Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Galaxy S4(SC-04E)でParanoidAndroidのようにアプリごとにタブレットUIにしたりDPIを変更する方法。

Posted on 6月 9, 2013


今回は、Galaxy S4(SC-04E)でParanoidAndroidのようにアプリごとにタブレットUIにしたりDPIを変更する方法を紹介します。

スポンサーリンク



現在、私はGalaxy S4(SC-04E)をメインで使っていますが、ずっと使っていたカスタムROMのParanoidAndroidを使うことはできません。

ParanoidAndroidを使う一番のメリットは、アプリごとにUIをタブレット/スマートフォンモードに切り替えたり、DPI(画面密度)を細かくカスタムできることです。

今回はParanoidAndroidを使わずに、純正ROMの状態でアプリごとにUIやDPIを変更していきます。

なお、Galaxy S4(SC-04E)のRoot化が必要です。


端末のRoot化やカスタムリカバリの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



1)Galaxy S4(SC-04E)のRoot化。手順はGalaxy S4(SC-04E)のRoot化方法・手順。を参照してください。

2)Galaxy S4(SC-04E)にCWMを導入しておく。手順はGalaxy S4(SC-04E)にCWM(ClockWorkMod)を導入する方法・手順。を参照してください。

3)Xposed - ROM modding without modifying APKsから、「Xposed-Disabler-CWM.zip」と「XposedInstaller_2.1.4.apk(2013/6/9現在)」をダウンロードしてGalaxy S4(SC-04E)の内部ストレージにコピーしておく。
sc04emultidpi0.1

4)[APP] Per APP Density Setting for Every APPから、「Per App Settings Module」をダウンロードして、Galaxy S4(SC-04E)の内部ストレージにコピーしておく。
sc04emultidpi0.2

5)ファイルマネージャーをインストールしておく。今回はESファイルエクスプローラーを使っています。


アプリごとのUIやDPIを変更するための環境をまずは整えていきます。


Xposed Installerのインストール

まずはXposed Installerのインストールです。Xposed Installerは、system内のファイルを直接いじることなくモジュールを使うことで、Android端末に色々なカスタムを施すことができる便利なアプリです。

「Xposedinstaller_2.1.4.apk」をタップします。
sc04emultidpi1

「インストール」をタップします。
sc04emultidpi5

インストールが完了したら「完了」をタップします。
sc04emultidpi6


AppSettingsのインストール

AppSettingsはXposed Installerのモジュールの1つで、これを使うことでアプリごとのUIやDPIを変更することができます。

「AppSettings_0.4.apk」をタップします。
sc04emultidpi7.0

「インストール」をタップします。
sc04emultidpi7.1

インストールが完了したら「完了」をタップします。
sc04emultidpi7.2


Xposed Installerの設定

Xposed Installerの設定をしていきます。

Xposed Installerを起動して、必要なファイルをインストールします。
「Install/Update」をタップします。
sc04emultidpi7

Superuser権限を要求してくるので許可します。
sc04emultidpi8

インストールが終わったら「OK」をタップします。
sc04emultidpi9

設定を反映させるために一度再起動します。「Reboot」をタップします。
sc04emultidpi10

「OK」をタップします。
sc04emultidpi11

Galaxy S4(SC-04E)が再起動したら、再度Xposed Installerを起動してModulesタブをタップ>App Settingsにチェックを入れて有効化させます。
sc04emultidpi12

設定を反映させるためにもう一度再起動させます。「Reboot」をタップ。
sc04emultidpi13

「OK」をタップします。
sc04emultidpi14
これでXposed Installerの設定は完了です。


初期設定が終わったら、ParanoidAndroidのようにアプリごとのDPIやUIを変更できるようになります。

Galaxy S4(SC-04E)でDPIを変更する手順

ここからは、Galaxy S4(SC-04E)でアプリごとにDPIを変更する手順です。
LMT Launcherを例に見ていきます。

私のLMT Launcherの初期状態はキャプチャの通りです。
sc04emultidpi15

LMT Launcherの設定画面は以下の通り。
sc04emultidpi16
この状態からDPIを下げていきます。


App Settingsを起動して、LMTをタップします。
sc04emultidpi17

有効にするために右上のスイッチをタップします。
sc04emultidpi18

スイッチがグリーンに変わって有効になりました。DPIを280にしてみます。
sc04emultidpi19

右上の保存アイコンをタップします。
sc04emultidpi20

変更を反映させるためにアプリを終了させるか尋ねてくるので、「Yes」をタップします。
sc04emultidpi21

再度LMT Launcherを起動すると、全体的に小さくなって画面を広く使えるようになりました。
sc04emultidpi22

変更反映のために強制的に終了しているので、一度Start/Stop TouchServiceをタップしてLMT Launcherを起動させる必要があります。
sc04emultidpi23

PIEも変更したDPIに合わせてこじんまりとしましたね。
sc04emultidpi24

なお、DPIを元に戻すには「0」と入力します。またはGalaxy S4(SC-04E)のデフォルトのDPIが480なので、「480」と入力しても元のサイズに戻ります。
sc04emultidpi25


Galaxy S4(SC-04E)でUIを変更する手順

ここからは、Galaxy S4(SC-04E)でUIを変更する手順です。

GmailをタブレットUIに変更していきます。まず、DPIを少し小さくします。私は320にしました。
sc04emultidpi26

この状態でGmailを起動しても、全体的に小さく表示されるようになっただけでタブレットUIにはなっていません。
sc04emultidpi27

次に「Screen(dpi)」の項目をdefaultから変更します。
sc04emultidpi28

「1000×1600」に変更しました。
sc04emultidpi29

変更が完了したら、右上の保存アイコンをタップします。
sc04emultidpi30

再度Gmailを起動すると、2ペインなタブレット表示になりました。私はアカウントを複数持っていますが、2ペインにしておくと1タップでアカウント切り替えができるので便利です。
sc04emultidpi31

フォントサイズも変更してみます。デフォルトの100から半分の50にしてみました。
sc04emultidpi32

フォントがかなり小さくなりました。1%刻みで変更できるので、自分好みのフォントサイズにすることが可能です。
sc04emultidpi33

ESファイルエクスプローラーもタブレットUIに対応してるので、変更してみます。
ESファイルエクスプローラーの場合は、339以上にすると「Screen(dpi)」の項目を変えてもタブレットUIにはならないので、338までを指定します。「Screen(dpi)」の項目はGmailと同じ「1000×1600」でOKです。
sc04emultidpi34

ESファイルエクスプローラーを起動すると、タブレットUIな2ペイン表示になりました。お気に入りやRootオプションなど、よく使う機能にすぐにアクセスできるので2ペインの方が便利だと個人的には感じています。
sc04emultidpi35
Galaxy S4(SC-04E)でParanoidAndroidのようにアプリごとにタブレットUIにしたりDPIを変更する方法は以上です。

これで、純正ROMでもより快適にGalaxy S4(SC-04E)を使うことができるようになりました。

今回紹介したXposed InstallerとAppSettingsの組み合わせで、アプリごとにDPIやUI、フォントサイズなどかなり細かく設定することが可能です。

Xposed Installerに対応したモジュールは他にもあるので、良いものがあれば紹介していきます。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (6) Trackbacks (0)
  1. すみません。ほんとはカメラの無音機能を付けるためなのですが、xpose installerの問題なのでここで質問させてもらいました。

    xpose installerを起動し、install/updateをタップすると、

    http://www.imgur.com/28TEVoT.png
    こういう風に表示され、エラーが出てダウンロードできません。

    端末本体は、root化していますが、SO04EOMUAMF2だったのでカーネルを焼いていません。

    このエラー改善方法などありませんか??
    よろしくお願いいたします

    • 私もSC04EOMUAMF2でカーネルは焼いてませんが、こんなエラーはでませんでした。なので、カーネルは関係ないと思います。(一度unrootしてから)root化し直してみたり、初期化してみたり(supersuをインストールしていればtitaniumbackupは使えると思いますしアプリやそのデータ、端末の設定は心配ないと思います。自分は

      http://androidlover.net/smartphone/galaxys4/sc-04e-root-2.html

      のGalaxy S4(SC-04E)にカーネル導入という部分以降は全くやってなくgs4extでroot化した直後に特に設定もせずsupersuをインストールし、supersuについては1回も起動してません。その後、titaniumbackupをインストールした後、普通に起動できました。ただ、CWMをインストールできてない場合はtitaniumbackupのファイル(バックアップデータ)を丸ごとsdカードまたはパソコンに移動またはコピーしてください。でないと、バックアップデータが消えます)。
      それかこの記事(Galaxy S4(SC-04E)でParanoidAndroidのようにアプリごとにタブレットUIにしたりDPIを変更する方法)を1からやり直してみたり…

      役に立つ情報がなくてごめんなさい。

  2. esファイルエクスプローラが上記の方法でやってもタブレットUIになりません。
    GmailはタブレットUIになりました。どうすればesファイルエクスプローラもタブレットUIになりますか?
    回答、よろしくお願いいたします。

    • h8v26i46d46さん

      私も試してみましたがだめでした。
      ESはタブレットUIがなくなったようですね。

      • そうなのですか…残念です。

        • h8v26i46d46さん

          私もESのタブレットUIが使いやすくて気に入っていたので残念です。
          N7 2013でもタブレットUIでなくなっているので、あきらめるしかなさそうですね。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る