由での申し込みの場合はキャンペーンの対象外となります。

・キャンペーン期間中に申し込みを完了していても、利用開始日が2019年4月22日(月)~2019年7月31日(日)でない場合はキャンペーン対象外となります。

・キャンペーンコードの入力期限は2019年6月30日(日) 23時59分までです。これを過ぎるとキャンペーンが適用されません。

・申し込みから利用開始日まで数日以上かかります。特に月末・月初とキャンペーン終了間近は申し込みが集中し混雑が予想されるので、期間に余裕を持って申し込みましょう。

・申し込み時にキャンペーンコード入力がない場合、後ほど申告してもキャンペーン対象とはなりません。

・開通日や利用開始日の指定・変更はできません。

・エントリーコードを利用した申し込みはキャンペーン対象です。

・LINEポイントの付与タイミングは以下の通り。
利用開始日が2019年4月22日~4月30日:2019年7月末
利用開始日が2019年5月1日~5月31日:2019年8月末
利用開始日が2019年6月1日~6月30日:2019年9月末
利用開始日が2019年7月1日~7月31日:2019年10月末


・下記の期間中、契約者連携を継続していない場合はキャンペーンの対象外となります。また、期間内に連携を解除して再度連携し直しても付与できない可能性があります。
利用開始日が2019年4月22日~4月30日:2019年7月末
利用開始日が2019年5月1日~5月31日:2019年8月末
利用開始日が2019年6月1日~6月30日:2019年9月末
利用開始日が2019年7月1日~7月31日:2019年10月末


上記の通りLINEポイントの付与タイミングと契約者連携の継続期間は同じです。つまり、LINEポイントが付与されるまでは契約者連携を解除しなければキャンペーンは適用されます。

・契約初月に解約した場合はキャンペーンの対象外となります。

・支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合は、キャンペーンの対象外となることがあります。

・MNP転入での申し込みの場合、キャンペーンの特典付与の条件を満たしていれば、LINEモバイルにMNP転入の申し込みの際にMNP転出元キャリアでの契約解除料が発生する・しないに関わらずポイントは付与されます。

・MNP転入での申し込みの場合、MNP転出元キャリアでの契約解除料の金額に関わらず、付与するLINEポイントは一律で3,000ポイントとなります。


ポイントバックキャンペーンは、MNP転入だけでなく純粋な新規で番号を新しく契約する場合でもLINEポイントが3,000ポイント(auやau回線の格安SIMからの乗り換えなら3,300ポイント)もらえるのがメリットとなっています。

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンとも同時に適用されるので、LINEモバイルを新規契約する場合はこのキャンペーンを必ず適用させましょう。

公式サイト
LINEモバイル

詳細とレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【5月】


LINEモバイルキャンペーン【2019年5月③】「らき★ふぇす」第5弾 格安スマホセール



キャンペーン期間

2019年5月15日~2019年6月11日


キャンペーン内容

キャンペーン期間中に、P20 liteを購入すると端末価格が割引されます。

割引額は以下の通り。
P20 lite:【一括】28,980円⇒18,980円【分割】31,440円⇒20,160円


キャンペーン適用条件・注意点

・対象端末はLINEモバイルのウェブサイトでのみ販売しています。店舗では購入できません。

・セールは予告なく開始・終了する場合があります。

・在庫切れにより購入できない場合があります。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【5月】


LINEモバイルキャンペーン【2019年5月④】招待キャンペーン


キャンペーン期間

2019年5月11日~終了日未定


キャンペーン内容

LINEモバイルを利用中のユーザーがマイページで招待URLを発行して家族や友人などが招待URLから音声通話SIMを契約すると招待した人にはLINEポイント1,000円分がプレゼントされ、招待された人は契約したSIMタイプに応じて初期費用が割引されます。

なお、招待人数に上限はないので、招待するほどたくさんポイントが貯まります。


招待された人は、招待URLから手続きすると登録事務手数料3,000円が音声通話SIMでの契約で0円、SMS付きデータ通信SIMでの契約で500円、SMSなしデータ通信SIMでの契約で1,000円に割引されます。



招待キャンペーン適用でLINEポイントが付与されるのはいつ?

LINEモバイルの招待キャンペーンで招待した場合、LINEポイントがすぐに付与されるわけではありません。

LINEポイントが付与されるタイミングは、招待された人の利用開始月を1ヶ月目として、3ヶ月目の下旬となっています。

例えば、招待された人の利用開始日が5月1日~5月31日の場合、7月下旬に特典が付与されます。


キャンペーン適用条件

・招待した人、招待された人がそれぞれ以下の条件を全て満たすことでLINEポイントがプレゼントされます。

【招待した人】
・LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をしていること

・マイページにて招待URLを発行し、家族や友人など新規契約予定者を招待すること

・特典付与時点まで契約を継続していること


【招待された人】

・新規契約予定者(招待される方)が招待URLよりLINEモバイルに申し込みをし、キャンペーン期間中に利用開始日を迎えること

・特典付与時点まで契約を継続していること


特典付与対象外となるケース

LINEモバイルの招待キャンペーンでは、特典が付与されない場合もあるので以下にまとめておきます。

・特典が付与されるまでに招待した人をまたは招待された人のどちらかが契約を解約していた場合、または解約の申し出をした場合。

・毎月5日の請求日に支払いの確認ができない場合。

・LINEモバイルが定める規約などに違反した場合。

・招待する人が特典付与日までに契約者連携を継続していない場合。期間内に連携を解除して再度連携し直しても付与されない可能性があるので、特典が付与されるまでは契約者連携は解除せずに継続しておきましょう。


LINEモバイルの招待キャンペーンは、招待人数に上限なくLINEポイントがもらえます。

また、招待される人はデータ通信SIMでも初期費用が安くなるのでメリットはあります。

招待キャンペーンは利用しないと損なので、まわりにLINEモバイルを使っている人やLINEモバイルの契約予定の人がいる場合は活用をおすすめします。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【5月】


LINEモバイルキャンペーン【2019年5月⑤】家族でお得に!複数回線契約割引

line-mobile-campaign19 家族でお得に!複数回線契約割引は、家族での利用やスマホやタブレットの2台持ちでLINEモバイルを2回線以上契約する際に、2回線目以降の登録事務手数料3,000円が最大で0円になります。


キャンペーン期間

なし。期間限定ではなく今後ずっと適用されます。


キャンペーン内容

LINEモバイルを2回線以上契約する際に新規事務手数料3,000円が割引されます。

サービスタイプごとの割引額は以下の通りです。

音声通話SIM:3000円⇒0円
データ通信SIM(SMSあり):3,000円⇒500円
データ通信SIM(SMSなし):3,000円⇒1,000円



キャンペーン適用条件・注意点

・登録事務手数料割引するには、マイページの「追加申込」から申し込む必要があります。
ログイン - LINEモバイル

・契約者は1回線目と同じです。異なる契約者で契約事務手数料割引することはできません。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【5月】




利用開始日について

LINEモバイルのキャンペーンでは、キャンペーン終了日に申し込んだ場合キャンペーンが適用されません。

キャンペーン終了日までにLINEモバイルのSIMが届いて使える状態(利用開始)になっている必要があります。

ここで重要になるのが、LINEモバイルの利用開始日です。

また、利用開始日はドコモ回線とソフトバンク回線、au回線で異なります。


ドコモ回線

番号そのままでLINEモバイルに乗り換え(MNP転入)で申し込んだ場合、自宅にSIMカードが届いて利用開始手続きが完了した翌日か商品が到着した3日後の早い方です。

MNP転入ではない通常の新規で申し込みの場合、商品が発送された日の翌々日 となります。


ソフトバンク回線

番号そのままでLINEモバイルに乗り換え(MNP転入)で申し込んだ場合、自宅にSIMカードが届いて利用開始手続きが完了した翌日かMNP予約番号有効期限の最終日の翌日の早い方です。

MNP転入ではない通常の新規で申し込みの場合、利用開始手続きが完了した翌日か商品発送日の8日後の早い方 となります。


au回線

番号そのままでLINEモバイルに乗り換え(MNP転入)で申し込んだ場合、自宅にSIMカードが届いて利用開始手続きが完了した翌日かMNP予約番号有効期限の最終日の翌日の早い方です。

MNP転入ではない通常の新規で申し込みの場合、商品が発送された翌々日 となります。


契約者連携の手順

初夏の選べるキャンペーンでは契約者連携が必須条件となっています。

LINEアカウントの契約者連携は、以下の手順で行います。

LINEアカウントの契約者連携のために、まずはスマホから以下のリンクをタップします。
https://line.me/R/ti/p/%40linemobile

PCでこのページを見ている場合は、スマホのQRコードスキャンアプリを起動してこちらのQRコードを読み取ってください。
linemobile-official-qr
LINEアプリが起動するので、LINEモバイルの公式アカウントを追加し、「同意する」をタップします。
linemobile-contracter-link1

LINEモバイルの公式アカウントのページが表示されたら「メニュー」をタップして「契約者連携(マイページ)」をタップします。
linemobile-contracter-link2

「新規ログインID連携」をタップして、LINEモバイルの申し込みの際に登録したIDとパスワードを入力して「連携する」をタップします。
linemobile-contracter-link3

「連携完了」と表示されたら、LINEアカウントの契約者連携は完了です。
linemobile-contracter-link4


【2019年5月】LINEモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

LINEモバイルのキャンペーンは以上ですが、LINEモバイル以外の多くの格安SIMでもキャンペーンが開催されています。

2019年5月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめはBIGLOBEモバイルです。

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

現在、BIGLOBEモバイルでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

1.月額料金が最大14,400円割引

2.当サイトからの申し込みで4,000円キャッシュバック


3.タイプA(au回線)の音声通話SIMとPhone 7のセット購入でBIGLOBEモバイルの支払いに使えるGポイント2,000円分プレゼント


1については、音声通話SIMだけでなく最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMも対象です。

データ通信SIMはSIM単体の場合はキャンペーンが適用されないものの、スマホをセットで購入すると月額料金が3,600円(150円×24ヶ月)、もしくは7,200円(300円×24ヶ月 SH-M08のタイプAが対象) 割引されます。

割引額が大きいのは音声通話SIMで、SIM単体が7,200円(1,200円×6ヶ月)割引でスマホセットが10,800円(450円×24ヶ月)割引、タイプAの音声通話SIM+iPhone 7をセット購入すると7,680円(320円×24ヶ月)割引、タイプAの音声通話SIM+AQUOS sense2 SH-M08をセット購入すると最大額の14,400円(600円×24ヶ月)割引されます。

2は音声通話SIMが対象で、SIM単体・スマホセットに関係なく音声通話SIMを申し込めば4,000円キャッシュバックされます。

なお、4,000円キャッシュバックは以下の公式サイトから申し込むことで適用されます。
BIGLOBEモバイル

必ず「限定特典 さらに4,000円キャッシュバック」の記載があることを確認した上で申し込みましょう。

また、キャッシュバック特典の適用のためにはキャンペーンページに記載されているクーポンコード「EFC」を申し込み時に入力する必要があります。
入力忘れがないように注意する必要があります。



キャンペーン適用後のBIGLOBEモバイルは、他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスは高めです。


BIGLOBEモバイルの最大の特徴はエンタメフリー・オプションです。


エンタメフリー・オプションはデータ通信SIMが980円、音声通話SIMが480円の月額料金がかかりますが、契約すると以下のサービスをどれだけ利用しても高速通信容量を消費せずに使い放題になります。

・YouTube
・YouTube Kids
・YouTube Music
・Google Play Music
・U-NEXT
・Apple Music
・Amazon Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・LINE MUSIC
・radiko
・らじる★らじる
・Facebook Messenger


特に、YouTubeとAbemaTVといった動画が見放題になるのは、利用者にとっては嬉しいですね。

さらに、現在BIGLOBEモバイルではエンタメフリー・オプションの月額料金が3ヶ月間0円になるキャンペーンも開催されています。


エンタメフリー・オプションを試しに使ってみたい場合は、このキャンペーンはぜひ活用しましょう。

BIGLOBEモバイルのその他の特徴についてはこちらをご覧ください。
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【5月】

なお、BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べますが、通信速度はタイプAが速くタイプDに比べると平日12時台でもそこそこ快適に通信できます。

またBIGLOBEモバイルはauの運営元であるKDDIの傘下のため、タイプDよりもタイプAの方が今後もストレスなく通信できる可能性が高いです。

タイプAは選べるスマホセットや対応するスマホが少ない点には注意が必要ですが、それが問題なく速度重視で格安SIMを選ぶならタイプAを選びましょう。

タイプAの詳細はこちら。
BIGLOBEモバイルのau回線「タイプA」の速度レビュー特徴・注意点まとめ

上記の通り、BIGLOBEモバイルは格安SIMでYouTubeやAbemaTVなどを通信量を気にせず観たい人や通信速度にこだわる人、毎月の利用料金をできるだけ安く済ませたい人には特におすすめです。

公式サイト
BIGLOBEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【5月】

キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【5月】

キャンペーンを利用して格安SIMの契約を考えている場合は、BIGLOBEモバイルも含めて検討してみることをおすすめします。

BIGLOBEモバイル以外の格安SIMのキャンペーン情報はこちらにまとめています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【5月20日】



LINEモバイルの特徴

最後に、LINEモバイルの特徴についてまとめておきます。

LINEモバイルの料金プラン

まずは、LINEモバイルの料金プランです。

LINEモバイルのプランには、LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3種類があります。

LINEフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+120円)
音声通話
SIM
(+700円)
1GB500円620円1,200円


コミュニケーションフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,110円1,690円
5GB-1,640円2,220円
7GB-2,300円2,880円
10GB-2,640円3,220円


MUSIC+プラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,810円2,390円
5GB-2,140円2,720円
7GB-2,700円3,280円
10GB-2,940円3,520円



LINEやTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC利用時に発生する通信を高速通信としてカウントしない

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムなどを使う際に発生する通信が高速通信容量としてカウントされないのが最大の特徴です。

ひと月に使える高速通信が1GBのLINEフリープランでは、LINEをどれだけ使っても高速通信容量としてカウントしません。

一般的な格安SIMの1GBプランでは、LINEで1GB分通信すると高速通信容量が1GB-1GBで0GBとなり、それ以上高速で通信できなくなります。

対して、LINEフリープランではLINEで1GB分通信しても1GB-0GBで1GBとなり全く高速通信の残容量が減りません。
linefree

コミュニケーションフリープランでは、LINEだけでなくFacebookとTwitter、Instagramを利用する際に発生する通信も高速通信としてカウントしないため、この3サービスを頻繁に使う人にはメリットのある格安SIMです。
communicationfree

MUSIC+プランはLINEとFacebook、Twitter、Instagramに加えてLINE MUSICも使い放題になりますが、月額料金がかなり割高になるのでLINE MUSICのヘビーユーザーでないとメリットが少ないです。


高速通信としてカウントされないサービスは低速化しても高速で通信できる

また、一般的な格安SIMはひと月に使える高速通信容量を超えると速度が低速に制限されます。

LINEモバイルも同じように、LINEフリープランなら1GBを、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランなら3GB、5GB、7GB、10GBを超えると低速に制限されます。

ですが、LINEフリープランではLINE、コミュニケーションフリープランではLINEとFacebook、Twitter、Instagram、MUSIC+プランではLINEとFacebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICに関しては、高速通信容量を使い切った後でも高速で通信できるのが他社の格安SIMと異なる点です。
linecountfree
低速制限によって他のアプリでは体感で遅く感じることもあるでしょうが、上記のサービスに関しては常に快適に通信できる環境がLINEモバイルにはあります。

なお、200kbpsの低速状態に制限されたときに使えるアプリの一覧はこちらにまとめています。
格安SIMで低速切り替え可能で使い放題のMVNOを比較【動画あり】


格安SIMながらLINEの年齢確認とID検索が利用できる

一般的な格安SIMは、LINEを使うことはできるものの18歳以上のユーザーが利用できるID検索を利用できません。

これは、LINEのID検索がドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアのSIMでしか18歳以上であることを確認する年齢認証ができないためです。

ですが、LINEモバイルでは「利用コード」というキャリアの年齢確認とは別の方法でLINEの年齢確認を行うことで、格安SIMながらLINEのID検索が利用できます。
LINEモバイルでLINEの年齢確認(認証)とID検索を利用する方法。
line-mobile-age-verification12
LINEを提供するLINEモバイルならではのメリットですね。


支払いにクレジットカードだけでなくプリペイドカードのLINE Payカードも使える

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアは、支払い方法にクレジットカードだけでなく口座振替を指定することができます。

そのため、大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、格安SIMの利用料金の支払い方法を口座振替にしたい人もいると思います。

ですが、ほとんどの格安SIMでは毎月の料金の支払い方法としてクレジットカードしか選べません。

対して、LINEモバイルはクレジットカード以外にも入会費や年会費が一切かからず無料で持てるプリペイドカードのLINE Payカードで支払うことができます。
line-pay-card
また、LINE Payは残高が設定した金額を下回った場合にあらかじめ登録しておいた銀行口座から自動で入金(オートチャージ)されるように設定できるので、実質的に口座振替が利用できることになります。
line-pay-auto-charge

格安SIMにしたいもののクレジットカードで支払いたくない人やクレジットカードを持っていない人は、LINEモバイルをLINE Payカードで支払いましょう。

LINEモバイルの決済をLINE Payカードにするための手順や注意点はこちらをご覧ください。
LINEモバイルをクレジットカードなし LINE Payカードで口座振替する手順まとめ


フィルタリングサービスが無料で使える

LINEモバイルでは、有害サイトへのアクセスをブロックできる「i-フィルター」を無料で利用できます。

具体的には、i-フィルターは出会い系やSNSによる被害、高額請求といったネットでよくある危険なサイトにアクセスできないようにします。
i-filter
i-フィルターを活用することで、小さな子どもにも安心してスマホを持たせることができます。


LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合える「データプレゼント」

LINEモバイルでは、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合うことができる「データプレゼント」があります。

データプレゼントは、同じ格安SIMのmineoが提供する「パケットギフト」と似た機能です。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ
packetgift-share1
パケットをあげる人ともらう人がどちらもLINEモバイルを契約していて、またLINEで友だちになっていれば、データプレゼントを利用することで自分の高速通信容量を500MB単位でプレゼントできます。

今月の高速通信容量が足りなくなったら友だちに分けてもらって、翌月にお返しするといったこともできるので使い勝手はいいです。

データプレゼントの詳細はこちらをご覧ください。
LINEモバイル データプレゼントの特徴と注意点、パケットのやり取り手順まとめ


まとめ

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramなどの通信が高速通信容量としてカウントされないだけでなく、格安SIMながらLINEのID検索ができたりフィルタリングサービスが無料で使える、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合えるなど独自の機能を備える格安SIMです。

また、月額料金が3ヶ月間割引や新規契約・MNP転入でLINEポイント5,000ポイントプレゼントなどキャンペーンも充実しているので、LINEモバイルを検討中ならこれらのキャンペーンをぜひ活用しましょう。

LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点まとめは以上です。

公式サイト
LINEモバイル

当サイトで実際に使っている格安SIM16社の比較とおすすめはこちら
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【5月20日】


-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2019 All Rights Reserved.