Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




nuroモバイル(nuromobile)の速度と使って分かったメリットとデメリットまとめ

Posted on 3月 12, 2017

nuromobile-review1 このページでは、nuromobile(ニューロモバイル)の通信速度と使ってみて分かったメリット・デメリットについてまとめています。

スポンサーリンク


目次


nuroモバイルとは?

nuroモバイルとは、ソニーネットワークコミュニケーションズが2016年10月1日に開始した新しい格安SIMです。

同社は、ひと月の通信量が500MB未満なら月額料金がかからないSIMとして知られる0SIMを提供しています。

また、nuroブランドで下り速度(ダウンロード速度)が最大2Gbpsの光インターネットサービス「nuro光」も提供しています。
nuro-hikari
また、法人向けには「NUROモバイル LTE/3G」という名前でモバイル回線のサービスを提供していますが、10月より提供が始まったnuroモバイルは個人向けの格安SIMとなっています。

公式サイト
nuro mobile


nuroモバイルの料金プラン

nuroモバイルの料金プランは以下のとおりです。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB700円850円1,400円
3GB900円1,050円1,600円
4GB1,100円1,250円1,800円
5GB1,300円1,450円2,000円
6GB1,500円1,650円2,200円
7GB1,700円1,850円2,400円
8GB1,900円2,050円2,600円
9GB2,100円2,250円2,800円
10GB2,300円2,450円3,000円



nuroモバイルのサービスや手数料

まずは、nuroモバイルのサービスや手数料についてまとめておきます。

初期手数料

3,000円

最低利用期間

データ通信専用SIM:なし

音声対応SIM:利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで。
(例)9月に契約した場合、翌年の9月30日までが最低利用期間。

解約手数料

データ通信専用SIM:なし

音声通話対応SIM:上記の最低利用期間内に解約した場合、利用期間に応じて異なる解約金がかかる
2017年3月に利用を開始した場合の解約金
2017年3月解約12,000円(残り12ヶ月 x 1,000円)
2017年4月解約11,000円(残り11ヶ月 x 1,000円)
2017年5月解約10,000円(残り10ヶ月 x 1,000円)
2017年6月解約9,000円(残り9ヶ月 x 1,000円)
2017年7月解約8,000円(残り8ヶ月 x 1,000円)
2017年8月解約7,000円(残り7ヶ月 x 1,000円)
2017年9月解約6,000円(残り6ヶ月 x 1,000円)
2017年10月解約5,000円(残り5ヶ月 x 1,000円)
2017年11月解約4,000円(残り4ヶ月 x 1,000円)
2017年12月解約3,000円(残り3ヶ月 x 1,000円)
2018年1月解約2,000円(残り2ヶ月 x 1,000円)
2018年2月解約1,000円(残り1ヶ月 x 1,000円)
2018年3月解約0円


解約方法

nuroモバイルのマイページにログインして解約手続きを行う

MNP転出手数料

3,000円

SMS料金

月額150円

日本国内への送信:3円~30円/通
海外への送信:50円~500円/通(免税)
受信:0円/通

通話料金(音声通話付きSIM)

20円/30秒

通話関係オプション

留守番電話:月額300円
キャッチホン:月額200円

料金プランの変更

無料で可能。変更したプランは翌月1日より適用。

高速通信容量の追加料金

500円/100MB
2,100円/500MB
3,800円/1GB

SIM+スマホセット販売

あり

対応SIMサイズ

標準SIM:○
micro SIM:○
nano SIM:○

SIMの複数枚対応

なし

SIM再発行手数料

SIMカード1枚につき3,000円

SIMカードサイズ変更手数料

SIMカード1枚につき3,000円

SIMカード交換手数料

SIMカード1枚につき3,000円

高速通信時の最高速度

ダウンロード(下り):375Mbps
アップロード(上り):50Mbps

低速通信時の最高速度

最大200kbps

高速通信時の速度制限

あり。基準値は明記されていない。

低速通信時の速度制限

なし

高速通信容量の繰り越し

可能。利用期限は翌月末日まで。

公衆無線LAN

なし


nuroモバイルのメリット

まずは、nuroモバイルを使って分かったメリットからレビューします。

ドコモ回線を使った格安SIM。広いエリアで通話や通信できる

格安SIMには、大きく分けてドコモ回線を使っているSIMとau回線を使っているSIMに分けられます。

nuroモバイルは、ドコモ回線を使った格安SIMとなります。そのため、ドコモで購入した端末をSIMロックの解除不要で通話や通信を利用できます。

ただし、ドコモ端末の中には格安SIMを挿すとテザリングできなくなるものが多い点には注意が必要です。
格安SIM MVNO(ドコモ・au)でテザリングが使える端末・条件まとめ

また、nuroモバイルはドコモの端末だけでなく、ドコモが利用する周波数に対応しているSIMフリー端末でも使えます。

SIMフリー端末は、格安SIMを挿すとテザリングができなくなるといった特殊な仕様がないのも安心です。


1GB刻みのプランで無駄のない自分に合ったプランを選べる

nuroモバイルの最大の特徴は、1GB刻みという分かりやすいプランで自分に合ったプランを選べる点です。また、1GB増量ごとに+200円というのも分かりやすいですね。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB700円850円1,400円
3GB900円1,050円1,600円
4GB1,100円1,250円1,800円
5GB1,300円1,450円2,000円
6GB1,500円1,650円2,200円
7GB1,700円1,850円2,400円
8GB1,900円2,050円2,600円
9GB2,100円2,250円2,800円
10GB2,300円2,450円3,000円


例えば毎月の通信量が2GBの場合、1GBでは少なく3GBでは余ってしまいます。また、3GBを選ぶと不必要な費用が1GB分上乗せされることになります。

そのような場合は、2GBプランもあるnuroモバイルを選ぶことで、高速通信容量が余ってしまって本来は支払う必要がない費用がかかるのを防ぐことができます。

さらに、nuroモバイルには普段からあまり通信しない人向けの2GBプランから、ある程度たくさん通信する人向けの10GBプランまであります。

今後通信量が大きく増える(大きく減る)可能性があるとしても、nuroモバイルなら2GB~10GBの幅広いプランの中から選べるので安心です。


2GB・7GB・8GBはDMMモバイルを抑えて最安値

nuroモバイルは月額料金も比較的安く設定されています。

nuroモバイルの月額料金を、業界最安値水準を宣言するDMMモバイルと比較してみます。
 nuroモバイルDMMモバイル
2GB700円770円
3GB900円850円
4GB1,100円-
5GB1,300円1,210円
6GB1,500円-
7GB1,700円1,860円
8GB1,900円1,980円
9GB2,100円-
10GB2,300円2,190円


上記のとおり、nuroモバイルは2GBと7GB、8GBにおいてDMMモバイルよりも安く業界最安値となっています。格安SIMの中でも安い部類に入ると言えるでしょう。


5時間プランのコストパフォーマンスが高い【2017/2/1より提供開始】

nuroモバイルは、2017年2月1日より5時間プランの提供を開始しました。
nuro-mobile-5-hour-plan1
5時間プランの特徴・メリットは、月額2,500円で1日5時間はどれだけ通信しても速度制限されることなく使い放題である点です。

例えば、Youtubeの360pの動画を5時間連続して視聴し、それを30日間続けた場合40GB程度の通信が発生しますが、格安SIMの40GBプランで最安のイオンモバイルでも7,500円ほどかかります。

それがnuroモバイルの5時間プランなら月額2,500円で済むので、大量に通信する人にとってはコスパの高いプランとなっています。

5時間プランのメリットやデメリットはこちらにまとめているので、参考にしてみてください。
nuroモバイル「5時間プラン」は得?損?料金や特徴、注意点まとめ


パケットギフトでnuroモバイルユーザー同士で高速通信容量をプレゼントしあえる【2017/2/1より提供開始】

nuroモバイルは、2017年2月1日よりパケットギフトの提供を開始しました。

パケットギフトは、自分の高速通信容量を他のnuroモバイルユーザーにプレゼントできるサービスです。

周りにnuroモバイルを使っている人がいる場合は、パケットギフトはぜひ有効活用しましょう。

パケットギフトの詳細や注意点はこちらをご覧ください。
nuroモバイル「パケットギフト」の料金や特徴、注意点まとめ


バースト転送(バーストモード)に対応【2017/2/1より】

nuroモバイルは、2017年2月1日よりバーストモードに対応しました。

バーストモードは、最大速度が200kbpsの低速に制限された状態でも通信開始から一定時間は高速で通信できる機能です。

バーストモードへの対応により、nuroモバイルは最大速度が200kbpsでもテキストがメインのウェブサイトやアプリの利用なら体感速度も速く快適に利用できるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
nuroモバイルの速度切り替え機能とバースト転送(バーストモード)の有無について


SIM+スマホセットもある

nuroモバイルは、SIM単体だけでなくセットでスマホを購入することもできます。

選べるのは3機種です。

・ZTE BLADE E01
ZTE BLADE E01のスペックと価格、MVNO(格安SIM)セットまとめ
zte-blade-e011

・arrows M03
arrows M03/RM03購入レビューとスペック、MVNO(格安SIM)セットまとめ
arrows-m033

・ZenFone3
ASUS ZenFone3購入レビュー。スペック・特徴なども徹底解説
zenfone31
各機種の特徴やメリット・デメリットは、それぞれのレビュー記事をご覧ください。

ざっくり分類すると、スマホはほとんど使わない、とにかく端末代金も安く済ませたいならBLADE E01、逆にデレステなどの3Dゲームなどもがっつり遊びたい、きれいな写真が撮影できるカメラのスマホがいいならZenFone3、日本ならではの防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグを搭載するスマホが希望ならarrows M03となります。

なお、ZTE BLADE E01は価格は安いものの、RAMが1GBでストレージが8GBとかなり貧弱なスペックです。

スマホで複数のアプリ(例えばFacebookとブラウザなど)を切り替えながら使う予定の人は、BLADE E01ではメモリ不足でアプリの切り替えが遅くなる、動きももっさりするなど使い勝手が悪くなる可能性が高いのでおすすめしません。

スマホでも電話とメールしか使わないという使い方でない限り、arrows M03かZenFone3のどちらかから選ぶのがおすすめです。


音声通話SIMは半年以上使うと他社の格安SIMよりも解約金が安い

nuroモバイルには、一般的な格安SIMと同じでデータ通信SIMと音声通話SIMがあります。

データ通信SIMはいつ解約しても解約金がかかりませんが、音声通話SIMには1年間の最低利用期間があり、最低利用期間内に解約すると解約金がかかります。

なお、nuroモバイルは利用期間が長くなるほど解約金が安くなっていく仕組みです。
2017年3月に利用を開始した場合の解約金
2017年3月解約12,000円(残り12ヶ月 x 1,000円)
2017年4月解約11,000円(残り11ヶ月 x 1,000円)
2017年5月解約10,000円(残り10ヶ月 x 1,000円)
2017年6月解約9,000円(残り9ヶ月 x 1,000円)
2017年7月解約8,000円(残り8ヶ月 x 1,000円)
2017年8月解約7,000円(残り7ヶ月 x 1,000円)
2017年9月解約6,000円(残り6ヶ月 x 1,000円)
2017年10月解約5,000円(残り5ヶ月 x 1,000円)
2017年11月解約4,000円(残り4ヶ月 x 1,000円)
2017年12月解約3,000円(残り3ヶ月 x 1,000円)
2018年1月解約2,000円(残り2ヶ月 x 1,000円)
2018年2月解約1,000円(残り1ヶ月 x 1,000円)
2018年3月解約0円


他社格安SIMの音声通話SIMの解約金はこちら。
 最低利用期間解約金
b-mobile
利用開始日から5ヶ月間(開通日から4ヶ月以内の解約で解約金発生)
8,000円
BIGLOBE SIM
利用開始日の翌月1日から12ヶ月目の末日まで
8,000円
DMMモバイル
利用開始日の翌月1日から12ヶ月目の末日まで
9,000円
FREETELなしなし
※解約時に解約金は発生しないが、利用開始の翌月から12ヶ月以内にMNP転出時は以下の手数料が発生する。
1ヶ月目
15,000円
2ヶ月目
14,000円
3ヶ月目
13,000円
4ヶ月目
12,000円
5ヶ月目
11,000円
6ヶ月目
10,000円
7ヶ月目
9,000円
8ヶ月目
8,000円
9ヶ月目
7,000円
10ヶ月目
6,000円
11ヶ月目
5,000円
12ヶ月目
4,000円
13ヶ月目~
2,000円
IIJmio
利用開始月を1ヶ月目として12か月目の末日まで
12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円
1ヶ月目
12,000円
2ヶ月目
11,000円
3ヶ月目
10,000円
4ヶ月目
9,000円
5ヶ月目
8,000円
6ヶ月目
7,000円
7ヶ月目
6,000円
8ヶ月目
5,000円
9ヶ月目
4,000円
10ヶ月目
3,000円
11ヶ月目
2,000円
12ヶ月目
1,000円
13ヶ月目~
0円
mineoなしなし
※解約時に解約金は発生しないが、利用開始の翌月から12ヶ月以内にMNP転出時は11,500円の手数料が発生する。
NifMo
利用開始日の翌月1日から6ヶ月目の末日まで
8,000円
OCN モバイル ONE
利用開始月を1ヶ月目として6ヶ月目の末日まで
8,000円
U-mobile
LTE使い放題2
利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで
6ヶ月以内
9,500円
7~12ヶ月以内
3,500円
U-mobile
LTE使い放題2以外
利用開始月を1ヶ月目として6ヶ月目の末日まで
6,000円
楽天モバイル
利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで
9,800円
イオンモバイルなしなし
※契約日から180日以内にMNP転出すると8,000円、181日目以降に転出すると3,000円の手数料がかかる。


FREETELとmineoは音声通話SIMにも最低利用期間と解約金がありませんが、MNP転出で番号そのままで他社に乗り換える場合は手数料がかかります。

その他では、最低利用期間が6ヶ月で解約金が6,000円~8,000円、もしくは最低利用期間が12ヶ月で解約金が8,000円~9,800円となっています。IIJmioはnuroモバイルと全く同じシステムですね。

nuroモバイルを6ヶ月目で解約した場合の解約金は7,000円で、最低利用期間が6ヶ月の他社格安SIMとほぼ同じ水準です。

また、nuroモバイルは7ヶ月目以降も解約金が1,000円ずつ下がっていき、12ヶ月目なら1,000円です。このシステムなら、もしnuroモバイルの使い勝手が悪かったとしても7ヶ月目以降に解約やMNP転出しても他社の格安SIMに比べて手数料は安く済むので、音声通話SIMでも気軽に試すことができますね。


利用開始初月は無料

nuroモバイルは、利用開始の月(初月)はプランの月額料金がかからず無料です。

2GBや3GBなど、高速通信容量が少ないプランの場合は月額料金も安いためそこまで大きな影響はありませんが、例えば10GBプランを契約した場合はデータ通信SIMでも2,300円、音声通話SIMが3,000円かかります。

また、初月は新規契約時の事務手数料3,000円が追加でかかるので、プランの月額料金が無料になるのは家計的にも大きなメリットです。


【終了しました】5ヶ月間700円割引されるキャンペーンが得

現在、nuroモバイルは月額料金が500円割引される「5ヶ月700円値引キャンペーン」を開催しています。
※キャンペーンは終了しました。

キャンペーン適用時の各プランの月額料金は以下の通りです。
 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB700円→0円850円→150円1,400円→700円
3GB900円→200円1,050円→350円1,600円→900円
4GB1,100円→400円1,250円→550円1,800円→1,100円
5GB1,300円→600円1,450円→750円2,000円→1,300円
6GB1,500円→800円1,650円→950円2,200円→1,500円
7GB1,700円→1,000円1,850円→1,150円2,400円→1,700円
8GB1,900円→1,200円2,050円→1,350円2,600円→1,900円
9GB2,100円→1,400円2,250円→1,550円2,800円→2,100円
10GB2,300円→1,600円2,450円→1,750円3,000円→2,300円


このキャンペーンを適用すると、データ通信SIMの2GBプランが5ヶ月間無料で使えます。

また、先ほども触れたとおりnuroモバイルは初月が無料でキャンペーンが適用されるのが翌月から5ヶ月間となるので、実際は6ヶ月分が安くなることになります。

例えば、2016年12月にnuroモバイルを使い始めた場合、12月は初月のため無料で2017年1月から5月31日までが700円割引されます。
nuromobile-campaign2
このキャンペーンは最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMでも適用されるので、nuroモバイルを試しに使ってみたい人はキャンペーン期間中にまずはデータ通信SIMで契約して使ってみることをおすすめします。

nuroモバイルのキャンペーン詳細はこちらをご覧ください。
nuroモバイル(nuromobile)のキャンペーン情報と注意点まとめ【3月】


nuroモバイルのデメリット

次に、nuroモバイルのデメリットのレビューです。


高速通信容量の追加チャージ料金が割高

nuroモバイルは、高速通信容量を使い切った後に追加購入できます。

ですが、この追加チャージにかかる料金が高いのがデメリットです。

500円/100MB
2,100円/500MB
3,800円/1GB


主要なドコモ系格安SIMのチャージ料金は以下のとおり。
 追加チャージ
料金
有効期限その他・備考
b-mobile
100MB:300円
500MB:1,200円
90日-
BIGLOBE SIM
100MB:300円
なし
・追加チャージで購入した高速通信容量が残っている場合は追加で購入できない
DMMモバイル
100MB:200円
500MB:600円
1000MB:1,100円
1000MB(繰り越しなし):480円
3ヶ月後の末日
(繰り越しなしのチャージ以外)
-
DTI SIM
500MB:380円
1000MB:600円
翌月末日
・契約プランの高速通信容量と同量まで翌月に繰り越すことが可能(例:3GBプランは最大3GBまで翌月繰越し合計6GBを利用可能)
・追加チャージ分は繰り越す容量との合算値が契約プランにおさまる分のみ翌月に繰り越される
FREETELなし--
IIJmioWEB
100MB:200円


クーポンカード
500MB:1500円
2GB:3,000円
3ヶ月後の末日
【WEB】当月中に30回(3GB)まで購入可能

【クーポンカード】クーポンカードは購入から6ヵ月以内の登録が必要
mineo
100MB:150円
翌月末日-
NifMo
500MB:900円
当月末日
・当月中に6回(3GB)まで購入可能
OCNモバイルONE
・110MB/日コースと170MB/日コース:500円で1日高速通信し放題
500MB:500円
3ヶ月後の末日
・当月中に6回(3GB)まで購入可能
U-mobile
100MB:300円
500MB:500円
1000MB:800円
当月末日-
エキサイトモバイル
1GB:580円
当月末日-
ぷららモバイルLTEなし--
楽天モバイル
100MB:300円
3ヶ月後の末日-


nuroモバイルはかなり割高なので、よく容量をオーバーするような人は他の格安SIMを検討したほうがいいでしょう。


かけ放題(通話定額)サービスが2017/2/1より開始

nuroモバイルは音声通話SIMはありますが、サービス開始当初は最近増えてきている5分以内の通話がかけ放題といったような通話定額サービスはありませんでした。

ですが、nuroモバイルは2017年2月1日より「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」の提供を開始します。
nuro-mobile-flat-rate-calling1
nuroモバイルでんわ5分かけ放題は、月額800円という安さながら5分以内の通話が回数制限なくかけ放題になるサービスです。

ひと月の通話時間が40分を超える人でnuroモバイルを検討している場合は、nuroモバイルでんわ5分かけ放題に加入しておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。
nuroモバイル「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」の料金や特徴、注意点まとめ

格安SIMの通話定額サービスの比較はこちら。
格安SIM MVNOで通話定額(かけ放題)がある15社を比較

なお、ひと月の通話時間が40未満で楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスをよく利用する人は、楽天でんわがおすすめです。
楽天でんわ
rakuten-denwa-app-logo
楽天でんわに登録して楽天でんわアプリから発信することで、通常30秒で20円かかるnuroモバイルの通話料を半額の30秒10円に抑えることができます。
rakuten-denwa1000
楽天でんわは自社で通話用の回線を用意して、通常の通話回線から切り替えるプレフィックス方式を採用しています。

プレフィックス方式は、用意した自社回線が良くないと雑音が入る、声が遅れて届くといったトラブルが起きる可能性がありますが、楽天でんわはプレフィックス方式のサービスの中でも通話品質は良いのもメリットです。

また、楽天でんわから発信する際の電話番号はnuroモバイルの番号が使われるので、知らない番号でかけて相手に不審がられる心配もありません。

nuroモバイルはnuroモバイルでんわアプリを利用することで30秒10円で通話できますが、楽天のサービスをよく利用するなら楽天でんわも選択肢に入れて検討してみるといいでしょう。
楽天でんわ


家族間で高速通信容量を分け合えるシェアプランはない

格安SIMの中には、家族間で高速通信容量を分け合うことができる「シェアプラン」が用意されているものもあります。

対して、nuroモバイルにはこのようなシェアプランはありません。あくまでも1人で使うことを前提としたサービスです。


3日速度制限がある。3GBで370MB程度と厳しい

nuroモバイルは、3日間で規定値以上の通信をすると200kbpsに速度が制限されます。

ですが、具体的にどれだけ通信したら速度制限にかかるのかは明記されていません。
nuromobile-speed-restriction
そこで、どの程度使うと速度が制限されるか実際に通信して試してみたところ、1回目は374MBで、2回目では380MBで速度が200kbps未満に制限されました。

速度制限発動1回目

速度制限発動1回目


速度制限発動2回目

速度制限発動2回目



このことから、3GBプランの場合は3日間で370MB程度通信すると速度制限が発動することが分かりました。

3日間で370MBということは、30日間で3.7GBの計算になります。つまり、nuroモバイルは3日制限に達するギリギリの通信を常にしていないと、3GBを使い切ることができない可能性もあるという厳しさです。

日によっては大量の通信をすることがあるといった人は、nuroモバイルを使うとすぐに制限にかかってしまうので注意しましょう。

なお、nuroモバイルの3GB以外のプランの3日速度制限については不明ですが、nuroモバイルの前身であるPLAY SIMで設定されていた速度制限の基準値を残しておきます。
 3日速度制限の基準値
2GB240MB/3日
6GB720MB/3日
10GB1200MB/3日


PLAY SIMの3日制限の基準値を見ると、2GBは速度制限ギリギリで30日間通信し続けたとして2.4GB(240MB×10)とnuroモバイルの3GBプランなみに厳しいので、nuroモバイルの2GB、6GB、10GBはPLAY SIMの基準値がそのまま引き継がれている可能性が高いです。
nuromobile-speed-restriction3


速度切り替え機能はない

格安SIMの中は、速度切り替えに対応しているものが多いです。

対して、nuroモバイルは現時点では速度切り替えに対応していません。

低速に切り替えてTwitter・FacebookなどのSNSアプリや音楽・ラジオのストリーミング再生を楽しむことはできないので注意しましょう。
格安SIMで低速切り替え可能で使い放題のMVNOを比較【動画あり】


nuroモバイルの通信速度

nuroモバイルを契約したので、通信速度を記録していきます。

速度の測定方法は、スピードテストによる速度と実際にアプリで通信して表示されるまでの速度(体感速度)です。

測定に使うスピードテストアプリは、格安SIMの速度比較でいつも使っているSpeedSpotのアプリです。

スピードテスト
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る


測定時間帯は、8時、12時、20時、22時で、スピードテストでは各時間帯で3回ずつ計測してその平均値を出しています。表やグラフの数値は、下り(ダウンロード)の速度のみ掲載していています。

体感速度は、ブラウザ、Youtubeアプリ、Google Fitの3アプリで表示速度などを目視で確認しています。

スピードテストの結果は数値として表れるのでスクリーンショットを掲載し、体感速度は数値では見えないためその様子を動画撮影してアップしています。


2017年3月6日のnuroモバイル速度測定結果

2017年3月6日のnuroモバイルを含む格安SIMの速度測定結果です。

主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
8時
順位SIM名下り速度
1位mineo(D)8.96
2位UQモバイル7.50
3位FREETEL7.45
4位LINEモバイル5.89
5位docomo5.52
6位b-mobile5.35
7位NifMo5.19
8位DMMモバイル4.86
9位IIJmio(A)4.80
10位イオンモバイル4.14
11位楽天モバイル(新新)3.73
12位nuroモバイル3.51
13位ロケットモバイル3.50
14位IIJmio(D)3.41
15位DTI SIM3.18
16位エキサイトモバイル2.97
17位OCNモバイルONE2.55
18位BIGLOBE SIM1.67
19位楽天モバイル(新)1.41
20位mineo(A)1.02


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo15.83
2位LINEモバイル13.75
3位UQモバイル6.08
4位FREETEL3.05
5位IIJmio(A)2.33
6位b-mobile0.69
7位OCNモバイルONE0.62
8位mineo(D)0.60
9位NifMo0.39
10位nuroモバイル0.35
11位ロケットモバイル0.34
12位イオンモバイル0.30
13位DMMモバイル0.29
14位DTI SIM0.29
15位IIJmio(D)0.27
16位BIGLOBE SIM0.26
17位エキサイトモバイル0.26
18位mineo(A)0.16
19位楽天モバイル(新)0.07
20位楽天モバイル'(新新)0.07


20時
順位SIM名下り速度
1位UQモバイル9.42
2位LINEモバイル6.78
3位FREETEL5.00
4位mineo(D)3.67
5位docomo3.59
6位IIJmio(A)3.37
7位NifMo3.04
8位DTI SIM2.81
9位楽天モバイル(新新)2.37
10位DMMモバイル2.13
11位OCNモバイルONE1.96
12位イオンモバイル1.72
13位IIJmio(D)1.45
14位楽天モバイル(新)1.43
15位エキサイトモバイル1.33
16位BIGLOBE SIM1.07
17位mineo(A)0.86
18位b-mobile0.83
19位nuroモバイル0.76
20位ロケットモバイル0.66


22時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル7.25
2位NifMo6.44
3位mineo(D)5.46
4位UQモバイル4.46
5位IIJmio(A)4.06
6位docomo2.75
7位楽天モバイル(新)2.66
8位ロケットモバイル2.32
9位楽天モバイル(新新)2.26
10位FREETEL2.21
11位DTI SIM1.78
12位nuroモバイル1.71
13位イオンモバイル1.69
14位エキサイトモバイル1.56
15位DMMモバイル1.51
16位IIJmio(D)1.49
17位OCNモバイルONE1.20
18位BIGLOBE SIM1.10
19位mineo(A)1.09
20位b-mobile0.90


nuroモバイルの体感速度はこちらで確認できます。

3月6日時点のnuroモバイルは、スピードテスト結果は前回よりも全体的に落ちています。

体感では、12時台が若干もたつくことがあるもののスピードテスト結果の割には速い印象です。

その他の時間帯も、特に不満を感じることなく通信できていました。

nuroモバイルの速度が気になる場合は、まずは最低利用期間と解約金がないデータ通信SIMを契約して試してみるのがおすすめです。

公式サイト
nuro mobile


2017年2月6日のnuroモバイル速度測定結果

2017年2月6日のnuroモバイルを含む格安SIMの速度測定結果です。

主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
8時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル15.52
2位FREETEL9.30
3位DTI SIM8.27
4位docomo7.59
5位UQモバイル7.25
6位イオンモバイル6.97
7位mineo(D)6.65
8位DMMモバイル6.61
9位NifMo6.18
10位ロケットモバイル6.03
11位IIJmio(A)5.34
12位nuroモバイル5.06
13位b-mobile4.95
14位エキサイトモバイル4.77
15位OCNモバイルONE4.01
16位IIJmio(D)3.70
17位楽天モバイル(新新)3.40
18位mineo(A)2.77
19位BIGLOBE SIM1.57
20位楽天モバイル(新)1.13


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo18.93
2位UQモバイル5.72
3位IIJmio(A)3.40
4位LINEモバイル3.07
5位FREETEL2.39
6位b-mobile1.03
7位mineo(A)0.63
8位OCNモバイルONE0.47
9位ロケットモバイル0.42
10位mineo(D)0.41
11位nuroモバイル0.40
12位DTI SIM0.35
13位イオンモバイル0.34
14位エキサイトモバイル0.33
15位NifMo0.33
16位DMMモバイル0.29
17位IIJmio(D)0.28
18位BIGLOBE SIM0.20
19位楽天モバイル(新新)0.12
20位楽天モバイル(新)0.07


20時
順位SIM名下り速度
1位UQ mobile13.97
2位NifMo9.92
3位docomo9.39
4位LINEモバイル7.09
5位楽天モバイル(新新)5.75
6位mineo(D)5.45
7位IIJmio(A)3.82
8位イオンモバイル3.70
9位DMMモバイル2.50
10位mineo(A)2.41
11位FREETEL2.34
12位OCNモバイルONE2.16
13位DTI SIM1.97
14位nuroモバイル1.79
15位エキサイトモバイル1.69
16位IIJmio(D)1.65
17位ロケットモバイル1.44
18位楽天モバイル(新)1.25
19位BIGLOBE SIM1.12
20位b-mobile0.98


22時
順位SIM名下り速度
1位NifMo16.49
2位mineo13.56
3位docomo12.46
4位楽天モバイル(新新)9.71
5位LINEモバイル9.51
6位UQ mobile7.48
7位mineo(A)7.46
8位楽天モバイル(新)4.60
9位DMMモバイル4.13
10位DTI SIM2.75
11位イオンモバイル2.59
12位IIJmio(A)2.16
13位IIJmio(D)2.11
14位エキサイトモバイル1.98
15位nuroモバイル1.74
16位ロケットモバイル1.70
17位OCNモバイルONE1.46
18位b-mobile1.24
19位FREETEL1.14
20位BIGLOBE SIM0.86


nuroモバイルの体感速度はこちらで確認できます。

2月6日時点のnuroモバイルは、前回に比べると全体的に速度は回復しています。

体感でも特に遅く感じることはありませんでしたが、12時台は0.4Mbpsと速度が出ていないので通信しているうちに遅く感じることはあるかもしれません。


2017年1月10日のnuroモバイル速度測定結果

2017年1月10日のnuroモバイルを含む格安SIMの速度測定結果です。

主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
8時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル27.52
2位mineo22.93
3位UQ mobile12.33
4位IIJmio(D)11.15
5位イオンモバイル11.13
6位エキサイトモバイル10.93
7位楽天モバイル(新新)8.96
8位DMMモバイル8.52
9位FREETEL8.28
10位b-mobile7.55
11位NifMo7.11
12位IIJmio(A)6.90
13位ロケットモバイル5.80
14位楽天モバイル(新)5.70
15位docomo4.91
16位OCNモバイルONE4.09
17位nuroモバイル3.93
18位mineo(A)3.88
19位DTI SIM2.92
20位BIGLOBE SIM1.38


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo20.24
2位UQ mobile6.06
3位LINEモバイル5.01
4位FREETEL3.88
5位IIJmio(A)2.88
6位b-mobile0.91
7位DTI SIM0.66
8位IIJmio(D)0.48
9位mineo(D)0.47
10位OCNモバイルONE0.41
11位nuroモバイル0.39
12位ロケットモバイル0.38
13位エキサイトモバイル0.37
14位BIGLOBE SIM0.32
15位イオンモバイル0.28
16位NifMo0.25
17位DMMモバイル0.23
18位mineo(A)0.20
19位楽天モバイル(新新)0.11
20位楽天モバイル(新)0.09


20時
順位SIM名下り速度
1位mineo(D)24.93
2位LINEモバイル17.43
3位FREETEL10.09
4位楽天モバイル(新新)9.63
5位docomo8.25
6位UQ mobile8.07
7位IIJmio(A)5.44
8位エキサイトモバイル5.18
9位DTI SIM4.35
10位楽天モバイル(新)4.21
11位IIJmio(D)3.89
12位OCNモバイルONE2.63
13位イオンモバイル2.40
14位DMMモバイル2.19
15位NifMo1.92
16位BIGLOBE SIM1.45
17位mineo(A)1.41
18位b-mobile1.25
19位ロケットモバイル0.88
20位nuroモバイル0.82


22時
順位SIM名下り速度
1位mineo(D)25.20
2位LINEモバイル19.24
3位NifMo12.50
4位楽天モバイル(新新)10.18
5位UQ mobile9.14
6位IIJmio(D)7.61
7位docomo7.16
8位DTI SIM7.15
9位楽天モバイル(新)7.03
10位IIJmio(A)6.78
11位エキサイトモバイル4.40
12位mineo(A)2.52
13位DMMモバイル2.43
14位イオンモバイル2.39
15位FREETEL1.94
16位OCNモバイルONE1.80
17位b-mobile1.49
18位BIGLOBE SIM1.39
19位nuroモバイル1.17
20位ロケットモバイル0.91


nuroモバイルの体感速度はこちらで確認できます。

1月10日時点のnuroモバイルは、前回のひどい状況に比べると若干回復しています。

ただ、他社の格安SIMと比べて特に速いわけでもなく、また夜になると体感でも遅く感じることがあるので、速度に敏感な人には現時点のnuroモバイルはおすすめしません。

Wi-Fiではなくnuroモバイルのモバイルネットワークで通信する人は、もう少し速度が回復するまでnuroモバイルの契約は待つことをおすすめします。


2016年12月26日のnuroモバイル速度測定結果

2016年12月26日のnuroモバイルを含む格安SIMの速度測定結果です。

12月26日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
8時
順位SIM名下り速度
1位mineo(D)21.47
2位LINEモバイル18.55
3位イオンモバイル16.81
4位エキサイトモバイル11.96
5位IIJmio(A)9.86
6位FREETEL9.06
7位DMMモバイル7.82
8位nuroモバイル7.67
9位IIJmio(D)7.34
10位OCNモバイルONE6.50
11位UQ mobile6.23
12位楽天モバイル(新新)6.14
13位楽天モバイル(新)6.12
14位mineo(A)5.94
15位DTI SIM5.92
16位docomo4.87
17位NifMo3.91
18位ロケットモバイル3.22
19位b-mobile3.06
20位BIGLOBE SIM2.36


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo23.42
2位LINEモバイル12.14
3位UQ mobile9.15
4位IIJmio(A)5.59
5位FREETEL2.18
6位DTI SIM1.53
7位OCNモバイルONE1.31
8位mineo(D)0.67
9位b-mobile0.66
10位エキサイトモバイル0.57
11位IIJmio(D)0.53
12位イオンモバイル0.36
13位DMMモバイル0.34
14位BIGLOBE SIM0.27
15位NifMo0.23
16位mineo(A)0.19
17位楽天モバイル(新新)0.10
18位楽天モバイル(新)0.08
19位nuroモバイル0.08
20位ロケットモバイル0.03


20時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル18.84
2位mineo(D)16.75
3位docomo15.12
4位楽天モバイル(新新)12.84
5位IIJmio(D)10.29
6位NifMo10.08
7位UQ mobile10.02
8位エキサイトモバイル9.28
9位楽天モバイル(新)9.05
10位FREETEL8.53
11位OCNモバイルONE7.65
12位DMMモバイル7.48
13位イオンモバイル6.93
14位IIJmio(A)5.91
15位DTI SIM5.15
16位mineo(A)2.10
17位BIGLOBE SIM1.29
18位b-mobile0.87
19位nuroモバイル0.52
20位ロケットモバイル0.31


22時
順位SIM名下り速度
1位NifMo27.44
2位LINEモバイル27.20
3位mineo(D)25.04
4位エキサイトモバイル13.23
5位楽天モバイル(新)12.37
6位docomo12.29
7位DMMモバイル11.17
8位イオンモバイル10.81
9位IIJmio(D)10.30
10位楽天モバイル(新新)10.09
11位DTI SIM7.50
12位OCNモバイルONE6.16
13位UQ mobile4.48
14位IIJmio(A)4.45
15位mineo(A)2.71
16位FREETEL2.19
17位b-mobile1.73
18位BIGLOBE SIM1.32
19位ロケットモバイル0.09
20位nuroモバイル0.06


nuroモバイルの体感速度はこちらで確認できます。

12月26日時点のnuroモバイルは、キャンペーンで契約者が増えたためか前回からかなり速度が落ちています。

特に、12時台以降がひどい状況で体感でもかなり遅く感じます。

nuroモバイルは月額料金が半年間安くなるキャンペーンを開催していますが、いくら安くてもここまで遅いと使い勝手に大きく影響します。


2016年11月10日のnuroモバイル速度測定結果

2016年11月10日のnuroモバイルを含む格安SIMの速度測定結果です。

11月10日の主要格安SIMの下り速度ランキングはこちら。
8時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル13.31
2位docomo12.60
3位FREETEL8.41
4位nuroモバイル8.35
5位UQ mobile7.32
6位DTI SIM5.64
7位b-mobile2.13
8位mineo(docomo)1.39
9位IIJmio0.97
10位DMMモバイル0.97
11位BIGLOBE SIM0.77
12位OCNモバイルONE0.74
13位NifMo0.55
14位楽天モバイル(新新)0.49
15位mineo(au)0.36
16位楽天モバイル(新)0.12


12時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル17.31
2位docomo16.07
3位UQ mobile12.20
4位FREETEL3.62
5位nuroモバイル0.74
6位DTI SIM0.47
7位OCNモバイルONE0.42
8位mineo(docomo)0.41
9位BIGLOBE SIM0.35
10位b-mobile0.34
11位IIJmio0.27
12位DMMモバイル0.26
13位mineo(au)0.22
14位楽天モバイル(新新)0.16
15位NifMo0.16
16位楽天モバイル(新)0.03


20時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル14.80
2位UQ mobile12.23
3位docomo8.23
4位FREETEL7.75
5位DTI SIM1.77
6位mineo(docomo)1.12
7位nuroモバイル1.04
8位DMMモバイル1.02
9位NifMo0.97
10位IIJmio0.92
11位BIGLOBE SIM0.56
12位OCNモバイルONE0.54
13位b-mobile0.49
14位mineo(au)0.48
15位楽天モバイル(新新)0.38
16位楽天モバイル(新)0.09


22時
順位SIM名下り速度
1位LINEモバイル14.28
2位UQ mobile11.22
3位docomo8.36
4位FREETEL7.55
5位NifMo2.14
6位mineo(docomo)1.69
7位IIJmio1.43
8位DTI SIM1.41
9位DMMモバイル1.41
10位mineo(au)0.82
11位nuroモバイル0.69
12位b-mobile0.60
13位楽天モバイル(新新)0.60
14位BIGLOBE SIM0.60
15位OCNモバイルONE0.51
16位楽天モバイル(新)0.12


nuroモバイルの体感速度はこちらで確認できます。

11月10日時点のnuroモバイルは、夜になると速度が落ちるものの日中は他社の格安SIMに比べても速く快適に通信できています。

体感速度も遅くないため、現時点では速度重視の人にもおすすめです。


nuroモバイルはこんな人におすすめ

最後に、nuroモバイルがおすすめな人を挙げておきます。

携帯電話の料金をできるだけ安くしたい人

格安SIMに乗り換えを検討している人の多くは、月額料金は少しでも安い方がいいと思っているのではないでしょうか。

nuroモバイルは各プランの月額料金が業界最安値水準のため、月々の携帯電話料金を少しでも安くしたい人におすすめです。

また、nuroモバイルは1GB単位で自身の利用状況に合ったプランを選ぶことができるのもメリットです。


日によって通信量に大きな差がない人

私がnuroモバイルを使っていていちばん使いづらいと感じるのが、厳しすぎる3日制限です。

例えば、1日で370MB(3GBプランの場合)通信してしまった場合、翌日と翌々日までは高速で通信できず常に最速が200kbpsの低速に制限されてしまいます。

そのため、nuroモバイルは日によって動画をたくさん観たり大きいサイズのファイルを送受信することがあるといった使い方の人にはおすすめしません。

3GBなど容量が少ないプランは、上記のような使い方はせずウェブサイトを見たりLINEなどでメッセージやスタンプをやりとりする、FacebookやTwitterなどSNSアプリでテキストを投稿する(動画を投稿・視聴する場合は要注意)など大量の通信が発生しづらい使い方をする人におすすめです。


夜は自宅のWi-Fiに接続し、日中のみ格安SIMで通信する人

nuroモバイルは、夜になると速度が落ちるものの日中は速度が出ていて体感速度も速く、快適に通信できています。

そのため、夜は自宅のWi-Fiに接続してSIMで通信せず、日中のみSIMで通信する人に特にnuroモバイルはおすすめです。


試しに格安SIMを使ってみたい人

先ほども触れた通り、nuroモバイルは現在5ヶ月間にわたって月額料金が700円割引されるキャンペーンを開催しています。

このキャンペーンは、最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMを契約しても適用されます。データ通信SIMの2GBプランなら半年間は月額料金0円で使えるので、格安SIMを試してみたい人に最適です。


nuroモバイルまとめ

nuroモバイルは、メリットでも触れたとおり1GB刻みの料金プラン体系で、かつ月額料金が安いのが最大の特徴です。

また、5時間ならどれだけ通信しても速度制限されない「5時間プラン」も動画などを長時間連続して視聴する人にはメリットのあるプランといえます。

通信速度については、現時点では12時台以外はそこそこ速度が出ていますが、2016年12月と1月に速度がかなり落ちたので長期的に見ると速度に関してはあまりあてにならない状況です。

nuroモバイルを検討している場合は、速度低下のリスクを受け入れた上で契約するか、不安であればまずは最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMで試してみることをおすすめします。

nuroモバイル(nuromobile)の速度と使って分かったメリットとデメリットまとめは以上です。

公式サイト
nuro mobile

キャンペーン情報
nuroモバイル(nuromobile)のキャンペーン情報と注意点まとめ【3月】



当サイトで実際に使ってみた格安SIM17社の比較とおすすめはこちら
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【3月25日】


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る