LINEモバイルのキャンペーン詳細と注意点総まとめ【2020年3月】

LINEモバイルが開催している最新のキャンペーン情報と注意点をまとめています。

目次


SIMタイプ毎で適用可能なキャンペーン

LINEモバイルでは、データ通信SIMと音声通話SIMで適用できるキャンペーンが異なるので、それぞれのSIMタイプで適用されるキャンペーンをまとめておきます。

データ通信SIM 500MB

招待プログラム(招待キャンペーン)


データ通信SIM 500MB + LINEデータフリー

招待プログラム(招待キャンペーン)


データ通信SIM 500MB + SNSデータフリー/SNS音楽データフリー

なし(データ通信SIMの500MBプランとSNSデータフリー・SNS音楽データフリーは組み合わせることができない)


データ通信SIM 3GB/6GB/12GB

招待プログラム(招待キャンペーン)


データ通信SIM 3GB/6GB/12GB + LINEデータフリー

招待プログラム(招待キャンペーン)


データ通信SIM 3GB/6GB/12GB + SNSデータフリー/SNS音楽データフリー

SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン

招待プログラム(招待キャンペーン)


音声通話SIM 500MB

招待プログラム(招待キャンペーン)


音声通話SIM 500MB + LINEデータフリー

招待プログラム(招待キャンペーン)


音声通話SIM 500MB + SNSデータフリー/SNS音楽データフリー

なし(音声通話SIMの500MBプランとSNSデータフリー・SNS音楽データフリーは組み合わせることができない)


音声通話SIM 3GB/6GB/12GB

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜

7,109(なっとく)お得キャンペーン 音声通話SIM申し込みでLINE Pay残高7,109円かLINEポイント7,109ポイントもがらえる

招待プログラム(招待キャンペーン)


音声通話SIM 3GB/6GB/12GB + LINEデータフリー

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜

7,109(なっとく)お得キャンペーン 音声通話SIM申し込みでLINE Pay残高7,109円かLINEポイント7,109ポイントもがらえる

招待プログラム(招待キャンペーン)


音声通話SIM 3GB/6GB/12GB + SNSデータフリー/SNS音楽データフリー

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜

SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン

7,109(なっとく)お得キャンペーン 音声通話SIM申し込みでLINE Pay残高7,109円かLINEポイント7,109ポイントもがらえる

招待プログラム(招待キャンペーン)


上記の一覧を見てもらうと分かる通り、LINEモバイルでは音声通話SIMを申し込んだ方がキャンペーンは充実しています。

データ通信SIMは基本的に招待プログラムのみ利用できますが、例外としてデータ通信SIMの3GB/6GB/12GBとSNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーをセットで申し込むと5,000円相当プレゼントキャンペーンが適用されます。

音声通話SIMに関しても500MBプランだと適用できるのは招待プログラムのみで、3GBか6GB、12GBプランを選ぶと月額利用料が最大2ヶ月間0円になるキャンペーンと7,109円相当プレゼントキャンペーンも選択肢に加わります。

さらに、音声通話SIMの3GB/6GBを/12GBとSNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーをセットで申し込むと、5,000円相当プレゼントキャンペーンを選ぶことも可能です。

なお、データ通信SIM・音声通話SIMともに500MBプランにSNSデータフリーとSNS音楽データフリーを付けることはできません。


併用できるキャンペーン

SIMやプランごとに適用できるキャンペーンの一覧は上記の通りですが、キャンペーンの中でも併用できるものとできないものがあります。

現在、LINEモバイルのデータ通信SIMと音声通話SIMそれぞれで併用できるキャンペーンは以下の通りです。


データ通信SIM

なし


音声SIM

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜7,109(なっとく)お得キャンペーン 音声通話SIM申し込みでLINE Pay残高7,109円かLINEポイント7,109ポイントもがらえる

月額利用料が最大2ヶ月間0円〜招待プログラム(招待キャンペーン)

データ通信SIMで利用できるキャンペーンはありませんが、音声通話SIMは月額利用料が2ヶ月間0円になるキャンペーンとセットで5,000円相当プレゼントキャンペーンか7,190円相当プレゼントキャンペーン、招待プログラムの中から1つ併用できます。

一番得な併用方法をお知りたい場合はこちらを参考にしてください。
【契約プラン別】5,000円相当キャンペーンと7,019円相当キャンペーン、招待プログラムのどれが一番得?

なお、5,000円相当プレゼントキャンペーンと7,190円相当プレゼントキャンペーン、招待プログラムの3キャンペーンを組み合わせて適用することはできません。(例:7,190円相当プレゼントキャンペーンと招待プログラムの3,000円割引を同時に適用させて合計10,190円割引は不可)


次に、各キャンペーンの詳細と適用条件、注意点などについてまとめていきます。


月額利用料が最大2ヶ月間0円〜


キャンペーン内容

LINEモバイルの音声通話SIM 3GB以上のプランを新規契約またはプラン変更し、データフリーオプションのSNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーを申し込むと月額基本利用料が初月無料になり、さらに2ヶ月目は1,480円割引されます。

LINEモバイルにはドコモ回線とソフトバンク回線、au回線がありますが、全ての回線がキャンペーン対象です。

割引が適用された月額基本利用料の2ヶ月間の月額料金と3ヶ月目以降の通常料金は以下の通り。
 初月2ヶ月目3ヶ月目以降合計割引額
500MB日割り計算1,100円
(割引なし)
1,100円0円
3GB0円
(1,480円割引)
0円
(1,480円割引)
1,480円2,960円
6GB0円
(2,200円割引)
720円
(1,480円割引)
2,200円3,680円
12GB0円
(3,200円割引)
1,720円
(1,480円割引)
3,200円4,680円


まず大前提として、500MBプランで契約できるデータフリーオプションはLINEデータフリーのみで、SNSデータフリーとSNS音楽データフリーは申し込むことができません。

また、500MBプラン自体がキャンペーン対象外のため割引もされません。

3GBと6GB、12GB+データフリーオプションがこのキャンペーンの割引対象です。


LINEモバイルの初月の月額料金は全プラン共通で日割り計算ですが、500MBプランはキャンペーンの対象外なので初月は日割りのままなのに対し、3GBと6GB、12GBプランは0円になります。

2ヶ月目も500MB以外のプランは1,480円割引された料金でLINEモバイルを利用できるので、月額1,480円の3GBプランは2ヶ月目も0円です。


次に、割引が適用されたデータフリーオプションの2ヶ月間の月額料金と3ヶ月目以降の通常料金は以下の通り。
 初月2ヶ月目3ヶ月目以降合計割引額
LINEデータフリー0円
(割引なし)
0円
(割引なし)
0円
(割引なし)
0円
SNSデータフリー0円
(280円割引)
0円
(280円割引)
280円560円
SNS音楽データフリー0円
(480円割引)
0円
(480円割引)
480円960円


このキャンペーンでは、全てのデータフリーオプションの初月と2ヶ月目の月額料金が無料になります。

データフリーオプションについてまとめておきます。

LINEデータフリーは月額料金がかかりません。

つまり、LINEモバイルは標準でLINEが使い放題ということです。

SMSデータフリーは、月額基本利用料に280円追加するとLINEに加えてTwitterとFacebookが使い放題になります。

SNS音楽データフリーは月額480円と最も高いですが、LINEとTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの5サービスが使い放題です。


月額基本利用料+データフリーオプションの合計料金と割引額は以下の通りです。

LINEデータフリー
 初月2ヶ月目3ヶ月目以降合計割引額
500MB日割り計算
(割引なし)
1,100円
(割引なし)
1,100円0円
3GB0円
(1,480円割引)
0円
(1,480円割引)
1,480円2,960円
6GB0円
(2,200円割引)
720円
(1,480円割引)
2,200円3,680円
12GB0円
(3,200円割引)
1,720円
(1,480円割引)
3,200円4,680円


SNSデータフリー
 初月2ヶ月目3ヶ月目以降合計割引額
500MB----
3GB0円
(1,760円割引)
0円
(1,760円割引)
1,760円3,520円
6GB0円
(2,480円割引)
720円
(1,760円割引)
2,480円4,240円
12GB0円
(3,480円割引)
1,720円
(1,760円割引)
3,480円5,240円


SNS音楽データフリー
 初月2ヶ月目3ヶ月目以降合計割引額
500MB----
3GB0円
(1,960円割引)
0円
(1,960円割引)
1,960円3,920円
6GB0円
(2,680円割引)
720円
(1,960円割引)
2,680円4,640円
12GB0円
(3,680円割引)
1,720円
(1,960円割引)
3,680円5,640円


月額基本利用料の1,480円割引にSNSデータフリーでは280円の割引が、SNS音楽データフリーは480円の割引がそれぞれ追加されています。


キャンペーン期間

2020年2月19日(金)~終了日未定
※キャンペーン終了日までに利用開始、またはプラン変更の適用日を迎える必要があります。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件【新規契約】

  1. キャンペーン終了日までに新規契約で3GBか6GB、12GBプランを申し込み利用開始日を迎えること。

キャンペーン適用条件【プラン変更】

  1. 音声通話SIMを契約中で、キャンペーン終了日までに3GBか6GB、12GBへのプラン変更を申し込み適用されること。


キャンペーンが適用されるには、新規契約・プラン変更ともに、音声通話SIMの3GB以上のプランを申し込む必要があります。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. データ通信SIMを契約した場合。
  2. 音声通話SIMの500MBプランを契約した場合。
  3. 同一人物で4回線目以上申し込んだ場合(4回線目以降は割引されない)。
  4. キャンペーン期間中に申し込みを完了していても、利用開始日またはプラン変更の適用日がキャンペーン終了日に間に合わなかった場合。
  5. キャンペーンが適用される状態で短期間での申し込みと解約を繰り返した場合。
  6. 過去に「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」が適用されていた場合。
  7. 割引が適用されている期間中に500MBプランに変更した場合。
  8. 契約初月に回線を解約した場合。
  9. 毎月5日の請求日に支払いが確認できない場合や、LINEモバイルが定める規約などに違反した場合。


データ通信SIMだけでなく、音声通話SIMでも500MBプランを契約した場合はキャンペーン対象外となる点には注意が必要です。

また3GB以上のプランを契約していても、割引が適用されている期間中に500MBプランに変更してしまった場合は割引が終了するので、割引をフルで適用させたい場合は割引が終了するまで変更しないようにしましょう。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 適用条件を満たせばキャンペーンは自動的に適用される。
  2. キャンペーン適用の起点日は月額基本利用料の課金開始日。
  3. 開通日や利用開始日の指定・変更はできない。
  4. プラン変更の適用日は何日に変更手続きをしても翌月1日になる。
  5. 割引が適用されるのは1回線につき1回限り。
  6. 割引は1人当たり3回線まで適用される。
  7. キャンペーンコード、エントリーコードを利用した申し込み、マイページからの追加申し込み、招待プログラム経由での申し込みもキャンペーン対象。
  8. 割引適用の対象となるのは月額基本利用料のみ。オプション料金や通話料金、端末代金、その他手数料などから割引はされない。
  9. 割引適用期間中に回線を解約した場合、解約月までが割引の対象となる。それ以降の割引分については、月額基本利用料以外での適用や返金などはされない。
  10. 新規契約の場合は事務手数料3,000円とSIMカード発行手数料400円の合計3,400円がかかる。
  11. 解約またはMNP転出する場合、解約事務手数料1,000円を支払う必要がある。
  12. 申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかる。特に月末月初は申し込みが集中し混雑することが多いので期間に余裕を持って申し込むこと。
  13. データ通信SIMで契約した後に音声通話SIMに変更することはできない。
  14. 割引が適用されている期間でもプランとデータオプションの変更は可能。変更した場合、変更後のプランやデータオプションに対して割引が適用される。
  15. 回線変更と同時にプラン変更を行う場合、回線変更した月は回線変更前の月額料金が適用されるため回線変更の翌月からキャンペーン対象となる。



月額料金が2ヶ月間0円になるこのキャンペーンは、最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMと音声通話SIMでも500MBプランは対象外なのは残念ですが、3GB以上のプランとデータフリーオプションをセットで契約予定なら最初の2ヶ月間は支払いを安く済ませることができます。

対象のプランを申し込む際は、このキャンペーンはぜひ活用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】




SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン LINE Pay残高 最大5,000円かLINEポイント 最大5,000ポイントがもらえる


キャンペーン内容

3GB以上のプラン+SNSデータフリーまたはSNS音楽データフリーを選択しキャンペーンコードを入力すると、LINE Pay残高が最大5,000円分もしくはLINEポイントが最大5,000ポイントプレゼントされます。

もらえるLINE Pay残高・LINEポイントは以下の通りです。
SIMタイプLINE Pay残高LINEポイント
データ通信SIM1,000円分1,000ポイント
音声通話SIM5,000円分5,000ポイント



キャンペーンコードはLINE Pay残高が「PB054」 LINEポイントが「LN054」

キャンペーンコードは以下の通りです。
LINE Pay残高:PB054
LINEポイント:LN054


LINE Pay残高・LINEポイントが付与されるタイミング

LINE Pay残高とLINEポイントが付与されるタイミングは以下の通りです。

LINE Pay残高付与タイミング

  1. 利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末


LINEポイント付与タイミング

  1. 利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末

上記の通り、LINE Pay残高の付与時期とLINEポイントの付与時期は同じです。

具体的には、利用開始月が3月なら特典が付与されるのは6月末となります。


キャンペーン期間

2020年2月19日~2020年3月31日
※キャンペーン期間中に申し込みを完了し、2020年4月30日までに課金開始日を迎える必要があります。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 申し込みページでキャンペーンコード「PB054」(LINE Pay残高)もしくは「LN054」(LINEポイント)を入力すること。
  2. 申し込みページでデータ通信SIMか音声通話SIMの3GBか6GB、12GBプランを選ぶこと。
  3. データフリーオプションの中で、SNSデータフリーかSNS音楽データフリーを選ぶこと。
  4. キャンペーン終了日までの間に申し込みを完了し、2020年4月30日までに課金開始日を迎えること。
  5. 利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウントで契約者連携すること。


キャンペーンが適用されるには、申し込みページで上記のキャンペーンコードを正しく入力する必要があります。

また、利用開始後LINEモバイルの公式LINEアカウントで契約者連携することも必須条件となっているので、連携忘れがないように注意しましょう。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. キャンペーン期間中に申し込みを完了していても課金開始日が2020年5月1日以降だった場合。
  2. キャンペーンコードを入力せずに申し込みした場合。
  3. 音声通話SIMでも500MBプランを申し込んだ場合。
  4. SNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーを申し込まなかった場合。
  5. 家電量販店で申し込みやマイページからの追加申し込み、招待プログラム経由で申し込んだ場合。
  6. 初期契約解除でLINEモバイルを解約した場合。
  7. 毎月5日の請求日に支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合。


キャンペーンコードを入力し忘れて申し込みした場合はもちろん、500MBプランを申し込んだ場合、SNSデータフリー・SMS音楽データフリーを申し込まなかった場合はキャンペーン対象外となります。

また、招待キャンペーン経由で申し込んだ場合もキャンペーン対象外となる点には注意が必要です。

なお、招待プログラムでは最大でも初期費用の3,000円が0円に割引+LINEポイント 1,000ポイントプレゼントの実質合計4,000円割引にしかなりません。

LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む場合は、招待キャンペーンよりも多くLINEポイント(5,000ポイント)・LINE Pay残高(5,000円分)が付与されるこのキャンペーンを適用するために、通常の公式サイトから申し込むことをおすすめします。
LINEモバイル


キャンペーン注意点

LINE Pay残高の注意点

  1. LINE Pay残高を受け取るには、あらかじめLINE Payの登録をしておく必要がある。
    LINE Pay - スマホのおサイフサービスLINE Pay
  2. 契約者連携とLINE Pay登録後、特典が付与される日まで契約者連携に加えてLINE Pay登録を継続していない場合はLINE Pay残高が付与されない。
  3. 期間内に契約者連携を解除し、再度連携し直しても付与できない可能性がある。


LINEポイントの注意点

  1. 特典が付与される日まで契約者連携を継続していない場合は、LINEポイントが付与されない。
  2. 期間内に契約者連携を解除し、再度連携し直しても付与できない可能性がある。
  3. LINE株式会社がLINEポイント利用規約に反することを理由にLINEポイントが付与されない場合がある。


その他注意点

  1. キャンペーン適用の起点日は利用開始日。
  2. 申し込み時にキャンペーンコード入力を忘れていた場合、後ほど申し出てもキャンペーン対象とはならない。
  3. 申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかる。特に月末月初は申し込みが集中し混雑が予想されるので期間に余裕を持って申し込むこと。
  4. 開通日や利用開始日の指定・変更はできない。
  5. データ通信SIMで契約した場合、音声通話SIMには変更できない。


LINE Pay残高を受け取るにはLINE Payの登録が必須となっているので、登録忘れがないように注意が必要です。

また、繰り返しますがキャンペーンコードの入力漏れや間違いがないように注意しましょう。


キャンペーン適用の流れ

step
1
LINEモバイルの公式サイトにアクセス

LINEモバイルの公式サイトにアクセスして、「申し込み」をクリックします。
LINEモバイル

step
2
キャンペーンコード欄にコードを入力する

LINE Pay残高希望なら「PB054」を、LINEポイントを希望なら「LN054」をキャンペーンコード欄に入力して「契約者情報の入力へ」をクリックし、その後は氏名や住所などの情報やお支払い方法などを入力してLINEモバイルの申し込みを完了します。

step
3
LINEモバイル公式アカウントを友だち追加

LINEモバイルの申し込みが完了したら、LINEでLINEモバイル公式アカウントを友だち追加します。
LINEモバイル公式アカウント

step
4
契約者連携を行う

LINEモバイルのSIMが届いたら、公式アカウントで契約者連携を行います。

step
5
特典が付与されるのを待つ

上記の手順が完了したら、後は特典が付与されるのを待つだけです。

なお、前述の通りLINE Payを特典として選んだ場合はLINE Payの登録も必要になります。

詳細はこちら。
LINE Pay - スマホのおサイフサービスLINE Pay


5,000円相当プレゼントキャンペーンは、音声通話SIMだけでなくデータ通信SIMでも3GB以上のプランとSNSデータフリーかSNS音楽データフリーをセットで契約すれば1,000円分のLINE Pay残高かLINEポイント 1,000ポイントがもらえるのがメリットです。

ただ、音声通話SIMに関しては7,019円相当プレゼントキャンペーンの方がもらえるLINE Pay残高もしくはLINEポイントが2,000円以上多いので、LINEモバイルの音声通話SIMを契約するなら7,019円相当プレゼントキャンペーンのキャンペーンコードの利用をおすすめします。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】


7,109(なっとく)お得キャンペーン 音声通話SIM申し込みでLINE Pay残高7,109円かLINEポイント7,109ポイントもがらえる


キャンペーン内容

音声通話SIMの3GB以上のプランを選択しキャンペーンコードを入力すると、LINE Pay残高が7,109円分もしくはLINEポイントが最大7,109ポイントプレゼントされます。


キャンペーンコードはLINE Pay残高が「PB070」 LINEポイントが「LN070」

キャンペーンコードは以下の通りです。
LINE Pay残高:PB070
LINEポイント:LN070


LINE Pay残高・LINEポイントが付与されるタイミング

LINE Pay残高とLINEポイントが付与されるタイミングは以下の通りです。

LINE Pay残高付与タイミング

  1. 利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末


LINEポイント付与タイミング

  1. 利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末

上記の通り、LINE Pay残高の付与時期とLINEポイントの付与時期は同じです。

具体的には、利用開始月が3月なら特典が付与されるのは6月末となります。


キャンペーン期間

2020年3月17日~2020年4月6日
※キャンペーン期間中に申し込みを完了し、2020年4月30日までに課金開始日を迎える必要があります。


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. 申し込みページでキャンペーンコード「PB070」(LINE Pay残高)もしくは「LN070」(LINEポイント)を入力すること。
  2. 申し込みページで音声通話SIMの3GBか6GB、12GBプランを選ぶこと。
  3. キャンペーン終了日までの間に申し込みを完了し、2020年4月30日までに課金開始日を迎えること。
  4. 利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウントで契約者連携すること。


キャンペーンが適用されるには、申し込みページで上記のキャンペーンコードを正しく入力する必要があります。

また、利用開始後LINEモバイルの公式LINEアカウントで契約者連携することも必須条件となっているので、連携忘れがないように注意しましょう。


キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. キャンペーン期間中に申し込みを完了していても課金開始日が2020年5月1日以降だった場合。
  2. キャンペーンコードを入力せずに申し込みした場合。
  3. データ通信SIMを申し込んだ場合。
  4. 音声通話SIMでも500MBプランを申し込んだ場合。
  5. 家電量販店で申し込みやマイページからの追加申し込み、招待プログラム経由で申し込んだ場合。
  6. 初期契約解除でLINEモバイルを解約した場合。
  7. 毎月5日の請求日に支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合。


キャンペーンコードを入力し忘れて申し込みした場合はもちろん、データ通信SIMを申し込んだ場合や音声通話SIMでも500MBプランを申し込んだ場合はキャンペーン対象外となります。

また、招待キャンペーン経由で申し込んだ場合もキャンペーン対象外となる点には注意が必要です。

なお、招待プログラムでは最大でも初期費用の3,000円が0円に割引+LINEポイント 1,000ポイントプレゼントの実質合計4,000円割引にしかなりません。

LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む場合は、招待キャンペーンよりも多くLINEポイント(7,019ポイント)・LINE Pay残高(7,019円分)が付与されるこのキャンペーンを適用するために、通常の公式サイトから申し込むことをおすすめします。
LINEモバイル


キャンペーン注意点

LINE Pay残高の注意点

  1. LINE Pay残高を受け取るには、あらかじめLINE Payの登録をしておく必要がある。
    LINE Pay - スマホのおサイフサービスLINE Pay
  2. 契約者連携とLINE Pay登録後、特典が付与される日まで契約者連携に加えてLINE Pay登録を継続していない場合はLINE Pay残高が付与されない。
  3. 期間内に契約者連携を解除し、再度連携し直しても付与できない可能性がある。


LINEポイントの注意点

  1. 特典が付与される日まで契約者連携を継続していない場合は、LINEポイントが付与されない。
  2. 期間内に契約者連携を解除し、再度連携し直しても付与できない可能性がある。
  3. LINE株式会社がLINEポイント利用規約に反することを理由にLINEポイントが付与されない場合がある。


その他注意点

  1. キャンペーン適用の起点日は利用開始日。
  2. 申し込み時にキャンペーンコード入力を忘れていた場合、後ほど申し出てもキャンペーン対象とはならない。
  3. 申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかる。特に月末月初は申し込みが集中し混雑が予想されるので期間に余裕を持って申し込むこと。
  4. 開通日や利用開始日の指定・変更はできない。
  5. データ通信SIMで契約した場合、音声通話SIMには変更できない。


LINE Pay残高を受け取るにはLINE Payの登録が必須となっているので、登録忘れがないように注意が必要です。

また、繰り返しますがキャンペーンコードの入力漏れや間違いがないように注意しましょう。


キャンペーン適用の流れ

step
1
LINEモバイルの公式サイトにアクセス

LINEモバイルの公式サイトにアクセスして、「申し込み」をクリックします。
LINEモバイル

step
2
キャンペーンコード欄にコードを入力する

LINE Pay残高希望なら「PB070」を、LINEポイントを希望なら「LN070」をキャンペーンコード欄に入力して「契約者情報の入力へ」をクリックし、その後は氏名や住所などの情報やお支払い方法などを入力してLINEモバイルの申し込みを完了します。

step
3
LINEモバイル公式アカウントを友だち追加

LINEモバイルの申し込みが完了したら、LINEでLINEモバイル公式アカウントを友だち追加します。
LINEモバイル公式アカウント

step
4
契約者連携を行う

LINEモバイルのSIMが届いたら、公式アカウントで契約者連携を行います。

step
5
特典が付与されるのを待つ

上記の手順が完了したら、後は特典が付与されるのを待つだけです。

なお、前述の通りLINE Payを特典として選んだ場合はLINE Payの登録も必要になります。

詳細はこちら。
LINE Pay - スマホのおサイフサービスLINE Pay


7,019円相当プレゼントキャンペーンは、音声通話SIMだけでなくデータ通信SIMでも3GB以上のプランとSNSデータフリーかSNS音楽データフリーをセットで契約すれば1,000円分のLINE Pay残高かLINEポイント 1,000ポイントがもらえる5,000円相当プレゼントキャンペーンとは違い音声通話SIMだけがキャンペーン対象ですが、このキャンペーンは音声通話SIMなら5,000円相当プレゼントキャンペーンのようにデータフリーに加入する必要なく、より多くのLINE Pay残高もしくはLINEポイントがもらえるのがメリットです。

もちろんデータフリーオプションに加入しても、キャンペーンコード「PB070」もしくは「LN070」を入力すればLINE Pay残高7,019円もしくはLINEポイントが7,019ポイントもらえてどちらにしろ得なので、音声通話SIMを申し込むならこちらのキャンペーンコードを利用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】


招待プログラム(招待キャンペーン)


キャンペーン内容

LINEモバイルを利用中のユーザーがマイページで招待URLを発行して家族や友人などが招待URLから音声通話SIMを契約すると、招待した人にはLINEポイントが1,000ポイントプレゼントされ、招待された人は新規事務手数料3,000円が最安で0円になります。

招待した人がもらえるLINEポイントと、招待された人の新規事務手数料の割引額は以下の通り。
招待された人が契約したSIM
招待した人がもらえるLINEポイント
招待された人が割引される新規事務手数料
音声通話SIM
(新規契約)
1,000ポイント3,000円

0円
音声通話SIM
(MNP転入)
1,000ポイント3,000円

0円
データ通信SIM
(SMS付き)
1,000ポイント3,000円

500円
データ通信SIM
(SMSなし)
--


LINEモバイルが2020年2月に提供開始した新プランではSMSなしのデータ通信SIMはないので、データ通信SIMを選べば自動的にSMS付きになり新規事務手数料3,000円が2,500円割引されて500円となります。

音声通話SIMに関しては、新規契約・MNP転入ともに新規事務手数料が0円です。


当サイトの招待URL

招待URLからLINEモバイルを契約したいものの、周りにLINEモバイルを使ってる人がいないので招待URLがもらえない人もいると思います。

その時は、当サイトで発行した招待URLを使ってください。

当サイトの招待URLはこちら。
招待URL

LINEモバイルの招待URLは毎日変更されますが、1つのURLで申し込みできるのは1人のみです(1日1人)。

上記URLをクリックして期限が切れている場合は、翌日13時に再度確認してみてください。


キャンペーン期間

2019年10月1日~終了日未定


招待キャンペーン適用でLINEポイントが付与されるのはいつ?

LINEモバイルの招待キャンペーンで招待した場合、LINEポイントがすぐに付与されるわけではありません。

LINEポイントが付与されるタイミングは、招待された人の利用開始月を1ヶ月目として、3ヶ月目の末となっています。

例えば、招待された人の利用開始日が1月1日~1月31日の場合、3月末に特典が付与されます。


キャンペーン適用条件

招待した人、招待された人がそれぞれ以下の条件を全て満たすことでLINEポイントがプレゼントされます。

招待した人

  1. キャンペーン期間中LINEモバイルを契約していること。
  2. LINEモバイルの公式LINEアカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をしていること。
  3. マイページで発行した招待URLから招待された人が申し込み、キャンペーン期間中に利用開始日を迎えること。


招待された人

  1. 招待URLからLINEモバイルを申し込むこと。
  2. キャンペーン期間中に利用開始日を迎えること。
  3. 契約者連携後、特典付与日まで契約者連携を継続していること。



キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. LINEモバイルの招待URLからLINEモバイルウェブサイトで申し込まなかった場合。
  2. 招待された人が招待URLの有効期限内に申し込み完了しなかった場合。
  3. 紹介された人が家電量販店で申し込んだ場合。
  4. 紹介された人がエントリーパッケージを利用して申し込んだ場合。
  5. 紹介された人がキャンペーンコードを入力して申し込んだ場合。
  6. 紹介された人がマイページからの追加申し込みで申し込んだ場合。
  7. 招待した人および招待された人が初期契約解除になった場合。
  8. 特典が付与されるまでに契約者連携を解除して解約、またはMNP転出した場合。
  9. 特典が付与されるまでに契約者連携を継続していない場合。
  10. 招待した人または招待された人の支払いの確認ができない場合。
  11. 招待した人または招待された人がLINEモバイルが定める規約などに違反した場合。



キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. 1つの招待URLにつき契約できるのは1人のみ。
  2. 招待URLは発行より24時間有効。招待URLの有効期限が切れる前に申し込みを完了させる必要がある。
  3. 招待URLの発行は1日1回まで。再発行したい場合は翌日0時以降に実施すること。
  4. 申し込みから利用開始まで数日以上時間がかかる。特に月末月初は申し込みが集中し混雑も予想されるので、期間に余裕を持って申し込むこと。
  5. 開通日が利用開始日の指定・変更はできない。
  6. 招待した人への特典は1つのLINEアカウントにつき1ヶ月10万ポイントまでが上限。上限を超えたLINEポイントを付与されない。
  7. LINEポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した日から180日後。有効期限を過ぎると持っているポイント全てが失効する。
  8. スマホ月額基本利用料 半額キャンペーンとは併用できるが、5,000円相当プレゼントキャンペーン7,019円相当プレゼントキャンペーンとの併用はできない。
  9. LINE Pay株式会社がLINEポイント利用規約に反することを理由にLINEポイントの付与を行わない場合がある。



招待URLを発行する手順


step
1
マイページにログインする

まず、LINEモバイルのマイページにログインIDとパスワードを入力してログインします。

step
2
「マイページトップ」をクリック

ログインしたら「マイページトップ」をクリックします。

step
3
「招待URL発行」をクリック

メニューの中から「招待URL発行」をクリックします。

step
4
「招待URLを発行する」をクリック

画面に表示される「招待URLを発行する」をクリックします。

step
5
招待URLをコピーして紹介したい人にURLを送る

招待URLが発行されたら「招待URLをコピー」をクリックして専用のURLをコピーし、メールやLINEなどにそのURLを貼り付けて招待したい人に送ります。

あとは、招待された人が招待URLからLINEモバイルのSIMを申し込めば、招待キャンペーンが紹介した人・紹介された人ともに自動で適用されます。


LINEモバイルの招待キャンペーンは、招待する人は招待すればするほどたくさんLINEポイントがもらえます。

1ヶ月10万ポイントまでという条件はあるものの、招待される人が全て音声通話SIMで申し込んでも33人(3,000ポイント×33人=99,000ポイント)まで招待できる(実際は1日に招待できるのは1人なので最大でも31人ですが)ので問題ないでしょう。

招待される人も、初期費用が最安で無料になるのが最大のメリットです。

ただ注意点の部分でも触れたとおり、招待キャンペーン経由でLINEモバイルを申し込んだ場合は月額料金が割引されるキャンペーンは適用されるものの、LINEポイントがプレゼントされるキャンペーンは適用されません。

LINEポイントプレゼントキャンペーンは音声通話SIMを申し込むことで5,000円相当もしくは7,019円相当のLINE Pay残高とLINEポイントがもらえ、招待キャンペーンの3,000ポイントよりも多いのでLINEモバイルの音声通話SIMを申し込むなら招待キャンペーンは利用しない方がいいです。

逆に、データ通信SIMは招待キャンペーン経由で申し込んだ方が割引額が2,500円と大きいので、データ通信SIMを申し込むなら招待キャンペーンを利用しましょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】


【契約プラン別】5,000円相当キャンペーンと7,019円相当キャンペーン、招待プログラムのどれが一番得?

ここまで紹介した通り、現在LINEモバイルではLINE Pay残高5,000円またはLINEポイント5,000ポイントプレゼントキャンペーンと、LINE Pay残高7,019円またはLINEポイント7,019ポイントプレゼントキャンペーンが並行して開催されています。

また、招待プログラムも新規事務手数料が最大で3,000円割引され、場合によってはLINE Pay残高・LINEポイントプレゼントキャンペーンよりも得なことがあるので、実際に自分が契約する際にどのキャンペーンを使えば得なのか分かりづらいです。

そこで、契約プラン別にそれぞれのキャンペーンで適用されるLINE Pay残高とLINEポイント、新規事務手数料の割引額をまとめておくので参考にしてみてください。
 データ通信SIM
割引額
音声通話SIM
割引額
500MB5,000円相当CP:0円
7,019円相当CP:0円
招待CP:2,500円
5,000円相当CP:0円
7,019円相当CP:0円
招待CP:3,000円
3GB5,000円相当CP:1,000円
7,019円相当CP:0円
招待CP:2,500円
5,000円相当CP:5,000円
7,019円相当CP:7,019円
招待CP:3,000円
6GB5,000円相当CP:1,000円
7,019円相当CP:0円
招待CP:2,500円
5,000円相当CP:5,000円
7,019円相当CP:7,019円
招待CP:3,000円
12GB5,000円相当CP:1,000円
7,019円相当CP:0円
招待CP:2,500円
5,000円相当CP:5,000円
7,019円相当CP:7,019円
招待CP:3,000円


データ通信SIMに関しては、7019円相当キャンペーンは対象外のため0円で、5,000円相当キャンペーンは3GB以上なら1,000円分もらえます。

ただ、招待プログラムを利用すればデータ通信SIMでも新規事務手数料3,500円が2,500円割引され500円になるので、データ通信SIMを最も得に契約したいなら招待プログラム経由がおすすめです。


音声通話SIMに関しては、500MBプランは5,000円相当キャンペーン・7000円相当キャンペーンともに対象外なので、新規事務手数料3,000円が0円になる招待プログラム経由で申し込むのが得です。

3GB以上のプランだと、全プランで7,019円相当キャンペーンが最も得に契約できます。

また、5,000円相当キャンペーンは有料のオプションであるSNSデータフリーかSNS音楽データフリーへの加入が必須なのに対し、7,019円相当キャンペーンはデータフリーオプションに加入しなくても音声通話SIMを申し込みさえすればLINE Pay残高が7,019円またはLINEポイントが7,019ポイントもらえるので、月々の支払い額も安く済ませることができます。


まとめると、データ通信SIMの全プランと音声通話SIMの500MBプランは招待プログラムを利用し、音声通話SIMの3GBと6GB、12GBプランは7,019円相当キャンペーンを利用するのがおすすめです。


全スマホ対象!格安スマホ大還元祭


キャンペーン内容

キャンペーン期間中に、LINEモバイルのSIMとセットで対象機種を購入すると端末価格が割引されます。

対象機種と割引後の価格は以下の通り。
機種名価格
(一括)
通常価格
(分割)
Apple iPhone 6s 32GB24,800円26,160円
Apple iPhone 6s 128GB34,800円36,480円
Apple iPhone 7 32GB40,800円

39,800円
43,200円

42,240円
Apple iPhone 7 128GB46,800円

45,800円
49,200円

48,000円
ASUS ZenFone 668,500円なし
ASUS ZenFone Max(M2)22,500円24,240円
ASUS ZenFone Max Pro(M2)34,500円36,960円
ASUS ZenFone Live(L1)9,880円なし
FUJITSU arrows M0534,800円37,200円
HUAWEI nova lite 322,880円

16,880円
24,720円

15,840円
HUAWEI nova 5T49,500円51,840円
HUAWEI P3077,880円

67,880円
なし
HUAWEI P30 lite24,800円26,400円
motorola moto e513,800円14,880円
motorola moto g7 plus38,800円

32,800円
41,280円

30,720円
OPPO A5 202019,800円21,120円
OPPO Reno 10x Zoom99,880円

89,880円
なし
OPPO Reno A35,800円

29,800円
38,160円

29,800円
OPPO R17 Pro49,880円

39,880円
52,320円

41,280円
SHARP AQUOS sense3 SH-M1229,800円30,720円


特にZenFone Live(L1)が安いですね。


キャンペーン期間

2020年2月19日~2020年4月1日 10時59分


キャンペーン適用条件

キャンペーン適用条件

  1. LINEモバイルの公式サイトからデータ通信SIMもしくは音声通話SIMとセットでキャンペーン対象端末を購入すること。



キャンペーン適用外条件

キャンペーン適用外条件

  1. 機種変更で対象端末を購入した場合(機種変更でも割引される場合があるが価格は高め)。


すでにLINEモバイルのSIMを利用していて端末のみ購入する場合でも安くなる機種はありますが、上記一覧に記載されているキャンペーン価格よりも割高になります。


キャンペーン注意点

キャンペーン注意点

  1. キャンペーン対象端末はLINEモバイルの公式サイトでのみ購入可。店舗では購入できない。
  2. 在庫切れにより早期終了する場合がある。



このセールでは、前述の通りZenFone Live(L1)を安く購入できます。

また、その他の機種も割引されていて、LINEモバイルのこれまでのセールの中では最も内容が充実しています。

LINEモバイルとセットでスマホの購入も検討しているなら、このキャンペーン期間内に申し込むといいでしょう。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】


家族でお得に!複数回線契約割引

line-mobile-campaign19 家族でお得に!複数回線契約割引は、家族での利用やスマホやタブレットの2台持ちでLINEモバイルを2回線以上契約する際に、2回線目以降の登録事務手数料3,000円が最大で0円になります。


キャンペーン期間

なし。期間限定ではなく今後ずっと適用されます。


キャンペーン内容

LINEモバイルを2回線以上契約する際に新規事務手数料3,000円が割引されます。

サービスタイプごとの割引額は以下の通りです。

音声通話SIM:3000円⇒0円
データ通信SIM(SMSあり):3,000円⇒500円
データ通信SIM(SMSなし):3,000円⇒1,000円



キャンペーン適用条件・注意点

・登録事務手数料割引するには、マイページの「追加申込」から申し込む必要があります。
ログイン - LINEモバイル

・契約者は1回線目と同じです。異なる契約者で契約事務手数料割引することはできません。

公式サイト
LINEモバイル

特徴やレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】




利用開始日(課金開始日)について

LINEモバイルのキャンペーンでは、キャンペーン終了日に申し込んだ場合キャンペーンが適用されません。

キャンペーン終了日までにLINEモバイルのSIMが届いて使える状態(利用開始)になっている必要があります。

ここで重要になるのが、LINEモバイルの利用開始日(課金開始日)です。

2020年2月18日 新規契約の受付を停止した旧プランでは、利用開始日はドコモ回線とソフトバンク回線、au回線で異なっていました。

対して2月19日から受付を開始した新プラン(ベーシックプラン)では、利用開始日が3キャリア共通となっています。

ベーシックプランをLINEモバイル公式サイトから申し込んだ場合の利用開始日は以下の通りです。
新規申し込み:SIMカード発送完了日の翌々日
MNP転入:MNP予約番号有効期限の最終日か、利用開始手続きが完了した日の早い方

また利用開始日は以下のようなメールでも届くので、正確な利用開始日を知りたい場合はメールでの確認をおすすめします。

なお、LINEモバイルを店頭で申し込んだ場合は契約した当日が利用開始日となります。


LINEモバイルの最低利用期間と解約金について

LINEモバイルでは、データ通信SIMと音声通話SIMから選ぶことができます。

データ通信SIMと音声通話SIMで異なる点としてよく挙げられるのが最低利用期間と解約金です。

そこで、LINEモバイルのデータ通信SIMと音声通話SIMの最低利用期間・解約金について以下にまとめておきます。

現在新規で申し込みできるベーシックプランの最低利用期間と解約金は、データ通信SIM・音声通話SIMともに共通です。
最低利用期間:なし
解約金:1,000円

新プランであるベーシックプランは、データ通信SIMだけでなく音声通話SIMにも最低利用期間がないのがメリットです。

ただ注意しないといけないのが解約金で、ベーシックプランはいつ解約してもいいものの逆にどのタイミングで解約して場合でも音声通話SIM・データ通信SIMともに1,000円支払う必要があります。

旧プランの解約金はデータ通信SIMはいつ解約しても0円で音声通話SIMも1年経過すれば0円だったので、ベーシックプランは解約金に関しては改悪したことになります。

LINEモバイルを契約すると、解約時に必ず1,000円かかる点は覚えておきましょう。


契約者連携の手順

LINEモバイルの一部のキャンペーンでは、契約者連携が必須条件となっています。

LINEアカウントの契約者連携は、以下の手順で行います。

step
1
LINEモバイルのLINE公式アカウントを友だちに追加する


LINEアカウントの契約者連携のために、まずはLINEモバイルのLINE公式アカウントを友だち追加する必要があります。

スマホから以下のリンクをタップします。
https://line.me/R/ti/p/%40linemobile

PCでこのページを見ている場合は、スマホのQRコードスキャンアプリを起動してこちらのQRコードを読み取ってください。
linemobile-official-qr
LINEアプリが起動するので、LINEモバイルの公式アカウントを追加し、「同意する」をタップします。
linemobile-contracter-link1

step
2
契約者連携する


LINEモバイルのLINE公式アカウントを友達追加してページが表示されたら「メニュー」をタップし、「契約者連携(マイページ)」をタップします。
linemobile-contracter-link2
「新規ログインID連携」をタップして、LINEモバイルの申し込みの際に登録したIDとパスワードを入力して「連携する」をタップします。
linemobile-contracter-link3
「連携完了」と表示されたら、LINEアカウントの契約者連携は完了です。
linemobile-contracter-link4

【2020年3月】LINEモバイル以外の格安SIMでおすすめのキャンペーン

LINEモバイルのキャンペーンは以上ですが、LINEモバイル以外の多くの格安SIMでもキャンペーンが開催されています。

2020年3月に開催されているキャンペーンの中で、おすすめは BIGLOBEモバイル です。

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

現在、BIGLOBEモバイルでは複数のキャンペーンが開催されています。キャンペーン内容は以下の通りです。

BIGLOBEモバイルの主なキャンペーン
① 月額料金が6ヶ月間にわたり1,200円(合計7,200円)割引

② 最大18,000円分のGポイントがもらえる(スマホセット特典)

③ 当サイトからの申し込みで3,000円分のGポイントプレゼント(SIM単体特典)

④ エンタメフリー・オプションが6ヶ月無料(合計2,880円割引)


①・②・③・④は、すべて音声通話SIMのみ対象でデータ通信SIMは対象外となっています。

②と③のGポイントは1ポイント1円でBIGLOBEモバイルの利用料金の支払いにも使うことができるので、実質的に割引されることになります。

対象端末ともらえるGポイント、端末価格からGポイント分を引いた実質価格は以下の通りです。
機種名価格Gポイント実質価格
Apple iPhone7 32GB23,040円1,500Gポイント21,540円
Apple iPhone7 128GB32,400円1,500Gポイント30,900円
ASUS ZenFone 6 128GB69,600円18,000Gポイント51,600円
ASUS ZenFone Live(L1)16,800円16,799Gポイント1円
ASUS ZenFone Max(M1)22,800円18,000Gポイント4,800円
ASUS ZenFone Max Pro(M2)35,760円18,000Gポイント17,760円
BlackBerry KEY283,040円18,000Gポイント65,040円
FUJITSU arrows M0534,800円18,000Gポイント16,800円
HUAWEI nova 5T54,480円17,500Gポイント36,980円
HUAWEI P3077,760円18,000Gポイント59,760円
HUAWEI P30 lite21,120円14,000Gポイント7,120円
motorola moto e517,760円14,000Gポイント3,760円
motorola moto g730,720円18,000Gポイント12,720円
OPPO A5 202026,640円17,500Gポイント9,140円
OPPO Reno A35,760円17,500Gポイント18,260円
SHARP AQUOS sense2 SH-M0823,520円14,000Gポイント9,520円
SHARP AQUOS R2 compact SH-M0955,200円18,000Gポイント37,200円
SHARP AQUOS sense3 plus SH-M1154,480円18,000Gポイント36,480円
SHARP AQUOS sense3 SH-M1236,000円17,500Gポイント18,500円
上記以外の機種-1,500Gポイント


スマホセットでも1,500円分のものもありますが、HUAWEI P30 liteは14,500円分、OPPO Reno Aは17,500円分など人気の機種でもたくさんのGポイントがもらえるので、特にこだわりがなければ14,000円分以上もらえる機種の中から選ぶことをおすすめします。

BIGLOBEモバイルの大きな特徴として、YouTubeなどが見放題になるエンタメフリー・オプションがあります。

データ通信SIMで契約した場合は980円、音声通話SIMで契約した場合は480円の月額料金がかかりますが、音声通話SIMとセットで契約すると④のキャンペーンが適用され半年間無料で使えます。

スマホでYouTubeなどエンタメフリー・オプション対象のコンテンツをよく利用するなら、このキャンペーンを活用してエンタメフリー・オプションをぜひ試してみてください。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンをフルで適用(①~④をすべて適用)すると合計23,174円割引されることになり、またYouTubeなどが見放題になるので他の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスはかなり高いです。

キャンペーン重視で格安SIMを選ぶなら、BIGLOBEモバイルも含めて検討してみることをおすすめします。

公式サイト
BIGLOBEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBEモバイル(SIM)の速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【3月】

キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【3月】


LINEモバイルの特徴

最後に、LINEモバイルの特徴についてまとめておきます。

LINEモバイルの料金プラン

まずは、LINEモバイルの料金プランです。

LINEモバイルのプランは、以前はLINEフリープランとコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3種類がありましたが、2020年2月19日に提供を開始した新プランのベーシックプランでは4つのデータ容量から選べる1種類のみで、指定のサービスが使い放題になるデータフリーがオプションとなり選択する方式に変更されました。

ベーシックプランの料金は以下の通りです。
 データ通信SIM
(SMSなし)
データ通信SIM
(SMS付き)
音声通話SIM
500MB-600円1,100円
3GB-980円1,480円
6GB-1,700円2,200円
12GB-2,700円3,200円


データフリーオプションの料金は以下の通り。
オプション名使い放題のサービス月額料金
LINEデータフリーLINE0円
SNSデータフリーLINE
Twitter
Facebook
280円
SNS音楽データフリーLINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
480円


料金プランについては、ベーシックプランではSMSなしのデータ通信SIMは提供されていないので、SMS機能が付いたデータ通信SIMか音声通話SIMの2つの選択肢から選ぶことになります。

一般的な格安SIMは音声通話機能を追加すると+700円かかりますが、LINEモバイルのベーシックプランは500円追加するだけで音声通話も利用できるのでコストパフォーマンスは高いです。

データフリーオプションについては、LINEデータフリーが月額0円でLINEが使い放題で、SNSデータフリーは月額280円でLINEとTwitter、Facebookが使い放題SNS音楽データフリーは月額480円でLINEとTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICが使い放題です。

ベーシックプランと各データフリーオプションを組み合わせた場合の合計月額料金は以下の通りです。

LINEデータフリー
容量データ通信SIM音声通話SIM
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円


SNSデータフリー
容量データ通信SIM音声通話SIM
500MB--
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円


SNS音楽データフリー
容量データ通信SIM音声通話SIM
500MB--
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円



データフリーオプション加入でLINEやTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC利用時に発生する通信を高速通信としてカウントしない

LINEモバイルは、前述の通りデータフリーオプションに加入することでLINEやTwitter、Facebook、Instagramなどを使う際に発生する通信が高速通信容量としてカウントされないのが最大の特徴です。

例えば、LINEデータフリーではLINEをどれだけ使っても高速通信容量としてカウントしません。

一般的な格安SIMの3GBプランでは、LINEで1GB分通信すると高速通信容量が3GB-1GBで2GBとなり、それ以上高速で通信できなくなります。

対して、LINEモバイルでLINEデータフリーに加入しておくとLINEで1GB分通信しても3GB-0GBで3GBとなり高速通信の残容量が全く減りません。

SNSデータフリーでは、LINEだけでなくFacebookとTwitterを利用する際に発生する通信も高速通信としてカウントしないため、この3サービスを頻繁に使う人にはメリットのあるオプションです。

SNS音楽データフリーはLINEとFacebook、Twitterに加えてInstagramとLINE MUSICも使い放題になります。

格安SIMでInstagramを通信量を気にせずがっつり使いたい人に、SNS音楽データフリーは最適ですね。


高速通信としてカウントされないサービスは低速化しても高速で通信できる

また、一般的な格安SIMはひと月に使える高速通信容量を超えると速度が低速に制限されます。

LINEモバイルも、同じように低速に制限されます。

ですが、LINEデータフリーではLINE、SNSデータフリーではLINEとFacebook、Twitter、SNS音楽データフリーではLINEとFacebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICに関しては、高速通信容量を使い切った後でも高速で通信できるのが他社の格安SIMと異なる点です。

低速制限によって他のアプリでは体感で遅く感じることもあるでしょうが、上記のサービスに関しては常に快適に通信できる環境がLINEモバイルにはあります。

なお、200kbpsの低速状態に制限されたときに使えるアプリの一覧はこちらにまとめています。
格安SIMで低速切り替え可能で使い放題のMVNOを比較【動画あり】


格安SIMながらLINEの年齢確認とID検索が利用できる

一般的な格安SIMは、LINEを使うことはできるものの18歳以上のユーザーが利用できるID検索を利用できません。

これは、LINEのID検索がドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアのSIMでしか18歳以上であることを確認する年齢認証ができないためです。

ですが、LINEモバイルでは「利用コード」というキャリアの年齢確認とは別の方法でLINEの年齢確認を行うことで、格安SIMながらLINEのID検索が利用できます。
LINEモバイルでLINEの年齢確認(認証)とID検索を利用する方法。
line-mobile-age-verification12
LINEを提供するLINEモバイルならではのメリットですね。


支払いにクレジットカードだけでなくプリペイドカードのLINE Payカードも使える

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアは、支払い方法にクレジットカードだけでなく口座振替を指定することができます。

そのため、大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、格安SIMの利用料金の支払い方法を口座振替にしたい人もいると思います。

ですが、ほとんどの格安SIMでは毎月の料金の支払い方法としてクレジットカードしか選べません。

対して、LINEモバイルはクレジットカード以外にも入会費や年会費が一切かからず無料で持てるプリペイドカードのLINE Payカードで支払うことができます。
line-pay-card
また、LINE Payは残高が設定した金額を下回った場合にあらかじめ登録しておいた銀行口座から自動で入金(オートチャージ)されるように設定できるので、実質的に口座振替が利用できることになります。
line-pay-auto-charge

格安SIMにしたいもののクレジットカードで支払いたくない人やクレジットカードを持っていない人は、LINEモバイルをLINE Payカードで支払いましょう。

LINEモバイルの決済をLINE Payカードにするための手順や注意点はこちらをご覧ください。
LINEモバイルをクレジットカードなし LINE Payカードで口座振替する手順まとめ


フィルタリングサービスが無料で使える

LINEモバイルでは、有害サイトへのアクセスをブロックできる「i-フィルター」を無料で利用できます。

具体的には、i-フィルターは出会い系やSNSによる被害、高額請求といったネットでよくある危険なサイトにアクセスできないようにします。
i-filter
i-フィルターを活用することで、小さな子どもにも安心してスマホを持たせることができます。


LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合える「データプレゼント」

LINEモバイルでは、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合うことができる「データプレゼント」があります。

データプレゼントは、同じ格安SIMのmineoが提供する「パケットギフト」と似た機能です。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ
packetgift-share1
パケットをあげる人ともらう人がどちらもLINEモバイルを契約していて、またLINEで友だちになっていれば、データプレゼントを利用することで自分の高速通信容量を500MB単位でプレゼントできます。

今月の高速通信容量が足りなくなったら友だちに分けてもらって、翌月にお返しするといったこともできるので使い勝手はいいです。

データプレゼントの詳細はこちらをご覧ください。
LINEモバイル データプレゼントの特徴と注意点、パケットのやり取り手順まとめ


まとめ

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramなどの通信が高速通信容量としてカウントされないだけでなく、格安SIMながらLINEのID検索ができたりフィルタリングサービスが無料で使える、LINEユーザー同士で高速通信容量を分け合えるなど独自の機能を備える格安SIMです。

また、月額料金が2ヶ月間割引や新規契約・MNP転入でLINEポイント5,000ポイントプレゼントなどキャンペーンも充実しているので、LINEモバイルを検討中ならこれらのキャンペーンをぜひ活用しましょう。

LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点まとめは以上です。

公式サイト
LINEモバイル

当サイトで実際に使っている格安SIM16社の比較とおすすめはこちら
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【8月29日】


-格安SIM(MVNO)のキャンペーン

Copyright © アンドロイドラバー, 2011-2020 All Rights Reserved