Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




楽天モバイルとBIGLOBE SIMの徹底比較と速度まとめ【6月】

Posted on 6月 1, 2016

rakuten-biglobe
このページでは、楽天モバイルのとBIGLOBE SIMの比較・違いを料金プランや機能、スマホセットのラインナップ、キャンペーン、通信速度などに分けてまとめています。

楽天モバイルとBIGLOBE SIMのどちらかで迷っている場合に参考にしてみてください。

スポンサーリンク



楽天モバイルとBIGLOBE SIMを比較する項目

楽天モバイルBIGLOBE SIMを比較する項目は以下の通りです。

1.料金プラン
2.オプション
3.最低利用期間・解約金
4.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無
5.SIMの機能
6.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度
7.スマホセットのラインナップ
8.セットで購入したスマホ故障時の補償(保証)
9.特典・キャンペーン
10.独自の機能・サービスで比較
11.実効速度(実測の通信速度)

比較では、勝っている方を赤字で表示しています。

なお、それぞれのSIMのメリットやデメリット、レビューなど詳細は以下を参照してください。

楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル

メリット・デメリット・レビュー
楽天モバイルの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】




BIGLOBE SIM公式サイト
BIGLOBE SIM

メリット・デメリット・レビュー
BIGLOBE SIMの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】

「BIGLOBEスマホ」最大1,000円/月 値引き(6カ月間)


1.料金プランで比較

データ通信専用SIM

 SMSなしSMSあり
楽天モバイルBIGLOBE SIM楽天モバイル
(+120円)
BIGLOBE SIM
(+120円)
3GB900円900円1,020円1,020円
5GB1,450円-1,570円-
6GB-1,450円-1,570円
10GB2,260円-2,380円-
12GB-2,700円-2,820円
なし(0GB)525円-645円-


格安SIMを選ぶ1つの基準となる料金プランで楽天モバイルとBIGLOBE SIMを比較します。まずはデータ通信SIMです。

楽天モバイルとBIGLOBE SIMの料金プランで共通している容量は3GBのみとなっており、料金は900円でどちらも同じです。ですが、後ほど詳しく触れますが楽天モバイルには高速通信と低速通信を切り替える機能があります。

低速に切り替えておけば高速通信容量を消費しないため節約することができます。低速モードを有効活用することで、同じ3GBでもBIGLOBE SIMよりたくさん通信できます。

BIGLOBE SIMは6GBの料金は楽天モバイルの5GBプランと全く同じ1,450円となっており、コストパフォーマンスが高いです。

楽天モバイルの10GBとBIGLOBE SIMの12GBは、ひと月で使える高速通信容量に2GBの違いがある分、料金も楽天モバイルの方が440円安いです。1GB当たりの料金で比較すると、楽天モバイルの10GBが226円でBIGLOBE SIMの12GBが225円とほぼ同じです。

あとは、現在使っている通信量次第でどちらにするか検討してみてください。

BIGLOBE SIMにはない楽天モバイルならではのプランとして、高速通信は全くできないもののひと月525円しかかからないベーシックプランがあります。

ベーシックプランは、最大受信速度が200kbpsに制限される分月額料金が安いのが特徴です。200kbpsでも使えるアプリは意外にありますが、常に低速なのでほとんど通信しない人やWi-Fiでの通信がメインな人にぴったりのプランといっていいでしょう。


音声通話SIM

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
1GB-1,400円
3GB1,600円1,600円
5GB2,150円-
6GB-2,150円
10GB2,960円-
12GB-3,400円
なし(0GB)1,250円-

続いて音声通話SIMです。

BIGLOBE SIMは音声通話SIM限定で高速通信容量が1GBのプランを用意しています。ですが、3GBのプランと200円しか違わないためパケットの残量を気にせず使いたいなら3GBプランの方がおすすめです。

3GBプランは両者とも全く同じ料金ですが、先述の通り楽天モバイルには高速と低速の切り替え機能があるのがポイントとなっています。

楽天モバイルの5GBとBIGLOBE SIMの6GBはデータ通信SIMと同じく全く同じ料金です。やはりBIGLOBE SIMの6GBは安いですね。


2.オプションで比較

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
留守番電話
300円/月

300円/月
キャッチホン
200円/月

200円/月
転送電話
迷惑電話ストップサービス
国際ローミング
国際電話
使い方/設定の電話サポート
スマホサポート(月額500円)
初期設定や使い方に関して電話によるサポートを受けられる(遠隔操作は無し)。

BIGLOBEスマホ遠隔サポート(月額400円)
スマートフォンを遠隔操作しながら使い方などのサポートが受けられる。
プラン変更
20日23時59分までに変更申し込みで翌月適用

月末日までに変更申し込みで翌月適用

次に、楽天モバイルとBIGLOBE SIMをオプションサービスで比較します。

楽天モバイル、BIGLOBE SIMとも留守番電話とキャッチホン、転送電話といった音声通話SIMに必要なオプションは全て利用できます。

また、使い方や設定の電話サポートに関しても両者ともオプションを提供しています。ですが、電話サポートの内容は異なります。

まず、月額料金は楽天モバイルのスマホサポートの方が100円高いです。ですが、サポートの内容は楽天モバイルが電話によるサポートのみなのに対しBIGLOBE SIMのBIGLOBEスマホ遠隔サポートは電話だけでなく専門スタッフが遠隔でスマートフォンを操作しながら使い方をサポートしてくれます。

スマートフォンの操作自体に慣れていない場合、電話口で操作説明されるだけではなかなか疑問や問題を解決できず時間もかかります。そこでBIGLOBE SIMのBIGLOBEスマホ遠隔サポートを利用することで、自分で操作すべきところをスタッフがリモートで接続して操作してくれるので理解が早くなり時間の短縮も期待できます。

格安SIMと端末のセット購入を検討しているもののスマートフォンの使い方が分からず不安なら、BIGLOBE SIMの方がおすすめです。

料金プランの変更は楽天モバイル・BIGLOBE SIMとも無料で行うことができ、翌月1日から適用できます。ただし、翌月から変更後のプランを適用させるための手続き期限が両者で異なります。

楽天モバイルは、当月20日中までにプラン変更の手続きをすれば翌月から新しいプランが適用されます。対して、BIGLOBE SIMは当月末日までに手続きすれば翌月1日から適用されます。

プラン変更は高速通信容量がどの程度余るか、または超過するかという点が基準となります。月末ギリギリでプラン変更できた方がその月に使ったパケット量を見たうえで翌月からのプランを決められるので、当月末日まで
プラン変更手続きが可能なBIGLOBE SIMの方が最適なプランを選びやすいです。


3.最低利用期間・解約金・手数料で比較

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
最低利用期間
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
解約金9,800円8,000円
MNP転出手数料3,000円3,000円
SIM再発行手数料4,000円3,000円

次に、SIM契約後の最低利用期間と解約金、手数料で楽天モバイルとBIGLOBE SIMを比較します。

データ通信SIMについては、楽天モバイル・BIGLOBE SIMとも最低利用期間や解約金は一切ありません。そのためいつ解約しても問題はありません。

音声通話SIMについては、両者とも12ヶ月間の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約した場合の解約金は両者で異なっていて、楽天モバイルが9,800円なのに対しBIGLOBE SIMは8,000円となっています。

最低利用期間内に解約やMNP転出で他社に乗り換える可能性があるなら、解約金が安いBIGLOBE SIMの方がいいでしょう。

MNP転出の際にかかる手数料は、両者とも3,000円で同じです。最低利用期間内に他社にMNP転出する場合、楽天モバイルは12,800円、BIGLOBE SIMは11,000円かかります。

なお、SIMサイズを変更したりSIMを紛失して再発行する場合にかかる手数料は、楽天モバイルが4,000円なのに対しBIGLOBE SIMは3,000円と1,000円安くなっています。


4.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無で比較

楽天モバイルBIGLOBE SIM
×
ライトSプランで最大2枚(合計3枚)、12ギガプランで最大4枚(合計5枚)のSIMを追加してシェアできる

次に、楽天モバイルとBIGLOBE SIMを複数SIMで高速通信容量を共有できるサービスの有無で比較します。

格安SIMの中には、1契約の高速通信容量を複数のSIMで共有できるプランを提供しているものもあります。

1契約を複数のSIMでシェアすることで、1人ずつ契約するよりもトータルの料金を安く抑えられる、高速通信容量を余らせに効率よく使うことができるといったメリットがあります。

楽天モバイルでは、上記のようなシェアプランは提供されていません。

対してBIGLOBE SIMには、ひと月に使える高速通信容量が6GBのライトSプランと12GBの12ギガプランで複数SIMによるシェアが可能です。

シェアできるSIMの枚数はプランにより異なっていて、ライトSプランは最大2枚(全3枚)、12ギガプランは最大4枚のSIM(全5枚)で1つの契約の高速通信容量を共有できます。

SIMを1枚追加するごとに、以下の追加料金がかかります。

データ通信SIM(SMSなし):200円
データ通信SIM(SMSあり):320円
音声通話SIM:900円

追加料金はかかるものの月額料金は安いので、別々に契約するよりはるかに得になります。

家族でまとめて楽天モバイルかBIGLOBE SIMへの乗り換えを検討している場合、各人の利用データ量にもよりますがBIGLOBE SIMの方がトータルで安く抑えられる可能性がかなり高いです。


5.SIMの機能で比較

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
余った高速通信容量を翌月に繰り越し
高速と低速の切り替え
※速度切り替えはできるものの低速時も高速通信容量を消費する
×
低速時の高速通信
(バーストモード)
××
高速通信容量の
追加チャージ料金
100MB:300円100MB:300円

次に、SIMの機能で比較します。

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクには、当月に余った高速通信容量を翌月に繰り越しできる機能がありますが、多くの格安SIMにもこの機能はあります。

楽天モバイルとBIGLOBE SIMにも、翌月繰り越し機能はあります。繰り越したパケットの有効期限は、両者とも翌月末日までとなっているので、翌月中に使い切るようにしましょう。

なお、後ほど触れますが両者ともプランによって3日間で使える高速通信容量に上限があり、この上限を超えると高速通信容量が余っていても最大受信速度が200kbpsに制限されてしまいます。

あまりにも多くのパケットを翌月に繰り越すと、この3日間制限のために使いたくても使えず繰り越し分を使い切れなくなってしまう可能性もある点には注意しましょう。

また、毎月のように高速通信容量が余って翌月に繰り越される場合はプランが現在の利用状況に合っていない可能性が高いです。定期的に利用状況の把握とプランの見直しをおすすめします。

大手キャリアにはない格安SIMならではの機能として、高速通信と低速通信の切り替えがあります。

このメリットは、低速に切り替えておくとひと月に使える高速通信容量を消費しないため節約することができる点です。特に、月額料金が安く容量の少ないプランで効率よく運用する際に活用できます。

高速と低速の切り替え機能はBIGLOBE SIMにはなく、楽天モバイルでは提供されています。楽天モバイルの場合は、高速通信容量の3GBでパケットを節約するのに役立ちます。

ですが、楽天モバイルの高速と低速の切り替えについて1点注意すべき点があります。それは、低速切り替え時に発生した通信も高速通信容量として消費されるということです。

楽天モバイル以外の高速と低速を切り替えることができる格安SIMは、低速に切り替えている間に発生した通信量は高速通信容量としてカウントしません。これは、格安SIMで低速に切り替える大きなメリットとなっています。

例えば、3GBプランのうち2GBを高速で、1GBを低速で通信した場合は高速で通信した2GBのみ消費されるため残容量は1GBになり、節約できたことになります。

対して楽天モバイルの場合は、低速の1GBも高速通信容量としてカウントされるため残容量は0となります。

楽天モバイルは、高速と低速の切り替え機能は利用できるものの低速でもひと月に使える高速データ量を消費してしまうため、低速に切り替えるメリットがほぼありません。注意しましょう。

なお、低速時の最大受信速度は200kbpsに制限されますが、200kbpsでどのような使い方ができるか分からない場合もあるはずです。そこで、こちらのページに200kbpsでも利用できるアプリと実際に利用している様子を記録した動画を掲載しているのでご覧ください。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

なお、楽天モバイルもBILGOBE SIMも高速通信容量を使い切った場合にパケットを追加する機能(追加チャージ)があります。料金は、両者とも100MBを300円で購入できます。


6.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度で比較

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
高速通信時の使い過ぎによる速度制限あり
3日間合計で
3.1GBプラン:540MB
5GBプラン:1GB
10GBプラン:1.7GB
あり
音声通話スタートプラン:直近72時間に200MB以上利用で速度制限。

エントリープラン:直近72時間に600MB以上利用で速度制限。

ライトSプラン・12ギガプラン:なし
低速通信時の使い過ぎによる速度制限なしなし
制限後の通信速度200kbps200kbps
制限される確率確実に制限-

次に、3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と制限後の速度で比較します。

以前より、docomo、au、Softbankの大手3キャリアには、3日間で一定量以上通信した場合速度を制限する(遅くする)というルールがありました。

現在はdocomoはXiのLTE通信に対する速度制限ルールを完全に撤廃し、FOMAの3G通信には直近300万パケット(約366MB)以上利用で速度制限をかけるルールが残っている状況です。

また、auは直近3日間で3GB以上利用、Softbankは1GB以上利用(例外あり)で速度制限がかかります。

格安SIMのほとんども大手キャリアと同じように、直近3日間の使い過ぎによる速度制限を設けていますが、ここで比較している楽天モバイルとBIGLOBE SIMには3日間の使い過ぎによる速度制限で違いがあります。

まず、楽天モバイルは3日間における合計の高速通信量が3.1GBプランで540MB、5GBプランで1GB、10GBプランで1.7GBと、全てのプランで高速通信時に使い過ぎによる速度制限があります。

対して、BIGLOBE SIMは3日間の高速通信量が1GBの音声通話スタートプランで200MB、3GBのエントリープランで600MBを超えると200kbpsに速度制限されますが、6GBのライトSプランと12GBの12ギガプランではどれだけ使っても速度制限されません。

速度制限についてはBIGLOBE SIMの方が緩いため、当月の高速通信容量が余っても翌月に使い切りやすいと言えます。


7.格安スマホセットのラインナップで比較

楽天モバイルBIGLOBE SIM
スマートフォン
・AQUOS SH-RM02(SH-M02)
・AQUOS mini SH-M03
・AQUOS mini SH-M04
・AQUOSケータイ SH-N01
・arrows RM02(arrows M02)
・arrows M03
・ASUS ZenFone 3
・ASUS ZenFone 2
・ASUS ZenFone 2 Laser
・ASUS ZenFone Go
・HUAWEI honor8
・HUAWEI Mate 9
・HUAWEI P9lite
・VAIO Phone Biz
・Xperia J1 Compact
・ZTE BLADE E01

タブレット
・ASUS MediaPad M2 8.0
・ASUS ZenPad 10(ZE300CLN)
・MediaPad M3
・HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE
・HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

モバイル Wi-Fiルーター
・Aterm MR05LN

ノートパソコン
・VAIO S11
スマートフォン
・AQUOS mini SH-M03
・AQUOS SH-M04
・arrows M03
・ASUS ZenFone 3
・ASUS ZenFone 3 Laser
・ASUS ZenFone 3 Max
・HUAWEI P9lite
・LG G2 mini
・Moto G4 Plus
・Moto X Play
・iPhone 6 16GB(メーカー製備品)
・iPhone 6 Plus 16GB(メーカー製備品)

タブレット
・HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

次に、楽天モバイルとBIGLOBE SIMが販売するスマホセットのラインナップで比較します。

スマホセットのラインナップについては、比較表を見ると楽天モバイルの方が選べる機種が多いのは一目瞭然です。また、楽天モバイルはスマートフォンだけでなく多くのタブレットも扱っています。

楽天モバイルが取り扱うタブレットのスペックや他社も含めた比較はこちらに詳しくまとめています。
格安SIMをタブレット付きセットで購入できるMVNO比較とおすすめ

さらに、楽天モバイルは一部機種で楽天モバイル限定モデルも用意しています。

限定モデルでは、通常モデルよりも内部ストレージの容量を減らしてその分端末価格が安く提供されています。

格安SIMとセットで使うスマートフォンではあまりアプリをインストールしたり写真・動画を撮影したりしないなら、楽天モバイルの限定モデルを検討してみるといいでしょう。

楽天モバイルの限定モデルなどは公式サイトで確認できます。
楽天モバイル

BIGLOBE SIMは日本市場で新発売される端末をいち早く取り扱っているものの、楽天モバイルに比べると機種のバリエーションで見劣りします。

格安SIMと端末をセットで購入するなら、楽天モバイルの方が自分に合った端末を見つけられる可能性は高いです。


8.セットで購入した格安スマホ故障時の補償(保証)で比較

 楽天モバイルBIGLOBE SIM
補償サービス名端末補償BIGLOBE端末あんしんサービス
月額料金500円400円
・AQUOS SH-M01


380円
・ZenFone Max
・Moto X Play
・ZenFone Selfie
・ZenPad 8.0
・arrows M02


300円
・LG G2 mini
・AQUOS PHONE SH90B
補償対象端末楽天モバイルが販売する全端末BIGLOBE SIMが販売する全端末
補償期間
サービス加入月の2年後の同月末日まで
契約翌月から24ヶ月または36ヶ月目の月末日
(端末により異なる)


24ヶ月
・ZenFone Max
・Moto X Play
・ZenFone Selfie
・ZenPad 8.0
・arrows M02
・AQUOS SH-M01


36ヶ月
・ZenFone Max
・LG G2 mini
・AQUOS PHONE SH90B
補償回数1年に2回まで回数制限なし。料金は以下を参照
サービス利用時の交換代金1回目:5,000円
2回目:5,000円
1回目:5,000円
2回目:10,000円
3回目:15,000円

4回目以降
・ZenFone Max:27,600円
・Moto X Play:44,160円
・ZenFone Selfie:37,680円
・ZenPad 8.0:29,760円
・arrows M02:33,120円
・AQUOS SH-M01:15,000円
・LG G2 mini:15,000円
・AQUOS PHONE
・SH90B:15,000円

格安スマホをセットで購入しても、補償について理解していないと故障時など万が一の時に不安です。次に、SIMとセットで購入したスマホが故障した際の補償(保証)で比較します。

BIGLOBE SIMのBIGLOBE端末あんしんサービスは、端末によって月額料金や補償を受けられる期間、補償利用時にかかる料金が細かく異なる点には注意が必要です。

BIGLOBE SIMのBIGLOBE端末あんしんサービスのメリットは、3回目まで新しく買いなおすよりは安い料金で補償を利用できる点です。楽天モバイルの端末補償は利用できる回数が最大2回なので、頻繁に端末が故障するならBIGLOBE SIMの方がいいでしょう。

一方、楽天モバイルの端末補償は全ての端末一律で月額料金は500円、補償期間は2年間、補償利用時の料金は1回目・2回目とも5,000円とシンプルで分かりやすいのが特徴です。

また、楽天モバイルは2回目の補償利用時が5,000円でBIGLOBE SIMの10,000円に比べて半額である点もポイントです。

なお、先述の通り楽天モバイルの端末補償は利用できる回数が最大2回とBIGLOBE SIMの3回に比べて少ないので、そこまで端末を落としたり水に濡らして故障することがない人におすすめです。


9.特典・キャンペーンで比較

楽天モバイルBIGLOBE SIM
・ZenFone3とhonor8、arrows M03が最大10,000円割引、HUAWEI P8liteが780円~など大幅に割引されるセール
・新商品のMate 9が最大10,000円割引、SH-M04が3,000円割引、ZenFone 3 Maxが2,000円割引
・楽天モバイルの利用料金支払いに楽天スーパーポイントを使える
・音声通話SIMまたはデータ通信SIMをもう1回線増やすと月額料金が3ヶ月間無料
・60歳以上限定、自宅出張申込が半額の4,150円
・通話SIM契約期間中はずっと楽天ポイントが2倍付与
・音声通話SIMの新規契約で月額料金が半年間割引
・ZenFone 3 Laserが3,000円割引されるクーポン

次に、楽天モバイルとBIGLOBE SIMの特典やキャンペーンで比較します。

楽天モバイルは多彩なキャンペーンが特徴のMVNOで、SIM+スマホセットの購入でケースやSDカードなど付属品がプレゼントされたり楽天スーパーポイントがたまりやすくなるなどユーザーにとってメリットのあるキャンペーンも開催されています。

また、楽天モバイルはSIM+スマホセットでスマホを割引価格で購入できるキャンペーンなどもよく開催しており、現在は最大で約16,900円割引されるキャンペーンが開催中です。

楽天モバイルのスマホセットのセールは、通常は最低利用期間と解約金がある音声通話SIMとのセットでしか適用されない場合がほとんどですが、現在はhonor6 Plusが最低利用期間も解約金もないデータ通信SIMとのセットでも割引価格で購入できます。

楽天モバイルのデータ通信SIMならいつ解約しても解約金はかからないので、購入を検討してみるといいかもしれません。

楽天モバイルの主なキャンペーンはこちらにまとめています。
楽天モバイルのキャンペーン1月「半額セール」詳細と注意点まとめ

また、楽天モバイルの音声通話SIMを契約すると、契約期間中は楽天市場で使える楽天ポイントが通常の2倍もらえます。

楽天市場をよく利用する人で音声通話SIMを検討しているなら、楽天モバイルはおすすめです。

BIGLOBE SIMは、ライトSプランか12ギガプランを新規契約すると月額料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施中です。両プランともひと月に使える高速通信容量が多い分月額料金も高めなので、無料で使えるのはうれしいですね。

なお、月額料金無料キャンペーンは最低利用期間と解約金がある音声通話SIMだけでなく、縛りが一切ないデータ通信SIMでも適用されます。

格安SIMを試してみたいという場合は、BIGLOBE SIMのライトSプランか12ギガプランをデータ通信SIMで契約すればいつでも解約できる状態で利用できるので、このキャンペーンを有効活用することをおすすめします。

さらに、BIGLOBE SIMでは対象機種をSIMとセット購入で新規契約時にかかる事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンも同時に開催しています。

BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細はこちらにまとめています。
BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細と注意点まとめ【1月】


独自の機能・サービスで比較

楽天モバイルとBIGLOBE SIMは、どちらにも独自のサービスや機能が提供されています。

ここでは、独自機能で楽天モバイルとBIGLOBE SIMを比較します。

【楽天モバイル】5分以内の通話ならかけ放題の「5分かけ放題オプション」

楽天モバイルでメリットの大きい独自サービスは「5分かけ放題オプション」です。
rakuten-mobile-kakehoudai1
5分かけ放題オプションは、月額850円で5分以内の通話なら回数制限なく何度でもかけられるという画期的なサービスとなっています。

一般的な格安SIMの通話料金は30秒20円なので、ひと月に22分以上(1日平均1分弱)電話するなら楽天モバイルの5分かけ放題オプションにした方が安くなります。

格安SIMに乗り換えたいものの通話が多くて通話料金の高さがネックになっているなら、楽天モバイルにしておけば間違いないでしょう。

楽天モバイルの5分かけ放題オプションについては、こちらに詳しくまとめています。
楽天モバイル「5分かけ放題オプション」の詳細と注意点まとめ


【BIGLOBE SIM】650円で60分通話できる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」

BIGLOBE SIMの最大の独自機能は、「BIGLOBEでんわ 通話パック60」です。
biglobe-denwa-60

「BIGLOBEでんわ 通話パック60」は、通常であれば60分で1,200円かかる通話料金が半額近くの650円で利用できるパックサービスです。

格安SIMでひと月に1時間程度通話する予定なら、「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を活用すれば安く抑えることができます。

なお、楽天モバイルには先述の通り5分以内なら850円でかけ放題の5分かけ放題オプションがあります。どちらも通話料金が安くなるので悩むところですが、ひと月の通話が1時間以内なら基本料金が650円で楽天モバイルの5分かけ放題オプションよりも200円安いBIGLOBE SIMが、1時間以上通話するなら制限はあるもののかけ放題の楽天モバイルがおすすめです。

格安SIMのかけ放題の比較はこちらを参照してください。
格安SIM MVNOで通話定額(かけ放題)がある11社を比較


10.実効速度(実測の通信速度)で比較

最後に、楽天モバイルとBIGLOBE SIMの実効速度の比較です。

契約した格安SIMが実際にどの程度の通信速度が出るのかというのは、SIMが届いてからでないと分かりません。SIMを契約したのはいいものの、通信速度が遅くて使い物にならなかったということは避けたいです。

そこで、楽天モバイルとBIGLOBE SIMとを含む主要な格安SIM10社とdocomoの計11社でスピードテストを随時実施しています。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【1月10日最新実測】

7月から現時点までの、楽天モバイルとBIGLOBE SIMを含む格安SIM10社のスピードテスト速度推移は以下の通りです。

8時
8時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/241.153.544.25-8.352.61-14.014.90--
7/310.851.264.37-10.383.89-7.961.47--
8/72.078.772.00-10.223.60-13.703.95--
8/197.557.910.21-12.342.87-1.432.79--
8/2710.494.850.19-11.047.48-3.622.88--
9/36.7811.057.09-11.519.51-6.562.97--
9/812.626.9316.72-9.108.4912.513.843.94--
9/1511.087.1110.09-11.4610.5310.062.473.90--
9/248.0816.567.66-12.654.7810.441.771.73--
10/13.7312.762.74-2.762.677.980.691.39--
10/79.7312.667.09-3.256.536.082.611.66--
10/1411.3713.514.84-1.975.661.742.642.03--
10/209.3211.889.67-4.179.726.381.962.39--
10/275.9714.2814.19-5.4610.5913.821.081.65--
11/210.5913.217.68-5.4911.789.722.725.67--
11/1213.3910.696.47-9.665.158.170.771.75--
11/167.015.618.76-9.298.3712.511.434.11--
11/247.737.1411.51-17.238.9722.204.534.70--
12/112.338.617.11-5.417.7711.163.485.8712.47-
12/94.670.651.38-12.131.445.801.001.0114.82-
12/172.376.693.60-14.683.7510.283.061.7922.19-
12/249.999.8510.235.374.776.9320.784.414.679.63-
1/48.867.8810.614.619.0511.3331.379.697.2111.21-
1/1215.907.7813.163.087.2116.3521.196.105.934.84-
1/2510.8714.817.715.938.638.207.485.406.728.94-
2/1513.906.8113.814.615.6914.844.0111.965.5217.64-
3/79.189.879.346.979.3510.3615.019.434.599.55-
3/228.775.444.998.269.977.8321.458.703.084.74-
4/1111.728.464.246.4811.9616.8619.319.317.342.08-
5/910.6311.396.635.668.774.1717.169.283.590.764.65
6/231.174.881.980.8013.521.831.451.341.021.411.69
8/314.687.232.891.6010.472.762.075.621.640.494.87
9/54.9017.046.104.7413.465.6711.902.433.830.727.81
9/1216.8610.672.434.835.522.1213.702.604.981.466.98
10/38.5312.173.712.126.196.568.312.541.490.717.65


12時
12時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/240.190.280.45-13.270.38-2.380.51--
7/310.180.200.58-18.050.61-1.230.68--
8/070.300.380.36-9.250.37-0.460.52--
8/190.370.380.12-6.310.36-0.300.49--
8/270.670.480.43-1.990.42-0.280.41--
9/038.160.470.63-14.350.45-0.490.70--
9/086.200.590.74-10.280.4814.890.380.92--
9/158.940.690.75-10.370.4815.470.330.66--
9/240.482.480.79-10.800.5512.900.250.58--
10/11.260.730.70-1.050.542.640.340.59--
10/75.800.470.69-2.230.691.450.380.53--
10/141.030.670.80-1.560.700.740.260.46--
10/201.850.560.80-2.920.811.370.340.52--
10/272.680.570.75-5.270.723.760.300.44--
11/23.884.140.87-4.730.621.720.350.68--
11/121.260.540.60-6.310.652.600.280.53--
11/160.853.940.83-14.380.746.310.360.61--
11/241.441.280.66-10.390.696.350.510.79--
12/10.750.640.48-20.810.401.460.250.433.64-
12/90.600.220.35-3.140.380.840.340.389.46-
12/170.860.250.41-13.740.430.900.370.2711.71-
12/240.520.750.834.6221.330761.670.490.3513.10-
1/410.853.624.003.7010.034.566.622.311.225.28-
1/120.870.510.662.5016.080.551.340.230.380.96-
1/250.970.770.834.9512.670.801.350.690.581.79-
2/151.440.500.722.478.970.780.850.480.531.35-
3/70.460.450.452.3613.400.531.050.590.724.96-
3/220.890.480.394.4013.130.441.140.530.460.67-
4/110.850.570.403.4611.840.481.440.780.630.45-
5/90.911.870.423.7412.230.421.090.550.420.100.33
6/230.710.560.460.495.730.470.360.210.200.670.20
8/30.540.830.580.6114.810.430.430.370.330.130.09
9/50.781.510.445.115.470.501.970.370.270.090.34
9/120.900.830.530.587.190..711.640.460.320.170.11
10/30.580.690.431.124.100.350.860.380.400.100.19


20時
20時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/241.700.823.57-9.003.33-6.431.58--
7/311.051.072.76-9.602.12-8.501.49--
8/073.600.561.61-5.751.94-7.231.00--
8/195.652.440.19-12.162.15-5.081.00--
8/2714.358.3510.41-10.1810.34-1.151.47--
9/033.403.701.99-7.541.72-5.241.47--
9/083.206.975.80-7.606.7711.726.281.37--
9/151.046.322.80-11.503.0213.551.600.88--
9/2413.1610.194.33-10.303.7211.001.090.75--
10/112.6210.351.56-0.931.917.881.590.88--
10/74.5617.214.89-2.873.447.803.820.98--
10/146.9115.147.88-1.586.295.022.551.10--
10/208.139.0311.41-4.3911.1214.072.031.16--
10/275.764.2011.91-4.2112.6624.261.641.18--
11/27.0411.1110.09-6.2710.167.292.931.49--
11/120.577.941.74-9.121.769.301.250.94--
11/165.466.807.90-10.614.4710.004.232.50--
11/2410.144.4013.12-13.4914.7114.815.581.46--
12/12.179.692.17-7.142.066.515.641.1110.19-
12/90.614.791.40-9.981.432.792.560.9314.71-
12/174.755.703.01-15.642.995.445.681.0316.60-
12/246.576.9710.053.3610.9910.6116.5511.521.9114.62-
1/411.089.6413.002.7710.3211.8116.8511.142.5411.23-
1/128.925.6617.522.2719.8012.2912.985.101.835.80-
1/258.688.6312.927.5411.7810.229.377.802.3910.23-
2/154.592.1510.907.9710.836.932.1213.331.314.57-
3/71.616.502.574.5911.972.948.078.181.977.40-
3/2210.371.466.563.8712.153.7313.809.041.301.73-
4/116.043.563.342.538.583.159.506.691.907.31-
5/91.516.026.235.936.273.799.035.781.020.631.82
6/233.191.083.280.4312.162.781.481.820.581.211.20
8/32.512.062.181.44112.052.0512.631.211.182.60
9/53.424.342.465.688.992.7811.5016.241.211.439.76
9/122.151.471.723.316.924.239.065.101.510.881.65
10/31.801.401.792.414.761.886.953.720.520.444.06


22時
22時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/240.410.494.32-8.855.52-10.351.44--
7/310.311.812.84-11.072.30-9.471.34--
8/070.431.232.43-8.402.79-11.631.15--
8/190.564.460.18-3.473.24-11.051.06--
8/2712.455.8713.89-4.1514.46-9.251.16--
9/0318.354.452.13-12.792.14-7.681.06--
9/081.368.484.88-8.466.0311.837.430.93--
9/150.8813.123.15-14.023.5912.603.250.97--
9/241.138.753.92-7.903.749.571.520.78--
10/14.792.322.34-0.902.365.213.590.98--
10/79.029.638.04-3.816.2611.303.490.99--
10/140.9412.2011.48-1.9310.982.045.220.92--
10/200.7612.5711.57-3.1110.5420.954.011.25--
10/271.3510.1710.76-5.8012.119.922.950.71--
11/21.4410.137.57-5.488.8613.596.461.32--
11/121.877.842.94-4.032.569.242.810.90--
11/167.897.285.87-7.134.198.397.251.37--
11/240.727.0710.20-10.9911.8617.298.101.45--
12/12.457.451.75-7.441.565.334.271.409.19-
12/90.632.301.36-9.131.373.962.940.7716.68-
12/170.521.031.83-14.251.924.396.900.9216.77-
12/2411.338.8113.803.396.339.0228.306.621.959.33-
1/412.407.1313.724.977.8612.1718.657.002.448.12-
1/125.3210.0512.852.108.3913.1227.806.201.486.73-
1/2512.365.5113.485.8012.2413.768.888.631.7113.71-
2/150.864.576.524.807.844.863.319.690.883.80-
3/71.044.442.615.487.232.184.609.271.755.51-
3/2210.022.545.292.318.146.816.477.421.372.52-
4/114.733.153.061.4510.8016.029.0211.141.832.95-
5/91.052.465.736.359.673.698.3810.611.000.691.32
6/230.832.172.030.255.592.071.363.860.431.421.17
8/31.121.771.481.486.301.771.659.960.930.483.31
9/51.693.054.315.523.425.159.2214.641.761.181.92
9/121.841.994.932.327.901.9911.1612.930.971.123.81
10/30.871.393.081.994.813.0210.375.060.990.645.14


ブラウザでWebサイトを見たりLINEやメールの受信、Youtubeの再生、radikoやGoogle Play Musicなどのストリーミング再生などは、ファイルがスマホにダウンロードされることで使うことができます。多くの人が利用している通信を伴うアプリが問題なく動作するためには、ダウンロードの速度がある程度出ている必要があるということです。

そのため、上記の表には下り(ダウンロード)速度を記載しています。

楽天モバイルとBIGLOBE SIMの体感速度はこちらで確認できます。


楽天モバイルについては、1点補足しておくべきことがあります。それは2015年10月5日までに契約した回線と10月6日以降に契約した回線では通信速度が違うことがある点です。

2015年10月6日以降に契約した場合は楽天モバイルの新回線を利用することになりますが、まだ新回線のユーザーが少ないため午前中は十分な速度が出ていました。逆に、10月5日までに契約した場合は旧回線を利用することになりますが、旧回線はユーザーが多いので速度はかなり遅めです。

ですが、2016年4月以降は新回線の速度もかなり落ちており、時間帯によっては旧回線よりも遅いことがあります。

なお、すでに楽天モバイルを契約している人で自分がどちらの回線か分からない場合は、APN情報を確認すれば分かります。旧回線はAPNが「vdm.jp」なのに対し、新回線は「rmobile.jp」となっています。
楽天モバイル: APN情報

これから楽天モバイルを契約する場合でも楽天モバイルの速度は遅いです。また、楽天モバイルの旧回線は少なくとも8月以降12月まで速度は下降の一途をたどり、主要な格安SIMの中で最も遅いSIMでした。

旧回線でどれだけ遅くなっても放置し続けていた楽天モバイルは、新回線でも同じように速度低下しても速度を回復するための回線増強などを速やかに実施しない可能性もあります。

楽天モバイルを検討している場合、この点はリスクとして理解・覚悟しておく必要があります。

楽天モバイルの旧回線の速度についてはユーザーからも不満があがるほどでしたが、楽天モバイルの今後の対応が良い方に変わる可能性もあります。速度については以下のページで随時検証しているので、楽天モバイルの速度の推移が気になる人は確認してみてください。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【1月10日最新実測】

楽天モバイルの補足は以上です。この補足を踏まえて、楽天モバイル(新回線)とBIGLOBE SIMの速度を比較していきます。

スピードテストの結果で比較すると、最近はBIGLOBE SIMの方が楽天モバイルよりも1日を通してしっかりと速度が出ています。

また、楽天モバイルの新回線はブラウザで画像付きのウェブサイトを開く際やYoutubeの再生時など、アプリによっては体感ではスピードテストほどの速度が出ないことがあります。

BIGLOBE SIMは午前中はスピードテストも体感速度も速く、夜間になると速度が落ちることがあるものの全体的には楽天モバイルに比べて速度は出ています。BIGLOBE SIMは楽天モバイルのようなスピードテストほどの速度が体感では出ないということもないため、楽天モバイルよりも快適に通信できることが多いです。

現状では、速度を求めるならBIGLOBE SIMの方がおすすめです。


楽天モバイルとBIGLOBE SIMの強み・弱み

上記の比較で分かる、楽天モバイルとBIGLOBE SIMの強み・弱みは以下の通りです。

楽天モバイルの強み

・5分以内の通話なら回数制限なく月額850円でかけ放題の「5分かけ放題オプション」。
・スマホセットのラインナップが多い。容量が少なく価格が安い独占モデルもあり。
・キャンペーンが豊富。

楽天モバイルの弱み

・複数SIMで高速通信容量を分け合えない。
・高速通信時に制限があるため、余って繰り越した容量を一気に使えない。
・補償の月額料金がBIGLOBE SIMよりも高いものの遠隔サポートは無い。
・ユーザー対応が雑。


BIGLOBE SIMの強み

・大容量プランのコストパフォーマンスが高い。
・1契約を複数のSIMで共有できる。
・スマホの使い方や設定を遠隔で操作しながら聞ける。
・通話料金が割引きされるパックサービス「BIGLOBEでんわ 通話パック60」。

BIGLOBE SIMの弱み

・高速通信と低速通信の切り替えができない。
・小容量プランで使い過ぎによる速度制限がある。
・夜間の速度が遅いことがある。


楽天モバイルはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、楽天モバイルは以下のような人におすすめです。

・格安SIMでもひと月に1時間以上通話したい
・SIMとセットのスマホをたくさんの種類の中から選びたい。
・なるべく安いスマホがいい。
・楽天市場をよく利用する。

楽天モバイルの最大の特徴は、なんといっても「5分かけ放題オプション」です。5分以内の通話なら、回数に制限なく何度電話をかけても850円で済むのは格安SIMでもたくさん通話したい人にとっては大きなメリットです。

なお、BIGLOBE SIMのパックサービスは安くなる対象の通話時間が1時間に限定されているので、ひと月の通話が1時間を超えるなら楽天モバイルの方が安く抑えられる可能性が高いです。

楽天モバイルのその他の特徴として、スマホセットのラインナップが多い点が挙げられます。格安SIMとセットで新しい端末も購入したいという人には、品揃えが豊富な楽天モバイルの方が自分に合った端末を探しやすいです。

また、楽天モバイルは独占モデルとしてストレージ容量を減らして端末代金を下げているものもあります。そのような機種を選ぶことで、端末代金を安く抑えることもできます。

さらに、楽天モバイルのスマホセットは一部の機種が割引されたりポイントが付与されるキャンペーンもよく開催されるので、そのタイミングで契約すると得です。

楽天モバイルは、音声通話SIMなら楽天ポイントが2倍貯まるなど楽天市場で使える楽天ポイントが貯まりやすいのも特徴です。

楽天モバイルは、通信速度は遅いものの通話料金を安く抑えたり端末セットを安く契約でき、また楽天市場で安く買い物できるポイントが貯まるなど割引サービスが充実している格安SIMです。

公式サイト
楽天モバイル

メリット・デメリット・レビューなど
楽天モバイルの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】




BIGLOBE SIMはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、BIGLOBE SIMは以下のような人におすすめです。

・格安SIMでも通話をひと月に1時間程度する予定。
・安い料金で大量に通信したい。
・家族で高速通信容量をシェアしたい。
・スマートフォンの使い方に慣れていない。


BIGLOBE SIMは、60分の通話料金が1,200円から650円に割引される「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を活用することで通話料金を大きく抑えることができるのが大きなメリットです。

楽天モバイルにもかけ放題オプションがあるのとプランによってトータルの料金も違ってくるので判断が難しいところですが、1時間以内の通話予定なら楽天モバイルよりもBIGLOBE SIMの方が月々の料金を抑えることができる可能性が高いです。

また、BIGLOBE SIMはひと月に使える高速通信容量が6GBのライトSプランと12GBの12ギガプランのコストパフォーマンスが高いため、格安SIMでもたくさん通信したい人にもおすすめです。

さらに、BIGLOBE SIMには1契約を複数のSIMで共有できるオプションもあるため、家族でまとめて格安SIMに乗り換える場合にも検討する価値があります。

BIGLOBE SIMには、スマートフォンの使い方を専門スタッフに遠隔で操作しながら説明してもらえる「BIGLOBEスマホ遠隔サポート」もあります。

楽天モバイルにもサポートのオプションはあるものの遠隔でサポートするサービスは含まれていないため、電話だけでは分からない場合にリモートでのサポートを受けられるのはBIGLOBE SIMならではのメリットとなります。

BIGLOBE SIMの注意点としては、たまに夜間に速度が遅くなることがある点ぐらいでしょうか。

速度が気にならなければ、BIGLOBE SIMは通話料金を安く抑えることができたり大容量プランが安いなどコストパフォーマンスが高い格安SIMです。

現在、BIGLOBE SIMはライトSプランと12ギガプランが3ヶ月間無料で利用できるキャンペーンも開催しています。
BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細と注意点まとめ【1月】

格安SIMが初めてでとりあえず試してみたいなら、最低利用期間や解約金が一切ないデータ通信SIMで契約すればノーリスクなのでぜひBIGLOBE SIMを使ってみてください。

公式サイト
BIGLOBE SIM

メリット・デメリット・レビューなど
BIGLOBE SIMの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】

「BIGLOBEスマホ」最大1,000円/月 値引き(6カ月間)


楽天モバイルとBIGLOBE SIMの比較・違いのまとめは以上です。


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る