Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Xposed Frameworkの非公式Android 5.1 Lollipop対応版 αビルドがリリース。ダウンロードURLとインストール方法。

Posted on 4月 5, 2015

xposed-android-5.1-alpha9
Android 5.0 Lollipopがリリースされて3ヶ月後にXposed FrameworkのAndroid 5.0 Lollipop対応のαビルドがリリースされましたが、Android 5.1 LollipopがリリースされたことでAndroid 5.0 Lollipop対応のXposed Frameworkは使えなくなってしまいました。

Xposed Framework開発者のRovo89氏は、Xposed FrameworkのAndroid 5.1 Lollipop対応にはしばらく時間がかかると言及していましたが、romracer氏がRovo89氏の許可を得て非公式ながらAndroid 5.1 Lollipop対応のXposed Frameworkをリリースしました。


Xposed FrameworkのAndroid 5.1 Lollipop対応版 αビルドの動作を確認した環境

私がXposed FrameworkのAndroid 5.1 Lollipop対応版 αビルドの動作を確認した環境は以下の通りです。

デバイス
Nexus6

Android OSバージョン
Android 5.1


準備しておくこと

1.Xposed Frameworkは端末のRoot化が必須となります。Nexus6のRoot化方法は、Nexus6のRoot化方法・手順。を参照してください。

2.Xposed Frameworkに必要なapkファイルとzipファイルをダウンロードしておきます。

[OFFICIAL] Xposed for LollipopからXposedInstaller_3.0-alpha2.apkを端末にダウンロードしておく。
xposed-android-5.1-alpha0.1

[SUPER ALPHA] [UNOFFICIAL] ...but posted with permission. Xposed for Android 5.1からxposed-arm-20150308-5.1.zipを端末にダウンロードしておく。
xposed-android-5.1-alpha0

3.ファイルマネージャーをインストールしておく。私はESファイルエクスプローラーを使っています。

4.設定>セキュリティの「提供元不明のアプリ」をオンにしておく。

5.端末にカスタムリカバリのTWRPをインストールしておきます。Nexus6へのTWRPのインストール方法は、Nexus6にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を参照してください。

6.Xposed FrameworkやXposedモジュールをインストールすることで、Android端末がブートループになってしまう可能性もあります。TWRPなどカスタムリカバリでROMをまるごとバックアップするか、Titanium Backupでアプリデータをバックアップしておきましょう。


Android 5.1のデバイスにXposed Frameworkを導入する手順

必要なファイルをダウンロードしたら、Xposed Frameworkを導入して使えるようにしていきます。

XposedInstaller_3.0-alpha2.apkをインストールする

ESファイルエクスプローラーを起動して、準備しておくことでダウンロードした「XposedInstaller_3.0-alpha2.apk」をタップします。
xposed-android-5.1-alpha1

「インストール」をタップします。
xposed-android-5.1-alpha2

「インストール」をタップします。
xposed-android-5.1-alpha3

「同意する」をタップします。
xposed-android-5.1-alpha4

インストールが完了したら「開く」をタップします。
xposed-android-5.1-alpha5

この時点では「最新版のXposedが動作していません。」と表示されます。
xposed-android-5.1-alpha6


TWRPからxposed-arm-20150308-5.1.zipをインストールする

apkファイルのインストールが終わったら、リカバリモードを起動してzipファイルをインストールします。

Nexus6の電源を切った状態で電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押ししてFastbootモードで起動し、ボリュームボタンを押して「Recovery」を表示させたら電源ボタンを押して決定します。私はQuick Bootを使ってリカバリモードを起動しました。
nexus6-root5

TWRPが起動するので、「Install」をタップします。
nexus6-root7

ダウンロードしておいたxposed-arm-20150308-5.1.zipを選んでタップします。Chromeでダウンロードした場合は、Downloadフォルダに入っています。

「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスワイプします。
nexus6-root9

「Successful」と表示されれば、Xposed Frameworkのzipファイルのインストールは完了です。「Reboot System」をタップします。
nexus6-root10

Nexus6が再起動すると「Androidをアップグレードしています...」と表示されて、すべてのアプリの最適化が始まります。時間がかかるのでしばらく待ちましょう。

最適化が終わってXposed Installerを起動すると、フレームワークの項目のエラー表示が消えています。
xposed-android-5.1-alpha7

app_process、XposedBridgeともに動作中です。
xposed-android-5.1-alpha9

Android 5.1 Lollipop対応のXposed Frameworkの導入は以上で完了です。


Android 5.1 LollipopでXposed Frameworkを試す

Android 5.1 LollipopなNexus6でXposed Frameworkを試してみました。

今回はAppSettingsを使って、DPIの変更が反映されるか確認しました。

Nexus6デフォルトのChromeの表示です。
xposed-android-5.1-alpha10

AppSettingsでDPIを400にすると、変更が正常に反映されています。
xposed-android-5.1-alpha11

Xposedモジュールによっては正常に動作しないものもあるかもしれませんが、とりあえずAndroid 5.1 LollipopでXposed Frameworkが使えるようになったのは嬉しいですね。


【追記】Android 5.1.1 Lollipop対応の非公式Xposed FrameworkとGravityBoxが公開

Android 5.1.1 Lollipop対応のXposed Frameworkが非公式ながら公開されました。

この非公式ビルドを開発したのは、数あるXposedモジュールの中でも最も多機能な「GravityBox」の開発者です。

また、この非公式ビルド公開の2日後には、Android 5.1/5.1.1対応のGravityBoxもリリースされました。
gravitybox-android5.120

Android 5.1/5.1.1対応のXposed FrameworkとGravityBoxのインストール方法など詳細はGravityBoxのAndroid 5.1/5.1.1対応バージョンがついにリリース。インストール時の注意点&実際に使ってみた。を参照してください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (2) Trackbacks (0)
  1. 導入しましたが、gravityをインストールし、再起動にて有効にしようとするとブートループします、対応方法ありますか?

    • taiseiさん

      GravityBoxは5.1だとブートループするので使わないように開発者が注意喚起しています。なのでアップデート待ちですね。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る