格安SIM・MVNO・SIMフリー

moto g7の最安値価格は?格安SIM(MVNO)のセール・キャンペーンを比較

投稿日:

このページでは、2019年6月7日に発売されたmoto g7の価格を比較し、安く買うならどこがいいかをまとめています。

moto g7をできるだけ安く入手したい場合の参考にしてみてください。




moto g7の価格比較。キャンペーンも含めた最安値はどこ?

moto g7の価格を、格安SIM(MVNO)のセットと量販店、オンラインショップも含めて比較します。

端末価格とキャンペーンやポイント付与をふまえた実質価格は以下の通りです。MVNO名やショップ名のリンクをクリックすると、各MVNOのプランごとのmoto g7の実質価格やサービスの詳細を確認できます。
 moto g7
一括価格
moto g7
分割価格の合計
moto g7関連の
キャンペーン
実質価格
定価33,264円なし
なし
33,264円
DMMモバイル33,264円39,288円
・当サイトからの申し込みでAmazonギフト券 最大14,000円分プレゼント
・新規事務手数料3,000円が0円
一括:15,372円~
分割:21,395円~
IIJmio32,184円32,400円
・音声通話SIMとのセット購入で一括が19,800円、分割が19,920円に割引
・新規事務手数料3,000円が1円
・音声通話SIM契約で月額料金が3ヶ月間1,000円割引+当サイトからの申し込みで月額料金がさらに1ヶ月分1,000円割引(合計4,000円割引)
一括:19,733円~
分割:19,949円~
LINEモバイル33,264円35,769円
・音声通話SIM契約で月額料金が初月900円割引+3ヶ月間にわたり最大1,390円割引(合計最大5,070円)
・キャンペーンコード(1906WA05)を入力して音声通話SIM申し込みで上記の2ヶ月目から4ヶ月目の割引に加えて5ヶ月目から9ヶ月目の月額料金も毎月1,000円(合計5,000円)割引
一括:24,788円~
分割:27,294円~
OCNモバイルONE22,464円なし
・音声通話SIMとセット購入で11,800円
・クーポン適用でさらに2,000円割引
・音声通話SIM契約で月額料金が24ヶ月間にわたり320円(合計7,680円)割引
一括:2,289円~
分割:なし
Amazon30,227円なしなし30,227円
ビックカメラ33,253円なし
3,325円分のポイント付与
29,928円
ヨドバシカメラ33,260円なし
3,326円分のポイント付与
29,934円


純粋な端末価格を見ると、一括はOCNモバイルONEが、分割はIIJmioが最安となっています。


ポイントやキャッシュバックを含めた実質価格を比較しても、一括はOCNモバイルONEが、分割はiijmioが最安です。

OCNモバイルONEでは、moto g7は音声通話SIMとのセットでのみ購入できデータ通信SIMとのセットで購入することができませんが、価格は定価よりも10,000円以上安いです。

また、現在OCNモバイルONEではmoto g7シリーズ発売記念特価セールが開催されていて、11,800円(税込12,744円)に割引されます。

さらに、もっともっと g moto キャンペーンのクーポンを適用することで2,000円割引されるので、端末価格は9,800円(税込10,584円)まで安くなります。

上記のセールとは別に、OCNモバイルONEで音声通話SIMを契約すると月額料金が24ヶ月間320円(合計7,680円)割引されるキャンペーンも適用されるので、この割引も適用するとmoto g7の実質価格は2,000円台と破格です。


IIJmioは、OCNモバイルONEと違ってデータ通信SIMとのセットや分割でもmoto g7を買えます。

価格はOCNモバイルONEよりは高いですが、一括・分割ともに定価よりは1,000円ほど安いです。

IIJmioはキャンペーンも充実していて、まず3,000円かかる新規事務手数料が1円で初期費用が安く済ませることができます。

また、毎月の利用料金に関しても3ヶ月間は安くなり、音声通話SIMとのセット契約で月額料金が合計3,900円割引されるので最初の3ヶ月間のコストパフォーマンスはかなり高いです。

さらにIIJmioのキャンペーンでは、音声通話SIMとのセットでmoto g7を購入するとAmazonギフト券やnanacoポイントなどに交換できるe-GIFT 5,000円分がもらえるので、実質価格はさらに安くなります。

なお、当サイトからIIJmioのmoto g7を購入すると全プランの高速通信容量が12ヶ月間にわたって3GB増量されて、1年間はよりたくさん通信できるのもメリットですね。


まとめると、moto g7を一括購入予定ならocnモバイルoneが、分割で購入予定ならIIJmioがおすすめです。

moto g7をセットで購入できる格安SIMのSIMタイプやプランごとの割引額と実質価格、料金プランや特徴、通信速度などについては、moto g7を格安SIMとセットで購入できるMVNOの価格をご覧ください。

moto g7を単体で購入する場合は、現時点ではビックカメラヨドバシカメラともにほぼ同じ金額なので、いつも利用するショップで購入するといいでしょう。


moto g7の定価

moto g7の定価は33,264円です。

この価格が基準となります。


moto g7を格安SIMとセットで購入できるMVNOの価格

最近は格安SIMとセットでSIMフリースマホの価格が大幅に値引きされることが多く、moto g7もSIMとセットなら安く購入できます。

そこで、まずはmoto g7を格安SIMとのセットで購入できるMVNOにおける価格をまとめます。


DMMモバイル



DMMモバイルのmoto g7の価格とキャンペーン適用後の実質価格
DMMモバイルにおけるmoto g7の価格は、一括が定価の33,264円で、分割は定価よりも6,000円以上高い39,288円です。

DMMモバイルは分割で購入すると定価よりもかなり割高になるので、moto g7を分割購入予定ならDMM以外の格安SIMの検討をおすすめします。

現在DMMモバイルで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・当サイトからの申し込みでAmazonギフト券 最大14,000円分プレゼント
・新規事務手数料3,000円が0円

DMMモバイルにおけるmoto g7の価格と各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
0GB
1GB
2GB
3GB
共通
【データ通信SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円


【音声通話SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円
【データ通信SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券2,000円分プレゼント


【音声通話SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券4,000円分プレゼント
【データ通信SIM】
一括:28,024円
分割:34,047円


【音声通話SIM】
一括:26,024円
分割:32,047円
5GB
7GB
8GB
10GB
共通
【データ通信SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円


【音声通話SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円
【データ通信SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券2,000円分プレゼント


【音声通話SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券6,000円分プレゼント
【データ通信SIM】
一括:28,024円
分割:34,047円


【音声通話SIM】
一括:24,024円
分割:30,047円
15GB
20GB
共通
【データ通信SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円


【音声通話SIM】
一括:30,800円
分割:36,377円
【データ通信SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券2,000円分プレゼント


【音声通話SIM】
・新規事務手数料3,000円が0円
・Amazonギフト券14,000円分プレゼント
【データ通信SIM】
一括:28,024円
分割:34,047円


【音声通話SIM】
一括:16,024円
分割:22,047円



DMMモバイルの料金プランと特徴
DMMモバイルの料金プランは以下の通りです。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
ライトプラン(無制限)440円590円1,140円





1GB480円630円1,260円
2GB770円920円1,380円
3GB850円1,000円1,500円
5GB1,210円1,360円1,910円
7GB1,860円2,010円2,580円
8GB1,980円2,130円2,680円
10GB2,190円2,340円2,890円
15GB3,280円3,430円3,980円
20GB3,980円4,130円4,680円
最大受信速度225Mbps225Mbps225Mbps
最大送信速度50Mbps50Mbps50Mbps
制限時(高速通信OFF時)最大速度200kbps200kbps200kbps


DMMモバイルは、動画やFXなどさまざまなサービスを運営しているDMMが提供する格安SIMです。

DMMモバイルの特徴は料金の安さです。DMMモバイルは全プランが業界最安値水準のため、毎月の支払いを抑えることができます。

DMMモバイルは速度切り替えもでき、低速に切り替えることで高速通信容量を消費しないため低速メインで運用することでさらに節約することができます。

また、DMMモバイルにはLINEとTwitter、Instagram、Facebookをどれだけ使っても月額250円で使い放題の「SNSフリー」があります。

同じような機能はLINEモバイルにもありますが、DMMモバイルのほうがLINEモバイルよりも月額料金が安く選べるプランが多いです。

DMMモバイルはIIJmioの回線を借り受けているので、通信速度はIIJmioの影響を大きく受けます。

通信速度がトップの格安SIMと比べるとDMMモバイル(IIJmio)は遅いですが、平日12時台以外は体感で特に遅く感じることなく通信できています。

毎月の支払いをできるだけ安く済ませたい人やSNSをよく使う人は、DMMモバイルを検討してみるといいでしょう。

公式サイト
DMMモバイル

特徴やレビューなど
DMMモバイルを実際に使ってみた評価。こんな人におすすめ【8月】

キャンペーン情報
DMMモバイルのキャンペーン詳細と注意点まとめ【8月】


IIJmio

IIJmio(みおふぉん)


IIJmioのmoto g7の価格とキャンペーン適用後の実質価格
IIJmioのmoto g7は、2019年6月14日に発売予定です。

IIJmioにおけるmoto g7の価格は、一括が定価より1,000円以上安い32,184円、分割も800円ほど安い32,400円です。

IIJmioは最近端末価格自体を安く設定していますが、moto g7も定価に比べると安いです。

現在IIJmioで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・新規事務手数料3,000円が1円
・音声通話SIM契約で月額料金が3ヶ月間1,000円割引+当サイトからの申し込みで月額料金がさらに1ヶ月分1,000円割引(合計4,000円割引)
・音声通話SIMとのセット購入でAmazonギフト券やnanacoポイントなどに交換できるe-GIFT 5,000円分プレゼント

IIJmioにおけるmoto g7の価格と、各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
3GB
6GB
12GB
共通
【データ通信SIM】
一括:29,800円
分割:30,000円


【音声通話SIM】
一括:29,800円
分割:30,000円
【データ通信SIM】
・初期費用3,000円が1円(2,999円割引)


【音声通話SIM】
・キャンペーンにより端末価格が一括19,800円、分割19,920円
・初期費用3,000円が1円(2,999円割引)
・当サイトからの申し込みで月額料金が4ヶ月間1,000円(合計4,000円)割引
【データ通信SIM】
一括:28,945円
分割:29,161円


【音声通話SIM】
一括:13,825円
分割:13,954円


IIJmioは全プラン共通のキャンペーン内容となっています。


IIJmioの料金プランと特徴
IIJmioの料金プランは以下の通りです。
 データ通信SIMデータ通信SIM+SMS通話対応SIM
(みおふぉん)
ミニマムスタートプラン
(高速通信容量3GB)
900円1,040円1,600円
ライトスタートプラン
(高速通信容量6GB)
1,520円1,660円2,220円
ファミリーシェアプラン
(高速通信容量10GB)
2,560円2,700円~3,260円~


IIJmioは、インターネットイニシアティブが提供する格安SIMです。

IIJmioの特徴は、月額830円で10分以内の通話がかけ放題になるオプションがある点です。

また、IIJmioの10分かけ放題の月額料金はNifMoの10分かけ放題と並びnuroモバイルに次ぐ安さなので、格安SIMで通話をたくさんしたい人におすすめです。

また、IIJmioには20GBと30GBの高速通信容量を追加できるデータオプションもあります。

データオプションはIIJmioの基本プランに追加することで、大容量プランの選択肢が増え月額料金も安いのがメリットです。

データオプションについてはこちらをご覧ください。
IIJmioの20GB/30GBの大容量データオプションは得?他社と比較してみた。

IIJmioの通信速度は、DMMモバイルで触れた通り速度トップクラスのSIMに比べれば遅いものの平日昼間以外は特にストレスなく通信できます。

ひと月に20GBを超えるようなたくさん通信したい人や、安い月額料金でたくさん通信したい人は、キャンペーンがそこそこ充実しているIIJmioも含めて検討してみるといいでしょう。

公式サイト
IIJmio(みおふぉん)

特徴やレビューなど
IIJmioを使ってみた感想と速度レビュー、メリット・デメリット総まとめ【8月】

キャンペーン情報
IIJmioのキャンペーン詳細と注意点まとめ【8月】


LINEモバイル



LINEモバイルのmoto g7の価格とキャンペーン適用後の実質価格
LINEモバイルにおけるmoto g7の価格は、一括は定価の33,264円、分割は2,000円以上高い35,769円です。

現在LINEモバイルで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・音声通話SIM契約で月額料金が初月900円割引+3ヶ月間にわたり最大1,390円割引(合計最大5,070円)
・キャンペーンコード(1906WA05)を入力して音声通話SIM申し込みで上記の2ヶ月目から4ヶ月目の割引に加えて5ヶ月目から9ヶ月目の月額料金も毎月1,000円(合計5,000円)割引

LINEモバイルにおけるmoto g7の価格と、各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
LINEフリープラン
1GB
【データ通信SIM】
一括:30,800円
分割:33,120円


【音声通話SIM】
一括:30,800円
分割:33,120円
【データ通信SIM】
なし


【音声通話SIM】
・音声通話SIM契約時にキャンペーンコード(1906WA05)入力で初月の月額料金が900円割引+2ヶ月目~4ヶ月目の3ヶ月間の月額料金も900円割引+5ヶ月目~9ヶ月目の月額料金は1,000円割引(合計8,600円割引)
【データ通信SIM】
一括:33,264円
分割:35,769円


【音声通話SIM】
一括:26,376円
分割:28,881円
コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン
3GB
5GB
7GB
10GB
共通
【データ通信SIM】
一括:30,800円
分割:33,120円


【音声通話SIM】
一括:30,800円
分割:33,120円
【データ通信SIM】
なし


【音声通話SIM】
・音声通話SIM契約時にキャンペーンコード(1906WA05)入力で初月の月額料金が900円割引+2ヶ月目~4ヶ月目の3ヶ月間の月額料金が最大1,390円割引+5ヶ月目~9ヶ月目の月額料金も毎月1,000円割引(合計10,070円割引)
【データ通信SIM】
一括:33,264円
分割:35,769円


【音声通話SIM】
一括:22,388円
分割:24,894円



LINEモバイルの料金プランと特徴
LINEモバイルの料金プランは以下の通りです。

LINEフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+120円)
音声通話
SIM
(+700円)
1GB500円620円1,200円


コミュニケーションフリープラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,110円1,690円
5GB-1,640円2,220円
7GB-2,300円2,880円
10GB-2,640円3,220円


MUSIC+プラン
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
音声通話
SIM
(+580円)
3GB-1,810円2,390円
5GB-2,140円2,720円
7GB-2,700円3,280円
10GB-2,940円3,520円


LINEモバイルは、LINEで有名なLINE株式会社が提供する格安SIMです。

LINEモバイルの特徴は、LINEやTwitter、Facebook、Instagramを利用時に発生した通信を高速通信容量としてカウントしない「カウントフリー」です。

また、2017年1月からはLINEミュージックがカウントフリー対象になるLINE MUSIC +プランの提供も開始しました。

さらに、格安SIMでは利用できないLINEの年齢確認・ID検索に関しても、LINEモバイルなら利用できます。
LINEモバイルでLINEの年齢確認(認証)とID検索を利用する方法。

ほとんどの格安SIMは支払い方法にクレジットカードしか選べないことが多いですが、LINEモバイルは支払い方法にプリペイドのLINE Payカードを指定することでクレジットカードなしでも利用できるのもメリットです。

また、LINE Payカードのチャージ方法にオートチャージ(銀行口座からの自動引落)を設定しておけば実質的に口座振替も可能なので、格安SIMを検討しているもののクレジットカードがないので契約できない人にLINEモバイルはおすすめです。

LINEモバイルの料金支払いをLINE Payカードで行い、また実質的な口座振替にするための手順はこちらをご覧ください。
LINEモバイルをクレジットカードなし LINE Payカードで口座振替する手順まとめ

LINEモバイルの通信速度は、ドコモ回線とソフトバンク回線で異なります。

ドコモ回線は以前は格安SIMの中でも圧倒的な速さでしたが、現在は他の格安SIMとほぼ同じ水準か若干遅い速度となっています。

平日の12時台は通信速度がかなり落ちるので体感でも遅く感じ、その他の時間帯もたまに体感で分かるレベルで遅いことがある状況です。

ソフトバンク回線は、ドコモ回線ほど遅くはないもののやはり特別速くはありません。

通信速度には特にこだわりはなく、格安SIMでもLINEのID検索を利用したい人や通信量を気にせずにSNSを楽しみたい人、クレジットカードを持っていない人にはLINEモバイルはおすすめです。

公式サイト
LINEモバイル

特徴とレビュー
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【8月】

キャンペーン情報
LINEモバイルのキャンペーン情報と注意点総まとめ【8月】


OCNモバイルONE



OCNモバイルONEのmoto g7の価格とキャンペーン適用後の実質価格
OCNモバイルONEにおけるmoto g7の価格は、一括が定価より10,000円以上安い22,464円です。

現在OCNモバイルONEで開催中のキャンペーンは以下の通りです。
・音声通話SIMとセット購入で11,800円
・クーポン適用でさらに2,000円割引
・音声通話SIM契約で月額料金が24ヶ月間にわたり320円(合計7,680円)割引

OCNモバイルONEにおけるmoto g7の価格と、各プランごとのキャンペーン適用後の実質価格はこちら。
 価格(税抜)割引(税抜)実質価格(税込)
110MB/日コース
170MB/日コース
3GB/月コース
6GB/月コース
10GB/月コース
20GB/月コース
30GB/月コース
共通
【データ通信SIM】
一括:-
分割:-


【音声通話SIM】
一括:20,800円
分割:-
【データ通信SIM】
なし

【音声通話SIM】
・音声通話SIMとセット購入で18,800円
・クーポン適用でさらに2,000円割引
・音声通話SIM契約で月額料金が24ヶ月間にわたり320円(合計7,680円)割引
【データ通信SIM】
一括:-円
分割:-円


【音声通話SIM】
一括:9,849円
分割:-円



OCNモバイルONEの料金プランと特徴
OCNモバイルONEの料金プランは以下の通りです。
 データ通信SIMデータ通信SIM+SMS音声対応SIM最大通信速度
(受信時)
110MB/日コース900円1,020円1,600円150Mbps
170MB/日コース1,380円1,500円2,080円
3GB月コース1,100円1,220円1,800円
6GB/月コース1,450円1,570円2,150円
10GB/月コース2,300円2,420円3,000円
20GB/月コース4,150円4,270円4,850円
30GB/月コース6,050円6,170円6,750円
500kbpsコース(15GB/月)1,800円1,980円2,500円500kbps


OCNモバイルONEは、NTT子会社の大手電気通信事業者であるNTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

OCNモバイルONEの特徴は、月額850円でよくかける上位3つの番号は通話時間・回数とも一切の制限無しでかけ放題になる「トップ3かけ放題」が選べる点です。

また、トップ3かけ放題とは別に提供されている「10分かけ放題」とトップ3かけ放題を組み合わせ、通常の電話は10分以内がかけ放題で上位3番号は時間・回数ともに無制限になる「かけ放題ダブル」を月額1,300円で使うこともできます。

トップ3かけ放題とかけ放題ダブルについてはこちらにまとめています。
OCNモバイルONE トップ3かけ放題とかけ放題ダブルの詳細と注意点まとめ

10分かけ放題のオプションを選べる格安SIMは多くなっていますが、24時間

いつでも回数に制限なくかけ放題のオプションを選べるのは現状ほとんどありません。

格安SIMでなるべく安く特定の人と時間を気にせず通話したい人に、OCNモバイルONEは特におすすめです。

また、OCNモバイルONEは音声通話SIMでも最低利用期間が6ヶ月と短いのもメリットです。

仮に音声通話SIMを契約しても、気に入らなければ半年後に解約もしくは番号そのままで他社に乗り換えること(MNP転出)ができるので、気軽に試すことができます。

OCNモバイルONEの通信速度は、他のドコモ回線を使った格安SIMに比べて遅いです。

平日の12時台はもちろん、その他の時間帯でも体感で遅く感じることがある状況です。

OCNモバイルONEの通信速度はここ数年間ずっと変わらないので、今後も劇的に速度が速くなる可能性は低いと思っておいたほうがいいです。

逆にOCNモバイルONEのデメリットは速度の遅さぐらいなので、格安SIMに通信速度をそこまで求めないならOCNモバイルONEは十分おすすめできます。

公式サイト
OCNモバイルONE

特徴やレビューなど
OCNモバイルONEの速度や実際に使ってみた評価レビュー【8月】

キャンペーン情報
OCNモバイルONEのキャンペーン・セール情報と注意点まとめ【8月】


moto g7を単体で購入できるショップの価格

moto g7を単体で購入できる主要なショップの一覧と価格は以下の通りです。


Amazon

Amazonにおけるmoto g7単体の価格は、定価より3,000円ほど安い30,227円です。

クリアホワイト
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 4GB/64GB クリアホワイト 国内正規代理店品 PADY0001JP/A

セラミックブラック
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 4GB/64GB セラミックブラック 国内正規代理店品 PADY0000JP/A


ビックカメラ

ビックカメラにおけるmoto g7単体の価格は、ほぼ定価の33,253円です。

クリアホワイト
Moto g7 クリアホワイト「PADY0001JP」Snapdragon 632 6.24型ワイド メモリ/ストレージ:4GB/64GB nano SIM x2 DSDS対応 ドコモ/au/ソフトバンク対応 SIMフリースマートフォン PADY0001JP クリアホワイト
icon

セラミックブラック
Moto g7 セラミックブラック「PADY0000JP」Snapdragon 632 6.24型ワイド メモリ/ストレージ:4GB/64GB nano SIM x2 DSDS対応 ドコモ/au/ソフトバンク対応 SIMフリースマートフォン PADY0000JP セラミックブラック
icon

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラにおけるmoto g7単体の価格は、ほぼ定価の33,260円です。

クリアホワイト
モトローラ Motorola PADY0001JP [SIMフリースマートフォン Moto G7 Android 9.0搭載 メインメモリ4GB 内部ストレージ64GB Clear White(クリアホワイト)]

セラミックブラック
モトローラ Motorola PADY0000JP [SIMフリースマートフォン Moto G7 Android 9.0搭載 メインメモリ4GB 内部ストレージ64GB Ceramic Black(セラミックブラック)]


まとめ

moto g7は量販店やオンラインショップで購入するならどこもほぼ同じ価格なので特に迷うことはありません。

格安SIMとのセットについても一括はOCNモバイルONEが、分割はIIJmioが安いので、安さ重視でmoto g7を購入するならOCNモバイルONEかIIJmioがおすすめです。

moto g7の最安値比較は以上です。

-格安SIM・MVNO・SIMフリー

Copyright© Androidスマホと格安SIM・MVNOレビューサイト|アンドロイドラバー , 2019 All Rights Reserved.