Galaxy S4

Galaxy S4(SC-04E)のRoot化方法・手順(SC04EOMUAMF1対応)。

更新日:

sc04eroot2nd29
今回は、アプリを使ったGalaxy S4(SC-04E)のRoot化方法・手順を紹介します。

今回の方法を使えば、6/11のアップデート後(SC04EOMUAMF1)でもRoot化が可能です。

6/21追記
6/20に配信されたアップデート(SC04EOMUAMF2)ではカーネルを焼けないとのこと。
また、Odinを使ってMF2からMF1などへのダウングレードもできないようなので、私はアップデートしていません。




端末のRoot化によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



1)Galaxy S4(SC-04E)のUSBデバッグをオンにしておきます。USBデバッグをオンにする方法は、Galaxy S4(SC-04E)の開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグをオンにする方法。を参照してください。
sc04eroot10

USBデバッグを許可するか尋ねてくるので、「OK」をタップします。
sc04eroot11


2)今回の方法では、Android Terminal Emulatorを使います。先にインストールしておかないと正常にRoot化が完了しないので、忘れずにインストールしておきましょう。
sc04eroot2nd6

3)アプリをインストールするためにファイルマネージャーをインストールしておきます。今回はESファイルエクスプローラーを使っています。

4)設定>その他>セキュリティ>提供元不明のアプリにチェックを入れておきます。
sc04eroot2nd8


今回のRoot化方法は、kbc-developersのma34氏が作成したGS4eXTというアプリを使います。便利なツールの開発に感謝です。

また、Root化後もそのままではTitanium BackupLMT LauncherなどのRootアプリが使えないので、その対策済みで上記アプリが使えるようになるカーネルも同時に導入します。

ツールダウンロード

kernel & Custom ROM フォーラム[SC04E] APP GS4eXTにアクセスします。
sc04eroot2nd3

上記ページから、Galaxy S4(SC-04E)のRoot化アプリ「GS4eXT」をダウンロードしてGalaxy S4(SC-04E)の内部ストレージにコピーしておきます。または、Google Playから有料でインストールも可能です。
sc04eroot2nd4
sc04eroot2nd5


カーネルダウンロード

kernel & Custom ROM フォーラム[SC04E]Kernel Android 4.2.x Jelly Bean for SAMSUNG ROMにアクセスします。
sc04eroot2nd1

SC04E-JB-KBC-20130529-SAM(2013/6/19現在)をダウンロードして、Galaxy S4(SC-04E)の内部ストレージにコピーしておきます。
sc04eroot2nd2


ここからは、Galaxy S4(SC-04E)のRoot化の手順です。2013/6/19現在最新のバージョンである、SC04EOMUAMF1で実施しています。


GS4eXTのインストール

まず、Root化ツール「GS4eXT」をインストールしていきます。以下のインストール手順は、apkファイルを直接ダウンロードした場合のものです。

ESファイルエクスプローラーを起動して、GS4eXT.apkをタップします。
sc04eroot2nd7

「インストール」をタップします。
sc04eroot2nd9

「同意する」をタップします。
sc04eroot2nd10

インストールが完了したら、「開く」をタップします。
sc04eroot2nd11


Galaxy S4(SC-04E)のRoot化

GS4eXTが起動しました。Root化は、「device fucking」から行います。
sc04eroot2nd12

「Fuck'in yeah!」をタップします。
sc04eroot2nd13

「Yes」をタップします。
sc04eroot2nd14

すると、先にインストールしておいたAndroid Terminal Emulatorが起動してRoot化が始まります。
「Please reboot manualy operation.」と表示されたら、一度Galaxy S4(SC-04E)を再起動します。
sc04eroot2nd15

再起動後、しばらくすると「Superuserをインストールしますか?」と表示されるので「Yes」をタップします。
sc04eroot2nd17

Google Playに飛ぶので、そのままSuperuserをインストールします。
sc04eroot2nd18
Galaxy S4(SC-04E)のRoot化は以上で完了です。


Galaxy S4(SC-04E)にカーネル導入

ここからは、Titanium BackupやLMT Launcherを使えるようにするためのカーネルをインストールしていきます。

Superuserインストール後、再度GS4eXTを起動すると、Superuser権限の要求が表示されるので「許可」をタップします。
sc04eroot2nd19

「Binary flash」をタップします。
sc04eroot2nd20

「ファイル選択」をタップします。
sc04eroot2nd21

ダウンロードしておいたカーネルを選びます。
sc04eroot2nd22

「boot.img」をタップします。
sc04eroot2nd23

「BOOT」にチェックを入れます。
sc04eroot2nd24

「Flash実行」をタップします。
sc04eroot2nd25

「OK」をタップします。
sc04eroot2nd26

Android Terminal EmulatorのSuperuser権限の要求が表示されるので「許可」をタップします。
sc04eroot2nd27

キャプチャの通りになればOKです。
sc04eroot2nd28

Galaxy S4(SC-04E)を一度再起動します。
sc04eroot2nd29

「再起動」をタップします。
sc04eroot2nd30

再起動後、Kernel Statusが「Custom」になっていれば、カーネルの導入は完了ですが、この段階ではまだTitanium Backupなどのアプリは使えません。
次に、SuControlをタップします。
sc04eroot2nd31

「switch normal su」をタップします。
sc04eroot2nd32

「Yes」をタップします。
sc04eroot2nd33

「switch normal su」が白抜きになればOKです。
sc04eroot2nd34

Titanium Backupを起動してみます。「許可」をタップします。
sc04eroot2nd35

普通に使えるようになりました。
sc04eroot2nd36
GS4eXTを使えば、PCは使わずにGalaxy S4(SC-04E)だけでRoot化もろもろの作業が完了するので便利ですね。

Galaxy S4(SC-04E)のRoot化方法・手順は以上です。
スポンサーリンク

-Galaxy S4

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2018 All Rights Reserved.