Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




mineoと楽天モバイルの徹底比較・違い・速度まとめ【6月】

Posted on 6月 1, 2016

mineorakuten
このページでは、2015年9月1日にサービスがスタートしたmineo(マイネオ)のドコモプランと楽天モバイルの比較・違いを料金プランや機能、スマホセットのラインナップ、キャンペーンなどに分けてまとめています。

mineoと楽天モバイルのどちらかで迷っている場合に参考にしてみてください。

スポンサーリンク



mineo(マイネオ)と楽天モバイルを比較する項目

mineo(マイネオ)のドコモプラン楽天モバイルを比較する項目は以下の通りです。

1.料金プラン
2.オプション
3.最低利用期間・解約金
4.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無
5.SIMの機能
6.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度
7.スマホセットのラインナップ
8.セットで購入したスマホ故障時の補償(保証)
9.特典・キャンペーン
10.実効速度(実測の通信速度)

比較では、勝っている方を赤字で表示しています。

なお、それぞれのSIMのメリットやデメリット、レビューなど詳細は以下を参照してください。

mineo公式サイト
mineo

メリット・デメリット・レビュー
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】

mineoのドコモプランとauプランの比較
mineo au回線とdocomo回線の比較・速度実測 【11月17日】




楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル

メリット・デメリット・レビュー
楽天モバイルの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】




1.料金プランで比較

データ通信専用SIM

 SMSなしSMSあり
mineo楽天モバイルmineo
(+120円)
楽天モバイル
(+120円)
500MB700円-820円-
1GB800円-920円-
3GB900円900円
(3.1GB)
1,020円1,020円
(3.1GB)
5GB1,580円1,450円1,700円1,570円
10GB2,520円2,260円2,640円2,380円
なし(0GB)-525円-645円


格安SIMを選ぶ1つの基準となる料金プランでmineoと楽天モバイルを比較します。

それぞれのプランの特徴として、mineoは500MB、1GBという少なめの容量のプランが準備されているのに対し、楽天モバイルは最高速度が200kbpsで高速通信容量がない代わりに使い放題のプランも525円で提供しています。

詳しくは後ほど触れますが、最大受信速度が200kbpsでも使えるアプリは意外に多いです。楽天モバイルの低料金の低速通信プランは高速通信容量が全くないので常に最速でも200kbpsですが、低速で割り切れるならSMSなしデータ通信SIMで525円と毎月の料金をかなり抑えることができます。

mineoに関しては、10GBプランが2016年1月21日に追加されたことで通信をたくさんする人にとっても選択肢の1つとして検討する価値のある格安SIMとなりました。月額料金の安さで見ると、ひと月の通信量が500MB~3GBの人にmineoは最適です。

なお、mineoは2枚以上契約すると各回線の月額料金が50円ずつ割引されます。複数回線契約すると、3GBが850円と業界最安レベルになります。家族で格安SIMへの乗り換えを検討しているなら、割引がきくmineoの方がお得です。


音声通話SIM

 mineo楽天モバイル
500MB1,400円-
1GB1,500円-
3GB1,600円1,600円(3.1GB)
5GB2,280円2,150円
10GB3,220円2,960円
なし(0GB)-1,250円

続いて音声通話SIMです。音声通話SIMの料金はmineo、楽天モバイルともデータ通信SIMの月額料金に+700円で設定されているので、価格差はデータ通信SIMと全く同じです。

なお、主要な格安SIMの高速通信容量毎の最安比較はこちらを参照してください。
最安(一番安い)格安SIM一覧【音声通話/データ/容量別】


2.オプションで比較

 mineo楽天モバイル
留守番電話
300円/月

300円/月
キャッチホン
200円/月

200円/月
転送電話
迷惑電話ストップサービス
国際ローミング
国際電話
使い方/設定の電話サポート×
スマホサポート(月額500円)
初期設定や使い方に関して電話によるサポートを受けられる(遠隔操作は無し)。
プラン変更
25日までに変更申し込みで翌月適用

20日23時59分までに変更申し込みで翌月適用

次に、mineoと楽天モバイルをオプションサービスで比較します。

mineo、楽天モバイルとも留守番電話やキャッチホン、転送電話といった通話に関するオプションはすべて揃っています。また、迷惑電話ストップサービス、国際ローミング、国際電話の機能も利用できます。

mineoと楽天モバイルで異なるのは、使い方や設定の電話サポートの有無とプラン変更時の翌月から適用されるタイミングです。

まず使い方の電話サポートは、楽天モバイルのみが提供しているサービスです。サービス名は「スマホサポート」で月額料金500円で利用できます。

スマホサポートは、楽天モバイルで購入したスマートフォンの初期設定や使い方を電話で問い合わせることができます。具体的には、スマートフォンの使い方、初期設定や活用法などの相談、アプリの登録や使い方、パソコンや周辺機器の接続設定、自宅のWi-Fi接続設定方法などをオペレーターから教えてもらえます。

スマホサポートにかかる通話料は無料で受付時間は9時~18時、年中無休で受付中です。スマホサポートの申し込みは楽天モバイル新規契約時だけでなく、すでに楽天モバイルを利用している場合でもメンバーズステーションから申し込むことができます。

格安SIMにしたいもののスマホの使い方がよく分からないという場合、楽天モバイルならスマホサポートを利用することで不安を解消できるのは大きなメリットです。

mineoは、楽天モバイルのスマホサポートのようなサービスは提供されていませんが、mineoにはmineoユーザーが集まって情報交換をしているmineo公式の「マイネ王」というサイトがあります。
mineo(マイネオ)ファンの集まるサイト - マイネ王

マイネ王では、格安SIM初心者のユーザーの質問に対して多くの先輩mineoユーザーからの回答やアドバイスがもらえます。マイネ王の質問掲示板を見ると分かりますが、実際にmineoを利用しているユーザーが集まっているので回答も具体的で参考になることが多いです。

マイネ王の利用は無料で、質問など書き込みは会員登録するだけでOKです。会員登録ももちろん無料です。mineo公式の有料サポートはありませんが、たいていの使い方や疑問・質問はマイネ王で解決することが多々あるのでmineoも安心して利用することができます。

プラン変更の翌月適用については、楽天モバイルが毎月20日までに変更の手続きをする必要があるのに対しmineoは25日までに変更の手続きをすればOKです。プラン変更は、月末に近い方が当月のパケットの余り具合などから最適なプランを選びやすいため、mineoの方が使い勝手はいいですね。


3.最低利用期間・解約金・手数料で比較

 mineo楽天モバイル
最低利用期間
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:なし
※利用開始翌月から12ヶ月以内に他社へMNP転出すると11,500円の転出手数料がかかる
・データ通信専用SIM:なし

・音声通話SIM:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
解約金0円9,800円
MNP転出手数料・利用開始月の翌月から12ヶ月以内の転出:11,500円

13ヶ月目以降:2,000円
3,000円
SIM再発行手数料2,000円4,000円

次に、SIM契約後の最低利用期間と解約金、手数料でmineoと楽天モバイルを比較します。

データ通信SIMについては、mineo、楽天モバイルとも最低利用期間はありません。データ通信SIMなら、どちらも解約金などを気にせず気軽に試すことができます。

音声通話SIMについては、楽天モバイルが利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目までが最低利用期間で、期間内に解約した場合9,800円の解約金がかかるのに対し、mineoは最低利用期間、解約金とも一切かかりません。

mineoの場合、12ヶ月以内に他社に番号そのままでMNP転出すると11,500円の転出手数料がかかる点には注意が必要ですが、純粋な解約の場合解約金がかからない格安SIMはほとんどないため大きなメリットとなります。

試しに音声通話機能つきの格安SIMを使いたい場合や、子どもや年配の方など今後解約して番号が変わっても問題ない場合は、縛りが一切ないmineoがおすすめです。

SIMを紛失したり破損した場合には、mineo・楽天モバイルともSIMの再発行が可能ですが、SIMの再発行手数料は楽天モバイルが4,000円と割高に設定されているのに対し、mineoは半額の2,000円となっています。


4.高速通信容量を複数SIMで共有できるサービスの有無で比較

mineo楽天モバイル
×
※当月余って繰り越す高速通信容量を最大5枚のSIMで共有する「パケットシェア」あり
×

次に、mineoと楽天モバイルを複数SIMで高速通信容量を共有できるサービスの有無で比較します。

格安SIMの中には、1契約で複数のSIMを発行して高速通信容量(パケット)をそのSIM間でシェア(共有)するサービスを提供しているものもあります。家族でパケットをシェアして無駄なく使いたいといった場合に便利です。

mineoと楽天モバイルは、両者とも複数のSIMでパケットをシェアする機能はありません。ですが、mineoの場合当月余って繰り越したパケットを最大5枚のSIMで共有する「パケットシェア」という機能があります。

mineoのパケットシェアは、シェアできる範囲が繰り越した分のみのため純粋なシェアとは言えませんが、パケットが余っても無駄にならず有効活用できるのはメリットです。

また、mineoにはパケットシェアだけでなく「パケットギフト」という機能もあります。パケットギフトはパケットシェアのように当月に余った分のみをシェアするのではなく、現時点のパケットの残量から任意の容量をmineoユーザーなら誰にでもプレゼントできる機能です。

周りにmineoユーザーがいない場合は、mineoユーザーが集まって情報交換で盛り上がっているmineo運営のサイト「マイネ王」を有効活用しましょう。

マイネ王では、mineoユーザー同士でパケットギフト機能を使ってパケットの交換も行われています。パケットが足りなくなりそうな場合は、前もってマイネ王をこまめにチェックしておくとパケットギフトで他のmineoユーザーの余ったパケットをもらえる場合もあります。

さらに、後ほど詳しく触れますがmineoは2015年12月17日より新サービス「フリータンク」の提供を開始しました。フリータンクは、余ったパケットを寄付したり寄付で貯まったパケットをひと月に最大1GBまで無料で引き出して追加できる画期的なサービスです。

フリータンクは、本来なら期限が切れたら捨てるしかない余ったパケットを有効活用できる有意義なサービスです。mineoを使い始めたら、フリータンクをぜひ有効活用しましょう。


5.SIMの機能で比較

 mineo楽天モバイル
余った高速通信容量を翌月に繰り越し
高速と低速の切り替え
※速度切り替えはできるものの低速時も高速通信容量を消費する
低速時の高速通信(バーストモード)×
高速通信容量の
追加チャージ料金
100MB:150円100MB:300円

次に、SIMの機能で比較します。

mineo・楽天モバイルとも、余った高速通信容量(パケット)の翌月繰り越し、高速と低速の切り替えに対応しています。

ですが、楽天モバイルの高速と低速の切り替えについて1点注意すべき点があります。それは、低速切り替え時に発生した通信も高速通信容量として消費されるということです。

楽天モバイル以外の高速と低速を切り替えることができる格安SIMは、低速に切り替えている間に発生した通信量は高速通信容量としてカウントしません。これは、格安SIMで低速に切り替える大きなメリットとなっています。

例えば、3GBプランのうち2GBを高速で、1GBを低速で通信した場合は高速で通信した2GBのみ消費されるため残容量は1GBになり、節約できたことになります。

対して楽天モバイルの場合は、低速の1GBも高速通信容量としてカウントされるため残容量は0となります。これは大きなデメリットです。

楽天モバイルは、高速と低速の切り替え機能は利用できるものの低速でもひと月に使える高速データ量を消費してしまうため、低速に切り替えるメリットがほぼありません。注意しましょう。

格安SIMの中には、低速時でも通信開始から一定時間はLTEによる高速通信を行う「バーストモード」があるものもありますが、バーストモードはmineoのみで利用できます。

バーストモードがあると、低速通信時でも初めに一気にデータのダウンロードが行われるためブラウザの画像やテキスト表示の際に体感速度が速くなるというメリットがあります。mineoも楽天モバイルも高速と低速の切り替えは可能ですが、低速通信をよく使う予定ならバーストモードがあるmineoがおすすめです。

なお、最大受信速度が200kbpsだとかなり遅いという印象があるかもしれませんが、200kbpsでもできることは意外にあります。

当サイトで確認した限りでは、以下のアプリは200kbpsの速度でも問題なく利用できました。

・メール、SMS、LINE
・テキストがメインのウェブページの閲覧
・radiko
・Facebookアプリ(画像の表示に時間がかかる場合あり)
・Googleマップ
・音楽ストリーミング再生(低音質で曲をスキップさせなければOK)

逆に、Youtubeなどの動画視聴と音楽ストリーミング再生中の曲スキップは200kbpsの速度では利用できませんでした。

TwitterなどのSNSアプリやLINEなどのテキストメインのアプリでは、低速でもほぼ問題なく利用できます。Facebookは画像の表示に若干時間がかかることがあるものの、ストレスを感じるほどではありません。

Googleマップに関しては、目的地の検索から周辺の地図情報のダウンロード・表示だけでなくナビも200kbpsの速度で利用できます。ナビに関しては、車で時速60kmで走行して試してみましたが、特に遅延などもなく使えています。

200kbpsの低速通信に切り替えて実際にアプリを使ってみた様子を動画に記録し、検証した結果はこちらを参照してください。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】

上記アプリをよく使うなら、バーストモードもあるmineoの方が快適に通信することができます。

mineo・楽天モバイルとも、高速通信容量が足りなくなったときに追加で容量を買い足す機能(チャージ)がありますが、チャージ料金は異なります。mineoは100MB150円で追加購入できるのに対し楽天モバイルは100MB300円とmineoの倍の料金設定となっています。

月によってパケット量にかなり差があり追加で購入する可能性がある場合は、楽天モバイルよりもmineoの方が安く追加することができるのでおすすめです。


6.3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と速度で比較

 mineo楽天モバイル
高速通信時の使い過ぎによる速度制限なしあり
3日間合計で
3.1GBプラン:540MB
5GBプラン:1GB
10GBプラン:1.7GB
低速通信時の使い過ぎによる速度制限なしなし
制限後の通信速度200kbps200kbps
制限される確率制限する場合がある確実に制限

次に、3日間の使い過ぎによる速度制限の条件と制限後の速度で比較します。

以前より、docomo、au、Softbankの大手3キャリアには、3日間で一定量以上通信した場合速度を制限する(遅くする)というルールがありました。

現在はdocomoはXiのLTE通信に対する速度制限ルールを完全に撤廃し、FOMAの3G通信には直近300万パケット(約366MB)以上利用で速度制限をかけるルールが残っている状況です。

また、auは直近3日間で3GB以上利用、Softbankは1GB以上利用(例外あり)で速度制限がかかります。

格安SIMのほとんども大手キャリアと同じように、直近3日間の使い過ぎによる速度制限を設けていますが、ここで比較しているmineoと楽天モバイルには3日間の使い過ぎによる速度制限で違いがあります。

楽天モバイルは、プランによって使い過ぎによる制限が別々に設定されています。3日間で3.1GBプランが540MB、5GBプランが1GB、10GBプランが1.7GB以上LTEによる高速通信すると最大受信速度が200kbpsに制限されます。

楽天モバイルは当月に余った高速通信容量を翌月に繰り越すことができますが、上記の通り高速通信時に3日間の使い過ぎによる制限があるため大量に繰り越しても使い切れない可能性がある点には注意が必要です。

また、楽天モバイルで低速に切り替えている時に発生した通信も制限の対象としてカウントされる点にも注意しましょう。

対して、mineoは高速通信時に使い過ぎによる速度制限はありません。前月に高速通信量が大量に余ったとしても、翌月1日に一気に使い切ってしまうことももちろん可能です。このように、高速通信においてはmineoの方が使い勝手は良いです。

格安SIMの中には、3日間の使い過ぎによる速度制限が高速通信時にはないものの低速通信時にはあるというものもありますが、mineoも楽天モバイルも低速時はどれだけ使っても速度の制限はされません。

低速通信時に使い過ぎによる速度制限がないのは実は大きなメリットで、mineoも楽天モバイルも低速に切り替えていれば、先述した低速時でも使えるアプリを通信量を気にせず使えることになります。特に多くの通信量が必要な、通信しっぱなしの音楽やラジオのストリーミング再生が使い放題になるのはうれしいですね。
格安SIMで低速が使い放題のMVNOを比較【動画あり】


7.格安スマホセットのラインナップで比較

mineo楽天モバイル
スマートフォン
・arrows M02

モバイルWi-Fiルーター
・Aterm MR04LN
スマートフォン
・Acer Liquid Z330
・AQUOS SH-RM02(SH-M02)
・ARROWS M01
・arrows RM02(arrows M02)
・ASUS ZenFone 2
・ASUS ZenFone 2 Laser
・ASUS ZenFone 5
・ASUS ZenFone Selfie
・honor6 Plus
・HTC Desire 626
・HUAWEI P8lite
・HUAWEI Mate S
・Xperia J1 Compact

タブレット
・ASUS ZenPad 8.0
・ASUS ZenPad 10
・LaVie Tab S
・MeMo Pad 7
・YOGA Tablet 2

モバイル Wi-Fiルーター
・Aterm MR04LN RB(Aterm MR04LN)

次に、mineoと楽天モバイルが販売するスマホセットのラインナップで比較します。

両者のラインナップを比較すると、楽天モバイルがmineoを圧倒していることが分かります。楽天モバイルは、国内メーカーだけでなく海外メーカーの新商品も積極的にSIMとセットで購入できるようラインナップに加えているため、主要なSIMフリースマホは最新のものも含めてほぼ網羅しているといっていいほどの充実ぶりです。

また楽天モバイルは、ZenFone 2やZenFone 2 LaserではRAMやストレージの容量のスペックを落とした分価格が抑えられた独自モデルや、arrows M02では楽天モバイル限定カラーであるゴールドを加えるなど他社にはないモデルを独占で販売しています。

mineoのドコモプランは9月にスタートしたばかりのため、現時点では格安スマホセットはarrows M02のみとなっています。mineoのarrows M02には、mineo限定のピンクカラーが用意されています。

なおarrows M02は多機能で使い勝手も良い、コストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホです。詳しくは以下をご覧ください。
arrows M02(RM02)購入レビュー/MVNOセット価格比較/最安値まとめ

格安SIMと一緒にスマホも購入したい場合は、楽天モバイルの方が選択肢が多いため自分に合った端末を選ぶことができますね。


8.セットで購入した格安スマホ故障時の補償(保証)で比較

 mineo楽天モバイル
補償サービス名端末安心サポート端末補償・スマホサポートパック
月額料金399円(税込)525円(税込)
補償対象端末mineoが販売する全端末楽天モバイルが販売する全端末
補償期間端末安心サポートを解約するまで(期間なし)
サービス加入月の2年後の同月末日まで
補償回数1回目を修理申込起算日とし、1年に2回まで補償1年に2回まで
サービス利用時の交換代金1回目:5,000円
2回目:8,000円
3回目以降:実費
1回目:5,000円
2回目:5,000円

格安スマホをセットで購入しても、補償について理解していないと故障時など万が一の時に不安です。次に、SIMとセットで購入したスマホが故障した際の補償(保証)で比較します。

mineoは、月額料金は399円(税込)の「端末安心サポート」というサービス名で補償サービスを提供しています。

対して、楽天モバイルは以前「端末補償・スマホサポートパック」という名称で補償サービスを提供しており、月額料金は918円(税込)とmineoに比べるとかなり割高でした。端末補償・スマホサポートパックの月額料金が高いのは、前述した月額500円のスマホサポートパックが含まれていたためです。

ですが、楽天モバイルは先日端末補償とスマホサポートを切り離したため、別々に契約できるようになりました。

楽天モバイルの端末補償の月額料金は540円と高めではあるものの、以前のパック料金に比べれば十分安いですね。

補償対象の端末は、mineo・楽天モバイルとも販売する全端末となります。補償期間については、mineoが端末安心サポートを解約するまでなのに対し楽天モバイルはサービス加入月の2年後の同月末日までと期限が決まっています。

1つの端末を長く使うなら、補償サービスを解約しない限り利用できるmineoの方が安心です。

補償回数については、両者とも1年に2回まで利用できます。補償利用時の料金はmineoが1回目5,000円で2回目が8,000円なのに対し、楽天モバイルは1回目・2回目とも5,000円で2回目がmineoに比べると割安です。


9.特典・キャンペーンで比較

mineo楽天モバイル
・mineoをすでに利用中の場合、端末購入やSIM交換するとAmazonギフト券2,000円分をプレゼント
・マイネ王に登録してeoID連携手続きをすると高速通信容量1GBをプレゼント
・ZenFone3とhonor8、arrows M03が最大10,000円割引、HUAWEI P8liteが780円~など大幅に割引されるセール
・新商品のMate 9が最大10,000円割引、SH-M04が3,000円割引、ZenFone 3 Maxが2,000円割引
・楽天モバイルの利用料金支払いに楽天スーパーポイントを使える
・音声通話SIMまたはデータ通信SIMをもう1回線増やすと月額料金が3ヶ月間無料
・60歳以上限定、自宅出張申込が半額の4,150円
・通話SIM契約期間中はずっと楽天ポイントが2倍付与

次に、mineoと楽天モバイルの特典やキャンペーンで比較します。

mineoは、音声通話SIMを契約すると月額料金が3ヶ月間800円割引されるキャンペーンを開催しています。

音声通話SIMはデータ通信SIMに+700円追加で料金がかかるので、3ヶ月間でも安くなるのはうれしいですね。

また、mineoは公式コミュニティサイト「マイネ王」に登録してeoID連携の手続きをすることで、もれなく高速通信容量が1GBもらえます。

マイネ王の登録・eoIDの連携とも無料で手続きもすぐに終わるので、このキャンペーンはぜひ活用しましょう。

mineoのキャンペーン詳細は以下をご覧ください。
mineo(マイネオ)のキャンペーンまとめ

また、先述の通りmineoは2015年12月17日より全国のmineoユーザーでパケット(高速通信容量)を貯めたり足りない時には引き出すことができる新サービス「フリータンク」の提供を開始しました。

フリータンクは、mineoが準備したパケットタンクに余ったパケットを寄付して貯めて、月末にパケットを使い切って低速になった時などに貯まっているパケットを無料で引き出すことができる画期的なサービスです。

通常、パケットを使い切った場合は追加で購入する必要があり、mineoも100MBを150円で購入できるオプションを準備しています。それがフリータンクを利用すると、もしパケットを使い切っても最大1GBまでなら無料で引き出して使うことができます。

フリータンクは、余ったパケットを無駄にせず有効活用できるmineo独自のサービスです。mineoを使い始めたらぜひ利用してみてください。
mineoの新サービス「フリータンク」の詳細と使い方まとめ。

楽天モバイルは多彩なキャンペーンが特徴のMVNOで、SIM+スマホセットの購入でケースやSDカードなど付属品がプレゼントされたり楽天スーパーポイントがたまりやすくなるなどユーザーにとってメリットのあるキャンペーンも開催されています。

また、楽天モバイルはSIM+スマホセットでスマホを割引価格で購入できるキャンペーンなどもよく開催しており、現在は最大で約16,900円割引されるキャンペーンが開催中です。

楽天モバイルのスマホセットのセールは、通常は最低利用期間と解約金がある音声通話SIMとのセットでしか適用されない場合がほとんどですが、現在はhonor6 Plusが最低利用期間も解約金もないデータ通信SIMとのセットでも割引価格で購入できます。

楽天モバイルのデータ通信SIMならいつ解約しても解約金はかからないので、購入を検討してみるといいかもしれません。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細と注意点はこちらを参照してください。
楽天モバイルのキャンペーン1月「半額セール」詳細と注意点まとめ

なお、mineoにはない楽天モバイルのサービスに「5分かけ放題オプション」があります。5分かけ放題オプションは、サービス名の通り月額850円で5分以内の通話なら回数に制限なく電話がかけ放題のサービスです。
rakuten-mobile-kakehoudai1
格安SIMの大きなデメリットの1つに通話料金の高さがありますが、楽天モバイルは1回の通話を5分以内に済ませることで850円の定額で通話できるため通話料金を大幅に下げることが可能です。

なお、mineoも2016年6月1日より「通話定額30」「通話定額60」の提供を開始しましたが、月額料金が高めなのでメリットはあまりありません。

詳しくはこちらにまとめています。
mineoのかけ放題「通話定額30」「通話定額60」の詳細・注意点と通話料金をさらに安く(半額に)する方法まとめ。

格安SIMでも電話をたくさんかけたい人は、mineoよりも通話料金を安く抑えられる楽天モバイルがおすすめです。5分かけ放題オプションの詳細や使い方はこちらをご覧ください。
楽天モバイル「5分かけ放題オプション」の詳細と注意点まとめ

また、格安SIMのかけ放題の比較はこちらにまとめています。
格安SIM MVNOで通話定額(かけ放題)がある11社を比較

上記の通り、特典やキャンペーンにおいてはmineoは基本料金の割引やパケットの増量など直接的なメリットが、楽天モバイルには通話料金を安くできる、楽天ポイントが貯まるため楽天市場ユーザーにとってメリットが多い、端末を安く購入できるといった特徴があります。


10.実効速度(実測の通信速度)で比較

最後にmineoと楽天モバイルの実効速度の比較です。

契約した格安SIMが実際にどの程度の通信速度が出るのかというのは、SIMが届いてからでないと分かりません。SIMを契約したのはいいものの、通信速度が遅くて使い物にならなかったということは避けたいです。

そこで、mineoと楽天モバイルとを含む主要な格安SIM10社とdocomoの計11社でスピードテストを随時実施しています。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【1月10日最新実測】

7月から現時点までの、mineoと楽天モバイルを含む格安SIM10社のスピードテスト速度推移は以下の通りです。

8時
8時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/241.153.544.25-8.352.61-14.014.90--
7/310.851.264.37-10.383.89-7.961.47--
8/72.078.772.00-10.223.60-13.703.95--
8/197.557.910.21-12.342.87-1.432.79--
8/2710.494.850.19-11.047.48-3.622.88--
9/36.7811.057.09-11.519.51-6.562.97--
9/812.626.9316.72-9.108.4912.513.843.94--
9/1511.087.1110.09-11.4610.5310.062.473.90--
9/248.0816.567.66-12.654.7810.441.771.73--
10/13.7312.762.74-2.762.677.980.691.39--
10/79.7312.667.09-3.256.536.082.611.66--
10/1411.3713.514.84-1.975.661.742.642.03--
10/209.3211.889.67-4.179.726.381.962.39--
10/275.9714.2814.19-5.4610.5913.821.081.65--
11/210.5913.217.68-5.4911.789.722.725.67--
11/1213.3910.696.47-9.665.158.170.771.75--
11/167.015.618.76-9.298.3712.511.434.11--
11/247.737.1411.51-17.238.9722.204.534.70--
12/112.338.617.11-5.417.7711.163.485.8712.47-
12/94.670.651.38-12.131.445.801.001.0114.82-
12/172.376.693.60-14.683.7510.283.061.7922.19-
12/249.999.8510.235.374.776.9320.784.414.679.63-
1/48.867.8810.614.619.0511.3331.379.697.2111.21-
1/1215.907.7813.163.087.2116.3521.196.105.934.84-
1/2510.8714.817.715.938.638.207.485.406.728.94-
2/1513.906.8113.814.615.6914.844.0111.965.5217.64-
3/79.189.879.346.979.3510.3615.019.434.599.55-
3/228.775.444.998.269.977.8321.458.703.084.74-
4/1111.728.464.246.4811.9616.8619.319.317.342.08-
5/910.6311.396.635.668.774.1717.169.283.590.764.65
6/231.174.881.980.8013.521.831.451.341.021.411.69
8/314.687.232.891.6010.472.762.075.621.640.494.87
9/54.9017.046.104.7413.465.6711.902.433.830.727.81
9/1216.8610.672.434.835.522.1213.702.604.981.466.98
10/38.5312.173.712.126.196.568.312.541.490.717.65


12時
12時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/240.190.280.45-13.270.38-2.380.51--
7/310.180.200.58-18.050.61-1.230.68--
8/070.300.380.36-9.250.37-0.460.52--
8/190.370.380.12-6.310.36-0.300.49--
8/270.670.480.43-1.990.42-0.280.41--
9/038.160.470.63-14.350.45-0.490.70--
9/086.200.590.74-10.280.4814.890.380.92--
9/158.940.690.75-10.370.4815.470.330.66--
9/240.482.480.79-10.800.5512.900.250.58--
10/11.260.730.70-1.050.542.640.340.59--
10/75.800.470.69-2.230.691.450.380.53--
10/141.030.670.80-1.560.700.740.260.46--
10/201.850.560.80-2.920.811.370.340.52--
10/272.680.570.75-5.270.723.760.300.44--
11/23.884.140.87-4.730.621.720.350.68--
11/121.260.540.60-6.310.652.600.280.53--
11/160.853.940.83-14.380.746.310.360.61--
11/241.441.280.66-10.390.696.350.510.79--
12/10.750.640.48-20.810.401.460.250.433.64-
12/90.600.220.35-3.140.380.840.340.389.46-
12/170.860.250.41-13.740.430.900.370.2711.71-
12/240.520.750.834.6221.330761.670.490.3513.10-
1/410.853.624.003.7010.034.566.622.311.225.28-
1/120.870.510.662.5016.080.551.340.230.380.96-
1/250.970.770.834.9512.670.801.350.690.581.79-
2/151.440.500.722.478.970.780.850.480.531.35-
3/70.460.450.452.3613.400.531.050.590.724.96-
3/220.890.480.394.4013.130.441.140.530.460.67-
4/110.850.570.403.4611.840.481.440.780.630.45-
5/90.911.870.423.7412.230.421.090.550.420.100.33
6/230.710.560.460.495.730.470.360.210.200.670.20
8/30.540.830.580.6114.810.430.430.370.330.130.09
9/50.781.510.445.115.470.501.970.370.270.090.34
9/120.900.830.530.587.190..711.640.460.320.170.11
10/30.580.690.431.124.100.350.860.380.400.100.19


20時
20時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/241.700.823.57-9.003.33-6.431.58--
7/311.051.072.76-9.602.12-8.501.49--
8/073.600.561.61-5.751.94-7.231.00--
8/195.652.440.19-12.162.15-5.081.00--
8/2714.358.3510.41-10.1810.34-1.151.47--
9/033.403.701.99-7.541.72-5.241.47--
9/083.206.975.80-7.606.7711.726.281.37--
9/151.046.322.80-11.503.0213.551.600.88--
9/2413.1610.194.33-10.303.7211.001.090.75--
10/112.6210.351.56-0.931.917.881.590.88--
10/74.5617.214.89-2.873.447.803.820.98--
10/146.9115.147.88-1.586.295.022.551.10--
10/208.139.0311.41-4.3911.1214.072.031.16--
10/275.764.2011.91-4.2112.6624.261.641.18--
11/27.0411.1110.09-6.2710.167.292.931.49--
11/120.577.941.74-9.121.769.301.250.94--
11/165.466.807.90-10.614.4710.004.232.50--
11/2410.144.4013.12-13.4914.7114.815.581.46--
12/12.179.692.17-7.142.066.515.641.1110.19-
12/90.614.791.40-9.981.432.792.560.9314.71-
12/174.755.703.01-15.642.995.445.681.0316.60-
12/246.576.9710.053.3610.9910.6116.5511.521.9114.62-
1/411.089.6413.002.7710.3211.8116.8511.142.5411.23-
1/128.925.6617.522.2719.8012.2912.985.101.835.80-
1/258.688.6312.927.5411.7810.229.377.802.3910.23-
2/154.592.1510.907.9710.836.932.1213.331.314.57-
3/71.616.502.574.5911.972.948.078.181.977.40-
3/2210.371.466.563.8712.153.7313.809.041.301.73-
4/116.043.563.342.538.583.159.506.691.907.31-
5/91.516.026.235.936.273.799.035.781.020.631.82
6/233.191.083.280.4312.162.781.481.820.581.211.20
8/32.512.062.181.44112.052.0512.631.211.182.60
9/53.424.342.465.688.992.7811.5016.241.211.439.76
9/122.151.471.723.316.924.239.065.101.510.881.65
10/31.801.401.792.414.761.886.953.720.520.444.06


22時
22時BIG
LOBE
SIM
b-
mob
ile
DMM
mob
ile
DTI
SIM
FREE
TEL
IIJ
mio
mi
neo
Nif
Mo
OCN モバイル ONE楽天モバイル(新)楽天モバイル(新新)
7/240.410.494.32-8.855.52-10.351.44--
7/310.311.812.84-11.072.30-9.471.34--
8/070.431.232.43-8.402.79-11.631.15--
8/190.564.460.18-3.473.24-11.051.06--
8/2712.455.8713.89-4.1514.46-9.251.16--
9/0318.354.452.13-12.792.14-7.681.06--
9/081.368.484.88-8.466.0311.837.430.93--
9/150.8813.123.15-14.023.5912.603.250.97--
9/241.138.753.92-7.903.749.571.520.78--
10/14.792.322.34-0.902.365.213.590.98--
10/79.029.638.04-3.816.2611.303.490.99--
10/140.9412.2011.48-1.9310.982.045.220.92--
10/200.7612.5711.57-3.1110.5420.954.011.25--
10/271.3510.1710.76-5.8012.119.922.950.71--
11/21.4410.137.57-5.488.8613.596.461.32--
11/121.877.842.94-4.032.569.242.810.90--
11/167.897.285.87-7.134.198.397.251.37--
11/240.727.0710.20-10.9911.8617.298.101.45--
12/12.457.451.75-7.441.565.334.271.409.19-
12/90.632.301.36-9.131.373.962.940.7716.68-
12/170.521.031.83-14.251.924.396.900.9216.77-
12/2411.338.8113.803.396.339.0228.306.621.959.33-
1/412.407.1313.724.977.8612.1718.657.002.448.12-
1/125.3210.0512.852.108.3913.1227.806.201.486.73-
1/2512.365.5113.485.8012.2413.768.888.631.7113.71-
2/150.864.576.524.807.844.863.319.690.883.80-
3/71.044.442.615.487.232.184.609.271.755.51-
3/2210.022.545.292.318.146.816.477.421.372.52-
4/114.733.153.061.4510.8016.029.0211.141.832.95-
5/91.052.465.736.359.673.698.3810.611.000.691.32
6/230.832.172.030.255.592.071.363.860.431.421.17
8/31.121.771.481.486.301.771.659.960.930.483.31
9/51.693.054.315.523.425.159.2214.641.761.181.92
9/121.841.994.932.327.901.9911.1612.930.971.123.81
10/30.871.393.081.994.813.0210.375.060.990.645.14


ブラウザでWebサイトを見たりLINEやメールの受信、Youtubeの再生、radikoやGoogle Play Musicなどのストリーミング再生などは、ファイルがスマホにダウンロードされることで使うことができます。多くの人が利用している通信を伴うアプリが問題なく動作するためには、ダウンロードの速度がある程度出ている必要があるということです。

そのため、上記の表には下り(ダウンロード)速度を記載しています。

mineoと楽天モバイルの体感速度はこちらで確認できます。


楽天モバイルについては、1点補足しておくべきことがあります。それは2015年10月5日までに契約した回線と10月6日以降に契約した回線では通信速度が違うことがある点です。

2015年10月6日以降に契約した場合は楽天モバイルの新回線を利用することになりますが、まだ新回線のユーザーが少ないため午前中は十分な速度が出ていました。逆に、10月5日までに契約した場合は旧回線を利用することになりますが、旧回線はユーザーが多いので速度はかなり遅めです。

ですが、2016年4月以降は新回線の速度もかなり落ちており、時間帯によっては旧回線よりも遅いことがあります。

なお、すでに楽天モバイルを契約している人で自分がどちらの回線か分からない場合は、APN情報を確認すれば分かります。旧回線はAPNが「vdm.jp」なのに対し、新回線は「rmobile.jp」となっています。
楽天モバイル: APN情報

これから楽天モバイルを契約する場合でも楽天モバイルの速度は遅いです。また、楽天モバイルの旧回線は少なくとも8月以降12月まで速度は下降の一途をたどり、主要な格安SIMの中で最も遅いSIMでした。

旧回線でどれだけ遅くなっても放置し続けていた楽天モバイルは、新回線でも同じように速度低下しても速度を回復するための回線増強などを速やかに実施しない可能性もあります。

楽天モバイルを検討している場合、この点はリスクとして理解・覚悟しておく必要があります。

楽天モバイルの旧回線の速度についてはユーザーからも不満があがるほどでしたが、楽天モバイルの今後の対応が良い方に変わる可能性もあります。速度については以下のページで随時検証しているので、楽天モバイルの速度の推移が気になる人は確認してみてください。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【1月10日最新実測】

楽天モバイルの補足は以上です。この補足を踏まえて、mineoと楽天モバイルの速度を比較していきます。

まずスピードテストの結果を見ると、下りの速度はほとんどの時間帯でmineoがしっかり速度が出ていて楽天モバイルの新旧回線はそこまで速度が出ていないという状況であることが分かります。

楽天モバイルの新回線は、先述の通り2016年4月以降速度がかなり落ちてきており以前に比べると新回線と旧回線の速度格差が無くなっています。また、新回線はスピードテストの結果ほどの速度が体感では感じないこともよくあるので注意が必要です。

mineoのドコモプランは9月にスタートしたばかりではあるものの、キャンペーンの影響で9月から10月の約1ヶ月で35,000件ほど急増しました。その後も着々とユーザー数は増えてきていると思われますが、mineoは速度低下が見られるようになると積極的に回線増強を実施して快適に通信できる速度を現時点でも保っています。

具体的には、mineoは9月に3回、10月にも3回の回線増強を実施しています。
9月もネットワーク増強しました! | 王国通信 | マイネ王

また、11月以降もarrows M02の販売をスタートする前に大規模な帯域増強を実施し、その後も継続して増強が実施されています。さらに、mineoは12月ももう1回回線が増強し、より高速化しました。
11月、12月もネットワーク増強! | 王国通信 | マイネ王

そして、2016年2月に3回、3月も3回の回線増強が予定されています。
先週mineoネットワークを増強しましたが、使い心地はどうですか? | 王国通信 | マイネ王

さらに、mineoは2016年4月末から始まったゴールデンウィークに向けて大幅な増強も実施しています。
大型連休に向けてmineoネットワークも大型増強しました! | 王国通信 | マイネ王

体感速度については、スピードテストで1Mbps程度の速度が出ていれば遅く感じることはほとんどありません。mineoは、他社の格安SIMの速度低下が著しい12時台でも1Mbps前後の速度は保っているため、特別遅く感じることもなく快適に通信できます。

詳しくは体感速度を記録した動画をご覧ください。


楽天モバイルの旧回線は、楽天モバイルの新回線やmineoと比べるとすべての時間帯を通してかなり悲惨な状況でした。

ですが、12月以降は1Mbpsを超えるようになってきたため以前に比べると体感で遅く感じることは減ってきてはいますが、12時台は相変わらず遅い状況が続いています。

これからmineoか楽天モバイルを契約しようと検討しているなら、楽天モバイルの新回線よりも十分な速度が出ているmineoがおすすめです。


mineoと楽天モバイルの強み・弱み

上記の比較で分かる、mineoと楽天モバイルの強み・弱みは以下の通りです。

mineoの強み

・高速通信容量が500MB~と少ない容量のプランが充実している。
・音声通話SIMに最低利用期間や解約金がないので、お試しで通話もできる格安SIMを使ってみるのに最適。
・低速時でも一定時間は高速で通信するバーストモードがある。
・通信速度が速く安定している。
・フリータンクを活用すれば1GB(1,500円分)の高速通信容量を無料で追加できる。


mineoの弱み

・複数SIMで高速通信容量を分け合えない(パケットシェアやパケットギフトで疑似シェアは可能)。


楽天モバイルの強み

・「5分かけ放題」を活用すれば通話料金を安く抑えることができる。
・スマホの使い方や設定を電話で聞ける。
・スマホセットのラインナップが多い。容量が少なく価格が安い独占モデルもあり。
・キャンペーンが豊富。

楽天モバイルの弱み

・複数SIMで高速通信容量を分け合えない。
・追加チャージ料金がmineoと比べると高い。
・低速切り替え時の通信も高速データ量として消費されるため節約できない。
・高速通信時に制限があるため、余って繰り越した容量を一気に使えない。
・補償の月額料金が高い。
・通信速度が遅い。
・ユーザー対応が雑。


mineoはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、mineoは以下のような人におすすめです。

・通信量はそんなに多くない。
・格安SIMを試しに使ってみたい。
・格安SIMを子どもに持たせたい。
・低速通信を活用して料金を少しでも安くしたい。
・格安SIMに速度を求める。
・格安SIM初心者であまり詳しくない。


mineoは高速通信容量が少なめのプランが多いので、ひと月に3GB以内でおさまる人にはmineoがおすすめでしたが、2016年1月21日に10GBプランの提供も開始したため格安SIMでたくさん通信する人にも検討する価値のあるSIMとなりました。

また、mineoには高速通信容量で無料で最大1GB追加できる「フリータンク」もあります。
mineoの新サービス「フリータンク」の詳細と使い方まとめ。

自分に合ったプランの1つ下のプランを選んでおいて、高速通信容量がなくなったらフリータンクからパケットを引き出すようにすると月々の料金を安く抑えることができます。

さらに、mineoはデータ通信SIM・音声通話SIMとも最低利用期間と解約金がないので、格安SIMを試しに使ってみたい場合や基本的には電話番号が変わっても問題ない子どもや年配の方に安くスマホなどを持たせたい場合にも気軽に試すことができます。

mineoではバーストモードを利用できるので、楽天モバイルに比べると低速通信時でもストレスなく通信できることが多いのもポイントです。低速通信を積極的に活用することで、これまでは3GB使っていた高速通信量を1GB以下に抑えることができる可能性もあります。

mineoはプランや機能も充実していますが、通信速度の安定した速さもメリットです。先述の通りmineoは回線増強を積極的に実施していくと言っているので、今後も快適に通信できる可能性が高いです。

格安SIMはdocomoやau、SoftBankに比べてサポートが不安という人もいると思いますが、mineoにはユーザー参加型の「マイネ王」があります。
mineo(マイネオ)ファンの集まるサイト - マイネ王

mineoのサービスで不明な点があれば、マイネ王で質問することで同じmineoユーザーが細かく教えてくれます。mineoに電話してサポートを求める必要もなく、格安SIMの初心者でも楽しみながら疑問を解消して格安SIMを利用できます。

他社の格安SIMでマイネ王のようにユーザーがたくさん集まって情報交換しているサポートサイトはないので、マイネ王はmineoならではのメリットです。

mineoは多機能で通信速度も速く、ユーザー同士のつながりも強い安心して利用できる格安SIMです。

公式サイト
mineo

メリット・デメリット・レビューなど
mineo(マイネオ)ドコモ Dプランの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】




楽天モバイルはこんな人におすすめ

強みと弱みをふまえると、楽天モバイルは以下のような人におすすめです。

・格安SIMでもたくさん通話したい。
・スマホのことがよく分からない。使い方や設定が不安。
・SIMとセットのスマホをたくさんの種類の中から選びたい。
・なるべく安いスマホがいい。
・楽天市場をよく利用する。

楽天モバイルは、初心者でも安心して利用できる格安SIMです。mineoはマイネ王を活用することでmineoユーザー同士の横のつながりで問題を解決できるのに対し、楽天モバイルは有料の電話サポートである「スマホサポート」を活用することでオペレーターからリアルタイムでサポートを受けることができます。

また、楽天モバイルはSIMとセットで購入できるスマホのラインナップが最も多い格安SIMなので、SIMの契約と一緒にスマホも新しくしたい場合は自分に合った端末を見つけることができる可能性が高いです。

さらに、楽天モバイルはスマホセットを格安で購入できたり、SDカードや純正ケースなどオプション品がもらえるキャンペーンも頻繁に実施しているので、普通に購入するよりもお得に端末を入手できることが多いのもポイントです。

最近では、2015年12月28日まで開催されたスマホ半額キャンペーンが、最低利用期間がなくいつ解約しても解約金がかからないデータ通信SIMとのセットで購入しても適用されるため、docomoのSIMや楽天モバイル以外の格安SIMをすでい使っているものの新しいスマホが欲しいという人にとってもメリットの大きいキャンペーンでした。

なお、データ通信SIMとのセットで端末が半額になるキャンペーンはほとんどありませんが、音声通話SIMとのセットで半額キャンペーンなら頻繁に開催しています。

楽天モバイルの最大のメリットは、やはり「5分かけ放題オプション」です。5分かけ放題をうまく利用すれば、月額料金850円でどれだけでも電話がかけられます。

これはmineoにはない楽天モバイルならではのサービスのため、格安SIMでもたくさん通話したいなら楽天モバイルがおすすめです。

逆に、楽天モバイルの最大のデメリット・注意点は通信速度です。前述のとおり、楽天モバイルは新回線も速度が大きく落ち込んでおり、12時台以降は旧回線よりも遅いことがある状況です。また、旧回線は少なくとも約4ヶ月間速度が落ち続けても放置されたという事実があります。

今後新回線の速度がさらに低下してきたときの楽天モバイルの対応次第で再評価が必要になるとは思いますが、現時点では長期的に見て信頼に足るかどうかを判断するのは非常に難しいというのが当サイトの見解です。

最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMなら、楽天モバイルの速度が落ちてくれば解約して他社の格安SIMに移ればいいだけなので、現時点である程度速度が出ている楽天モバイルを選んでも問題はないでしょう。

逆に、1年間縛られる楽天モバイルの音声通話SIMは1年の間に新回線でも旧回線と同じように速度低下時に放置される可能性があり、非常に使い勝手が悪くなってしまう恐れもあります。

上記リスクを許容できるのであれば、楽天モバイルは多機能でおすすめできます。

公式サイト
楽天モバイル

メリット・デメリット・レビューなど
楽天モバイルの速度と使ってみた評価。こんな人におすすめ【1月】




mineoと楽天モバイルの比較・違いのまとめは以上です。参考にしてみてください。

格安SIMの比較・まとめページ

格安SIMで月1,000円以下のMVNO9社を比較【6月】
格安SIMカード MVNO docomo系の比較・おすすめランキング【1月】
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較【1月10日最新実測】
格安SIMのMNP転入が自宅で即日開通可能なMVNOまとめ。
格安SIM(MVNO)で音声通話に対応可能なおすすめ8社を比較。
格安SIM(MVNO)で通話定額(かけ放題)がある11社を比較。
最安(一番安い)格安SIM MVNO一覧【データ/音声通話/容量別|6月】
格安スマホ比較(格安SIM+スマホセット)おすすめランキング
格安SIM MVNOのキャンペーン情報.条件と注意点まとめ
格安スマホ・格安SIMが安く買えるセール情報まとめ。

大手MVNO事業者が提供する格安SIM一覧

b-mobile
BIGLOBE SIM
DMMモバイル
FREETEL
IIJmio
mineo(マイネオ) docomoプラン
NifMo
OCN モバイル ONE
U-mobile
楽天モバイル





【過去分】メモ

2016/3/7
8時台:mineoは11.00bpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.30Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は8.09Mbpsダウン。
12時台:mineoは0.20Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.13Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は3.61Mbpsアップ。
20時台:mineoは5.95Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.57Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は2.83Mbpsアップ。
22時台:mineoは1.29Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.05Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.71Mbpsアップ。
mineoは全体的に速度回復。体感速度も良好。楽天モバイルは旧回線はほぼ横ばいで新回線は回復。ただし新回線はスピードテストほどの速度が出ないこともあるため注意。

2016/2/15
8時台:mineoは3.47Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.30Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は8.70Mbpsアップ。
12時台:mineoは0.50Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.05Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は0.44Mbpsダウン。
20時台:mineoは7.25Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.02Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は5.66Mbpsダウン。
22時台:mineoは5.57Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は1.80Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は9.91Mbpsダウン。
mineoは全体的に速度低下。2月末に実施される回線増強に期待。楽天モバイルは旧回線はほぼ横ばいで新回線は速度低下。

2016/1/25
8時台:mineoは13.71Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は4.81Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は6.37Mbpsダウン。
12時台:mineoは0.01Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.14Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は0.83Mbpsアップ。
20時台:mineoは3.61Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.08Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は4.43Mbpsアップ。
22時台:mineoは18.92Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は0.07Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は6.98Mbpsアップ。
mineoは全体的に速度は落ちているものの体感速度は遅くない。楽天モバイルは旧回線はほぼ横ばいで新回線は回復傾向。

2016/1/14
8時台:mineoは10.18Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は4.81Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は6.37Mbpsダウン。
12時台:mineoは5.28Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は1.81Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は4.32Mbpsダウン。
20時台:mineoは3.87Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は1.02Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は5.43Mbpsダウン。
22時台:mineoは9.15Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.04Mbpsダウン。楽天モバイル(新)は1.39Mbpsダウン。
mineoはすべての時間帯で安定した体感速度。楽天モバイルは旧回線は12月末の水準に戻り、新回線は大幅に低速化。

2016/1/6
8時台:mineoは10.59Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は4.80Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.58Mbpsアップ。
12時台:mineoは4.95Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.61Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は7.82Mbpsダウン。
20時台:mineoは0.30Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.32Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は3.39Mbpsダウン。
22時台:mineoは9.65Mbpsダウン。楽天モバイル(旧)は1.11Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.21Mbpsダウン。

2015/12/27
8時台:mineoは10.50Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.81Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は12.56Mbpsダウン。
12時台:mineoは0.77Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.15Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.39Mbpsアップ。
20時台:mineoは11.11Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は1.15Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.98Mbpsダウン。
22時台:mineoは23.91Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.53Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は0.09Mbpsアップ。

2015/12/21
8時台:mineoは4.48Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.16Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は7.37Mbpsアップ。
12時台:mineoは0.06Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.15Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は2.25Mbpsアップ。
20時台:mineoは2.65Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.61Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は1.89Mbpsアップ。
22時台:mineoは0.43Mbpsアップ。楽天モバイル(旧)は0.53Mbpsアップ。楽天モバイル(新)は0.09Mbpsアップ。


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る