Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




mineoとLINEモバイルの徹底比較と速度。どっちがおすすめ?【3月】

Posted on 3月 20, 2017

mineolinemobile このページでは、mineo(マイネオ)のドコモプランとLINEモバイル(ラインモバイル)の違いを料金プランや機能、スマホセットのラインナップ、キャンペーンなどに分けて比較し、それぞれのSIMがどのような人におすすめかをまとめています。

mineoとLINEモバイルのどちらかで迷っている場合に参考にしてみてください。

スポンサーリンク



mineo(マイネオ)とLINEモバイル(ラインモバイル)を比較する項目

mineo(マイネオ)のドコモプランLINEモバイルを比較する項目は以下の通りです。

1.料金プラン
2.オプション
3.最低利用期間・解約金
4.かけ放題オプションの有無
5.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無
6.SIMの機能
7.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度
8.スマホセットのラインナップ
9.セットで購入したスマホ故障時の補償(保証)
10.特典・キャンペーン
11.独自の機能やサービス
12.実効速度(実測の通信速度)

比較では、勝っている方を赤字で表示しています。

なお、それぞれのSIMの公式サイトと、メリットやデメリット・レビューなど詳細は以下を参照してください。

mineo公式サイト
mineo

メリット・デメリット・レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【3月】


LINEモバイル公式サイト
LINEモバイル

メリット・デメリット・レビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】


1.料金プランで比較

データ通信専用SIM

 SMSなしSMSあり
mineoLINEモバイルmineo
(+120円)
LINEモバイル
(+120円)
500MB700円-820円-
1GB800円500円920円620円
3GB900円-1,020円【コミュニケーションフリープラン】
1,110円

【LINE MUSIC+プラン】
1,810円
5GB1,580円-1,700円【コミュニケーションフリープラン】
1,640円

【LINE MUSIC+プラン】
2,140円
7GB---【コミュニケーションフリープラン】
2,300円

【LINE MUSIC+プラン】
2,700円
10GB2,520円-2,640円【コミュニケーションフリープラン】
2,640円

【LINE MUSIC+プラン】
2,940円


格安SIMを選ぶ重要な基準となる料金プランでmineoとLINEモバイルを比較します。

mineoのプランは、500MBから10GBまで5つのプランがあります。

LINEモバイルはLINEフリープランコミュニケーションフリープランLINE MUSIC+プランの3種類あります。

LINEフリープランは、LINEの主な機能がほぼ全てが使い放題で、使い放題の中にはLINE通話とLINEのビデオ通話も含まれています。
line-free-plan1
格安SIMを挿したスマホで主に使うのがLINEという人には、LINEフリープランは最適です。

コミュニケーションフリープランは、LINEに加えてTwitter、Facebook、Instagramの主な機能が使い放題です。
communication-free-plan1
コミュニケーションフリープランの月額料金をmineoと比較するとほぼ同じで、5GBはむしろ安いのでコストパフォーマンスは高いですね。

通信のメインがSNSの人は、通信量を気にする必要がなく速度の切り替える手間もかからないLINEモバイルのコミュニケーションフリープランを検討してみるといいでしょう。

コミュニケーションフリープランの特徴や詳細はこちらをご覧ください。
LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの特徴と注意点まとめ

LINE MUSIC+プランは、 LINEとTwitter、Facebook、Instagramに加えてLINEミュージックも聴き放題になるプランです。
line-music-plus-plan1
更に、LINE MUSIC+プランは2017年初夏に使い放題になるサービスが追加される予定です。

mineoは速度切り替えで低速にすることでLINEミュージックが聴き放題になりますが、LINEモバイルのLINE MUSIC+プランならそもそも低速に切り替える必要さえないので手間がかからないのがメリットです。

逆に、LINE MUSIC+プランのネックは月額料金の高さです。

mineoに比べると300円から800円ほど高いので、使い放題の対象がLINEミュージックだけではあまりメリットが見出せません。

低速に切り替える手間が気にならないならmineoを、速度切り替えが面倒で料金が許せる範囲内ならLINE MUSIC+プランがおすすめです。

LINE MUSIC+プランの詳細はこちら。
LINEモバイルのLINE MUSIC+プランのメリットとデメリットまとめ。LINEミュージックが使い放題。

なお、LINEモバイルでSMSなしのデータ通信専用SIMを選べるのはLINEフリープランのみとなっています。

コミュニケーションフリープランとLINE MUSIC+プランはSMSありしか選べない点には注意しましょう。


音声通話付きSIM

 mineoLINEモバイル
500MB1,400円-
1GB1,500円-
3GB1,600円【コミュニケーションフリープラン】
1,690円

【LINE MUSIC+プラン】
2,390円
5GB2,280円【コミュニケーションフリープラン】
2,220円

【LINE MUSIC+プラン】
2,720円
7GB-【コミュニケーションフリープラン】
2,880円

【LINE MUSIC+プラン】
3,280円
10GB3,220円【コミュニケーションフリープラン】
3,220円

【LINE MUSIC+プラン】
3,520円

続いて音声通話SIMです。音声通話SIMに関しては、mineo、LINEモバイルともデータ通信SIMの月額料金に700円追加した料金となっています。

音声通話SIMに関しては、500MBと1GB、3GBはmineoが安いです。

5GBはLINEモバイルのコミュニケーションフリープランが安く、10GBはmineoとLINEモバイルのコミュニケーションフリープランは同じ料金となっています。

LINEモバイルのLINE MUSIC+プランは、データ通信SIMと同じく全体的に割高ですね。


2.オプションで比較

 mineoLINEモバイル
留守番電話
300円/月

300円/月
キャッチホン
200円/月

200円/月
転送電話
迷惑電話ストップサービス
国際ローミング
国際電話
使い方/設定の電話サポート
【スマホ操作アシスト】
月額500円

【訪問サポート】
9,000円~/1回
×
プラン変更
25日までに変更申し込みで翌月適用

月末日の前日までに変更申し込みで翌月適用

次に、mineoとLINEモバイルをオプションサービスで比較します。

音声通話のオプションに関しては、mineoもLINEモバイルもほぼ同じで、留守番電話やキャッチホンといった有料のオプションの月額料金も同じとなっています。

使い方の電話サポートに関しては、LINEモバイルにはないのに対しmineoは月額500円で「スマホ操作アシスト」を提供しています。

mineoのスマホ操作アシストでは、スマートフォンなどの初期設定や使い方を電話で問い合わせることができ、さらにオペレーターが端末に表示されている画面を見ながらサポートしてくれます。
mineo-support5
電話で口頭で現在の状態を伝えるのは難しいですし面倒ですが、直接画面を見ながらアドバイスをもらえるなら手間もかからず気軽に使えますね。

格安SIMにしたいもののスマホの使い方や設定方法がよく分からないという場合、mineoはスマホ操作アシストを利用することで不安を解消できるのは大きなメリットです。ぜひ活用しましょう。


また、mineoにはスマホ操作アシストの他にもmineoユーザーが集まって情報交換をしているmineo公式のコミュニティサイト「マイネ王」があります。
mineo(マイネオ)ファンの集まるサイト - マイネ王
mineo-support6


マイネ王では、格安SIM初心者のユーザーの質問に対してすでにmineoを使っている多くのユーザーから回答やアドバイスがもらえます。マイネ王の質問掲示板を見ると分かりますが、実際にmineoを利用しているユーザーが集まっているので回答も具体的で参考になることが多いです。

マイネ王の利用は無料で、質問など書き込みは会員登録するだけでOKです。会員登録ももちろん無料です。

スマホやタブレット、格安SIMのたいていの使い方や疑問・質問はマイネ王で解決することが多々あるので、mineoなら有料のスマホ操作アシストなしでも無料で安心して利用することができます。


プラン変更時の翌月から適用されるタイミングに関しても、mineoとLINEモバイルで異なります。

mineoは毎月25日までにプラン変更の手続きをすることで翌月から変更後のプランが適用されます。

対して、LINEモバイルは毎月の末日の前日までにプラン変更の手続きをすれば翌月から適用されます。

格安SIMの高速通信量が最終的にどの程度余るかは月末近くになってみないと判断しづらいので、ギリギリまでプラン変更が可能なLINEモバイルの方が使い勝手はいいですね。


3.最低利用期間・解約金・手数料で比較

 mineoLINEモバイル
最低利用期間
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:なし
※利用開始翌月から12ヶ月以内に他社へMNP転出すると11,500円の転出手数料がかかる
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:利用開始日の翌月1日から12ヶ月目の末日まで
解約金0円9,800円
MNP転出手数料
・利用開始月の翌月から12ヶ月以内の転出:11,500円

・13ヶ月目以降:2,000円
3,000円
SIM再発行手数料2,000円3,000円

次に、SIM契約後の最低利用期間と解約金、手数料でmineoとLINEモバイルを比較します。

最低利用期間と解約金に関しては、音声通話SIMでmineoとLINEモバイルの間に大きな違いがあります。

LINEモバイルは利用開始日の翌月1日から12ヶ月目の末日までが最低利用期間で、最低利用期間内に解約すると9,800円の解約金がかかります。

つまり、LINEモバイルの音声通話SIMは1年間の縛りがあるということです。

対して、mineoはデータ通信SIMだけでなく音声通話SIMにも最低利用期間がないため、いつ解約しても解約金は一切かかりません。

他社に乗り換える際に番号が変わっても問題ないのであれば、縛りが一切無く気軽に試すことができるmineoはおすすめです。


番号そのままで他社に乗り換える場合にかかる手数料(MNP転出手数料)についても比較してみます。

mineoは利用開始翌月から12ヶ月以内に他社にMNP転出すると、11,500円のMNP転出手数料がかかります。

13ヶ月目以降は2,000円なので、mineoのMNP転出は実質的に12ヶ月の縛りがあるということです。

LINEモバイルは、いつMNP転出しても3,000円と分かりやすいですが、解約金の9,500円を足すと12,500円とmineoの1年以内のMNP転出手数料よりも高いです。

解約して(番号を変えて)新たに新規で契約する場合だけではなく、今後他社に番号そのままで乗り換える予定がある場合もmineoの方が手数料が安く済む可能性が高いです。


4.かけ放題オプションの有無で比較

 mineoLINEモバイル
サービス名5分かけ放題サービスなし
※2017年初夏に提供開始予定
月額料金850円-
サービス内容
5分以内の通話なら回数に制限なくかけ放題
-

mineoとLINEモバイルを、かけ放題オプションの有無で比較します。

最近は、主要な格安SIMの多くで完全なかけ放題ではないものの決まった時間内の通話なら月額料金だけでかけ放題になるサービスを提供しています。

LINEモバイルは現時点ではかけ放題オプションはありませんが、2017年の初夏に提供が始まる予定です。

なお、LINEモバイルでも楽天でんわなどを活用することで通話料金を安くすることは可能です。

詳しくはこちらにまとめています。
LINEモバイルはかけ放題なし。音声通話料金を安く抑える方法まとめ

他のサービスや機能などを比較してLINEモバイルを選ぶ場合は、かけ放題の提供が始まるまでの繋ぎとして上記の方法を試してみてください。

mineoの「5分かけ放題サービス」は、月額850円で5分以内の通話なら回数に制限なくかけ放題になるという、現在多くの格安SIMで提供されているかけ放題オプションで採用されているサービス内容です。
mineo-flat-rate-calling6
格安SIMでたくさん通話をしたいなら、現時点ではmineo一択ですね。


5.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無で比較

mineoLINEモバイル
×
※当月余って繰り越す高速通信容量を最大5枚のSIMで共有する「パケットシェア」あり
×
※当月に付与された高速通信容量をやり取りできる「データプレゼント」あり

次に、mineoとLINEモバイルの複数SIMで高速通信容量を共有できるサービスの有無で比較します。

格安SIMの中には、1契約で複数のSIMを発行して高速通信容量(パケット)をそのSIM間でシェア(共有)するサービスを提供しているものもあり、家族でパケットをシェアして無駄なく使いたいといった場合に便利です。

ですが、mineoにもLINEモバイルにもシェアプランは今のところありません。

ただ、mineoは他のmineoユーザーにパケットをプレゼントしたり逆にもらうこともできるパケットギフトを活用することで、高速通信容量を増やすことができます。
packetgift-share1
また、mineoには当月余ってくりこした分を翌月に最大5枚のSIMで共有する「パケットシェア」もあります。
packetgift-share3
パケットシェアとパケットギフトについて、詳しくはこちらをご覧ください。
mineoパケットギフトとパケットシェアの違い・期限と使用方法まとめ

ちなみに、mineo公式のサポートサイト「マイネ王」では多くのmineoユーザーが情報交換をしていますが、その中でお互いにパケットギフトを利用してパケットをプレゼントしあったりしています。

mineoを契約したら、マイネ王は積極的に活用していきましょう。

LINEモバイルも、「データプレゼント」を活用してパケットをあげたりもらったりすることで高速通信容量を増やすことができます。
line-mobile-data-present106
LINEモバイルにはmineoのマイネ王のようなコミュニティーサイトはありませんが、LINEを使っているLINEモバイルユーザーならだれとでもパケットを交換できます。

LINEの友だちでLINEモバイルを使っている人がいれば、当月に高速通信容量を借りて翌月に返すといった使い方もできるので、データプレゼントはぜひ活用しましょう。


6.SIMの機能で比較

 mineoLINEモバイル
余った高速通信容量を翌月に繰り越し
高速と低速の切り替え×
低速時の高速通信
(バーストモード)
×
高速通信容量の
追加チャージ料金
100MB:150円500MB:500円
1GB:1,000円
3GB:3,000円

次に、SIMの機能で比較します。

SIMの機能については、mineoが非常に高機能です。

mineoは、余った高速通信容量の翌月繰越高速通信と低速通信の手動切り替え、低速通信時に最初の一定時間は高速で通信する「バーストモード」の3つに対応しています。

低速通信に切り替えるメリットは、速度は最大200kbpsに制限されるものの高速通信容量を消費せず節約できる点です。
mineo-change-speed2
例えば、mineoで3GBプランを契約して3GBを全て高速通信で利用した場合は、高速通信容量の残りは0GBとなりパケットを追加しない限りこれ以上高速で通信することができなくなります。

対して、3GBのうち2GBを高速通信で使い1GBを低速に切り替えて使った場合、消費される高速通信容量は2GBのみで残り1GBは高速で使うことができます。

つまり、低速に切り替えることでよりたくさんの通信ができるということです。

mineoで高速と低速を切り替える方法はこちらをご覧ください。
mineoの低速モードへの速度切り替え方法とバースト転送について

バーストモードは、低速に切り替えた際に通信の初めだけは高速で通信する機能です。
burst-mode1
最初の高速通信でデータを一気にダウンロードできるので、バーストモード対応のmineoは低速時でも体感速度が速くなることが多いです。

なお、200kbpsの低速通信でも利用できるアプリは意外にあります。私が200kbpsで実際に使えることを確認したアプリは以下の通り。

・メール、SMS、LINE
・テキストがメインのウェブページの閲覧
・radiko
・Facebookアプリ(画像の表示に時間がかかる場合あり)
・Googleマップ
・音楽ストリーミング再生(低音質で曲をスキップさせなければOK)

逆に、200kbpsでできないことはこちらです。

・Youtubeなどの動画視聴
・音楽ストリーミング再生中の曲スキップ

低速切り替え時の使いすぎによる速度制限がないmineoの場合、上記のアプリを通信量を一切気にすることなく使うことができます。

ちなみに、Googleマップは200kbpsの速度でナビも普通に利用できます。
mvno-low-speed-comparison20
Googleマップはたくさんの通信が発生するので、mineoのSIMでGoogleマップを使う時は低速で利用して高速通信容量を節約することをおすすめします。

低速通信時でも使えるアプリ一覧と、実際に低速でアプリを使っている様子を記録した動画はこちらをご覧ください。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

この3つの機能全てに対応している格安SIMは意外に少ないので、mineoを使って機能面で不満を持つことはまずないはずです。

LINEモバイルは高速通信容量の翌月繰越には対応しているものの、高速通信と低速通信の切り替えとバーストモードには対応していません。

ですが、mineoで低速に切り替えてできることの中にあるLINE、Twitter、Facebookは、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランを契約することでそもそも低速に切り替える必要なく使い放題となります。
communication-free-plan1
また音楽のストリーミング再生に関しても、LINEミュージックなら高速通信のままLINE MUSIC+プランで使い放題です。
line-music-official-offline-play3.1
高速通信のまま使っても高速通信容量を消費しないLINEモバイルのこの機能は「カウントフリー」と呼ばれていますが、カウントフリー対象のサービスなら高速と低速の切り替えの手間をかけることなく使い放題になるのが最大のメリットです。

料金プランの比較でも触れましたが、高速と低速の切り替えの手間が気にならない、もしくはLINEモバイルのカウントフリー対象に含まれないサービスをたくさん使う場合はmineoがおすすめです。

逆に、LINEモバイルのカウントフリーに含まれるサービスをよく使う人で、高速と低速の切り替えが面倒ならLINEモバイルを選ぶといいでしょう。


高速通信容量の追加は、mineoもLINEモバイルも対応しています。

料金で比較すると、mineoは100MBが150円なのに対しLINEモバイルは500MBを500円で購入できます。

LINEモバイルは100MBあたり100円となり、mineoよりも割安となっています。


7.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度で比較

 mineoLINEモバイル
高速通信時の使い過ぎによる速度制限なしなし
低速通信時の使い過ぎによる速度制限なしなし
制限後の通信速度200kbps200kbps
制限される確率制限する場合がある制限する場合がある

次に、3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と制限後の速度で比較します。

以前より、docomo、au、Softbankの大手3キャリアには、3日間で一定量以上通信した場合速度を制限する(遅くする)というルールがありました。

格安SIMのほとんども大手キャリアと同じように、直近3日間の使い過ぎによる速度制限を設けています。

LINEモバイルは、高速通信時には使い過ぎによる制限はありません。

また、mineoは高速通信時も低速通信時も制限なく使い放題となっています。

高速通信時の使い過ぎによる制限がないことで、例えば前月に余って繰り越した高速通信容量を月初に一気に使い切るといったこともできます。

また、mineoは低速に切り替えた状態でどれだけ大量に通信しても速度が制限されることがないので、音楽のストリーミングなども通信量を気にせず楽しめます。


8.格安スマホセットのラインナップで比較

mineoLINEモバイル
スマートフォン
・arrows M03
・ASUS ZenFone 3
・ASUS ZenFone 3 Laser
・ASUS ZenFone Go
・HUAWEI nova
・HUAWEI P9lite

タブレット
・HUAWEI MediaPad T2 8 Pro

モバイルWi-Fiルーター
・Aterm MR04LN
スマートフォン
・arrows M03
・ASUS ZenFone 3
・HUAWEI nova lite
・HUAWEI P9lite
・ZTE BLADE E01

タブレット
・ASUS ZenPad 7.0

次に、mineoとLINEモバイルが販売するスマホセットのラインナップで比較します。

選べるスマホセットの数や種類で比較するとmineoもLINEモバイルもほぼ同じで、どちらもASUSのZenFone 3やHUAWEI P9lite、arrows M03などの人気機種を取り揃えています。

さらに、LINEモバイルでは価格の割に動作も軽くて人気のHUAWEI nova liteを選べるのがメリットです。
huawei-nova-lite-appearance-review7
スマホの価格はほぼ同じですが、mineoは分割で購入できるのに対しLINEモバイルは一括でしか購入することができない点には注意が必要です。

mineoとLINEモバイルがどちらも取り扱っている端末をSIMとセットで購入する場合は、購入方法(一括で購入するか分割で購入するか)や料金、その他の機能・サービスでどちらにするか選びましょう。


9.セットで購入した格安スマホ故障時の補償(保証)で比較

 mineoLINEモバイル
補償サービス名
1.端末安心サポート(Arerm MR04LN / SI-LA)

2.端末安心保証サービス(ZenFone 3 / ZenFone 3 Laser / arrows M03 / HUAWEI nova / HUAWEI P9 lite / ZenFone Go / HUAWEI MediaPad T2 8 Pro)

3.持込み端末安心保証サービス(mineo以外から持ち込みの端末)
1.端末保証(LINEモバイルのSIMとセットで購入したスマホが対象)

2.持込端末保証(LINEモバイル以外から持ち込みの端末)
月額料金
1.端末安心サポート:370円

2.端末安心保証サービス:370円


3.持込み端末安心保証サービス:500円
1.端末保証:450円

2.持込端末保証:500円
補償対象端末
端末安心サポート・端末安心保証サービス:mineoが販売する全端末

持込み端末安心保証サービス:mineo以外から持ち込みの端末
端末保証:LINEモバイルが販売する全端末

持込端末保証:LINEモバイル以外から持ち込みの端末
補償期間
端末安心サポート:端末安心サポートを解約するまで(期間なし)

端末安心保証サービス:35ヶ月後の末日まで

持込み端末安心保証サービス:端末ごとに異なる
持込み端末安心保証サービス保証可能端末一覧 | mineo(マイネオ)
端末保証:3年間

持込端末保証:持込端末保証を解約するまで(期限なし)
補償回数
端末安心サポート:1年に2回まで

端末安心保証サービス:保証期間内に2回まで

持込み端末安心保証サービス:1年に2回まで
端末保証:1年に2回まで

持込端末保証:1年に2回まで
サービス利用時の交換代金【端末安心サポート/端末安心保証サービス】
1回目:5,000円
2回目:8,000円
3回目以降:実費


【持込み端末安心保証サービス】
修理の場合:上限40,000円まで無料。40,000円を超える分は負担

・交換の場合:1回目4,000円
2回目8,000円
【端末保証】
1回目:5,000円
2回目:8,000円


【持込端末保証】
1回目4,000円
2回目8,000円

格安スマホをセットで購入しても、保証について理解していないと故障時など万が一の時に不安です。

そこで、ここではSIMとセットで購入したスマホが故障した際の補償(保証)で比較します。

mineoの「端末安心サポート」と「端末安心保証サービス」の違いは対象端末で、最近発売された端末が加入できるのは「端末安心保証サービス」となっています。
mineo-warranty1
mineoとLINEモバイルの補償の主な違いは、月額料金と補償回数です。

mineoの「端末安心サポート」と「端末安心保証サービス」は月額370円なのに対し、LINEモバイルの端末保証は450円と割高です。

保証回数については、mineoの端末安心サポートは1年に2回まで利用できますが、端末安心保証サービスは保障期間内(35カ月間)で合計2回しか使えません。

対して、LINEモバイルの端末保証は1年に2回まで、3年で最大6回まで利用できます。

端末が落ちて破損したり水濡れするなどよく故障する人は、月額料金は少し高いものの補償が充実しているLINEモバイルを検討してみるといいでしょう。

なお、mineoは「持込み端末安心保証サービス」に、LINEモバイルは「持込端末保証」に加入することで格安SIMとセットで購入していない端末でも補償を受けられます。

他の格安SIMとのセットで購入した端末や、オンラインショップや家電量販店などで購入した端末で故障が心配なら加入しておきましょう。


10.特典・キャンペーンで比較

mineoLINEモバイル
・月額料金が3ヶ月間800円割引
・マイネ王に登録してeoID連携手続きをすると高速通信容量1GBをプレゼント
・月額料金が最大3ヶ月分無料になる
・LINEモバイルの高速通信容量が3ヶ月間3GB増量される
・MUSIC+利用特典30日間無料チケットプレゼント
・MUSIC+を契約すると抽選で欅坂46ライブチケットプレゼント

次に、mineoとLINEモバイルの特典やキャンペーンで比較します。

mineoは、音声通話SIMを契約すると月額料金が3ヶ月間800円割引されるキャンペーンを開催しています。
mineo-campaign36
音声通話SIMはデータ通信SIMに+700円追加で料金がかかるので、3ヶ月間でも安くなるのはうれしいですね。

また、mineoは公式コミュニティサイト「マイネ王」に登録してeoID連携の手続きをすることで、もれなく高速通信容量が1GBもらえます。

マイネ王の登録・eoIDの連携とも無料で手続きもすぐに終わるので、このキャンペーンはぜひ活用しましょう。

mineoのキャンペーン詳細は以下をご覧ください。
mineo(マイネオ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【3月】

LINEモバイルは現在、月額料金が最大3ヶ月分無料になるキャンペーンを開催しています。
line-mobile-campaign9
このキャンペーンでは、どのプランを選んでも3ヶ月間は無料で使えるのでプランが大きいほど割引額も大きくなります。

例えば、コミュニケーションフリープランの音声通話SIM 10GBを契約した場合、3,220円×3ヶ月=9,660円が割引されることになります。

かなり得ですね。

また、LINEモバイルではコミュニケーションフリープランかLINE MUSIC+プランを契約すると、ひと月に使える高速通信容量が3ヶ月3GB増量されるキャンペーンも開催されています。
line-mobile-campaign5
この増量キャンペーンは3ヶ月無料キャンペーンと併用できるので、0円でたくさん通信することができます。

LINEモバイルのキャンペーン詳細についてはこちらをご覧ください。
LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点総まとめ【3月】

キャンペーンで比較すると、mineoよりもLINEモバイルの方が安く使えるだけでなく高速通信容量が増量されるのでメリットが大きいです。


11.その他独自の機能やサービスで比較

ここでは、これまで比較してきたサービスや機能以外のmineoとLINEモバイル独自の機能やサービスを比較・解説します。


【mineo】ユーザー同士でサポート・情報交換が活発に行われている「マイネ王」

LINEモバイルにはなくて、mineoにあるサービスとして「マイネ王」が挙げられます。

マイネ王はmineo公式のコミュニティサイトで、取り扱われているのはmineoに関する情報だけでなく格安SIM全般やスマートフォンの使い方など幅広いです。

また、mineoを使っていて分からないことがある場合は、マイネ王の「王国教室」で質問すると同じmineoユーザーが親身になって答えてくれます。
王国教室 | マイネ王

mineoのカスタマーサポートで聞くことができる内容はmineoのサービスに関するものが基本ですが、マイネ王ならモバイルに関することなら特に縛りもなく気軽に聞くことができるのは大きなメリットです。

mineoを含めた格安SIMやSIMフリースマホなどに慣れていない人でも、マイネ王を活用して他のmineoユーザーと交流していれば疑問や問題も自然に解決していくので安心です。


【mineo】フリータンクを使うと無料で最大1GBまで高速通信容量を追加できる

mineoならではの機能として、余っている高速通信容量を寄付したりひと月に無料で最大1GBのパケットを引き出すことができるフリータンクがあります。

フリータンクでは、mineoが準備したパケットタンクに余ったパケットを寄付して貯めて、月末にパケットを使い切って低速になった時などに溜まっているパケットを無料で引き出すことができます。
mineo-freetank
通常、パケットを使い切った場合は追加で購入する必要があり、mineoも100MBを150円で購入できます。

それがフリータンクを利用すると、もしパケットを使い切っても最大1GBまでなら無料で引き出して使うことができます。
mineo-freetank19
格安SIMユーザーの中には、パケットが足りなくなってしまうぐらいたくさん通信する人もいれば毎月パケットが余ってる状態の人もいます。

有効期限が切れて消えてしまうパケットを足りない人が利用できるようにしてパケットの無駄をなくすフリータンクは、格安SIMだけでなくキャリアにも前例のないmineo独自のサービスです。

mineoを使い始めたら、フリータンクはぜひ有効活用しましょう。

フリータンクの使い方などはこちらをご覧ください。
mineo「フリータンク」のメリット・繰り越し有無と期限・使い方総まとめ

また、mineoには「チップ」もあります。チップは、マイネ王で役に立つコメントを投稿してくれたユーザーに自分のパケットから10MBをチップとしてプレゼントできる機能です。

マイネ王で解決に役立つコメントをくれたユーザーには、お礼にチップをあげてみましょう。


【LINEモバイル】カウントフリーで指定のサービスが使い放題

ここまでにも何度か触れてきましたが、LINEモバイルの最大の特徴はカウントフリーです。

カウントフリー対象のサービスであれば、高速通信でどれだけ使っても高速通信容量を消費しないためその分節約できることになり、Youtubeなどカウントフリー対象ではないアプリをよりたくさん楽しむことができます。


【LINEモバイル】LINEの年齢確認に対応。ID検索ができる。

一般的な格安SIMは、LINEの年齢確認ができません。

LINEの年齢確認ができないと、LINEのID検索が利用できないのがデメリットです。

そしてこのLINEの年齢確認を突破するには、通常はドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアのSIMを使う必要があります。

もちろん、mineoでもLINEの年齢確認はできません。

対して、LINEモバイルは「利用コード」と呼ばれるものを使うことで格安SIMながら年齢確認が利用でき、ID検索ももちろん利用できます。
line-mobile-age-verification1

LINEモバイルでLINEの年齢確認ができるのは、LINEを提供する会社が運営する格安SIMならではのメリットですね。

LINEモバイルでLINEの年齢確認をする方法はこちらをご覧ください。
LINEモバイルでLINEの年齢確認(認証)とID検索を利用する方法。


【LINEモバイル】支払いにクレジットカードの他にLINE Payカードも使える

mineoは、毎月の料金の支払いに使えるのはクレジットカードのみとなっています。

対して、LINEモバイルは後払いのクレジットカードの他に前払い(プリペイド)のLINE Payカードを使うことができます。
ine-mobile-line-pay-card5
LINE Payカードの最大のメリットは、クレジットカードのような審査が不要でコンビニでもすぐ入手できる点です。

また、クレジットカードは18歳以上でないと契約できませんが、LINE Payカードには年齢制限がないので誰でも利用できます。

更に、LINE Payカードには指定した残高を下回ると口座から自動的に入金される「オートチャージ」という機能もあります。
line-mobile-line-pay-card-auto-charge24

オートチャージを活用することで、LINEモバイルの支払いを実質的に口座振替にもできてかなり便利です。

LINEモバイルの支払いをLINE Payカードで口座振替のようにするための設定方法はこちらをご覧ください。
LINEモバイルをクレジットカードなし LINE Payカードで口座振替する手順まとめ

クレジットカードを持ちたくない人やクレジットカードを作成できない人は、LINEモバイルを検討してみることをおすすめします。


12.実効速度(実測の通信速度)で比較

最後に、mineoとLINEモバイルの実効速度の比較です。

契約した格安SIMが実際にどの程度の通信速度が出るのかというのは、SIMが届いてからでないと分かりません。SIMを契約したのはいいものの、通信速度が遅くて使い物にならなかったということは避けたいです。

そこで、当サイトではmineoとLINEモバイルを含む主要な格安SIM19社とdocomoの計20枚のSIMでスピードテストを随時実施しています。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【3月6日最新実測】

mineoとLINEモバイルを含む格安SIMのスピードテスト速度推移は以下の通りです。

8時
8時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMMモバイルDTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
(D)
LINE
モバイル
mi
neo
(D)
Nif
Mo
nuro
モバイル
OCN モバイル ONEイオンモバイルエキサイトモバイルロケットモバイル楽天
モバイル(新)
楽天
モバイル(新新)
IIJ
mio
(A)
mi
neo
(A)
UQ
mob
ile
1/48.867.8810.614.619.0511.33-31.379.69-7.21---11.21----
1/1215.907.7813.163.087.2116.35-21.196.10-5.93---4.84----
1/2510.8714.817.715.938.638.20-7.485.40-6.72---8.94----
2/1513.906.8113.814.615.6914.84-4.0111.96-5.52---17.64----
3/79.189.879.346.979.3510.36-15.019.43-4.59---9.55----
3/228.775.444.998.269.977.83-21.458.70-3.08---4.74----
4/1111.728.464.246.4811.9616.86-19.319.31-7.34---2.08----
5/910.6311.396.635.668.774.17-17.169.28-3.59---0.764.65---
6/231.174.881.980.8013.521.83-1.451.34-1.02---1.411.69---
8/314.687.232.891.6010.472.76-2.075.62-1.64---0.494.87---
9/54.9017.046.104.7413.465.67-11.902.43-3.83---0.727.81---
9/1216.8610.672.434.835.522.12-13.702.60-4.98---1.466.98---
10/38.5312.173.712.126.196.56-8.312.54-1.49---0.717.65---
11/100.772.130.975.648.410.9713.311.390.558.350.74---0.120.49-0.367.32
12/11.247.253.102.027.952.5522.641.700.978.571.452.652.0210.621.671.657.220.6810.09
12/262.363.067.825.929.067.3418.5521.473.917.676.5016.8111.963.226.126.149.865.946.23
1/101.387.558.522.928.2811.1527.5222.937.113.934.0911.1310.935.85.78.966.93.8812.33
2/61.574.956.618.279.303.7015.526.656.185.064.016.974.776.031.133.405.342.777.25
3/61.675.354.863.187.453.415.898.965.193.512.554.142.973.51.413.734.81.027.5


12時
12時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
(D)
LINE
モバイル
mi
neo
(D)
Nif
Mo
nuro
モバイル
OCN モバイル ONEイオンモバイルエキサイトモバイルロケットモバイル楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)IIJ
mio
(A)
mi
neo
(A)
UQ
mob
ile
1/410.853.624.003.7010.034.56-6.622.31-1.22---5.28----
1/120.870.510.662.5016.080.55-1.340.23-0.38---0.96----
1/250.970.770.834.9512.670.80-1.350.69-0.58---1.79----
2/151.440.500.722.478.970.78-0.850.48-0.53---1.35----
3/70.460.450.452.3613.400.53-1.050.59-0.72---4.96----
3/220.890.480.394.4013.130.44-1.140.53-0.46---0.67----
4/110.850.570.403.4611.840.48-1.440.78-0.63---0.45----
5/90.911.870.423.7412.230.42-1.090.55-0.42---0.100.33---
6/230.710.560.460.495.730.47-0.360.21-0.20---0.670.20---
8/30.540.830.580.6114.810.43-0.430.37-0.33---0.130.09---
9/50.781.510.445.115.470.50-1.970.37-0.27---0.090.34---
9/120.900.830.530.587.190..71-1.640.46-0.32---0.170.11---
10/30.580.690.431.124.100.35-0.860.38-0.40---0.100.19---
11/100.350.340.260.473.620.2717.310.410.160.740.42---0.030.16-0.2212.20
12/10.220.900.280.413.140.2323.850.440.200.560.200.250.220.730.090.129.050.1714.87
12/260.270.660.341.532.180.5312.140.670.230.081.310.360.570.030.080.105.590.199.15
1/100.320.910.230.663.880.485.010.470.250.390.410.280.370.380.090.112.880.26.06
2/60.201.030.290.352.390.283.070.410.330.400.470.340.330.420.070.123.400.635.72
3/60.260.690.290.293.050.2713.750.60.390.350.620.30.260.340.070.072.330.166.08


20時
20時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
(D)
LINE
モバイル
mi
neo
(D)
Nif
Mo
nuro
モバイル
OCN モバイル ONEイオンモバイルエキサイトモバイルロケットモバイル楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)IIJ
mio
(A)
mi
neo
(A)
UQ
mob
ile
1/411.089.6413.002.7710.3211.81-16.8511.14-2.54---11.23----
1/128.925.6617.522.2719.8012.29-12.985.10-1.83---5.80----
1/258.688.6312.927.5411.7810.22-9.377.80-2.39---10.23----
2/154.592.1510.907.9710.836.93-2.1213.33-1.31---4.57----
3/71.616.502.574.5911.972.94-8.078.18-1.97---7.40----
3/2210.371.466.563.8712.153.73-13.809.04-1.30---1.73----
4/116.043.563.342.538.583.15-9.506.69-1.90---7.31----
5/91.516.026.235.936.273.79-9.035.78-1.02---0.631.82---
6/233.191.083.280.4312.162.78-1.481.82-0.58---1.211.20---
8/32.512.062.181.44112.05-2.0512.63-1.21---1.182.60---
9/53.424.342.465.688.992.78-11.5016.24-1.21---1.439.76---
9/122.151.471.723.316.924.23-9.065.10-1.51---0.881.65---
10/31.801.401.792.414.761.88-6.953.72-0.52---0.444.06---
11/100.560.491.021.777.750.9214.801.120.971.040.540.090.380.4812.23
12/10.621.771.461.6110.811.3022.911.371.761.370.751.561.761.191.561.738.590.4314.81
12/261.290.877.485.158.5310.2918.8416.7510.080.527.656.939.280.319.0512.845.912.1010.02
1/101.451.252.194.3510.093.8917.4324.931.920.822.632.45.180.884.219.635.441.418.07
2/61.120.982.501.972.341.657.095.459.921.792.163.701.691.441.255.753.822.4113.97
3/61.070.832.132.815.001.456.783.673.040.761.961.721.330.661.432.373.370.869.42


22時
22時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
(D)
LINE
モバイル
mi
neo
(D)
Nif
Mo
nuro
モバイル
OCN モバイル ONEイオンモバイルエキサイトモバイルロケットモバイル楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)IIJ
mio
(A)
mi
neo
(A)
UQ
mob
ile
1/412.407.1313.724.977.8612.17-18.657.00-2.44---8.12----
1/125.3210.0512.852.108.3913.12-27.806.20-1.48---6.73----
1/2512.365.5113.485.8012.2413.76-8.888.63-1.71---13.71----
2/150.864.576.524.807.844.86-3.319.69-0.88---3.80----
3/71.044.442.615.487.232.18-4.609.27-1.75---5.51----
3/2210.022.545.292.318.146.81-6.477.42-1.37---2.52----
4/114.733.153.061.4510.8016.02-9.0211.14-1.83---2.95----
5/91.052.465.736.359.673.69-8.3810.61-1.00---0.691.32---
6/230.832.172.030.255.592.07-1.363.86-0.43---1.421.17---
8/31.121.771.481.486.301.77-1.659.96-0.93---0.483.31---
9/51.693.054.315.523.425.15-9.2214.64-1.76---1.181.92---
9/121.841.994.932.327.901.99-11.1612.93-0.97---1.123.81---
10/30.871.393.081.994.813.02-10.375.06-0.99---0.645.14---
11/100.600.601.411.417.551.4314.281.692.140.690.51---0.120.60-0.8211.22
12/10.852.272.481.654.352.5118.212.543.791.250.961.832.670.871.671.768.820.4715.74
12/261.321.7311.177.502.1910.3027.2025.0427.440.066.1610.8113.230.0912.3710.094.452.714.48
1/101.391.492.437.151.947.6119.2425.212.51.171.82.394.40.917.0310.186.782.529.14
2/60.861.244.132.751.142.119.5113.5616.491.741.462.591.981.704.609.712.167.467.48
3/61.10.91.511.782.211.497.255.466.41.711.21.691.562.322.662.264.061.094.46


ブラウザでWebサイトを見たりLINEやメールの受信、Youtubeの再生、radikoやGoogle Play Musicなどのストリーミング再生などは、ファイルがスマホにダウンロードされることで使うことができます。

多くの人が利用している通信を伴うアプリが問題なく動作するためには、ダウンロードの速度がある程度出ている必要があるということです。

そのため、上記の表には下り(ダウンロード)速度を記載しています。

mineoとLINEモバイルの体感速度はこちらで確認できます。


mineoのドコモプランは着実に契約者数が増えてきていますが、ここで何も対策しなければユーザーが増えるほど通信速度は遅くなっていきます。

ですが、mineoはユーザーが増えて回線が混み合ってくると回線の増強を速やかに実施することで、平日の昼間以外はしっかりと速度が出ています。

直近では2017年2月に3回の回線増強を実施し、3月も3回実施するので引き続き快適に通信できる可能性が高いです。
mineo-speedup5

mineoは、マイネ王にて回線速度に関する現状や今後の増強予定などもしっかりと公開してくれるため、ユーザーも安心してを利用することができます。


LINEモバイルは2016年9月にスタートしたばかりの格安SIMですが、現時点では全ての時間帯でトップレベルの速度を維持しています。

特に注目すべきは平日の12時台です。mineoは1Mbpsを下回る状況が続く中で、LINEモバイルは常に1Mbps以上を維持し続けていて体感速度も大元のドコモとほぼ変わりません。

今後LINEモバイルの契約者が増えてくると、平日昼間の速度も落ちてきます。実際に2017年2月にLINEモバイルは一時的に速度が落ちました。

ですが、LINEモバイルは低速化した際にすぐに回線の増強を実施し、速度低下も長く続くことなく回復しました。

またLINEモバイルの公式Twitterアカウントによると、今後もひと月に2~3回の回線増強を実施するとのことです。


平日の昼間にそこまでたくさん通信しない人は、mineo・LINEモバイルのどちらでも問題ありません。

逆に平日の12時台にもたくさん通信したい人は、現状はmineoよりもLINEモバイルの方がおすすめです。


mineoとLINEモバイルの強み・弱み

上記の比較で分かる、mineoとLINEモバイルの強み・弱みは以下の通りです。

mineoの強み

・音声通話SIMに最低利用期間や解約金がないので、お試しで通話もできる格安SIMを使ってみるのに最適。
・高速と低速の切り替えができる。
・高速通信時・低速通信時とも使い過ぎによる速度制限がない。
・公式のサポートサイト「マイネ王」を利用することで、同じmineoユーザーからサポートを受けることができたりパケットギフト・フリータンクを利用することができる。

mineoの弱み

・複数SIMで高速通信容量を分け合えない。

LINEモバイルの強み

・LINEやTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICなどがカウントフリーにより高速通信のままで使い放題。
・格安SIMながらLINEの年齢確認とID検索が可能。
・支払いにクレジットカードの他にもLINE Payカードが使える。
・LINE Payカードのオートチャージ機能を使うと実質的に口座振替が可能。
・平日昼間の通信速度が速い。


LINEモバイルの弱み

・高速と低速の速度切り替えができない。
・スマホセットを分割購入できない。


mineoはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、mineoは以下のような人におすすめです。

・格安SIMを試しに使ってみたい。
・格安SIMを初めて契約する。
・格安SIMを使う予定の期間が短い。
・LINE MUSIC以外の音楽アプリをストリーミングで再生したい。

mineoは、データ通信SIMだけでなく音声通話SIMにも最低利用期間と解約金がないのがメリットです。

ほとんどの格安SIMは、音声通話SIMに半年から1年間の最低利用期間を設定していますが、mineoなら短期間で解約しても解約金がかからないため音声通話SIMでも気軽に試すことができます。

試しに格安SIMを使ってみたい人や格安SIMを使う予定の期間が短い人、子供との連絡用など必要なくなったら解約する端末用のSIMにもmineoは最適です。

またmineoには低速通信時の速度制限がないので、低速に切り替えて使えるものの長時間利用するとたくさん通信料が発生する音楽のストリーミング再生も、通信量を気にすることなく楽しむことができます。

LINEミュージックに関してはLINEモバイルも高速で使い放題なので、よく使うのがLINEミュージックであればmineoとLINEモバイルどちらでも問題ありません。

Apple MusicやGoogle Play Musicなど、LINEミュージック以外の音楽ストリーミングアプリをよく使う場合はmineoがおすすめです。

また、先ほども触れたとおり低速通信で問題なく使えるアプリは意外に多く、例えばGoogleマップなども200kbpsでナビまでエラーなく使えるのでmineoの低速切り替えは有効活用しましょう。

なお、mineoを契約したらマイネ王の活用をおすすめします。

マイネ王では、mineoのサポートでは明確な回答が得られなかった場合でも同じmineoのユーザーが答えてくれたり、分からないことがあれば質問すると短時間で解決する場合もあります。

また、mineoの独自機能でほかのmineoユーザーに高速通信容量をプレゼントできるパケットギフトの相手がすぐに見つかったり、フリータンクを利用できるのもマイネ王を使うと得られる大きなメリットです。

このように、マイネ王を活用することでmineoをさらに便利に使えるようになります。

上記の通り、mineoは格安SIMが初めての人はもちろん機能を求める人でも満足して利用できる格安SIMです。

公式サイト
mineo

メリット・デメリット・レビューなど
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【3月】

キャンペーン情報
mineo(マイネオ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【3月】




LINEモバイルはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、LINEモバイルは以下のような人におすすめです。

・LINEやSNSアプリを使いすぎて高速通信容量を使い切り低速に制限されてしまう。
・格安SIMでもLINEのID検索を利用したい。
・格安SIMの支払いにクレジットカードを使いたくない・使えない。
・平日の12時台にたくさん通信する。

LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramなどのアプリが使い放題になるのが最大の特徴の格安SIMです。

今使っているSIMで、これらのアプリを使い過ぎて高速通信容量を使い切ってしまい月末は低速状態で使わないといけないことがよくある人には特におすすめです。

また、LINEモバイルはmineoも含む他の格安SIMでは利用できないLINEのID検索も可能な唯一の格安SIMです。

ID検索したくても格安SIMでできないため乗り換えができなかった人は、LINEモバイルを検討してみるといいでしょう。

更に、LINEモバイルは支払いにクレジットカード以外を使えるのもメリットです。

LINE Payカードのオートチャージ機能を使えば、口座振替のようにあらかじめ指定しておいた口座から自動で支払うことができます。

クレジットカードを持っていない人やクレジットカードで料金を支払いたくない人は、LINEモバイルがおすすめです。

mineoにないLINEモバイルのメリットとして、平日昼間の通信速度の速さも挙げられます。

通信速度は時期によって変動しますが、LINEモバイルは現時点でしっかり速度が出ている点とこれまで速度が落ちてもすぐに回線増強を実施してきた事実があるので、昼休み中に通信をたくさんしたい人はmineoよりもLINEモバイルが適しています。

LINEモバイルはまだスタートしたばかりながら、mineoにはない機能がたくさんある格安SIMです。

上記の条件に当てはまるなら、満足して使える可能性が極めて高いでしょう。

公式サイト
LINEモバイル

メリット・デメリット・レビューなど
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【3月】

キャンペーン情報
LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点総まとめ【3月】




mineoとLINEモバイルの比較・違いのまとめは以上です。参考にしてみてください。


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る